フロンターレU12 – 綾南オレンジサッカー団 / 日産カップブロック大会1回戦


1月13日は綾瀬スポーツ公園へ。2018年度の神奈川県の少年サッカーを締めくくる大会、日産カップ争奪神奈川県少年サッカー選手権大会のブロック大会が前週から始まっており、川崎フロンターレU-12はこの日初戦に臨みました。

【川崎フロンターレU-12 日産カップ争奪神奈川県少年サッカー選手権大会高学年の部ブロック大会1回戦 vs 綾南オレンジサッカー団】
1月13日(日)午前11時6分キックオフ 綾瀬スポーツ公園 晴れ 20分ハーフ 8人制

フロンターレの先発は、GK19斎藤准也、最終ラインは右から15関徳晴、25林駿佑、23陶山響、中盤は17楠田遥希、14平塚隼人、前線には18佐々木雄基、27榎本司。年末に全日本U-12サッカー選手権大会を制したフロンターレは、五年生で臨むことに。

前夜、地面を濡らせた雨はすっかり上がり、好天に恵まれた綾瀬スポーツ公園。次第に気温も上がっていき、選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、ラインを高めてくる綾南に対して、佐々木や榎本が動き出しゴールを目指していくフロンターレ。オフサイドをとられながらも、平塚や楠田に林ら最終ラインの選手もかかわって、ピッチを幅広く使いながら、攻めの機会をうかがいに。

3分、平塚が縦パスを入れ、エリア正面やや右でボールを拾った楠田がシュート。ゴール左へ決まり、1-0。先制点はフロンターレへ。

さらに4分には最終ラインからの浮き球にエリア右へうまく榎本が抜け出し、ボールを受けた佐々木がエリア右へ向かって仕掛け、GK1の股の間を狙い、シュート。これも決まり、2-0。立て続けの得点でフロンターレは突き放します。

フロンターレはさらに最終ラインを高め、関や陶山がボールを預けたところから積極的に前へ駆け上がり、厚みのある攻めを試み、綾南の前線に対しても、林がうまく体を入れ、ボールを奪い取り、そこから縦へ入れ、平塚の縦パスから佐々木がエリア前に抜け出そうとするなどしていきます。

7分には榎本が右サイドへ流れてつくったスペースを使い、関がエリア外正面に。ミドルシュートを打ちますが、上へ。

さらに9分には平塚から右へ展開。右に開いた榎本がゴールへ向かう動きを見せ、折り返すと正面に平塚が迫るも、ここは綾南の守備の前にシュートは打てず。

11分にはさらにフロンターレ、佐々木が縦へ仕掛けて左コーナーキックを得ると、平塚が右足で入れたボールはシュートには結び付かなかったものの、セカンドボールを拾い、最後はエリア外左から平塚がミドルシュート。GK1にセーブされましたが、ゴールをおびやかしていきます。

一方の綾南も直後には4からエリア右へ展開。9のリターンを受けた8が、エリア正面でシュートを打つも上へ。

フロンターレは左サイドへ流れ、起点になろうとする9から、林がうまくボールを奪い取り、そこから関へパスを入れ、楠田や平塚がかかわってボールを回す時間をつくっていきます。19分には楠田のスルーパスに、エリア内、平塚が抜け出すもオフサイド。しかし、ポジションを入れ換えながら揺さぶりに。榎本が中央に下り、右サイドの高い位置へ、平塚が顔を出すなどしていきます。

綾南も高い位置で9がボールをカットしクロスを入れるなどしていきますが、シュートには結び付かず。前半は2-0でタイムアップとなります。

後半フロンターレは、関に代わり20柏村涼太、平塚に代わり24吉田志生、榎本に代わり22ステンパールカ大翔、佐々木に代わり13新堀翔と4人を入れ換え。

立ち上がりには綾南、右サイドへ開いた6が折り返すと、エリア正面、4がシュート。しかし、斎藤がセーブ。

直後にはフロンターレ、楠田からステンパーにボールが渡り、エリア正面、新堀がシュート。ここは綾南の選手も体を張り、右コーナーキックに。

綾南は、コーナーキックをしのいだところから右へ展開し、攻撃へつなげようとしていきますが、ステンパーや吉田が囲い込むようにして対応。さらに縦へボールを入れてくる綾南に対して、林が出足よくボールをカット。エリア内へは近づかせず。

