フロンターレU12 – 鹿島アントラーズジュニア / 関東少年サッカー大会予選リーグ第2戦


8月25日、フクダ電子スクエアにて行われた関東少年サッカー大会の予選リーグ。ファナティコス戦に11-0で勝利した川崎フロンターレU-12は、茨城県の第2代表、鹿島アントラーズジュニアとの試合に臨みました。

 

鹿島アントラーズジュニアはファナティコスに5-0で勝利しており、フロンターレは引き分け以上で翌26日に行われる1位トーナメントへ進出することになります。

 

【川崎フロンターレU-12 関東少年サッカー大会予選リーグ第2戦vs鹿島アントラーズジュニア】

8月25日(土)午後1時半キックオフ フクダ電子スクエア 晴れ 20分ハーフ 8人制

 

フロンターレの先発は、GK19斎藤准也、最終ラインは右から9加治佐海、3山中大輝、7荒井颯太、中盤は5田所莉旺、右にキャプテンの10齊名優太、左に6五十嵐将、前線には11香取武。

 

第1戦に続いて、厳しい暑さと強い風のなか、始まった試合。

 

立ち上がりには、鹿島がエリア前に7が抜け出すも、フロンターレは齊名が戻り、シュートは打たせず。荒井が縦パスを出し、香取がおさめ、巧みなターンで鹿島の選手を振りきり、五十嵐へつなげるなど、次第に高い位置でプレーできるように。

 

3分には、鹿島、7が高い位置でボールをカット。ゴールに向かっていきますが、田所が寄せ、最後は斎藤がボールを抑え、シュートは打たせず。

 

しのいだフロンターレは4分、荒井が五十嵐との連係からエリア外左へ。クロスを上げると、エリア前で香取がシュート。しかし、GK1がセーブ。

 

フロンターレはさらに香取が高い位置でボールをおさめたり、最終ラインの山中もボールをカットし、そこから左サイドに荒井を走らせるなどし、攻勢に。6分には左サイドで荒井、五十嵐とつなぎ、最後はエリア外から加治佐がミドルシュート。GK1にまたも阻まれましたが、鹿島の陣内での展開が続いていきます。

 

8分には齊名が中央で前を向いて右へ。加治佐が低いボールをエリア内に入れると、香取、五十嵐が飛び込むもGK1がセーブ。

 

直後には鹿島がカウンターに。左サイドの高い位置へ7が開き、エリア外右に。8がシュートを打つも決まらず。フロンターレは田所がボールを拾い、再び前に。荒井につなげ、左クロスを入れ、守備から攻撃へ。

 

給水タイムが明け、左のスローインから7がボールをキープし、攻撃を試みる鹿島に対して、フロンターレはすばやく囲い込み、エリアへは近づかせず。加治佐がボールをカットしたところから一気に前に仕掛け、シュートを打つなど、流れを渡さず、攻めに出ていきます。

 

15分、フロンターレはエリア前の高い位置で田所がボールを奪い、香取へパス。前に仕掛けた香取がシュートを打つと、これが決まり、1-0。攻勢が実り、ついに先制します。

 

鹿島もコーナーキックを得るなど、フロンターレのゴールに迫りますが決定的な場面はつくれず。フロンターレは香取や五十嵐も中盤の選手からボールを奪い取るなど、自由を与えず。

 

鹿島は浮き球を入れ、打開を図りにいきますが、山中がうまく競り、正確に前につないで、攻撃の糸口を与えず。19分には荒井、五十嵐とつなぎ、中盤の田所からエリア外左に。抜け出した荒井がシュートを打つも右へ。

 

前半はここでタイムアップに。1-0でハーフタイムとなります。

 

後半も立ち上がりから田所が左サイドに荒井を走らせるなど、攻勢に出るフロンターレ。

 

鹿島は、最終ラインの2が左足でエリア内にボールを入れてくるも、フロンターレはしっかり対応。香取が縦パスをうまくおさめ、そこからボールを動かし、追加点をうかがいに。鹿島の前線の7が左へ流れ、そこからエリア前に仕掛けようとするのに対しては山中が粘り強く寄せ、マイボールに。

 

そこから田所がフィードを入れ、香取を前に走らせ、拾った五十嵐がエリア右に抜け出す齊名へパスを入れるなどしていきます。

 

9分には鹿島、7が左サイドの高い位置へ。折り返すも、荒井がエリア内に戻り、クリア。ここでもシュートは打たせず。試合は給水タイムへ。

 

給水タイム明けも、鹿島の前線の7に対しては山中に加え、田所もカバーにいくなど起点をつくらせずに試合を進めていくフロンターレ。12分過ぎには齊名を前線、香取を右と、位置を入れ換え、鹿島に相対していきます。

 

鹿島は長身の3を前に入れて圧力を強めにいきますが、フロンターレは浮き球に対しては山中がしっかり対応。前につながるように、ボールを処理していきます。

 

16分には五十嵐に代わり13新堀翔。18分には右サイドのスローインを受けた齊名がうまくエリアの前に。エリア左を突いてパスを入れると、抜け出したのは荒井。シュートを決めて2-0。大きな1点で鹿島をフィードを突き放します。

 

フロンターレは22分、加治佐に代わり20柏村涼太がピッチへ。柏村が入ったところで主審の試合終了を告げる笛が鳴り、2-0。フロンターレは1位トーナメントへの進出を決めました。

 

前半1-0 後半1-0 計2-0

得点:香取武、荒井颯太

 

フロンターレの先発:19斎藤准也、9加治佐海、3山中大輝、7荒井颯太、5田所莉旺、10齊名優太(c)、6五十嵐将、11香取武

交代:五十嵐→13新堀翔 加治佐→20柏村涼太

 

厳しい暑さのなかでも最後まで攻撃から守備、守備から攻撃へとつながるようなプレーを見せていたことが印象的だったフロンターレの選手たち。26日のトーナメントでもフロンターレらしいプレーを重ね、いい結果が出ることを願っています。

※追記
翌26日の1位トーナメントの準々決勝、川崎フロンターレU-12は柏レイソルU-12と対戦し、2-3で敗れ、5位決定戦へ。5位決定戦では、鹿島アントラーズジュニアに1-0で勝利し、5位で大会を終えました。

猛暑のなかでの連戦、選手やスタッフ、家族の方々もお疲れさまでした。

 

(文中敬称略)

試合に臨むフロンターレの選手たち
キックオフへ
斎藤准也選手
山中大輝選手
五十嵐将選手
鹿島の攻めに対応していく
斎藤准也選手
五十嵐将選手
田所莉旺選手
齊名優太選手、山中大輝選手
香取武選手
攻勢に出るフロンターレ
鹿島のGKもしっかり守っていく
田所莉旺選手
加治佐海選手
田所莉旺選手がボールを前に運ぶ
香取武選手へ
1-0に
喜びを分かち合う
田所莉旺選手
加治佐海選手
香取武選手
加治佐海選手
山中大輝選手
齊名優太選手がボールを奪いにいく
新堀翔選手
荒井颯太選手のシュートが決まる
荒井颯太選手
喜びを分かち合う選手たち
大きな追加点となった
柏村涼太選手が入ったところでタイムアップ
2-0
1位トーナメントへ

 

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です