1 ショット日記 「これからを楽しみに」


試合に臨む阪南の選手たち
川崎フロンターレU-18出身の長谷川隼選手
川崎フロンターレU-18出身の名良橋拓真選手
0-3でタイムアップ。阪南には厳しい結果となった

 

8月31日、ヤンマースタジアム長居で行われた総理大臣杯1回戦、鹿屋体育大vs阪南大、阪南大は川崎フロンターレU-18出身のGK名良橋拓真選手とDF長谷川隼選手が先発しました。

試合は阪南にとって、厳しいものに。前半11分にエリア右から鹿屋体育大の岡田浩平選手が決め、1-0に。阪南はエースの草野侑己選手らがチャンスをつかむものの、決めきれずにいると、39分に再び岡田選手が決め、鹿屋体育大が2-0に。45分には渡邊宥也選手のミドルシュートで3-0。

3点のビハインドを追った阪南は、後半ボールを握りながらも、なかなか決定機をものにすることはできず。名良橋選手は時にはエリア外に出て組み立てにも加わり、長谷川選手も縦へ何度もパスを入れ、打開を図ろうとしたものの、試合はそのまま、3-0でタイムアップ。阪南は初戦で敗退。2回戦に勝ち進めば、実現するはずだった、岡田優希選手がキャプテンを務める早稲田大との対戦もかなわぬものになりました。

2人の今回の総理大臣杯が悔しい結果になったことを、とても残念に思います。しかし、まだ続いていくシーズン、冬には大学日本一を決める全日本大学サッカー選手権が関東で行われます。この日の悔しさや涙を越えて、これからどうなっていくのか、とても楽しみにしています。

フロンターレアカデミーのサポーターは、二人の関東でのプレーを心待ちにしています。

 

【総理大臣杯1回戦 鹿屋体育大vs阪南大】

8月31日(金)午後6時キックオフ ヤンマースタジアム長居 くもり一時雨

前半3-0 後半0-0 計3-0

得点:岡田浩平2、渡邊宥也(鹿屋体育大)

 

 

 

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です