フロンターレU18 – 横浜FCユース / プリンスリーグ関東第14節


9月21日保土ヶ谷公園サッカー場で行われた関東大学サッカーリーグ1部、桐蔭横浜大 vs 立正大のあとは、横浜FC LEOCトレーニングセンターへ。プリンスリーグ関東は第14節。川崎フロンターレU-18は横浜FCユースとの試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 プリンスリーグ関東第14節 vs 横浜FCユース】
9月21日(土)午後3時半キックオフ 横浜FC LEOCトレーニングセンター くもり

フロンターレの先発は、GK21川合我空、最終ラインは右から31高畠捷、15松永竜之介、4栗田悠巨、5森璃太、ボランチは8山内日向汰、18戸水利紀、右MFゲームキャプテンの11有田恵人、左MF20鈴木大登、前線には26五十嵐太陽、10宮城天。

横浜FCの先発は、GK1深宮祐徳、最終ラインは右から8田畑麟、3北田悠慎、36杉田隼、6小林佑熙、ボランチは11中川敦瑛、30土屋海人、右MF14永田亮輔、左MF17佐々木柊真、トップ下7奥村周太、前線にはキャプテンの9佐々木翔。

曇り空の横浜FC LEOCトレーニングセンター。住宅街にある環境であることもあり、声を出しての応援こそできないもののフロンターレも横浜FCも多くの選手の家族ら、さらにはサポーターが集まり、秋の涼しさのなかにも、選手たちのプレーへの期待の熱を感じるなか、試合は始まりました。

立ち上がり、横浜FCのフリーキックにも久しぶりの先発となった川合がしっかり対応し、前からのプレスをかいくぐるように川合から右へ流れた五十嵐へ正確につけ、攻めに転じようとしていくフロンターレ。

ところが5分、自陣でボールを失い、横浜FCは左から佐々木柊真が仕掛け、エリア外左へ。折り返しは栗田がクリア。さらに左からの横浜FCの攻めに。佐々木柊真とのパス交換から奥村が折り返すと、エリア内へ佐々木翔が迫るも森が中へしぼってこれを阻む好対応。

ところが左コーナーキック、奥村の入れたボールに北田が合わせるとこれが決まり、0-1。先制点は横浜FCへ。

追いかけることになったフロンターレは高畠が右サイドへ宮城を走らせるようなパスを出して、ラインを高め前に。右サイドでのスローインとなると、パス交換から山内がエリア右へ。リターンを受けた宮城がエリア外右でシュートを打つも深宮がセーブ。

さらにフロンターレはコーナーキックのセカンドボールを戸水が拾い、右サイドの高畠がエリア右へ五十嵐を走らせるようなボールを入れ、ゴールをうかがいに。有田が高い位置でプレスバックにいき、マイボールにしていくと、10分には右から中央へ五十嵐が仕掛けていき、左へ展開。森がクロスを上げると、宮城のヘディングシュートは枠をとらえるも深宮がセーブ。

松永や栗田、戸水や山内がボールを動かしながら、栗田のフィードもまじえ、攻めていくフロンターレ。高畠や森も高い位置取りでクロスや折り返しを入れていきます。

13分には森の浮き球を五十嵐が競り、左サイド、鈴木へ。鈴木が正面の宮城へ縦パスを入れ、宮城から左へ展開。五十嵐が左クロスを入れると、正面で鈴木がシュートを打つも上に。

さらに有田が右サイドから中央へ仕掛け、正面の宮城へ。宮城が後ろへ戻したボールを正面で受けた山内がエリア外右へ持ち込みミドルシュートを打つも上に。

一方の横浜FCも、佐々木翔が前でおさめて右へ展開。永田が仕掛けるもフロンターレは人をかけて守り。さらに左に展開した横浜FCは佐々木柊真が仕掛けるもブロックし、左コーナーキックに。奥村が入れたボール、北田がまたも合わせるもライン上で高畠がブロック。

再びマイボールにしたフロンターレは、松永、山内とテンポよくパスを入れ、右に。高畠につながり、高畠の縦パスをうまく間で五十嵐が受けて、右の有田へ。有田の右クロスにつなげていきます。さらに栗田の縦パスをスイッチに、有田が右サイド高い位置で仕掛け、エリア正面へ森が迫るなど、押し込みに。

21分には横浜FC、カウンターへ持ち込み、小林が左クロスを上げると遠いサイド、中川が抜け出すも、川合がブロック。こぼれ球を鈴木が拾い、後ろへ戻して再び攻めに転じようとしていきます。

栗田、五十嵐、山内と縦へパスを入れ、正面へ鈴木が抜け出すなど横浜FC陣内でプレーを重ねていくフロンターレ。細かくパスを回し迫っていきます。

25分には横浜FCも、田畑の右サイドを突くパスに、エリア右へ永田が仕掛けるも森が寄せにいき、最後は栗田がクリア。

戸水がセカンドボールを拾いながら、山内が右サイド、有田へつなげるなどしていくフロンターレ。29分には山内のパスに宮城が右から折り返すもブロック。

32分にはフロンターレ、戸水、宮城と縦へつなげ、右へ展開。有田がクロスを上げるとニアで五十嵐が合わせるも深宮がセーブ。セカンドボールを拾った山内がエリア右へ。シュートを打つも右へ

