神奈川県 – 埼玉県 / 国体関東ブロック大会


8月12日は千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムへ。国民体育大会関東ブロック大会は最終日。前日の群馬県との試合を5-0で制した神奈川県は、国体出場権を懸け、埼玉県との代表決定戦2回戦に臨みました。

【国民体育大会関東ブロック大会代表決定戦2回戦 神奈川県 vs 群馬県】
8月12日(月)午前10時キックオフ ゼットエーオリプリスタジアム 雨のち晴れ 35分ハーフ

神奈川県の先発は、GK12青山海(川崎フロンターレU-18)、最終ラインは右から5高畠捷(川崎フロンターレU-18)、3田鎖勇作(川崎フロンターレU-18)、キャプテンの4諏訪間幸成(横浜F・マリノスユース)、2花城怜志(横浜FCユース)、ボランチは9小室愛樹(川崎フロンターレU-18)、13角田惠風(横浜F・マリノスユース)、右MF15猪狩祐真(日大藤沢)、左MF14安藤如登(東京ヴェルディユース)、前線には11五十嵐太陽(川崎フロンターレU -18)、17田中幹大(川崎フロンターレU-18)。

群馬県戦に続き、フロンターレU-18の6選手とU-15出身の猪狩がスタメンに名前をつらねました。

埼玉県の先発は、GK1西村遥己(昌平)、最終ラインは右から2田島魁人(昌平)、13大井勇人(大宮アルディージャU-18)、4工藤孝太(浦和レッズユース)、キャプテンの9山田結斗(大宮アルディージャU -18)、ボランチは6戸田大翔(浦和レッズユース)、7高橋愛翔(大宮アルディージャU -18)、右MF14佐藤優哉(昌平)、左MF5大野海翔(浦和レッズユース)、前線には16須田康太郎(正智深谷)、10高橋悠(浦和レッズユース)。

厳しい暑さが続いたここ数日とは打って変わって、空には雲が立ち込めるゼットエーオリプリスタジアム。選手たちがアップを始めるころには雨が降り始め、スタンドの上のほうに設けられた屋根の下から選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、左サイドからの攻めでゴール前に迫るのは埼玉県。1分には左からの折り返しに、エリア左で戸田がシュートを打つも枠はとらえられず。さらに大野の浮き球に、高橋悠がエリア左へ。ゴールへ向かい仕掛けていくも、最後は青山がブロック。

左コーナーキックとなり、山田が右足でボールを入れると、こぼれ球を拾った戸田の縦パスに、エリア内へ高橋悠が抜け出し、1対1に。これは決まったかという場面となりましたが、青山が好セーブを見せて、阻んでいきます。

神奈川県は花城が田中幹大にフィードを入れ、埼玉県のファールを受けて相手陣内でのフリーキックに。すばやくリスタートし、五十嵐の縦パスをおさめた田中幹大から右へ展開。猪狩が仕掛け、中盤の小室、角田につなげ、左へ展開。最後は切れ込んだ安藤がエリア外左でミドルシュート。GKの西村がセーブしましたが、多くの選手がかかわってチャンスをつくっていきます。

一方の埼玉県も直後には高橋悠がファールを受けて、エリア外左でフリーキックに。こぼれ球を拾ったキッカーの戸田が、エリア外左でシュートを打ちますが、ワンタッチあり、枠へは飛ばせず。

コーナーキックもしのいだ神奈川県は、再び攻めに。右サイドを猪狩が仕掛け、そこから左の安藤へ。安藤のリターンを受けた小室が、エリア外正面でミドルシュートを打つも枠外。

埼玉県も佐藤が縦へ仕掛けるなどしていきますが、神奈川県は花城が粘り強く対応し、蹴り出すのではなく、田中幹大へつながるかたちで前線へボールを送るなど、守備から攻めに転じようとしていきます。

12分には埼玉県は右サイドで佐藤がボールをカット、須田、高橋悠から左へ展開し、大野が折り返そうとするも高畠がブロック。15分にはフリーキックのこぼれ球、正面で埼玉県はシュートを打つも枠はとらえられず。さらにフリーキックや、大井が前に持ち出して左サイドの大野へ展開していく埼玉県でしたが、神奈川県はうまく対応していきます。

すると16分、神奈川県は中央で角田、小室がボールをものにして、右に。受けた猪狩が正面へ仕掛け、スルーパスを出すと、田中幹大がエリア左へ。埼玉県の守備に阻まれて、左コーナーキックとなります。

キッカーは角田。右足でボールを入れると、飛び込んだ高畠が頭で合せてボールはゴールのなかへ。1-0。給水タイム前、最後のチャンスを生かして神奈川県が見事に先制します。

リードした神奈川県は、埼玉県の攻めに対して、諏訪間の守備などで対応し、小室の縦パスを田中幹大がおさめ、右へ流れた五十嵐が縦に仕掛けて、相手陣内でプレーする時間をつくり、安藤が中へ寄り、花城が上がるスペースをつくり、高畠も機を見て前に出て、さらにゴールを目指す姿勢を見せていきます。

