フロンターレU13 – 横浜F・マリノス追浜 / 関東ユース第4節


川崎フロンターレのトップチームによるファン感謝デーが行われた10月10日。等々力第一サッカー場では、川崎フロンターレU-13が関東ユース(U-13)サッカーリーグ、横浜F・マリノスジュニアユース追浜戦に臨みました。


新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、7月から中断となっていたリーグ戦で、フロンターレは2勝1敗。一方のマリノス追浜は、1勝2敗という戦績で3か月ぶりの公式戦に臨みました。


この記事は、フロンターレに取材を依頼し、了解を得たうえで、書かせていただきます。


【川崎フロンターレU-13 関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部Aブロック第4節 vs 横浜F・マリノスジュニアユース追浜】
10月10日(日)午後2時9分キックオフ 等々力第一サッカー場 晴れ 30分ハーフ

フロンターレの先発は、GK46岩田幹太郎、最終ラインは右から13小川翔太、8木下勝正、4菊池京、3長崎亘佑、ボランチは14平尾玲旺、キャプテンの15小川尋斗、右MF17橋本乃翔、左MF7尾関悠太、前線には23三上瑛大、18小林朝日。

マリノス追浜の先発は、GK1川本旺汰、最終ラインは右から9小關和葉、12杉戸凱飛、14二見颯、15茂木脩平、ボランチは11篠崎葉、3五十嵐雄涼、右MF5小野口昇、左MF17山口幹人、前線には4今井亮輔、13棚山真翔。



朝方に地面を濡らした雨は、すっかり上がり、10月とは思えない汗ばむような陽気のなか、始まった試合。立ち上がりはマリノスが前線の今井がおさめ、小野口とのパス交換から右サイドの高い位置へ抜け出そうとしていきますが、菊池がきびしく寄せていき前にいかせず。

フロンターレも3分には左サイドのスローインの流れから左コーナーキックを得るなど、相手陣内で時間をつくり、高い位置で三上がカットしたり、中央ではうまく間で受けた小川尋斗と平尾がボールを散らし、左サイドの高い位置へ長崎が顔を出すなど、うまく幅を使いながら攻めを試みていきます。


一方のマリノス追浜は、6分には中央の五十嵐がボールをカット。一気に左サイドを仕掛け、エリア前に折り返すと、遠いサイドに棚山が飛び込みますが、長崎がカバー。


右コーナーキックとなり、茂木が左足でボールを入れると、遠いサイド、杉戸が合わせますが、枠はとらえられず。



再び平尾や小川尋斗がボールを受け、岩田や菊池、木下がかかわりながら、前に小林を走らせるようなボールを入れるなどしていくフロンターレ。尾関が斜めに仕掛ける動きを見せるなど、変化を加えながら攻めを試みていくと、9分には左サイドでのスローンから三上が折り返し。正面へ橋本が抜け出しますが、マリノス追浜も粘り強い守備を見せて、シュートまでは行けず。


それでも、すばやく前で囲い込むようにしてボールを奪いにいき、サイドでは、橋本がうまく体を入れ、マイボールにするなどしていきます。


10分には左サイドのスローインの流れから、五十嵐がエリア外左でミドルシュート。枠をとらえますが、岩田がセーブ。さらに左サイドから正面へ運んだ五十嵐がまたもミドルシュートを打ちますが、ここでも岩田がセーブ。


攻めに転じたフロンターレは11分には小川尋斗のスルーパスに、正面へ三上が抜け出しますが、マリノス追浜のGK川本も前に出てこれを阻む好守。互いにいいプレーを重ねていきます。


フロンターレは、14分には最終ラインの木下がボールをカット。中央で受けた小川尋斗のスルーパス、小林朝日が動き出しますが、ここでもマリノス追浜がカバー。

直後には、右サイド、マリノス追浜の小野口が抜け出し折り返しますが、エリア内で小川尋斗がカバー。しっかり尾関につなげ、守りから攻めへつなげようとしていきます。



飲水タイムをはさんで、小川尋斗が浮き球を入れるなど、揺さぶりにいくフロンターレ。19分には小川翔太の縦パスを受けた橋本が、切り返してマークを剝がしスルーパスを出すと、エリア内、抜け出した小林と川本が交錯。ファールの判定を受け、PKに。

