1ショット日記「拓けていく道」


試合前の名良橋拓真選手
今季限りで引退する森島康仁選手と名良橋拓真選手

これからの活躍を楽しみに

 

 

川崎フロンターレU-18から阪南大へ進み、1年のブランクを経て、今季J3リーグの藤枝MYFCに加入したGK名良橋拓真選手。11月7日のガイナーレ鳥取戦で初先発。その後、11月14日のヴァンラーレ八戸戦、21日の鹿児島ユナイテッド戦と続けて試合出場を重ね、八戸戦では無失点に抑え、チームの勝利にも貢献しました。


11月28日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場でのFC岐阜戦では、正GKの杉本拓也選手が復帰したこともあり、ふたたびSUBに回り、ゴールを守るところを見ることはできず。それでも、ウォーミングアップ練習の終わりには率先してボールなどを運び、飲水タイムの際には選手たちにボトルを渡しながら、試合出場に備えていた名良橋選手。道を拓き、ふたたび選手として、サッカーに向き合う姿を見られたことはとてもうれしくなるものがありました。

試合は0-0でスコアレスドローで終了。しかし、特に前半は小気味よくボールを動かし、何度もFC岐阜のゴールをおびやかした藤枝MYFCのパスサッカーは、魅力的。名良橋選手がフロンターレのアカデミー、そして阪南大で培ってきたものもきっと大きな武器になる、と思わされるものがありました。

名良橋選手が歩んでいく道がどんなものになるのか、これからも、とても楽しみにしています。


【J3リーグ第29節 FC岐阜 vs 藤枝MYFC】
11月28日午後2時キックオフ 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 晴れ 5472人

前半0-0 後半0-0 計0-0

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です