フロンターレU12 – 原FC / 全日本U-12サッカー大会県大会5回戦


11月23日は相模原市の横山公園へ。全日本U-12サッカー選手権大会(全日本少年サッカー大会から名称変更)の神奈川県大会が11日から始まっており、この日は5回戦と準々決勝。18日の3回戦から登場した川崎フロンターレU.-12はアムゼルに4-2で勝利。4回戦でFC東海岸を4-0で下し、5回戦では、原FCと対戦しました。

 

【川崎フロンターレU-12 全日本U-12サッカー選手権神奈川県大会5回戦 vs 原FC】

11月23日(金)午前11時7分 横山公園 晴れ 20分ハーフ 8人制

 

フロンターレの先発は、GK1太田陽彩、最終ラインは右から20柏村涼太、3山中大輝、7荒井颯太、中盤は5田所莉旺、右にキャプテンの10齊名優太、左に6五十嵐将、前線には11香取武。

冬の到来を感じさせる澄みわたった青空の横山公園。多くの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、五十嵐が左に流れ、サイドチェンジから齊名、柏村の連係から右サイドの位置へ仕掛けるなど、攻勢に出ていくフロンターレ。

2分には、荒井が左クロスを上げると、エリア内で齊名がシュート。ブロックされ、右コーナーキックに。右から齊名が右足でボールを入れると、最後は山中がボールを競りますがGK12がボールをキャッチ。得点とはなりませんでしたが、相手エリア近くでのプレーを続けていきます。

4分には、原FCも5が前線へ送ったボール、11がエリア外右に抜け出し、シュート。しかし、太田がブロック。ゴールへ向かっていったボールは柏村がクリア。さらに原FCは前線の9が右サイドへ流れ、ボールを引き出しにいきますが、荒井がカバー。そこから五十嵐へボールが渡り、再び攻勢に。エリア外左から田所がシュート。GK12に阻まれましたが、守備から攻撃へとつなげていきます。

フロンターレは柏村が高い位置へ機を見て上がり、五十嵐が左に流れ、空けたスペースを使い、荒井がエリア前に仕掛けていくなどしていきます。

7分、フロンターレは太田がエリア前にボールを送ると、五十嵐がエリア内に抜け出し、GK12のファールを受け、PKに。これを齊名が決めて、1-0。正確なキックから生まれた決定機をものにして、先制点はフロンターレへ。

たたみかけるフロンターレは、荒井の縦への仕掛けから田所がシュートを打つなどして、コーナーキックを立て続けに得ていきます。8分には、五十嵐が左サイドの高い位置へ動き、荒井がエリア前に仕掛け、シュート。原FCの選手に阻まれ、左コーナーキックに。このコーナーキックをクリアされて得た右コーナーキック、齊名のボールに山中が合わせますが、ボールは惜しくもバーに。

縦パスを受け、エリア右に仕掛けてくる11に対して、柏村がうまく体を入れ、ボールを奪い返すなど、好守も重ねていくフロンターレ。原FCにボールが渡っても、エリア前に田所が戻ってカバーするなど、切り替えの良さを見せていきます。

13分には、田所が中盤で競り、五十嵐がエリア前に。縦パスからエリア左で香取がシュートを打つもワンタッチあり、左コーナーキックに。左から齊名がボールを入れると、香取がシュートに持ち込み、最後は原FCのオウンゴールを誘い、2-0。

フロンターレは五十嵐が右にも顔を出すなど、ポジションを入れ換えながらさらに攻めに。16分には、柏村が右サイドの高い位置へ。うまく切り返してシュートを打つも上に。

さらに17分右サイドでボールを受けた五十嵐が齊名とのパス交換からエリア正面へ。シュートを打つと、これが決まり、3-0。突き放します。

直後には香取が右サイドの高い位置へ。リターンを受けた齊名のパスに、エリア正面で五十嵐がダイレクトでシュートを打ちますが、左へ。

19分には、原FCがエリア前に入れてきたボールを山中が競り、拾った田所から左へ展開。荒井が縦へ仕掛け、折り返すとニアで香取が押し込み、4-0。さらに直後には、荒井がエリア外左からミドルシュート。GK12が弾いたところを香取が押し込みますが、これはオフサイド。前半は4-0でタイムアップとなります。

 

後半フロンターレは荒井に代わり15関徳晴が入ってのスタート。コーナーキックをしのいでカウンターへ持ちこもうとする原FCに対して、田所がエリア前に戻りボールを奪うなど、立ち上がりから切り替えよくいい形で試合に入り、前半と同様に、五十嵐が時には右サイドに寄ってボールを受け、空いたスペースへ上がった関が、エリア左に向かって仕掛けていくなど、追加点を狙っていきます。