これを小林が自ら決め、1-0。先制点をフロンターレがものにします。


直後にはマリノス追浜、右サイドに展開すると小野口が斜めに仕掛け、エリア前に迫っていきますが、菊池が対応。平尾につながるようにして、対応していくと、22分には、小川翔太がボールをカット。中央の平尾、小川尋斗とつなぎ、小川尋斗の浮き球を、三上が競り、右へ展開。小林につながり、正面へ抜け出した三上へパスを出しますが、マリノス追浜の守りに阻まれ、シュートまではいけず。それでも選手たちがかかわりあいながら、おびやかす場面をつくっていきます。


24分には、小川尋斗から左サイド、尾関に展開。リターンを受けた小川尋斗から小林とつなぎ、左に流れた三上へ。リターンを受けた小川尋斗がエリア外左から狙いますが、川本がセーブしていきます。


エリア前にマリノス追浜が迫る場面でも、すばやく囲い込んでいくフロンターレ。26分にはマリノス追浜、エリア外右、ターンで振り切った篠崎が枠右をとらえたシュートを打ちますが、ここでも岩田がセーブ。さらに位置取りよく五十嵐がマイボールにするなどしていくマリノス追浜ですが、フロンターレも尾関の左サイドを突くパスに、長崎が高い位置へ上がり、エリア左、三上のシュートにつなげるなど切り替えの良さを出していきます。


30分には、長崎の縦パスを三上がおさめ、リターンを受けた尾関がエリア外左で、ミドルシュートを打ちますが、川本がセーブ。前半は1-0でタイムアップとなります。



後半、メンバー交代はともになく、マリノス追浜は、小關を右MF、小野口を右MFに入れ替えてのスタート。


立ち上がりからボールの保持をマリノス追浜が高め、今井がおさめたボールから、茂木が左サイド、高い位置へ抜け出し、クロスを入れていきますが、フロンターレは木下が小林へつながるようにして対応。さらに、マリノス追浜の攻勢は続き、3分にはエリア外正面、五十嵐がシュートを打ちますが、岩田がセーブ。左コーナーキックとなり、五十嵐が右足で入れたボール、遠いサイド、二見が合わせますが、上に。


さらに高い位置へ、棚山を走らせてくるマリノス追浜ですが、菊池がカバー。間に小川尋斗が顔を出し、フロンターレもボール保持を高めようとしていきます。


7分には、マリノス追浜、左サイドから斜めに鋭いボールを入れていきますが、長崎がしぼって対応。直後にはスローインの流れから、山口が正面へ。しかり、平尾がブロック。体を張っていき、ゴールキックに。


マリノス追浜は、GKの川本も右サイド、小關へ正確なボールをつけて、起点をつくりますが、フロンターレも小川尋斗がカットしたボールを、右の橋本につなげ、橋本のパスから小林、三上とつないで、三上の左サイドを突くパスに、尾関が抜け出しそうになるなど、守りから攻めにつなげようとしていきます。



マリノスは12分、小關に代わり19佐伯俊哉。13分には左コーナーキック、棚山が正面やや右でシュートを打ちますが、右に。


直後にはフロンターレ、左サイドで尾関がボールをカット。パスを受けた小川尋斗の浮き球に、左へ小林が抜け出そうとしていきますが、ここでもマリノス追浜の粘り強い守りに阻まれていきます。


セカンドボールを拾う場面では、マリノス追浜がやや上回るなか、フロンターレは、15分には右サイドでマイボールにすると、小川尋斗のスルーパスに正面へ尾関が抜け出しそうになりますが、シュートにはつながらず。


直後には、右サイドを突く浮き球に、うまく回り込んだ棚山が頭でコントロール。そのまま、エリア内へ抜け出そうとしていきますが、菊池がカバー。フロンターレも最後のところで、粘り強い守りを見せていきます。


後半の飲水タイムをはさんで、フロンターレは橋本に代わり11富田周平が入り右MFに。直後にはマリノス追浜、今井がおさめ、右へ展開。右サイドから折り返しますが、フロンターレはここでもエリア内で粘り強くクリアしていきます。


