1ショット日記「後半戦へ向けて」


8月24日は桐蔭学園多目的グラウンドへ。関東大学サッカーリーグ1部の桐蔭横浜大と、関西学生サッカーリーグ1部の阪南大の練習試合が行われ、川崎フロンターレU-18出身の選手たちも出場しました。

 

桐蔭横浜大は、GK早坂勇希が1本目に出場。時にはエリアの外に出て、組み立てに加わり鋭い縦パスで攻撃へつながるプレーをすれば、守備でも阪南の決定的なシュートを止め、無失点に。

 

また、阪南大はGK名良橋拓真が1、2本目、DF長谷川隼が1本目に出場。

名良橋は、攻撃へ持ち込んでいこうというチームのなかで、正確なキックでさまざまなところへ配球。長谷川も縦パスをさかんに入れ、チャンスを演出し、桐蔭横浜のイサカ・ゼインがエリア内へ抜け出そうとする場面では粘り強く、巧みにボールを奪いに。

3人それぞれがフロンターレのアカデミー育ちの選手らしく、攻守にチームに貢献していくさまを見られたことは、練習試合とはいえ、とても嬉しくなるものでした。

 

2チームともに夏の大学サッカー日本一を決める総理大臣杯への出場はかないませんでしたが、桐蔭横浜大はリーグ戦で2位に浮上。阪南大も4位につけ、冬の全日本大学サッカー選手権(インカレ)の出場をうかがえる位置にいます。

 

シーズンの後半戦へ向けて、それぞれがチームとともにいい準備を進めて、今度はインカレで対戦できるような、実り多いシーズンを送れますように。活躍をとても楽しみにしています。

 

【練習試合 桐蔭横浜大 vs 阪南大】

8月24日(土)午後1時40分キックオフ 桐蔭学園多目的グラウンド 晴れ 30分×4本

①0-0②0-1③0-2④3-3

 

(文中敬称略)

川崎フロンターレU -18出身、桐蔭横浜大のGK早坂勇希選手
川崎フロンターレU -18出身、阪南大のGK名良橋拓真選手
川崎フロンターレU -18出身、阪南大のDF長谷川隼選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です