フロンターレU10 – F・マリノスプライマリー/ マリノスカップ2次リーグ第1戦


12月27日も前日に続いて、日産追浜総合グラウンドへ。F・マリノスカップは2日目。この日は前日の結果を踏まえた2次リーグ。4グループ4チームのうち、各グループ上位2チーム、計8チームが2グループに分かれ、上位2チームが28日の決勝トーナメントに進出、下位2チームは5位から8位を決める順位決定トーナメントへ回ります。

首位でグループリーグを終えた川崎フロンターレU-12は、横浜F・マリノスプライマリー、ファナティコス、柏レイソルと同組になり、まずは横浜F・マリノスプライマリーとの試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-10 F・マリノスカップ2次リーグ第1戦 vs 横浜F・マリノスプライマリー】
12月27日(木)午前9時40分キックオフ 日産追浜総合グラウンド くもりのち晴れ 15分ハーフ 8人制

フロンターレの先発は、GK1荒井隆成、最終ラインは右から6坂井暉絃、5今廣遥碧、10藤間貴洋、中盤は8山下凛太郎、右に7松田朋也、左に9全天海、前線には11オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍。

マリノスの先発は、GK1清水啓太、最終ラインは右から10出川隼之介、6草野陸、7齊名淳太、中盤は8篠崎比呂、右に9田中瑛登、左に11松本翔、前線には5川内太良。

次第に青空が広がっていき、だんだんと暖かくなっていく日産追浜総合グラウンド。フロンターレもマリノスも多くの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、後ろからボールを回していこうとするマリノス。切り替えも速く、ボールを高い位置で田中がカットしたところからフロンターレのゴールへ迫りますが、坂井が対応。さらに人をかけてマリノスは攻めていきますが、フロンターレは山下がボールをうまくものにして、オビオラへ縦につけ、オビオラから右の松田へつなげ、攻めに持ち込もうとしていきます。

2分には、マリノス、川内がエリア右へ。シュートを打ちますがポストに。さらに右サイドのスローインから、篠崎が高い位置へ上がろうとしていくマリノス。フロンターレは全がボールを奪い取っていきます。

4分にはフロンターレも、山下がセカンドボールをものに。左の藤間へつなげ、藤間の浮き球に、オビオラが仕掛けていきますが、マリノスは出川がカバー。それでも次第にラインを高めながら前に出られるようになっていくフロンターレ。中央に松田が寄り、藤田が左サイドの高い位置へ上がり、ゴールをうかがっていきます。

マリノスもボールをカットしたところから左サイドの高い位置へ、出川が抜け出そうとしますが、フロンターレは今廣が寄せて前を向かせず。それでもマリノスも、GKの清水も正確なキックで起点となり、6分には、清水のフィードに、川内が高い位置へ仕掛け、左コーナーキックに。篠崎が左足でボールを入れると、正面でこぼれ球を拾った出川がシュートを打ちますが、右へ。さらに正面でボールをカットした川内がエリア右へ持ち込み、シュートを打ちますが、荒井がセーブしていきます。

マリノスの攻めにも、ボールをものにした今廣がオビオラへ縦につけるなど、攻めにつなげるように対応していくフロンターレ。8分、全がボールをカットし一気に前に。左から折り返すとエリア右でシュートを打ったのはオビオラ。ボールはゴールのなかへ。1-0。押される時間も長かったフロンターレにとって、大きな先制点が入ります。

直後にはマリノスも、右から出川が前に持ち込み、仕掛けていくと、最後はエリア外正面で、篠崎がミドルシュートを打ちますが、左へそれていきます。

フロンターレは11分には、持ち上がった藤間の縦パスに、オビオラが左サイドの高い位置へ。オビオラの折り返しに、正面へ松田が迫りますが、清水がセーブ。

マリノスも11分には、高い位置で松本がボールをカット。折り返しますが、エリア内で坂井が対応。しのいでいきます。

フロンターレも、左の藤間、中央の山下とつなげ、山下が右サイドを突くパスを出すと、松田がエリア外右へ。中央に戻したボールを山下や藤間が動かし、さらに上がった今廣が前に持ち込む姿勢を見せ、マリノスのファールを受けてフリーキックに。キッカーの松田は直接狙いますが、右へ。さらに全から受けた藤間が一気に正面へ迫り、藤間のボールカットからオビオラへつなげるなど切り替えの良さを出していくフロンターレ。一方のマリノスも、オビオラとのパス交換から右サイドを仕掛けていく松田に対して、齊名が粘り強くカバーにいくなど、粘り強さを見せ、前半はタイムアップ。1-0でハーフタイムへ。

