フロンターレU18 – 日本高校サッカー選抜 / NEXT GENERATION MATCH


2月12日は日産スタジアムへ。

2021年のJ1リーグ王者、川崎フロンターレと天皇杯を制した浦和レッズが対戦し、新たなシーズンの幕開けを告げる富士フイルム・スーパーカップ。その前座試合として行われるNEXT GENERATION MATCHに、川崎フロンターレU-18が昨年に続いて出場、日本高校サッカー選抜と対戦しました。


【川崎フロンターレU-18 NEXT GENERATION MATCH vs 日本高校サッカー選抜】
2月12日(土)午前10時20分キックオフ 日産スタジアム 晴れ 40分ハーフ

フロンターレの先発は、GK21濱﨑知康、最終ラインは右から6吹田航晟、5浅岡飛夢、3松長根悠仁、7溝田大和、ボランチはキャプテンの10大関友翔、18由井航太、右MF8川口達也、左MF11岡野一恭平、トップ下14大瀧螢、前線には9五木田季晋。

2月4日にプロ契約締結が発表された高井幸大はメンバー外。また、新しい背番号での初めての公式戦となりました。

全国高校サッカー選手権の優秀選手から選考された日本高校サッカー選抜。先発はGK1佐藤瑠星(大津)、最終ラインは右から2田口空我(流通経済大柏)、キャプテンの13チェイス・アンリ(尚志)、4馬場拓己(桐光学園)、12大川佳風(米子北)、ボランチは15薬師田澪(大津)、8山市秀翔(桐光学園)、右MF11藤森颯太(青森山田)、左MF16田澤夢積(青森山田)、前線には、9松永颯汰(静岡学園)、18守屋練太郎(前橋育英)。



日差しに恵まれ、コートなどもいらないような暖かな陽気の日産スタジアム。フロンターレサポーターはもちろん、レッズのサポーター、さらには多くのサッカーファンが見守るなか、試合は始まりました。


立ち上がり、ラインを高く保ち、相手陣内でプレーを重ねるのはフロンターレ。左サイドで由井や溝田、岡野一が位置を入れ替えながらボールを動かし、失ってもすばやいチェックで取り返していきます。

日本高校サッカー選抜は、藤森が右サイドを仕掛け、起点に。しかし、溝田が前へいかせず、粘り強く対応。右サイドでスローインを得ると、藤森のロングスローからゴールを狙う日本高校サッカー選抜に対しても、エリア内でしっかり競りにいき、コーナーキックからチェイスに高い打点のヘディングシュートこそ許す場面をつくられるものの、ゴールは許さず、フロンターレは細かくパスを回す時間をつくっていきます。

浅岡、松長根がラインを高く保ち、吹田や溝田がそれぞれ高い位置に。ピッチの左右にボールを動かし、浅岡が速いパスをサイドに入れ、中央では大関や由井がかかわりあいながら、糸口をさぐっていきます。


6分には日本高校サッカー選抜、エリア外正面でフロンターレにファールがあり、フリーキックを得ますが、藤森が右足で直接放ったシュートは枠外。さらに右サイドから速いボールをエリア内へ入れていきますが、浅岡が落ち着いてブロックしていきます。


守備から攻めへの切り替えの速さを見せていくフロンターレ。11分には大関の左サイドの裏を突くパスに、岡野一が抜け出し、仕掛けて弧を描くクロス。ボールはゴールへ向かったものの、バーへ。どよめきを生み出していきます。


フロンターレは、さらに溝田から由井を経由して右の吹田と動かし、吹田の浮き球に右サイドに流れた五木田が起点になろうとし、奪われた場面でもすばやく囲い込んで、取り返す切り替えの良さを見せていきます。


13分には、吹田が五木田とのパス交換から、右サイドの高い位置へ。正面へ折り返すと、大関がシュートを打ちますが、右へ。


さらにスルーパスに、川口が右サイドを抜け出し、シュート。こぼれ球に大瀧が迫りますが、最後は佐藤がセーブ。フロンターレがゴールに迫る時間が続いていきます。



日本高校サッカー選抜も、右サイドに守屋が流れ、ボールを引き出していきますが、松長根、溝田の連係で奪い返し、16分には、中央でボールをカットした日本高校サッカー選抜、スルーパスに田澤がエリア外左へ抜け出していきますが、オフサイド。チャンスをつくらせず、プレーを重ねていきます。


松長根の裏を突くパスや、浅岡の速い縦パスを交え、各選手がかかわりあいながら、パスを回していくフロンターレ。19分、大関の浮き球のパスに、エリア内へ抜け出したのは川口。うまくボールをコントロールし、シュートを打つとゴール左へ決まり、1-0。出し手と受け手の息の合った連係からフロンターレがゴールを奪い取ります。

