フロンターレU12 – FCパーシモン / 松村杯決勝


湘南ベルマーレが初めてのYBCルヴァンカップのタイトルを手にした翌10月28日は等々力陸上競技場へ。川崎市の六年生年代の選手たちが競う松村杯は、最終日を迎え、川崎フロンターレU-12はFCパーシモンとの決勝に臨みました。

【川崎フロンターレU-12 松村杯PUMAカップ争奪秋季少年少女サッカー大会少年の部決勝 vs FCパーシモン】
10月28日(日)午後2時1分キックオフ 等々力陸上競技場 晴れ 20分ハーフ 11人制

さぎぬまスワンズが南百合丘リリーズに5-0で勝利した少女の部3位決定戦、中野島FCが、かじがやFCに4-0で勝利した少年の部3位決定戦、AC等々力マーメイドがFC中原レジーナに1-0で勝利した少女の部決勝に続いての試合。

 

フロンターレの先発は、GK1太田陽彩、DFは右から20柏村涼太、3山中大輝、25林駿佑、7荒井颯太、ボランチはキャプテンの10齊名優太、5田所莉旺、右MF9加治佐海、左MF6五十嵐将、FW13新堀翔、11香取武。

少女の部や少年の部の3位決定戦が行われていたころには、空を覆っていた雲は去り、青空が広がった等々力陸上競技場。両チームの選手の家族らが見守り、フロンターレもパーシモンもそれぞれ下の学年の選手らがにぎやかに応援するなか、試合は始まりました。

立ち上がり、柏村が右サイドの加治佐へ縦パスを入れ、ラインを高めてコンパクトにしていこうとするフロンターレ。しかし、パーシモンも右サイドの高い位置へ11を走らせるなどして押し込みに。すると3分、左サイドからのクロスをエリア内で9が合わせ、ボールはゴールの中へ。0-1。先制点はパーシモンに入ります。

フロンターレは、直後には荒井がエリア左に抜け出し、シュートを放つも上。しかし、早々の失点にも揺れることなく、攻めに。柏村の縦パスを香取がやや中盤寄りに下りてさばき、前線へ動き出す新堀へのパスを狙うなど、攻めに出ようとしていきます。

パーシモンも追加点を狙い、6分には9がボールをキープし、エリア前に10が抜け出し、シュートを打つも上に。さらに前に人をかけて出てくるパーシモンに対して、フロンターレは、山中や林、柏村らが前線の香取、新堀らに向かい、ボールを入れ、攻撃へつなげようとしていきます。

8分には山中が前線へ送ったボールを香取が競ると、エリア右に新堀が抜け出し、シュート。ワンタッチあり、決まりませんでしたが、決定的な場面をつくっていきます。

10分にはパーシモン、エリア前やや左でうまくターンをした12が枠をとらえたシュート。しかし、これは太田がしっかりセーブ。

フロンターレは、最終ラインでボールを動かしにいくパーシモンに対して、前から連動してプレスをかけにいき、中盤では田所が厳しい寄せからボールをものにするなどして、次第にパーシモンの陣内でプレーする時間を増やしていきます。

13分には、五十嵐が高い位置でマイボールに。五十嵐からパスを受けた荒井がエリア前に折り返すと、こぼれ球を正面で拾った田所がミドルシュート。上に外れ、またエリア内でファールもあった場面でしたが、多くの選手がかかわってゴールに迫りに。

フロンターレは田所や齊名に加え、香取もパーシモンの中盤にアプローチにいき、そこからサイドに展開し、荒井が高い位置取りで縦へ仕掛けるなど、前に出ていきます。13分には左サイドのスローインから田所がエリア内左へ迫るもパーシモンはクリア。

直後にはパーシモン、9がエリア右へ迫るもフロンターレは林が寄せ、最後はパーシモンのファールに。

15分、パーシモンが攻めに出たところに対して、フロンターレは太田が前線へボールを送ると、香取がボールをおさめ、左に展開。荒井がエリア左へ抜け出し、シュート。ボールはゴールの中へ吸い込まれるようにして決まり、1-1。見事な連係から同点のゴールが生まれます。

