フロンターレU12 – FCパーシモン / 松村杯決勝


11月3日、等々力第一サッカー場で行われた神奈川県クラブユースリーグ、川崎フロンターレU -18 vs SC相模原U -18のあとは等々力陸上競技場へ。松村杯PUMAカップ争奪秋季サッカー大会はいよいよ最終日。川崎フロンターレU -12は、FCパーシモンとの決勝戦に臨みました。

【川崎フロンターレU -12 松村杯PUMAカップ争奪秋季サッカー大会決勝 vs FCパーシモン】
11月3日(日)午後2時28分キックオフ 等々力陸上競技場 くもり 11人制 20分ハーフ

幸チェリーズがAC等々力マーメイドに1-0で勝利し優勝を決めた少女の部決勝に続いての試合。準決勝までは8人制で行われていた大会は、決勝では11人制に。

フロンターレの先発は、GK16斎藤准也、最終ラインは右から2榎本司、7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、ボランチは5関徳晴、10平塚隼人、右MFキャプテンの13新堀翔、左MF9佐々木雄基、前線には11ステンパールカ大翔、8吉田志生。

FCパーシモンとは予選リーグでも対戦しており、その際は1-1で引き分けています。

選手の家族ら、また多くのサッカー少年やサッカー少女、チーム関係者らがメインスタンドに集まった等々力陸上競技場。空には雲が広がったものの、熱気を感じる雰囲気のなか、試合は始まりました。

立ち上がり、攻勢に出るのはパーシモン。ラインを高め、22が左サイドを突くパスを出すなど、フロンターレのゴール前に。フロンターレは、関が粘り強く足を出すなどして、しのいでいくものの、2分、左サイドからエリア内へ入った速いボールがポストをたたき、これにスピードにのって詰めた3が押し込み、0-1。先制点はパーシモンへ。

追いかける展開となったフロンターレは、陶山が左サイド、佐々木を走らせるようにフィードを入れ、セカンドボールを吉田がおさめるなどして、次第に前に。平塚や関、新堀が多くボールに触れていき、ステンパーが右サイドへ走り出すなどしていきます。

4分には右サイド、榎本が仕掛けていき、正面でこぼれたボールを拾った平塚がミドルシュート。GK13がセーブしましたが、距離感よく迫っていくフロンターレ。5分には榎本、ステンパーと右でつなぎ、ステンパーから中央の平塚のパスに佐々木がエリア左へ。これはパーシモンの選手が粘り強くカバーし、左コーナーキックとなります。

5分、新堀が左コーナーキック、右足でボールを入れると、柏村がセカンドボールを拾い、柏村のパスに榎本がエリア右へ仕掛け、折り返すと、ニアに走り込んだ吉田がシュート。これが決まり、1-1。フロンターレが追いつきます。

直後にはパーシモン、12が高い位置でボールをカットするも、関、平塚がカバー。攻めに転じたフロンターレは、関の右サイドの裏を突くパスに、新堀が抜け出したり、平塚、関と縦へパスを入れ、関のパスにエリア左へ佐々木が抜け出すなどしていきます。

8分には、柏村が前に持ち上がりミドルシュート。GK13がセーブ。

パーシモンも得点を決めた3が縦に仕掛けていきますが、林がうまくボールを奪い取り、そのまま高い位置をうかがって、攻めにつなげに。12分には新堀が右サイドからエリア外右へ仕掛けていくとファールを受け、フリーキックに。林が直接狙いますが上に。

柏村の縦パスを下がり目でステンパーが受け、林の縦パスに陶山が高い位置へ上がり、新堀や佐々木がそれぞれのサイドにうまく流れてボールを引き出すなどしていくフロンターレ。15分には柏村のパスに、ステンパーが右サイド高い位置へ。ステンパーが右からクロスを入れると、エリア左、佐々木が抜け出すもパーシモンの守備に遭い、最後は佐々木のファールに。

フロンターレは、関や平塚がセカンドボールを何度もものに、そこから攻めに。関がミドルシュートを放てば、平塚がサイドを変えて揺さぶりに。17分にはエリア左で佐々木がシュート。さらに18分には右サイド、榎本がミドルシュート。ゴールにはなりませんでしたが、たて続けにおびやかしていきます。

19分にはパーシモン、再び3にボールが渡り仕掛けていきますが、ここでもまた林がボールを奪い取り、エリア前には近づかせず。

林から陶山、陶山から左サイド、高い位置に上がった平塚へつなげ、攻めにもつなげていきます。20分には柏村が持ち上がり、エリア右へ新堀が抜け出しシュート。ブロックされ、決まりませんでしたが、フロンターレがゴールに迫り続けて、前半はタイムアップ。1-1でハーフタイムへ。

 

後半立ち上がりにはパーシモン。4のパスに3がエリアの前に。しかし、林、柏村が粘り強く対応。しのいだフロンターレは林のパスを左サイド、下がり目で佐々木がおさめ、いったん陶山、陶山から林に戻し、柏村のフィードのこぼれ球を拾った平塚がエリア内へ動き出す佐々木を狙い、スルーパス。シュートにはつながりませんでしたが、多くの選手たちがかかわりあいながら、迫っていきます。