最終ラインでは浅岡が読みよくボールをカットし、前線では五木田がプレスをかけにいくなどし、奪われても大瀧がすばやくプレスバック。ボールを握っていくフロンターレ。左サイドの溝田が斜めに正面へ向かう姿勢を見せる一方で、由井が左サイドの高い位置へ顔を出すなど位置を入れ替えながら、ボールをテンポよく回していきます。

23分には、浅岡のパスに、吹田が右サイドの高い位置へ。ゴール正面へ折り返しますが、佐藤がセーブ。

日本高校サッカー選抜も、25分には、右サイドを抜け出した藤森が、正面へ仕掛ける姿勢を見せ、速いボールを正面へ入れていきますが、由井が落ち着いた対応を見せ、シュートは打たせず。

さらに田口のフィードに反応した藤森が、エリア外右、角度のないところから枠をとらえたシュートを打ちますが、濱﨑がセーブ。また、右サイドから斜めに守屋が仕掛け、迫る日本高校サッカー選抜でしたが、浅岡がカバー。球際でも負けず、向き合っていきます。



中央に寄った川口がカット、すぐさま五木田を狙いスルーパスを出すなど、追加点を狙っていくフロンターレ。32分には正面でカット。大関、大瀧とつながり、大瀧から受けた川口が正面へ切れ込み、ミドルシュートを打ちますが、佐藤がセーブ。

日本高校サッカー選抜も、エリア前に浮き球を入れ、揺さぶっていきますが、浅岡がしっかりマイボールになるようなかたちで対応。そこから攻めに転じたフロンターレは、五木田から左サイドの溝田に展開し、溝田がクロスを入れる場面をつくっていきます。


35分、日本高校サッカー選抜は守屋に代わり10福田師王(神村学園)。直後には、福田が競ったボールを拾った山市が、ミドルシュートを打ちますが、濱﨑がセーブ。

37分にはフロンターレ。大瀧が間で受け、そのスルーパスに五木田が反応しますが、佐藤がセーブ。

日本高校サッカー選抜は、連係から両SBが高い位置へ抜け出す場面をつくり、38分には大川が左サイドの高い位置で折り返しますが、フロンターレはブロック。39分にも再び大川が高い位置へ抜け出していきますが、浅岡が対応。

アディショナルタイムは1分。日本高校サッカー選抜は、福田がおさめたボールを受けた藤森が、エリア外右でシュートを打つも、枠外。前半は1-0。フロンターレがリードしハーフタイムとなります。




後半、立ち上がりからエリア前に迫るのは日本高校サッカー選抜。松永や福田が前線で起点となり、薬師田がパス交換からゴールの前に顔を出すなどしながら、迫っていきますが、フロンターレは最後のところで球際に厳しく対応していきます。


4分には、フロンターレ、吹田のスルーパスに、五木田が正面へ抜け出していきますが、チェイスが足を伸ばし、シュートまではいけず。

6分には、日本高校サッカー選抜、左右にボールを動かしていくと、左サイドからの折り返し、エリア外右、田口がシュートを打ちますが、フロンターレはしっかりブロックにいき、ボールはバーへ。

これでコーナーキックを得た日本高校サッカー選抜は、セカンドボールを拾い、山市が枠をとらえたミドルシュートを打ちますが、濱﨑がセーブ。

さらに薬師田が最終ラインに下、チェイスや馬場が、両サイドを押し上げながら日本高校サッカー選抜がフロンターレの陣内でプレーを重ねていきます。


フロンターレも、10分には右サイドのスローインから、五木田が仕掛けて、エリア右へ進入しますが、最後は佐藤がセーブ。

11分には、日本高校サッカー選抜、右サイドからのスローイン、受けた山市が浮き球を入れると、ゴール左、福田が頭で合わせますが、濱﨑がセーブ。

フロンターレは、左サイド、うまく受けた岡野一が仕掛けて打開を図ると、スローインの流れからエリア外左、大関がミドルシュートを打ちますが、佐藤がセーブ。

直後には日本高校サッカー選抜、フロンターレ陣内で松永が奪い、ミドルシュートを狙いますが、濱﨑がセーブしていきます。


前半と比べ、なかなかボールを動かせなかったフロンターレも、次第に最終ラインの浅岡や松長根、下がり目に顔を出した大瀧らがボールに触れる時間をつくり、14分には、エリア右へ五木田が抜け出し、折り返し。岡野一がシュートを打ちますが、ワンタッチあり、決まらず。決定機をつくっていきます。


