#atarimaeniCUP準決勝 / フロンターレアカデミー出身の選手


2020年シーズンの大学サッカーの日本一を決める「#atarimaeni CUP サッカーができる当たり前に、ありがとう」の準決勝は1月21日、味の素フィールド西が丘で無観客というかたちで行われました。

 

小川真輝選手

第1試合、法政が早稲田に2-0で勝利した試合に続いて行われた第2試合、東海大 vs 順天堂大では、川崎フロンターレU-18出身の小川真輝が先発。右SBとしてプレー。

 

試合は60分に砂金大輝のゴールで東海大が先制。小川は66分に後藤裕二と交代に。順天堂は追いつくことはできず、東海大が決勝に進むことになりました。

 

順天堂のこの大会が終わりました。小川はすべての試合に出場。アシストも記録するなど、好プレーも見せたことは大学最後のシーズンとなる2021年に必ずつながるものになるはず。そう思います。

 

最後の年にどんな結果を残すのか、とても楽しみにしています。

 

【#atarimaeni CUP準決勝 東海大 vs 順天堂大】

1月21日(金)午後1時半キックオフ

 

前半0-0 後半1-0 計1-0

 

※順天堂大※

DF19 小川真輝(3年) フロンターレU-18 先発

 

 

(文中敬称略)

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です