フロンターレU18 – 前橋育英 / プリンスリーグ関東第13節


川崎フロンターレが等々力陸上競技場で行われたJ1リーグ第26節、北海道コンサドーレ札幌戦を、田中碧の初出場初ゴールなども生まれ、7-0で制した翌9月16日は前橋育英高崎グラウンドへ。プリンスリーグ関東は第13節を迎え、川崎フロンターレU-18は、前橋育英との試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 プリンスリーグ関東第13節 vs 前橋育英】
9月16日(日)午前11時キックオフ 前橋育英高崎グラウンド 晴れ

前節連敗を4で止めたフロンターレ。先発は、GK19川合我空、DFは右から3島崎元、キャプテンの4高吉正真、15道間雄生、2栗田悠巨、ボランチは13古屋雄帆、25戸水利紀、右MF24鈴木大登、左MF7中島大成、FW11有田恵人、9山田新。U-19日本代表のメキシコ遠征から帰ってきた10宮代大聖はベンチスタート。

前橋育英は3連勝中と好調。先発は、GK12山口瞬、DFは右からキャプテンの2若月輝、4山原康太郎、3吉田和暉、32塩田直輝、ボランチは36櫻井辰徳、17長澤壮竜、右MF8近藤友喜、左MF13森隼平、FW33石井陽向、10高橋尚紀。

曇りとなるという天気予報は外れ、朝から青空が顔をのぞかせ、気温がだんだんと上がっていく前橋育英高崎グラウンド。多くの両チームの家族らやフロンターレのサポーターが集まるなか、試合は始まりました。

立ち上がり、フロンターレは高吉や道間、古屋や戸水がボールを回しながら、前線に動き出す山田を狙い、高吉がフィードを入れ、ゴールをうかがいに。

一方の前橋育英は、マイボールにするとサイドを突いて、フロンターレのゴールを目指しに。3分には近藤がエリア外右で切り返して、折り返すも古屋がブロック。さらに畳み掛けて再び右から近藤が折り返すも、道間がクリア。右コーナーキックとなり、櫻井が左足で入れたボールに、高橋がバイシクル気味に合わせて、シュートを打ちますが、これは上へ。

7分にはさらに前橋育英、左サイドのスローインを受けた高橋がエリア前に斜めに仕掛け、シュートに持ち込みますが、川合がボールをセーブ。

しのいだフロンターレは、高吉の縦パスから鈴木が右サイドの高い位置へ上がり、山田がエリア前に仕掛けるなどしていき、島崎がエリア外左で石井からボールを奪い取るなど、前橋育英の攻めにもよい対応を見せていきます。

10分には左クロスを山田がエリア前で競り、こぼれ球をエリア外左で拾った中島がミドルシュートを打つも枠はとらえられず。

さらに島崎や栗田が高い位置へ顔を出し、ゴールを目指しにいくフロンターレ。しかし、11分、前橋育英は、森が左サイドからエリア前に仕掛け、エリア外右での石井のシュートはブロックして防ぐもエリア正面でこぼれ球を拾った森のミドルシュートがゴールネットを揺らして、0-1。先制点は前橋育英へ。

フロンターレはここからラインを上げ、高吉のパスに島崎が高い位置へ上がり、鈴木がエリア外右へ流れるなど、攻撃の機会をうかがいに。15分、戸水が中央で浮き球のパスをエリア前に送ると、うまく抜け出したのは有田。1対1となり、放ったシュートがゴール右に決まり、1-1。見事な連係からフロンターレが追い付きます。

直後には前橋育英、塩田の左クロスを遠いサイドで折り返し、ゴール左に高橋が迫るも触ることはできず。

フロンターレはここから勢いを増し、道間の縦パスを受けた中島が前を向き、エリア前の山田を狙い、浮き球のパスを入れるなど揺さぶりに。17分には、有田がボールをカットし、受けた山田からエリア左へ。島崎がシュートを打つもブロック。

