フロンターレU12 – JFC FUTURO / 全日本U-12サッカー大会県大会5回戦


11月23日は綾瀬スポーツ公園へ。全日本U -12サッカー選手権大会神奈川県大会が11月10日から始まっており、この日は5回戦と準々決勝。1回戦と2回戦をシードされた川崎フロンターレU -12は17日に3回戦のFC504戦を12-0、4回戦のしらとり台戦を17-0で勝利し、5回戦はJFC FUTUROと対戦しました。

【川崎フロンターレU -12 全日本U -12サッカー選手権大会神奈川県大会5回戦 vs JFC FUTURO】
11月23日(土)午前11時4分キックオフ 綾瀬スポーツ公園 雨 20分ハーフ 8人制

フロンターレの先発は、GK16斎藤准也、最終ラインは右から7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、中盤は5関徳晴、10平塚隼人、前線には9佐々木雄基、キャプテンの13新堀翔。

前日からの冷たい雨が振り続ける綾瀬スポーツ公園。雨粒はさほど大きくはないものの、やや強い風が吹きつけるあいにくのコンディション。それでも多くの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、右サイドの裏を突くパスを出し前に出てくるFUTURO。フロンターレは柏村がこれに対応し攻めにつなげさせず。左サイドのスローインを受けた新堀がうまく前を向き、陶山の左クロスにつなげるなど、次第に前に出られるようになっていきます。

相手にボールが渡っても新堀や佐々木が前からプレスをかけにいき、マイボールにしていくフロンターレ。ピッチにたまった水を避けるように浮き球を交えていき、3分には柏村が前の新堀を走らせるような浮き球を入れ、正面で拾った平塚から右へ展開。新堀が折り返しますが、FUTUROはこれをブロック。

さらに新堀がおさめ、左へ。佐々木が仕掛けていき、左コーナーキックに。新堀が右足でボールを入れると、正面で平塚がシュート。これが阻まれたところ、エリア左、関がシュートを打つとこれが決まり、1-0。先制点はフロンターレへ。

直後には左からFUTURO、13が仕掛けていくも、柏村がブロック。フロンターレはそこから攻めに転じて、左から佐々木が仕掛け、正面で受けた平塚がシュートを打ちますが、GK1がセーブ。FUTUROも13が前に25を走らせていきますが、フロンターレは林がカバーしていきます。

平塚が最終ラインの間に下り、後ろからつなげながら、前に浮き球を入れるなどしていくフロンターレ。8分には関から佐々木へ。佐々木が左から仕掛けていき、折り返しますが、GK1がセーブ。

直後にはFUTURO、25がおさめ、14が右サイド高い位置へ。しかし、フロンターレは陶山が寄せ、エリア内へは近づかせず。

平塚から柏村とつないで、柏村が中へ切れ込み、左の陶山へ展開し、ピッチの幅を使いながら前に出ていくフロンターレ。10分にはエリア外正面、柏村がミドルシュート、これはGK1に当たり得点とはなりませんでしたが、いいかたちをつくっていきます。

FUTUROは続いてのコーナーキックをしのいでカウンターに持ち込もうとしていきますが、陶山がカバーし、それをさせず。

再びマイボールにしたフロンターレは、11分には陶山、中央の関、関から佐々木とつないで、佐々木が陶山とのパス交換からエリア外左へ。シュートはサイドネットへ当たりましたが、多くの選手がかかわっていきます。

13分にはFUTURO、13が左サイド高い位置へ。折り返しますが、フロンターレはエリア内で関や平塚がカバー。そこから平塚が新堀へつけて、新堀がおさめたボールを受けた関から右へ展開。柏村がシュートに持ち込みますが、FUTUROも体を張り、しのいでいきます。

14分、フロンターレは右サイドのスローインから佐々木がエリア内へ向かい仕掛けていき、右コーナーキックに。このコーナーキック、新堀がボールを入れると、林が決めて、2-0。フロンターレは突き放します。

さらに佐々木がおさめ、左から陶山が仕掛け、新堀もかかわり、エリア近くでプレーを重ねていくフロンターレ。ボールを失っても平塚が高い位置でカバーし、そこから攻めにつなげていき、FUTUROのエリア前へのボールに対しても、柏村が新堀につながるようなかたちで対応していきます。

すると16分、フロンターレはうまくボールを動かした関の縦パスに、エリア左で佐々木がシュート。これがゴール右へ決まり、3-0。

FUTUROは25が右へ流れボールをおさめますが、陶山に加えて平塚もカバーにいき、関や柏村、林がボールを動かし、後ろから組み立てを図っていきます。18分にはさらにFUTURO、25がおさめ、右へ展開しますが、陶山がカバー。

直後には関の右サイドを突くパスに、柏村が高い位置へ。クロスを入れるとGK1が阻んで右コーナーキックに。新堀はショートコーナーを選択。右サイドから平塚がクロスを入れると、柏村が合わせますが、これは柏村のファールに。

さらに林がエリア前に新堀を走らせる浮き球を入れ、佐々木が拾い、エリア右の新堀へ。新堀はシュートを打つもGK1が対応。

直後にはFUTURO、左からクロスを入れるも、林が新堀へつなげるようにして対応。前半は3-0でタイムアップとなります。

 

後半フロンターレは佐々木に代わり11ステンパールカ大翔が前線に。

立ち上がりから25にボールを入れてくるFUTUROに対して、林が対応し、攻めを許さずにいくと、2分には左から陶山が仕掛け、いったんステンパーに預け、左サイド高い位置へ。陶山がエリア左へ入れたボール、新堀がおさめ、最後はエリア正面で関がシュート。これはGK1がセーブし、左コーナーキックに。