さらに宮城から右へパスが出ると、有田が遠いサイド、鈴木を狙い右クロスを上げるもシュートにはつながらず。

一方の横浜FCも直後にはカウンターに持ち込むと、小林が左サイド高い位置へ。エリア内に奥村、佐々木翔が迫りますが、松永が粘り強く足を出し、しのきでいきます。

フロンターレは、36分には有田から左の森へつなぐと、森の左クロスに、宮城が飛び込むもさわることはできず。さらに高い位置で森がカット。細かくパスを回し、エリア外右、宮城がシュートを打ちますが、深宮がセーブ。

フロンターレの攻勢は続き、森、高畠がそれぞれの高い位置へ。戸水が高い位置で厳しく寄せ、うまくボールをものにして攻めにつなげていきます。

41分にはエリア外正面やや右で横浜FCにハンドがあり、フリーキックに。山内は直接狙うも、横浜FCの守備に阻まれ、コーナーキックに。左コーナーキック、戸水が入れたボール、宮城が合わせるもブロック。再び左コーナーキックとなり、正面で山内が拾い、パス交換からエリア右へ。シュートを試みるもここでもブロック。

前半は0-1でタイムアップとなります。

後半も攻勢を続けるのはフロンターレ。1分には五十嵐が中央から右へ。高畠へつなげ、高畠が右クロスを上げると、遠いサイドで鈴木が頭で合わせるも深宮がセーブ。2分には、エリア外正面やや右でで宮城が浮き球を入れると、遠いサイドで鈴木がおさめ、最後はエリア左へ山内が進入するも、ここは横浜FCが阻み、シュートには至らず。

栗田がボールを奪い返したところから左の鈴木へつなげたり、山内、有田と縦へつけて高い位置の高畠へつなげるなどしていくフロンターレ。クロスに対しても栗田がしっかり対応していき、横浜FCの小林のロングスローも、川合がしっかりキャッチし、決定的な場面とはさせずにプレーを重ねていきます。

10分には栗田のフィードに宮城が左へ流れ、いったんは横浜FCにボールが渡るも、山内がボールをカット。中央、宮城から右へ展開。有田の折り返し、エリア内で山内がシュートを打つも上に。

すると11分、横浜FCは左サイドを中川が仕掛けて折り返すと、正面で奥村が押し込み、0-2。フロンターレは突き放されてしまいます。

たたみかける横浜FCは、12分には中川がうまくマイボールに。右へ展開すると田畑がクロスを上げようとするも、フロンターレはブロックし、右コーナーキックに。こぼれ球を拾った中川がエリア左でループシュートを打ちますが、上に。

再び攻めに転じたフロンターレは、15分には有田、宮城、五十嵐がかかわってカウンターに。最後はエリア左、宮城がシュートを打つも横浜FCの体を張った守備でコーナーキックに。こぼれ球を拾った宮城がエリア外左で縦パスを入れ、エリア内へ進入すると、宮城のシュートが決まり、1-2。フロンターレがついに追撃のゴールをものにします。

中央で縦パスを入れていきこじ開けにいくフロンターレ。20分には、宮城が鈴木とのパス交換からエリア内へ。シュートを打つも深宮がセーブ。

横浜FCは土屋に代わり18安西晃輝。

さらに有田、高畠と、右でつなぎ中央の山内が縦パスを入れ、五十嵐、鈴木が正面へ顔を出すなどしていくフロンターレ。ところが24分、カウンターに持ち込んだ横浜FCは、右からの折り返し、最後は正面で佐々木柊真が押し込み、1-3。

突き放されてしまったフロンターレは、有田が右から仕掛け、下がり目で宮城がパスを出すなどして、ゴールの前に。28分には五十嵐が正面でループシュート、枠をとらえるもライン上でクリア。

横浜FCも29分には左から佐々木柊真が正面へ持ち込み、シュート。ワンタッチあり、右コーナーキックとなり、小林が入れたボール、北田が合わせるもクロスバーを叩き、決まらず。

フロンターレは30分、山内に代わり7中島大成が入り左MF、鈴木がボランチへ。一方の横浜FCは、永田に代わり13塩田達馬。

高畠のエリア右を突くパスに五十嵐が抜け出したり、戸水の浮き球に左へ宮城が流れ、宮城のパスに中島がエリア内へ抜け出すなどしていくフロンターレ。横浜FCにボールが渡っても戸水が粘り強く足を出し、マイボールにしていきます。