後半立ち上がりから川内が正面へ迫るなどしていくマリノス。フロンターレは松田がブロックするなど、コンパクトに対峙。さらにスローインを受けた川内が左クロスを入れますが、荒井が触り、エリア左へこぼれたボールは、全がクリア。

スローインから左サイドのオビオラへボールをつけ、攻めに持ち込む姿勢を見せつつ、マリノスの攻めに対しては人をかけて、粘り強く守っていくフロンターレ。2分、松田がボールをカット、縦にパスを出すと、エリア外に抜け出したオビオラがダイレクトでシュート。ボールはゴールのなかへ。切り替えの良さが実ったかたちで、フロンターレは突き放します。

直後にはマリノス、左サイドを持ち上がった齊名がサイドを変え、右に。田中がエリア内へ向かい仕掛けようとしていきますが、全がカバー。5分には、フロンターレのコーナーキックをしのいだマリノス、松本が縦に仕掛けていきますが、オビオラが寄せマイボールに。

しかし、直後、エリア外左から松本が折り返すと、エリア正面やや右、田中のシュートはゴール右へ。2-1。一方のフロンターレも、オビオラのパスに全がエリア左へ、鋭い切り返しを見せると、最後は正面で山下がシュートを打ちますが、清水がセーブ。

すると6分、マリノスは左サイドを仕掛けた松本がまたも折り返すと、田中のシュートがポストをたたきながらも決まり、2-2。ついに同点に。

フロンターレも、オビオラが右サイドから中央へ持ち込み、右コーナーキックを得ると、キッカーの藤間がこぼれたボールを拾い、右クロス。遠いサイドに坂井が迫りますが、触ることはできず。一方のマリノスはまたも松本が左クロス。川内が飛び込みますが、触ることはできず。

フロンターレは9分、坂井に代わり14中野大虎。松田が最終ラインの右、中野がその前に。左から仕掛けてくる齊名に対して、中野、松田が囲い込むようにして対応し、オビオラを高い位置へ走らせ、荒井がエリア外に出て、後ろからつなぎにいこうとするフロンターレ。

しかし、マリノスの攻める時間は続き、11分には、右から田中が折り返しますが、荒井がセーブ。さらに右から田中が仕掛け、ボールは正面へ。切り返して、川内がシュートを打ちますが、荒井がセーブ。さらにサイドから攻めを受けますが、中央で今廣が対応していきます。

齊名のエリア右を突くパスを、藤間が全につながるようにしていくフロンターレでしたが、なかなか前にはいけず。14分には、エリア外右、マリノスのフリーキックに。篠崎が直接狙いますが、枠はとらえられず。試合はタイムアップとなり、2-2。両チーム勝ち点1を分け合うことになりました。

前半1-0 後半1-2 計2-2
得点:オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍2(フロンターレ) 田中瑛登2(マリノス)

フロンターレの先発:1荒井隆成、6坂井暉絃、5今廣遥碧、10藤間貴洋、8山下凛太郎、7松田朋也、9全天海、11オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍
交代:坂井→14中野大虎

マリノスの先発:1清水啓太、10出川隼之介、6草野陸、7齊名淳太、8篠崎比呂、9田中瑛登、11松本翔、5川内太良

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち

藤間貴洋選手
荒井隆成選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手
松田朋也選手
今廣遥碧選手
坂井暉絃選手

山下凛太郎選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手が決め、1-0

ゴールパフォーマンスもみんなで披露

荒井隆成選手
今廣遥碧選手
藤間貴洋選手
坂井暉絃選手

笹倉拓真選手
菅原啓太選手
中野大虎選手
川田朔太郎選手
安達一平選手

後半へ
荒井隆成選手
坂井暉絃選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手

2-0に

松田朋也選手
今廣遥碧選手
坂井暉絃選手

1-2に

坂井暉絃選手
同点に

今廣遥碧選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手
中野大虎選手
菅原啓太選手
荒井隆成選手
松田朋也選手
荒井隆成選手
2-2でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です