前橋育英も20分には、縦パスに石井が中央から抜け出そうとしていきますが、フロンターレは戸水、古屋が挟み込むように粘り強く対応。再びボールをものにしラインを高め、高吉が縦パスを有田へ入れたり、道間が島崎へサイドを変えるボールを入れるなどしていきます。

23分には戸水がボールをカットし有田が右へ流れ、空いたスペースを使い、鈴木がエリア内に。シュートを打つもGK山口がセーブ。こぼれ球に山田が詰めるも山口がボールを抑え、得点とはならず。

直後には前橋育英、左サイドの高い位置で高橋がボールをカット、斜めに仕掛け、エリア左へ進入しますが、戸水がすばやくカバーする好プレー。最後はボールを川合が抑え、しのいでいきます。

フロンターレは高吉や道間が山田や有田に鋭い縦パスを入れ、そこから攻撃を狙いに。24分にはその縦パスを狙われ、前橋育英、エリア前の高橋にボールが渡りますが、シュートはうまくミートせず、ここでも川合がボールをしっかりセーブ。28分には、エリア外左でフロンターレにファールがあり、前橋育英がフリーキックを得ると、長澤が入れたボールのこぼれ球はエリア正面へ。高橋がシュートを打とうとしますが、戸水がクリア。試合はここで給水タイムとなります。

給水タイム明けは前橋育英の右サイドのスローインでのスタート、近藤のロングスローからゴールの前に迫る時間が続いていきます。31分にはエリア左へ森が進入し、折り返すも高吉がクリア。

直後のコーナーキック、前橋育英はセカンドボールを拾い、左から攻めに出てきますが、フロンターレは島崎がボールを奪い、左サイドの有田に展開。そこからエリア左へ栗田が進入すると、前橋育英に反則があり、フロンターレはPKを得ます。キッカーは山田、これを決めて、2-1。勝ち越しのゴールがフロンターレに入ります。

フロンターレは、高吉がクリアボールを前線の山田へつなげ、切り替えのよい場面が続き、古屋がいい位置取りでボールを奪うなどし、守備から攻撃へつなげようとしていきます。

追いかける展開となった前橋育英も37分には、長澤がうまく前を向き、右へ展開。近藤の右クロスからエリア前、石井がシュートを打つも高吉がブロック。さらに40分には、右サイドへ流れた石井がマイナス気味にボールを入れると、近藤がエリア正面でシュートを打ちますが、川合がセーブ。

フロンターレは鈴木が中央に寄り、島崎が右サイドの高い位置へ上がり、古屋のパスに山田が右サイドへ動き出すなどして揺さぶりに。

しかし、43分前橋育英は近藤がパスをカットし右サイドからエリア前にパスを送ると、櫻井のミドルシュートがゴールネットを揺らして、2-2。同点となります。

追い付かれたフロンターレは、44分には中島がエリア正面へ動き出す有田を狙い、スルーパスを入れますが、前橋育英はこれをカット。3分が示されたロスタイムには、エリア外左で有田がファールを受け、フリーキックを得ると、中島が直接狙いますが、これは上に。さらに右サイドの高い位置でのスローイン、エリア右に抜け出した山田がシュートを打つもこれは上に。前半は2-2でタイムアップとなります。

 

暑さが増すなか、始まった後半、前橋育英は櫻井に代わり18鏑木瑞生を入れてのスタート。立ち上がりには前橋育英、ラインを高めて前へ押し込み、サイドから圧力を強めていくと、1分には左サイドからの折り返し、エリア正面で森がシュート。枠をとらえるも栗田が頭で反応。水際の好守でゴールとはさせず。

フロンターレも直後には古屋がボールをカットしエリア正面へ鈴木が抜け出すも、前橋育英の厳しい守備に遭い、シュートは打てず。

フロンターレは、高吉が、エリア内へ動き出す高橋を狙ったスルーパスをカットしたり、戸水がセカンドボールをよくものにするなどして流れを引き寄せに。7分には鈴木に代わり、10宮代大聖が入り、前線へ。有田が右MFへ。