左サイド、吉田が流れてボールキープを図り、榎本が吉田とのパス交換から中央へ上がり、関や平塚が中盤でかかわりあいながら攻めていくフロンターレ。5分、榎本が佐々木に縦パスを入れ、佐々木から左サイド高い位置の陶山へ。陶山が折り返すと、エリア内、新堀がシュート。ボールはゴールのなかへ。2-1。ついにフロンターレがリード。

フロンターレはさらに6分には吉田の縦パスにステンパーがエリア正面へ。GK13が阻みましたが、決定機をつくり、直後には陶山、佐々木が左サイドでかかわり、こぼれ球を拾った佐々木がエリア外左でミドルシュート。ここでもまたGK13がセーブ。

7分にはパーシモン、3がエリア前に。シュートを打つもフロンターレは粘り強く足を出してブロック。これを防いでいきます。

陶山がボールをカットしたところから吉田に縦につけて、吉田がステンパーを前に走らせて相手陣内で時間をつくっていくフロンターレ。9分には新堀、ステンパーとつないでステンパーから右へ展開。榎本がクロスを入れると、ニアに新堀が飛び込むもGK13がセーブ。

11分にはパーシモン、3に入れようとしたボールを林が奪い、林から右サイドへ流れた新堀へパスを出すと、エリア外右で新堀がファールを受けてフリーキックに。新堀のフリーキックのこぼれ球を拾い、榎本がエリア右へ仕掛けていき、フロンターレはゴールを目指す姿勢を示し続けていきます。

12分には、関のスルーパスに吉田がエリア内へ。しかし、GK13がセーブ。さらに林の縦パスを受けた平塚がエリア左を突くパスを送ると、佐々木が抜け出すも、ここでもGK13がセーブ。

さらに榎本が中へ寄り、平塚にパスを送ると、平塚のパスにエリア左へ吉田が抜け出すも、パーシモンも粘り強く守り、最後は吉田のファールに。14分には斎藤、柏村とつないで、柏村から受けた榎本が持ち上がり、右サイドへステンパーが流れ、セカンドボールを関、平塚が拾い、最後は関がエリア外でループシュート。ボールはバーに当たり、エリア内、詰めた新堀がシュートを打つも上に。

ラインを高く保ち、柏村が前に浮き球を入れ、佐々木が中央へ寄ったり、関が高い位置へ顔を出すなどしながら攻めていくフロンターレ。パーシモンの攻めにも林が1対1で何度もボールをものにして、よく対応していきます。

18分には平塚から左サイド、陶山へ。陶山のパスにエリア内へ新堀が抜け出すもパーシモンはクリア。左コーナーキックとなり、新堀がボールを入れると、正面でこぼれ球を拾った平塚がミドルシュートを打つも上に。

ロスタイムは1分。21分にはフロンターレ、関がエリア外右を突く浮き球を入れると、ステンパーが粘ってマイボールに。ステンパーはエリア右へ向け仕掛けていき、パーシモンの選手たちに寄せられながらもシュート。ゴール左へ決まり、3-1。最後の最後までゴールを狙い続けた姿勢が実り、突き放したフロンターレ。試合はまもなくタイムアップとなり、3-1。

先制点を許しながらも、その後は見事にフロンターレらしくボールをにぎっていき、逆転で試合を制した選手たち。流れを自分たちで取り戻す、これからが楽しみになるかたちで、見事に松村杯のタイトルを勝ち取りました。

前半1-1 後半2-0 計3-1
得点:吉田志生、新堀翔、ステンパールカ大翔

フロンターレの先発:16斎藤准也、2榎本司、7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、5関徳晴、10平塚隼人、13新堀翔(c)、9佐々木雄基、11ステンパールカ大翔、8吉田志生
控え:1井澤明己 15メンディーサイモン友 18尾関悠太 14奥田悠真

(文中敬称略)

佐々木雄基選手
井澤明己選手
新堀翔選手
林駿佑選手
斎藤准也選手
メンディーサイモン友選手
尾関悠太選手

奥田悠真選手
尾関悠太選手
井澤明己選手
メンディーサイモン友選手
コイントスに臨む新堀翔選手

先制点はパーシモンへ

陶山響選手
柏村涼太選手
平塚隼人選手
吉田志生選手
新堀翔選手
吉田志生選手が決めて同点に

陶山響選手
平塚隼人選手
柏村涼太選手
林駿佑選手
吉田志生選手
柏村涼太選手、陶山響選手
斎藤准也選手
吉田志生選手
佐々木雄基選手
新堀翔選手
平塚隼人選手
吉田志生選手
林駿佑選手
関徳晴選手
前半は1-1
斎藤准也選手

後半へ。平塚隼人選手
林駿佑選手
斎藤准也選手
柏村涼太選手
柏村涼太選手
佐々木雄基選手
榎本司選手
ステンパールカ大翔選手
平塚隼人選手
関徳晴選手
陶山響選手が仕掛ける
新堀翔選手がシュート
勝ち越しのゴールは、フロンターレへ

ステンパールカ大翔選手
榎本司選手
斎藤准也選手
吉田志生選手

ステンパールカ大翔選手

3-1に

3-1でタイムアップ

試合を見守った家族や観客のもとへ

表彰式へ

吉田志生選手
関徳晴選手
林駿佑選手

新堀翔選手

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です