さらにセカンドボールをものにして相手陣内での時間を重ねていくフロンターレ。3分には平塚のパスに、佐々木がエリア左へ。シュートはFUTUROの体を張った守備が阻むも、フロンターレは右からの攻めに。柏村が高い位置からマイナスに折り返し、正面で新堀がシュート。FUTUROが阻むも、さらにこぼれたボール、関がシュートを打つとこれが決まり、4-0。たて続けの攻撃でフロンターレは突き放します。

直後にはさらに平塚が新堀を前に走らせ、右から柏村が中へ切れ込み、シュート。これはワンタッチあり、決まらず。フロンターレはここで平塚に代わり14奥田悠真、柏村に代わり2榎本司。

フロンターレはさらにボールをおさめたステンパーが縦に仕掛け、ラインを高く保ち、前に。林の浮き球のパスを新堀がおさめ、右の榎本へつなげ、榎本から受けた関が、ステンパーに縦パスを送り、ステンパーから左サイドの高い位置、陶山へ。幅を使いながら攻めの機会をうかがいに。

9分には、こぼれたボールを拾った奥田が正面でシュート。これはブロックされるも、拾った関がさらにシュート。これが決まり、5-0。関のハットトリックでフロンターレはリードを広げます。

フロンターレは10分、林に代わり6楠田遥希。さらに楠田から左の陶山へつなげ、陶山のパスをうまく受けたステンパーが一気にエリア左へ仕掛けるなどしていきます。

12分には右サイドのスローインから、ステンパーがエリア左へ。シュートがブロックされたところを陶山が拾い左クロスを上げると、ステンパーが頭で合わせますが上に。

直後には陶山が仕掛け、さらに迫るフロンターレ。エリア外右でステンパーがファールを受けてフリーキックを得ます。

ここでフロンターレは斎藤に代わり1井澤明己、関に代わり8吉田志生。

フリーキック、新堀が入れたボール、榎本が合わせるもこれは上に。一方のFUTUROも、直後にはエリア外右でフリーキックを得ると、15が遠いサイドにボールを入れていきますが、これをしのいだフロンターレは新堀がおさめ、右サイドで吉田が粘り強く寄せにいき、マイボールのスローインにしていきます。

楠田がときには前に持ち上がり、陶山へつなげ、陶山から井澤に戻し、後ろからボールを動かしていくフロンターレ。16分には陶山が高い位置へ上がり、折り返し、右コーナーキックに。新堀が入れたボール、ニアでステンパーがシュートを打ちますが右へ。

FUTUROはここから左へ展開していきますが、榎本がカバー。18分には榎本、新堀、楠田が後ろでボールを回し、楠田から受けた奥田が、縦へ仕掛け、ミドルシュート。枠をとらえますが、GK1が好セーブ。右コーナーキックとなり、しのいだFUTUROはGK1か前線へ正確なフィードを入れ、攻めにつなげようとしますが、フロンターレはここでも榎本がカバーしていきます。

19分には楠田から右へ流れたステンパーへ。奥田、吉田を経由してエリア左へ抜け出した陶山がシュートを打つも上に。直後にはFUTURO、右クロスのこぼれたボール、正面で14がシュートを打ちますが、井澤がセーブ。

そしてロスタイムに入り、フロンターレは吉田のパスに、正面へうまくステンパーが抜け出し、1対1に。これをステンパーが決めて、6-0。試合はまもなくタイムアップとなり、6-0。

フロンターレは準々決勝進出を決めました。

前半3-0 後半3-0 計6-0
得点:関徳晴3、林駿佑、佐々木雄基、ステンパールカ大翔

フロンターレの先発:16斎藤准也、7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、5関徳晴、10平塚隼人、9佐々木雄基、13新堀翔(c)
交代:佐々木→11ステンパールカ大翔 柏村→2榎本司 平塚→14奥田悠真 斎藤→1井澤明己 関→8吉田志生

(文中敬称略)

佐々木雄基選手
関徳晴選手
奥田悠真選手
楠田遥希選手
斎藤准也選手
井澤明己選手

円陣を組む選手たち

平塚隼人選手
柏村涼太選手
林駿佑選手
斎藤准也選手
関徳晴選手
関徳晴選手のシュートが決まり1-0

斎藤准也選手
陶山響選手
林駿佑選手
平塚隼人選手
新堀翔選手
平塚隼人選手
林駿佑選手

林駿佑選手がシュート
2-0に

柏村涼太選手
佐々木雄基選手がエリア左へ

3-0に

平塚隼人選手

ハーフタイムへ

榎本司選手
楠田遥希選手

ステンパールカ大翔選手
奥田悠真選手
平塚隼人選手
陶山響選手
ステンパールカ大翔選手
新堀翔選手
関徳晴選手

どんどん迫っていく
ステンパールカ大翔選手
柏村涼太選手
平塚隼人選手
関徳晴選手がシュート
4-0に

柏村涼太選手
ステンパールカ大翔選手

榎本司選手
斎藤准也選手
林駿佑選手
榎本司選手
関徳晴選手
奥田悠真選手

奥田悠真選手がシュート
最後は関徳晴選手が決めて5-0
陶山響選手
ステンパールカ大翔選手

楠田遥希選手
ステンパールカ大翔選手

井澤明己選手
新堀翔選手
吉田志生選手
楠田遥希選手
井澤明己選手
吉田志生選手
奥田悠真選手

吉田志生選手

ステンパールカ大翔選手が抜け出す

6-0に

6-0でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です