8分には左サイドから中島、宮代がかかわり、エリア内へ宮代が進入。最後はボールを拾った中島がシュートを打つも、前橋育英はブロック。さらに戸水の縦パスを起点に、宮代、中島、山田とつながり、エリア内へ中島が進入。右へ振って、島崎がクロスを入れるもブロックされ、右コーナーキックに。右から戸水が右足でボールを入れると、こぼれ球を拾った中島がエリア正面やや右でシュート。しかし、左へ。

宮代が時には中盤に下りるなどして、戸水や古屋とかかわり、人数をかけたいい形での攻めを続けていたフロンターレでしたが、前橋育英も15分近くになると、再びフロンターレのゴールの前に迫りに。15分には、エリア外左でフロンターレにファールがあり、フリーキックに。長澤が直接狙いますが、上へ。18分には左サイドからのフリーキック、塩田が左足でボールを入れると、こぼれ球を拾った近藤がエリア正面でシュートを打つも左へ。

20分には、さらに前橋育英、エリア正面やや左、長澤のパスを受けた石井のミドルシュートが枠をとらえるも、川合がセーブ。フロンターレは、右サイドからエリア内へ仕掛けていく近藤に対して、栗田がブロックにいくなど、粘り強く守る場面が続いていきます。26分には、長澤のパスからエリア左で森がシュート。しかし、川合がまたもセーブ。攻勢を耐えて、28分、後半の給水タイムへ。

給水タイム明け、前橋育英は高橋に代わり35倉俣健が入り、左MF、森が前線へ。

30分にはフロンターレ、有田がボールをカットし右へ展開、山田が縦へ仕掛け、エリア内へボールを入れると、宮代、中島が飛び込みますが、惜しくも触れず。さらに左サイドでボールを拾い、栗田の左クロスに宮代が頭で合わせるも枠はとらえられず。

直後には前橋育英、左クロスをみ、サイドで拾った近藤がエリア内へ仕掛けていくも、栗田がボールをカット。さらに左サイドでのロングスローから、エリア外左で長澤がシュートを打ちますが、左へ。

フロンターレも再びセカンドボールをものにできるようになり、33分には戸水のパスを、左サイドで栗田が受けると、中島が左へ流れてつくりだしたスペースを使い、エリアの前に。栗田がスルーパスを送ると、エリア内へ山田が抜け出すもオフサイドに。さらに山田の縦パスを受けた中島から右へ。折り返しのボールに、有田がエリア右でシュートを打つもブロック。

さらに右サイドの高い位置へ有田が上がり、リターンを受けた宮代のパスからエリア右で中島がシュートを打つも、GK山口がセーブ。フロンターレの攻勢は続き、35分には、戸水がボールをカットし山田が右へ仕掛け、有田、古屋と渡り、古屋の右クロスに宮代がジャンピングボレーで合わせたシュートは、ゴール右をとらえるも山口がまたもやセーブ。

37分、前橋育英は石井、近藤に代わり27塚原舜介、38小栗秀哉。

勝ち越しを狙う前橋育英に対して、川合が小栗のシュートをセーブしたり、フリーキックのボールをしっかりキャッチし、そこからすばやく前へ送るなどして、守備から攻撃へ転じようとしていくフロンターレ。42分には、前橋育英がカウンターに持ち込み、左からクロスを入れるも戸水がエリア前でクリア。切り替えよく、プレーを続けていきます。

43分、フロンターレは栗田に代わり22松永竜之介、前橋育英は長澤に代わり26須田晃輝。

フロンターレは前線からプレスを強め、44分には山田が右サイドの高い位置でマイボールに。リターンを受けた戸水から左に展開すると、松永がエリア内へ飛び込む有田を狙い、クロスを入れるもGK山口に阻まれシュートとはならず。

ロスタイムは3分。フロンターレはクリアボールを山田につなげ、そこから攻撃を試みに。前橋育英も塚原の右からの仕掛けからゴールの前に。48分には左サイドのロングスローから前橋育英がゴールを揺らすも、反則があり、ゴールは認められず。試合はここでタイムアップ。2-2。フロンターレは勝ち点1を持ち帰る結果となりました。