38分には縦へボールをつけていき、五十嵐のパスに中島が正面へ。シュートを打つも深宮がまたもやセーブ。

川合のフィードに、エリア内へ鈴木が抜け出しそうになるなど、フロンターレは長いボールもまじえて前に出ていきます。

横浜FCは41分には佐々木翔に代わり20堀越拓馬、佐々木翔に代わり5蛯名亮太。最終ラインを右から田畑、蛯名、北田、杉田、小林とし、守りを厚くし高い位置でキープも図りに。

それでもフロンターレは、鈴木から受けたエリア前で有田がシュートをなど、迫りに。45分には左コーナーキックの流れから、有田がエリア外左でミドルシュートを打つも深宮がセーブ。

そして、ロスタイム、左から中央へ鈴木が持ち込み、ボールは右へ。エリア右、「スルー!」と声をかけた高畠へボールが渡ると、高畠は前に持ち出しシュート。ボールは吸い込まれるようにして決まり、2-3。1点差に。

さらにエリア内左へ宮城が抜け出すも、横浜FCに阻まれ、左コーナーキックに。川合が上がり、同点のゴールを狙いにいくも横浜FCが守りきり、試合はタイムアップ。2-3。フロンターレはリーグ戦3連敗となりました。

これで順位が9位まで下がったフロンターレ。それでも同じ勝ち点で並ぶ三菱養和SCユースや桐生第一との対戦も残されており、自分たちでこの先の道を決めることができます。

10月5日に等々力陸上競技場で行われるJユースカップ1回戦、湘南ベルマーレU-18戦も含め、1試合1試合がそれぞれ大切な試合。

チャンスをつくることはできているだけに、精度を高め、備わりつつあった切り替えの良さも取り戻して、戦い抜いてほしいと思います。

前半0-1 後半2-2 計2-3
得点:宮城天、高畠捷(フロンターレ) 北田悠慎、奥村周太、佐々木柊真(横浜FC)

フロンターレの先発:21川合我空、31高畠捷、15松永竜之介、4栗田悠巨、5森璃太、8山内日向汰、18戸水利紀、11有田恵人(c)、20鈴木大登、26五十嵐太陽、10宮城天
交代:山内→7中島大成
控え:33青山海 2神橋良汰 3道間雄生 34田鎖勇作 27田中慶汰 9宮本ディアウ勇守歩 29田中幹大

横浜FCの先発:1深宮祐徳、8田畑麟、3北田悠慎、36杉田隼、6小林佑熙、11中川敦瑛、30土屋海人、14永田亮輔、17佐々木柊真、7奥村周太、9佐々木翔(c)
交代:土屋→18安西晃輝 永田→13塩田達馬 佐々木翔→20堀越拓馬 佐々木柊真→5蛯名亮太

(文中敬称略)

写真はかんちさんからもいただきました。ありがとうございます。

川合我空選手
澤田泰大選手
青山海選手
中島大成選手
田中幹大選手
神橋良汰選手
道間雄生選手
田鎖勇作選手
宮本ディアウ勇守歩選手
試合を前に家族やサポーターのもとへ

川合我空選手
円陣を組む選手たち

山内日向汰選手
高畠捷選手

先制点は横浜FCへ
有田恵人選手

五十嵐太陽選手
川合我空選手
有田恵人選手
五十嵐太陽選手

鈴木大登選手

川合我空選手
高畠捷選手

山内日向汰選手

松永竜之介選手
川合我空選手
山内日向汰選手
宮城天選手
鈴木大登選手

松永竜之介選手
川合我空選手

鈴木大登選手
戸水利紀選手
五十嵐太陽選手
山内日向汰選手
森璃太選手
栗田悠巨選手
高畠捷選手
栗田悠巨選手
鈴木大登選手
高畠捷選手

森璃太選手
山内日向汰選手

川合我空選手

青山海選手
中島大成選手
田中幹大選手
常安澪選手
田中慶汰選手
道間雄生選手
後半へ
五十嵐太陽選手
高畠捷選手
山内日向汰選手
栗田悠巨選手
山内日向汰選手
山内日向汰選手
五十嵐太陽選手

宮城天選手
有田恵人選手
栗田悠巨選手
森璃太選手
山内日向汰選手
松永竜之介選手
高畠捷選手
戸水利紀選手
松永竜之介選手
宮城天選手
山内日向汰選手

0-2となる
戸水利紀選手
山内日向汰選手
宮城天選手
山内日向汰選手
宮城天選手が決めて1-2

有田恵人選手
宮城天選手
高畠捷選手
五十嵐太陽選手
五十嵐太陽選手
五十嵐太陽選手
有田恵人選手
戸水利紀選手
森璃太選手
松永竜之介選手
戸水利紀選手
高畠捷選手
五十嵐太陽選手

松永竜之介選手
1-3に

高畠捷選手
森璃太選手
高畠捷選手

中島大成選手

宮城天選手
五十嵐太陽選手
中島大成選手
戸水利紀選手
鈴木大登選手

高畠捷選手
2-3

宮城天選手
戸水利紀選手

2-3でタイムアップ
試合を見守った家族やサポーターのもとへ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です