マリノス追浜は、19分、今井に代わり、6菊地瑛太が入りCBに。二見がボランチ、五十嵐が前へ。


22分にはフロンターレ、小川尋斗から左サイドのスペースを突くパスが出ると、抜け出した三上が反転。仕掛けてシュートを打ちますが、川本がセーブ。


ここからフロンターレは中央で小川尋斗や平尾、尾関がかかわりあいながら時間をつくる場面をつくり、長崎が高い位置へ上がるなどしていきます。


25分には平尾がボールをカット。そのパスをおさめた小林から左の三上、尾関とつなぎ、仕掛けた尾関はエリア外左へ。折り返しはブロックされたものの、チャンスをつくっていきます。

さらに中央で小川尋斗や小林がかかわりあい、右サイドの高い位置で受けた小川翔太が仕掛けていくなど、相手陣内でプレーを続けるフロンターレ。

28分には、マリノス追浜の正面を狙ったスルーパスを、岩田が前に出て阻む好守を見せ、直後には左サイドから入った浮き球のこぼれ球を拾い、マリノス追浜が放ったシュートは枠をとらえますが、ここでも岩田がセーブ。最後尾から引き締めていきます。



フロンターレは30分、尾関に代わり、20玉木聖梛。

31分には中央でのルーズボールを拾い、小林が一気にエリア前に。シュートを打つも右へ。ここで試合はタイムアップとなり、1-0。


後半はややマリノス追浜に時間をつくられるなかでも、最後のところでの守備で上回ったフロンターレ。自分たちでボールを動かす時間をより多くし、さらに連係が深まっていけば、もっともっといいチームになる、と感じさせられる楽しみなかたちで、勝利をおさめることになりました。



前半1-0 後半0-0 計1-0

得点:小林朝日=PK


フロンターレの先発:46岩田幹太郎、13小川翔太、8木下勝正、4菊地京、3長崎亘佑、14平尾玲旺、15小川尋斗(c)、17橋本乃翔、7尾関悠太、23三上瑛大、18小林朝日

交代:橋本→11富田周平 尾関→20玉木聖梛


マリノス追浜の先発:1川本旺汰、9小關和葉、12杉戸凱飛、14二見颯、15茂木脩平、11篠崎葉、3五十嵐雄涼、5小野口昇、17山口幹人、4今井亮輔、13棚山真翔

交代:小關→19佐伯俊哉 今井→6菊地瑛太


(文中敬称略)

岩田幹太郎選手、髙橋壱梛選手
試合を前にした選手たち

コイントスに臨む小川尋斗選手

円陣を組む選手たち

岩田幹太郎選手
小川尋斗選手

三上瑛大選手
小川翔太選手
長崎亘佑選手

小林朝日選手
橋本乃翔選手
菊池京選手
尾関悠太選手
長崎亘佑選手
小林朝日選手
小川尋斗選手
小川翔太選手
菊池京選手
木下勝正選手

小川尋斗選手
長崎亘佑選手
小川翔太選手
橋本乃翔選手

小林朝日選手がファールを受けPKに

先制点はフロンターレへ

木下勝正選手
小林朝日選手
三上瑛大選手
小川尋斗選手

岩田幹太郎選手
長崎亘佑選手
三上瑛大選手
平尾玲旺選手
尾関悠太選手
岩田幹太郎選手
木下勝正選手
小林朝日選手
橋本乃翔選手
小川翔太選手
三上瑛大選手
菊池京選手
尾関悠太選手
小林朝日選手
小川翔太選手
橋本乃翔選手
小川尋斗選手

富田周平選手
木下勝正選手
三上瑛大選手
平尾玲旺選手
長崎亘佑選手
富田周平選手
岩田幹太郎選手
菊池京選手
三上瑛大選手
小川翔太選手
小林朝日選手
岩田幹太郎選手
富田周平選手
平尾玲旺選手
菊池京選手
菊池京選手
岩田幹太郎選手
富田周平選手
玉木聖梛選手
玉木聖梛選手
小林朝日選手
1-0でタイムアップ
髙橋壱梛選手
練習試合にも出場した橋本乃翔選手
練習試合に出場したメンディーサイモン友選手
練習試合に出場した藤田明日翔選手
練習試合に出場した山根春人選手
練習試合に出場した岡本栞汰選手
山根春人選手
メンディーサイモン友選手
藤田明日翔選手
岡本栞汰選手
藤田明日翔選手
メンディーサイモン友選手
山川陽平選手
平尾玲旺選手
玉木聖梛選手





(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です