埼玉県は、神奈川県が後ろでボールを回していこうというところで、前からプレスをかけにいきますが、田鎖や諏訪間、高畠が落ち着いてパスをつないでいき、それをさせず。26分には右へ流れた田中幹大を猪狩が追い越し、右クロス。ブロックされたところを正面で田中幹大がおさめ、リターンを受けた角田がエリア外でミドルシュート。GK西村がセーブしましたが、いいかたちをつくっていきます。

一方の埼玉県も直後には須田が左サイドから仕掛け、エリア内へ折り返そうとしますが、諏訪間がクリア。埼玉県の左サイドでのスローインとなるも、五十嵐がうまく寄せてマイボールに。神奈川県は小室や諏訪間、角田や田鎖がボールに多く触れる時間をつくっていきます。

34分には神奈川県、諏訪間、角田、安藤と中央でつなぎ、安藤から左の花城へ。細かくパスを回していくと、正面で田中幹大がシュートを打つも右へ。前半はタイムアップとなり、1-0。神奈川県がリードしてハーフタイムとなります。

 

前半途中に雨はやみ、ハーフタイムには濡れた座席も厳しい日差しですっかりかわいたゼットエーオリプリスタジアム。埼玉県は佐藤に代わり8島垣翔(浦和レッズユース)が入りボランチ、戸田は右MFへ。また、須田に代わり15川辺球尊(大宮アルディージャU-18)が入ってのスタートとなります。

しかし、ゴールへ迫っていくのは神奈川県。2分には猪狩から左へ展開。花城の左クロスを五十嵐が折り返し、正面で猪狩が拾い、猪狩から受けた角田が地を這うようなミドルシュートを打つも左へ。

埼玉県が右へ流れた川辺を狙い、フィードを入れても花城、安藤がうまく囲い込んで起点をつくらせない神奈川県。4分には小室の縦パスを受けた猪狩が縦へ仕掛け、左サイドの花城へ預け、エリア外左で再び受けて、折り返しに。ブロックされましたが、うまく連係していきます。

6分には田中幹大、五十嵐が中央で運び、右の猪狩へ。埼玉県のゴール前で猪狩、安藤とつなぎ、安藤からエリア左、花城へ。シュートは枠をとらえましたが、西村がセーブ。

さらに猪狩のエリア右を突くスルーパスに、田中幹大が抜け出すも埼玉県の守備も粘り強くブロック。コーナーキックのセカンドボールを拾った神奈川県はさらに五十嵐のパスに田中幹大がエリア右へ抜け出すなど、ゴールをおびやかす場面をつくっていきます。

ボールが埼玉県に渡っても五十嵐が厳しく寄せて高い位置でスローインを得るなどし、流れを渡さない神奈川県。うまくプレスをかけ、ボールを得るとすばやく安藤が、前へ動き出す田中幹大を狙いスルーパスを出すなど、守備から攻めにもつなげていきます。

16分には、高畠が右クロスを上げると左へ流れたボールを拾い、安藤がエリア左でシュートを打つも西村がセーブ。

埼玉県は17分、大野に代わり11山崎倫(大宮アルディージャU-18)。

給水タイムを挟んで20分には神奈川県。小室、安藤と左へ展開し、花城がクロスを入れると右サイドでボールを拾い、パス交換から猪狩がエリア右へ。最後はボールが足につかず、シュートにはいけませんでしたが、惜しい場面に。

さらに人をかけ、ボールを動かしながら前に出ていく神奈川県。25分には猪狩がいったんボールを五十嵐へ預け、エリア正面やや左へ。シュートを打つも上に。

さらに26分には田中幹大、五十嵐とつなぎ、五十嵐のパスに安藤がエリア内へ。安藤に対して、埼玉県にファールがあり、神奈川県はPKを得ます。埼玉県が髙橋悠に代えて3大塚天翔(正智深谷)を入れたところで、PKを蹴るのは安藤。ところがボールはバーへ。惜しくも追加点とはならず。

埼玉県は、最終ラインに大塚を入れ、前線へ工藤を上げて山岸との2トップに。神奈川県は安藤に代わり、20佐々木柊真(横浜FCユース)が入り左MF。

埼玉県が高い位置へ工藤を走らせても諏訪間がカバーし、フィードに抜け出そうとする工藤にも田鎖がしっかり対応していく神奈川県。

31分には田中幹大に代わり10山崎太新(横浜FCユース)。33分には高畠、五十嵐と右での攻めに。エリア右へ猪狩が抜け出すと、猪狩から受けた山崎がシュート。ワンタッチあり、ポストを叩きましたが決定機をつくっていきます。

神奈川県はここで五十嵐に代わり19鈴木輪太朗イブラヒーム。

ロスタイムは3分。36分には埼玉県、左サイドでボールを奪った山崎が中央へ仕掛け、シュートを打つも青山がセーブ。神奈川県は前にボールを送り、山崎のパスにエリア外左で佐々木がシュート。ワンタッチあり、右コーナーキックに。