フロンターレは、時には新堀も自陣に戻ってコンパクトに。いい距離感でボールを回していくと、3分には、新堀が左サイドからエリアに向かって仕掛け、エリア外正面でボールを受けた吉田が切り返し、ミドルシュート。しかし、GK1がセーブ。

畳み掛けていくフロンターレは4分、柏村が右サイドの高い位置へ。ボールを受けたステンパーが時間をつくり、エリア外右の吉田へ。吉田がエリア前にボールを送ると、走り込んだ楠田のシュートが決まり、3-0。ついに突き放します。

綾南のエリア近くへの攻めにも、人をかけて、対応していくフロンターレ。ボールを受けた吉田が中央でうまく綾南の選手をはがして、そこからラインを高め、柏村や楠田がそれぞれ機を見て、高い位置へ上がり、さらにゴールをうかがっていきます。

9分には綾南、コーナーキックを得て、ショートコーナーを選択すると、エリア外左から9がミドルシュートを打つも左へ。

直後にはフロンターレ。柏村が右サイドでボールを奪い、攻めに転じると、楠田のスルーパスに、新堀がエリア右へ抜け出しシュート。しかし、右へ。

フロンターレはここで楠田に代わり再び関。そのまま中盤に入ります。

綾南は、セットプレーや高い位置でのボールカットからゴールをおびやかしますが、林がボールを奪い返し、また斎藤もしっかりセーブするなどして対応していくと、13分には新堀が左サイドでボールをキープし、オーバーラップした陶山が高い位置で折り返すと、エリア外正面で吉田がシュート。しかし、ここも綾南のブロックに阻まれ、ゴールとはならず。

さらに14分には吉田から左へ。陶山が左クロスを上げると、エリア右、ステンパーがシュートを打ちますが上に。

フロンターレは人をかけ、高い位置でボールをよく拾い、さらにゴール前に迫りに。シュートに対して、綾南が体を張って対応する場面が続いていきます。

19分には新堀のパスにエリア右へ、うまくステンパーが抜け出すもシュートは左へ。綾南も、8のパスにエリア左へ9が抜け出し1対1となりますが、斎藤が足でシュートを止める好セーブ。

さらに8が右サイドからエリア前に斜めに仕掛け、ゴールを狙いにいきますが、フロンターレは柏村がカバー。試合はタイムアップとなり、3-0。フロンターレは2回戦への進出を決めました。

前半2-0 後半1-0 計3-0
得点:楠田遥希2、佐々木雄基

フロンターレの先発:19斎藤准也、15関徳晴、25林駿佑、23陶山響、17楠田遥希、14平塚隼人、18佐々木雄基、27榎本司
交代:関→20柏村涼太 平塚→24吉田志生 佐々木→13新堀翔 榎本→22ステンパールカ大翔

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち
フロンターレは五年生で試合に臨んだ
円陣を組んで試合へ
関徳晴選手
楠田遥希選手のシュートが決まり、1-0

斎藤准也選手
佐々木雄基選手が1対1に
股を抜くシュートが決まり、2-0

佐々木雄基選手
林駿佑選手
榎本司選手
平塚隼人選手
斎藤准也選手

楠田遥希選手
平塚隼人選手
楠田遥希選手
林駿佑選手
前半は2-0

後半へ
楠田遥希選手
ステンパールカ大翔選手
吉田志生選手がエリア前にボールを送る
楠田遥希選手が決め、3-0

タッチをかわす楠田遥希選手と吉田志生選手
新堀翔選手
斎藤准也選手
吉田志生選手

ステンパールカ大翔選手

新堀翔選手
陶山響選手
柏村涼太選手
陶山響選手
ステンパールカ大翔選手
関徳晴選手
3-0でタイムアップ

 

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です