17分にはパーシモンのパスを田所が阻んで右へ展開。エリア外右の香取へ渡り、香取が右クロスを上げるとエリア左で五十嵐が合わせるも、パーシモンのGK1がセーブ。さらに18分には、田所が香取とのパス交換からエリア外正面へ。ミドルシュートを打つも左に。

直後には、加治佐と交錯した田所がいったん外へ出て、フロンターレが10人になったところを、パーシモンが右から12が持ち込んで、エリア前に迫るも荒井がクリア。このボールを新堀が競り、エリア左で拾った香取が切り返してマークをはがしてシュート。上へ外れましたが、守備から攻撃へ、つながる場面をつくっていきます。

ロスタイムは1分。パーシモンも6が左サイドの高い位置へ上がり、最後は12がエリア内に飛び出すもこれはオフサイド。前半は1-1でタイムアップとなります。

 

後半フロンターレは立ち上がり、左サイドでスローインに。その流れから香取が前を向き、エリア内左にパスを出すとうまい動き出しから抜け出した田所がGKとの1対1に。田所かシュートを放つと、これが決まり、2-1。鮮やかな形でフロンターレが勝ち越しのゴールをものにします。

フロンターレは直後には、山中が送ったボールを香取が競り、右サイドで加治佐がボールをおさめ、エリア前に切れ込みシュート。しかし、GK1がセーブ。さらに林のフィードを新堀が競ったところを狙い、五十嵐がエリア前に顔を出し、連動してゴールに迫っていきます。

フロンターレは、5分には荒井が縦へ仕掛けて左コーナーキックに。左コーナーキック、齊名が右足でニアへ直接向かうボールを入れるもパーシモンはクリア。

さらに再びニアを狙った齊名の左コーナーキックがクリアされ、三たび左コーナーキックに。齊名がボールを入れるとエリア右で拾った加治佐がシュート。パーシモンがブロックで防いだところ、正面で田所がシュートを打つもここでもパーシモンの体を張った守備が上回り、追加点とはならず。

フロンターレは、中盤でボールを奪ったところから攻撃へつなげる場面をさらにつくりだし、7分にはエリア左へ抜け出した田所、ボールを拾った香取、さらにエリア左から五十嵐がシュート。ここでもパーシモンの守備に阻まれましたが、次々に決定的な場面をつくっていきます。

一方のパーシモンも10がうまく中盤でボールをおさめ、右に展開。14がゴールへ向かっていきますが、山中がカバー。ここでも香取へつながるようなボールを入れ、切り替えの良さを出していきます。

8分にはパーシモン、9の浮き球のパスにエリア左へ20が抜け出すも、林がカバー。9分にはエリア正面でフロンターレにファールがあり、6が左足で直接狙いますが、枠をとらえたシュートは太田がセーブ。さらにパーシモン、左サイドからエリア前にボールを入れると、9が迫るも林が体を入れ、最後は太田がセーブ。

さらにパーシモンは中盤の8がエリア左へ顔を出し、9がボールをおさめ、リターンを受けた10から左に展開するなど、厚みのある攻めに。フロンターレは柏村に加えて齊名もエリア近くに戻りカバーに。やや疲れも見え、うまく攻撃へうつれないなかで粘り強く耐えていきます。

14分には、最終ラインからパーシモン、4が持ち上がり、パスを受けた14がエリア右に仕掛けるとフロンターレはこれに対してファール。パーシモンにフリーキックが与えられます。キッカーは6。左足で直接狙うとゴール左をとらえますが、これには太田が見事に反応。好セーブで得点は許さず。