5分には、香取に代わり13新堀翔。

ラインを高め、柏村や関が高い位置へ積極的に上がり、ピッチを幅広く使いながらボールを動かしていくフロンターレ。7分には、原FC、左サイドの高い位置で9がボールをカットし、エリア前に仕掛けていきますが、山中がカバー。そこから再び攻めに転じ、8分には、エリア外左から関がミドルシュート。枠をとらえるもGK12がはじき、右コーナーキックに。

このコーナーキック、齊名が入れたボールに、山中が頭で合わせ、ゴールネットを揺らして5-0。

原FCは前から連動してプレスをかけにいきますが、山中や関に田所がかかわって、うまくフロンターレは切り抜け、攻撃へとつなげていきます。

11分には、フロンターレは五十嵐に代わり2仲谷俊。仲谷がFW、新堀が左へ。仲谷が交代で入った直後の原FCのコーナーキックをしのぐと、仲谷がエリア外正面でボールをおさめ、フロンターレはカウンターへ。シュートを打つもGK12の正面。

フロンターレはさらに12分には、山中に代わり25林駿佑。直後には原FC、9が右サイドからエリア前に仕掛けようとしていきますが、林が厳しく寄せ、マイボールに。新堀につなげ、ボールを受けた関が右へサイドを変え、エリア外右で柏村がミドルシュート。、GK12のセーブに阻まれましたが、選手交代を経ても守備から攻撃へ、切り替えの良さを出していきます。

原FC陣内でのプレーを続け、さらにゴールを狙いにいくフロンターレ。14分には、関の左クロスを正面で齊名が競り、エリア左で拾った仲谷がシュートを打つもブロック。さらに仲谷が中盤に落ち、左サイドの高い位置へ駆け上がった新堀へパスを送ると、新堀が右サイドの高い位置へパスを送り、エリア右で柏村がシュートを打つも上に。

フロンターレは16分、田所に代わり17楠田遥希、齊名に代わり8山下耀翔。

18分、フロンターレは右サイドで攻勢に出ると、エリア右で仲谷が巧みなトラップでボールをおさめ、シュート。こぼれ球をエリア左から進入した楠田が押し込み、6-0。

フロンターレはここで柏村に代わり再び香取が入り、今度は最終ラインの右へ。山下が中央に寄ってポジションをとり、香取が高い位置へ上がっていくなどしていきます。

19分には、香取の右クロスに新堀が合わせますが、GK12がセーブ。さらに左サイドで攻勢に出て、新堀がエリア前に仕掛けて、シュート。こぼれ球を拾った山下がエリア正面でシュートを打つもGK12がセーブ。

最後までゴールを狙う姿勢を見せ続け、試合はタイムアップ。6-0。フロンターレは準々決勝へ駒を進めました。

前半4-0 後半2-0 計6-0

得点:齊名優太=PK、オウンゴール、五十嵐将、香取武、山中大輝、楠田遥希

 

フロンターレの先発:1太田陽彩、20柏村涼太、3山中大輝、7荒井颯太、5田所莉旺、10齊名優太(c)、6五十嵐将、11香取武

交代:荒井→15関徳晴 香取→13新堀翔 五十嵐→2仲谷俊 山中→25林駿佑 田所→17楠田遥希 齊名→8山下耀翔 柏村→香取

 

(文中敬称略)

 

試合を前にした選手たち

斎藤准也選手

タッチをかわす選手たち
円陣を組んで試合へ
齊名優太選手
五十嵐将選手
香取武選手
山中大輝選手
太田陽彩選手

柏村涼太選手
荒井颯太選手
太田陽彩選手
五十嵐将選手がファールを受け、PKを得る
齊名優太選手がPKを蹴る

1-0に
山中大輝選手
田所莉旺選手
五十嵐将選手
山中大輝選手
田所莉旺選手
香取武選手のシュートから2-0

香取武選手
荒井颯太選手
齊名優太選手
五十嵐将選手
シュートに持ち込む
3-0に

五十嵐将選手
五十嵐将選手
柏村涼太選手
香取武選手が押し込み、4-0

齊名優太選手

 

出場に備える選手たち
高田栄二監督の話を聞く
山中大輝選手

関徳晴選手
五十嵐将選手

関徳晴選手
新堀翔選手
山中大輝選手が決めて、5-0
山中大輝選手

林駿佑選手
仲谷俊選手
林駿佑選手
新堀翔選手
仲谷俊選手
仲谷俊選手
楠田遥希選手が押し込み6-0
楠田遥希選手

楠田遥希選手
山下耀翔選手
6-0でタイムアップ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です