前半2-2 後半0-0 計2-2
得点:有田恵人、山田新=PK(川崎) 森隼平、櫻井辰徳(前橋育英)

フロンターレの先発:19川合我空、3島崎元、4高吉正真(c)、15道間雄生、2栗田悠巨、13古屋雄帆、25戸水利紀、24鈴木大登、7中島大成、11有田恵人、9山田新
交代:鈴木→10宮代大聖 栗田→22松永竜之介
控え:21青山海 20澤田泰大 30岡崎玄 6小川達也 23常安澪 26平田流衣 17宮本ディアウ勇守歩

前橋育英の先発:12山口瞬、2若月輝(c)、4山原康太郎、3吉田和暉、32塩田直輝、36櫻井辰徳、17長澤壮竜、8近藤友喜、13森隼平、33石井陽向、10高橋尚紀
交代:櫻井→18鏑木瑞生 高橋→35倉俣健 近藤→27塚原舜介 石井→38小栗秀哉 長澤→26須田晃輝

9位だったフロンターレは、10位の桐生第一が三菱養和SCに勝利したため、順位が入れ替わり10位に。しかし、好調の前橋育英を相手に粘り強く戦い、チャンスも多くつくりだしたことは次に必ずつながると思います。

次節は、9月22日午後4時、等々力第一サッカー場にて、横浜F・マリノスユースとの試合に臨みます。

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち
青山海選手、川合我空選手
澤田泰大選手
島崎元選手
川合我空選手
宮代大聖選手
古屋雄帆選手
青山海選手
山田新選手
平田流衣選手
中島大成選手
有田恵人選手
試合前、最後のアップに
家族やサポーターのもとへ
円陣を組む選手やスタッフ

フロンターレの先発メンバー
道間雄生選手
高吉正真選手
戸水利紀選手
鈴木大登選手
川合我空選手
戸水利紀選手
山田新選手
島崎元選手
森隼平選手のミドルシュートで先制点は前橋育英へ

有田恵人選手が抜け出す
同点のゴールに

島崎元選手
鈴木大登選手
ゴール前での攻防
川合我空選手
戸水利紀選手、古屋雄帆選手
古屋雄帆選手
チャンスを迎えるもGK山口舜選手に阻まれる
高吉正真選手
鈴木大登選手
有田恵人選手
古屋雄帆選手、中島大成選手
川合我空選手
エリア内へ進入されるも
戸水利紀選手がボールを奪い取る
給水タイムへ
栗田悠巨選手がPKを引き出す
山田新選手が決め、2-1

喜びを分かち合う
高吉正真選手
櫻井辰徳選手に決められ2-2

2-2で前半は終了

澤田泰大選手
ハーフタイム、出場に備える選手たち
小川達也選手
岡崎玄選手
常安澪選手
久しぶりにメンバーに入った宮本ディアウ勇守歩選手
この日はメンバー外だった上野綜太選手はチームをサポート
平田流衣選手
澤田泰大選手
松永竜之介選手
青山海選手
宮代大聖選手
再び円陣を組む
後半へ
戸水利紀選手
栗田悠巨選手
山田新選手
道間雄生選手
鈴木大登選手
鈴木大登選手
宮代大聖選手がピッチへ
宮代大聖選手
セットプレーからゴールを狙う
宮代大聖選手
古屋雄帆選手
川合我空選手
しっかりとボールをキャッチ

中島大成選手
道間雄生選手
給水タイムへ
ゴール前での攻防
山田新選手が迫る
山口舜選手が阻む
宮代大聖選手がシュート

惜しくもゴールとはならず

戸水利紀選手
宮代大聖選手
松永竜之介選手がピッチへ
松永竜之介選手
山田新選手
宮代大聖選手
松永竜之介選手
終了間際にロングスローからボールがゴールに入るが、ノーゴールとなった
2-2でタイムアップ

家族やサポーターのもとへ
サポーターのコールに応える山田新選手

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です