コーナーキックもしのいだフロンターレは、16分には田所が高い位置でボールを奪い、エリア左から折り返すとエリア正面で加治佐がシュート。しかし、わずかに左へ。

フロンターレはここで五十嵐に代わり15関徳晴。

フロンターレは再びマイボールの時間をつくり、林が最終ラインから持ち上がり、関に縦パスをつけ、そこから中盤の齊名を経由して前線へ香取が動き出すなど、パーシモンの陣内でプレーできるように。17分には高い位置で加治佐がボールをものに。エリア正面で新堀がシュートを打つもブロック。さらにエリア右でこぼれ球を拾った香取がシュート。しかし、ワンタッチあり、右へ。

コーナーキックをしのいだパーシモンはすばやく左へ展開してゴールに迫るもフロンターレは、柏村がカバー。最後はパーシモンにファールがあり、シュートにはつながらず。

19分には、中盤の10がフロンターレのプレスをかわして左にパスを出すと12が高い位置へ。ここは柏村が寄せ、左コーナーキックに。左から12が右足でボールを入れると、4が頭で合わせるもゴールへ向かったボールは太田がセーブ。

さらに6秒を超えてボールを保持したとして、エリア正面でパーシモンに間接フリーキックが与えられるも、10がすらしたボールから4が放ったシュートは左へ。

ロスタイムは2分。

フロンターレは、新堀に代わり18佐々木雄基がピッチへ。荒井の縦パスを受けた香取から左へ展開し、佐々木や関が高い位置へ仕掛けていくなど、パーシモン陣内でのプレーを続け、試合はタイムアップ。2-1。フロンターレは松村杯を制しました。

前半1-1 後半1-0 計2-1
得点:荒井颯太、田所莉旺

フロンターレの先発:1太田陽彩、20柏村涼太、3山中大輝、25林駿佑、7荒井颯太、10齊名優太(c)、5田所莉旺、9加治佐海、6五十嵐将、13新堀翔、11香取武
交代:五十嵐→15関徳晴 新堀→18佐々木雄基

逆転での勝利で優勝を果たしたフロンターレの選手たち。動きが洗練され、多彩な攻めでゴールへ迫れるようになり、たくましさも増しているように思います。11月下旬に行われる全日本U-12サッカー選手権大会神奈川県予選での躍進を楽しみにしています。

(文中敬称略)

仲谷俊選手
柏村涼太選手
香取武選手
山中大輝選手
太田陽彩選手
山下耀翔選手
試合を前にした選手たち

円陣を組む選手たち
加治佐海選手
山中大輝選手
柏村涼太選手
田所莉旺選手
パーシモンがヘディングからのゴールで先制する

加治佐海選手
太田陽彩選手
五十嵐将選手
山中大輝選手
新堀翔選手がシュート
加治佐海選手
荒井颯太選手
新堀翔選手
五十嵐将選手
田所莉旺選手

香取武選手から左へ
荒井颯太選手がシュート
同点となる
荒井颯太選手

太田陽彩選手
田所莉旺選手
香取武選手
林駿佑選手
柏村涼太選手
五十嵐将選手が頭で合わせるもGKが阻む
柏村涼太選手
林駿佑選手
田所莉旺選手
五十嵐将選手、齊名優太選手
前半は1-1
ハーフタイムへ
荒井颯太選手
香取武選手
田所莉旺選手が抜け出す

勝ち越しのゴールに

加治佐海選手
林駿佑選手
齊名優太選手
精度の高いコーナーキックからゴールに迫った
新堀翔選手
太田陽彩選手がセーブ
五十嵐将選手
齊名優太選手
五十嵐将選手

パーシモンがフリーキックからゴールを狙う
太田陽彩選手が好守を見せる
山中大輝選手
関徳晴選手
関徳晴選手
林駿佑選手
新堀翔選手

佐々木雄基選手
佐々木雄基選手
2-1でタイムアップ
スタンドから声援を送ったフロンターレの選手たち

応援してくれた選手らと喜びを分かち合う

表彰式へ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です