試合はあとわずか。ところが38分、フリーキックを得た埼玉県は川辺が浮き球を入れると、こぼれ球に詰めた大塚が右足でシュート。ボールはゴールのなかへ。1-1。ここで主審の笛が鳴り、後半はタイムアップ。ラストワンプレーで、埼玉県が追いつき、試合はPK戦となります。

 

PK戦。先攻は神奈川県、後攻は埼玉県。

神奈川県の1人目角田のシュートは、西村がさわるもボールはゴールのなかへ。1-0。埼玉県の1人目川辺は左へ決めて1-1。

神奈川県2人目山崎は左へ決めて2-1。埼玉県の2人目工藤のシュートは右へ。青山はこれを止めて2-1。神奈川県がリード。

神奈川県3人目は花城。これを決めて3-1。埼玉県2人目は戸田。左へ決めて3-2。

神奈川県の4人目は鈴木。これも決まり、4-2。

埼玉県の4人目は山田。左を狙ったシュートは青山が2度目のセーブ。試合はついに決着。走り出す青山を追いかけ、飛びついていく神奈川県の選手たち。3日間タフに戦い抜いて、神奈川県は、ついに国体出場を決めました。

攻守に大きく活躍したフロンターレのアカデミー育ちの選手たち、そして魅力あふれる神奈川県の選手たちの、大きな舞台での躍進をとても楽しみにしています。

前半1-0 後半0-1 計1-1 PK4-2
得点:高畠捷(神奈川県) 大塚天翔(埼玉県)

神奈川県の先発:12青山海(川崎フロンターレU -18)
5高畠捷(川崎フロンターレU-18)、3田鎖勇作(川崎フロンターレU-18)、4諏訪間幸成=c (横浜F・マリノスユース)、2花城怜志(横浜FCユース)
9小室愛樹(川崎フロンターレU-18)、13角田惠風(横浜F・マリノスユース)、15猪狩祐真(日大藤沢)、14安藤如登(東京ヴェルディユース)
11五十嵐太陽(川崎フロンターレU -18)、17田中幹大(川崎フロンターレU -18)
交代:安藤→20佐々木柊真(横浜FCユース) 田中幹大→10山崎太新(横浜FCユース) 五十嵐→19鈴木輪太朗イブラヒーム(日大藤沢)
控え:1木村凌也(横浜F・マリノスユース) 6西田勇祐(横浜F・マリノスユース)

埼玉県の先発:1西村遥己(昌平)
2田島魁人(昌平)、13大井勇人(大宮アルディージャU-18)、4工藤孝太(浦和レッズユース)9山田結斗=c (大宮アルディージャU -18)
6戸田大翔(浦和レッズユース)、7高橋愛翔(大宮アルディージャU -18)、14佐藤優哉(昌平)、5大野海翔(浦和レッズユース)
16須田康太郎(正智深谷)、10高橋悠(浦和レッズユース)
交代:佐藤→8島垣翔(浦和レッズユース) 須田→15川辺球尊(大宮アルディージャU-18) 大野→11山崎倫(大宮アルディージャU -18) 高橋悠→3大塚天翔(正智深谷)
控え:12松葉遥風(昌平)

(文中敬称略)

 

高畠捷選手

試合を前にした選手たち

神奈川県の先発メンバー
ボールの確認にいく青山海選手
円陣を組む選手たち

立ち上がりの埼玉県のシュートを止める青山海選手

田中幹大選手
東京ヴェルディユースの安藤如登選手
猪狩祐真選手

 

田鎖勇作選手

猪狩祐真選手が仕掛けていく
田鎖勇作選手
小室愛樹選手
田中幹大選手
青山海選手
五十嵐太陽選手
小室愛樹選手、横浜F・マリノスユースの角田惠風選手
青山海選手
猪狩祐真選手
田中幹大選手が1対1に
埼玉県の守備も粘り強く、得点にはならず

コーナーキック、高畠捷選手が頭で合わせて、1-0

給水タイム前、大きな先制点が神奈川県に入った
高畠捷選手
小室愛樹選手
田中幹大選手
五十嵐太陽選手
五十嵐太陽選手
猪狩祐真選手
青山海選手
高畠捷選手
小室愛樹選手
五十嵐太陽選手
高畠捷選手
前半はタイムアップ
小室愛樹選手
後半へ
猪狩祐真選手
横浜F・マリノスユースの角田惠風選手
小室愛樹選手
青山海選手
高畠捷選手
小室愛樹選手
猪狩祐真選手

田鎖勇作選手
高畠捷選手
田中幹大選手は山崎太新選手と交代

 

猪狩祐真選手

埼玉県が同点に追いつく
ラストワンプレーで1-1に
PK戦へ
青山海選手

埼玉県の2人目のシュートをストップ

鈴木輪太朗イブラヒーム選手が決めて4-2
埼玉県の4人目に臨む青山海選手

神奈川県がPK戦を制し国体出場を決めた

試合を見守った家族らのもとへ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です