12月1、5、7、9日の大学サッカー / フロンターレアカデミー出身の選手たち


各地でリーグ戦が終わった大学サッカー。12月に入り、それぞれの活動は続いています。

この記事では、そうしたなかでプレーなどをしている川崎フロンターレアカデミー出身の選手たちを記していきたいと思います。


・関東大学サッカー新人戦

山内日向汰選手



12月1日(水)

準々決勝

〇桐蔭横浜大 vs 立正大●

前半0-1 後半4-1 計4-2

※桐蔭横浜大※

MF7 山内日向汰 (2年) 川崎フロンターレU-18 先発 1ゴール、1アシスト

1年生、2年生を対象とした関東大学サッカー新人戦の準々決勝では山内がキャプテンとして先発。

試合は前半立正大が1点をリードするも、桐蔭横浜大は後半2分遠藤貴成のゴールで同点に。5分には山内が勝ち越しのゴールを決め2-1。

31分には立正大に同点ゴールが出て、2-2となるも35分、山内のアシストから神田洸樹が決め桐蔭横浜大はふたたびリード。44分には黒木陸のゴールで突き放し、4-2で勝利。

山内も1ゴール、1アシストと大きく貢献するかたちで準決勝進出を決めました。


12月5日(日)

準決勝

〇桐蔭横浜大 vs 日本大●

前半1-0 後半2-0 計3-0

MF7 山内日向汰 (2年) 先発 2ゴール

新人戦の準決勝でも、山内はキャプテンとして先発出場。

試合は前半29分に白輪地敬大のゴールで桐蔭横浜大が先制。9分には山内がゴールを決め、2-0に。29分にもふたたび山内のゴールで3-0と突き放した桐蔭横浜大が勝利。

山内は2ゴールを大きな活躍を見せました。

 

12月9日(水)

決勝

◯桐蔭横浜大 vs 専修大●

前半2-0 後半1-1 計3-1

※桐蔭横浜大※

MF7 山内日向汰 (2年) 先発 2ゴール

専修大との決勝戦でも山内が先発出場。試合は前半38分、山内の3試合連続となるゴールで桐蔭横浜大が先制すると、45分にはふたたび山内が決め2-0に。

後半は4分に専修大が1点差とするも、22分桐蔭横浜大、白輪地敬大が決めて3-1。

桐蔭横浜大が勝利し優勝。山内は決勝トーナメントの3試合で5ゴールを記録し、チームを牽引しました。



・東京都サッカートーナメント 学生系の部予備予選1回戦

12月5日(日)
〇慶應義塾大 vs 成蹊大●

前半0-0 後半0-0 計0-0 PK7-6

山崎健翔選手



※慶應義塾大※

MF13 山崎健翔 (2年) フロンターレU-15→桐蔭学園高校 途中出場


天皇杯につながる東京都サッカートーナメント 学生系の部予備予選1回戦、慶應義塾大と成蹊大との一戦では山崎が後半17分から出場。

試合は前後半ともにゴールはなく、PK戦に。慶應のGK村上健が成蹊大の7人目を止め、勝ち上がりを決めています。



12月7日(火)

●立教大 vs 明治学院大〇

前半0-2 後半0-0 計0-2

戸澤龍人選手



※立教大※

MF26 戸澤龍人 (1年) フロンターレU-15→東海大相模 SUB

東京都サッカートーナメント 学生系の部予備予選1回戦、立教大と明治学院大との試合では、戸澤が控えに。

試合は明治学院大が2-0で勝利をおさめました。





また、12月7日には川崎フロンターレU-18出身、日本体育大のMF大曽根広汰(4年)のべガルダ仙台加入が発表されました。

大曽根広汰選手



この発表は、フロンターレのフロンターレのアカデミー時代から応援する人々にも、大きな喜びをもたらすものになったと思います。

 

U-15での同期、中央大のMF髙岸憲伸(4年)=水戸ホーリーホック加入内定=や、桐蔭横浜大のGK早坂勇希(4年)=川崎フロンターレ加入内定=といった選手たちと、またピッチの上で相まみえるような日がやってきますように。

仙台での活躍と飛躍を楽しみにしています。


(文中敬称略)


CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。