日本高校サッカー選抜は、15分にはルーズボールを正面で松永が拾いますが、吹田がしぼって前に持ち込ませず。立て続けにスローインを得た日本高校サッカー選抜は、藤森が高い位置へ抜け出し、クロスを入れていきますが、濱﨑がセーブ。さらに右サイドから鋭いクロスを入れていきますが、川口がエリア内で対応。コンパクトに、最後のところで集中力を保ち、フロンターレは対抗していきます。


24分にはさらに日本高校サッカー選抜、エリア外正面、山市のパスに反転した福田が、ゴール左をとらえたシュートを打ちますが、濱﨑がセーブ。

コーナーキックとなり、ショートコーナーを選択した日本高校サッカー選抜。左クロスにチェイスが合わせますが、上に。


フロンターレはここで大瀧に代わり20岡崎寅太郎。

日本高校サッカー選抜は、松永に代わり14大迫塁(神村学園)、田澤に代わり20阪田澪哉(東山)。


中盤で互いに球際に厳しさを見せていくフロンターレと、日本高校サッカー選抜。27分には日本高校サッカー選抜、左サイドを阪田が仕掛けてクロスを入れていきますが、大関がエリア内で対応。

左コーナーキックとなり、フロンターレは、ここで担架でピッチの外に出た大関に代わり22江原叡志。


コーナーキックやロングスローをしのぎ、マイボールにすると、五木田の裏を突いたパスに岡野一が左サイドを抜け出し、仕掛けていくなどするフロンターレ。守りに転じても、吹田が正面へのパスや左サイドでの攻めに、集中した対応を見せ、江原も空いたスペースをよくカバー。溝田も裏を突くフィードに対して、しっかりクリアをしていきます。


37分には溝田に代わり13信澤孝亮が入りボランチ、江原が左SB、岡野一に代わり17尾川丈。


直後には正面へのスルーパスに、岡崎が反応しますが、佐藤がセーブ。日本高校サッカー選抜はここでチェイスを前線へ上げていきますが、フロンターレは高い位置で五木田が体を張り、時間をつくっていきます。


アディショナルタイムは3分。相手ボール時には、五木田も低い位置に下り、コンパクトにして対応していくフロンターレ。左サイドでは、尾川、江原がうまく連係して対応。中央では由井や信澤が球際に厳しく向き合っていきます。

43分には、岡崎がエリア外正面へ仕掛けてシュート。これが佐藤に阻まれたところで試合はタイムアップ。

フロンターレは1-0で勝利。2年連続でNEXT GENERATION MATCHを制することになりました。

多くの三年生たちが卒業したフロンターレU-18でしたが、昨年Jユースリーグを中心に経験と勝利を重ねてきた選手たちが力を発揮。新シーズンへのつながりを感じさせられる楽しみな勝利となりました。




前半1-0 後半0-0 計1-0

得点:川口達也

フロンターレの先発:21濱﨑知康、6吹田航晟、5浅岡飛夢、3松長根悠仁、7溝田大和、10大関友翔(c)、18由井航太、8川口達也、11岡野一恭平、14大瀧螢、9五木田季晋

交代:大瀧→20岡崎寅太郎 大関→22江原叡志 溝田→13信澤孝亮 岡野一→17尾川丈

控え:1宮地健輔 2戸田将 25志村海里


日本高校サッカーの先発:1佐藤瑠星(大津) 2田口空我(流通経済大柏)、13チェイス・アンリ=c(尚志)、4馬場拓己(桐光学園)、12大川佳風(米子北)、15薬師田澪(大津)、8山市秀翔(桐光学園)、11藤森颯太(青森山田)、16田澤夢積(青森山田)、前線には9松永颯汰(静岡学園)、18守屋練太郎(前橋育英)

交代:守屋→10福田師王 松永→14大迫塁(神村学園) 田澤→20阪田澪哉(東山)

控え:17吉田優翔(桐光学園) 3柳沼将太(前橋育英) 5海老沼慶士(米子北) 6小泉龍之介(静岡学園)


(文中敬称略)

浅岡飛夢選手
濱﨑知康選手

フロンターレの先発メンバー
大関友翔選手
川口達也選手
五木田季晋選手
キックオフを前に、円陣を組む選手たち

濱﨑知康選手

五木田季晋選手
松長根悠仁選手

川口達也選手
大関友翔選手
由井航太選手
松長根悠仁選手
松長根悠仁選手
濱﨑知康選手
大瀧螢選手
五木田季晋選手、松長根悠仁選手
由井航太選手
川口達也選手が抜け出しシュート

浅岡飛夢選手
大瀧螢選手がこぼれ球に迫る
大関友翔選手
溝田大和選手
浅岡飛夢選手
大瀧螢選手
川口達也選手、五木田季晋選手
五木田季晋選手
川口達也選手が抜け出す

先制のゴールに

濱﨑知康選手
大関友翔選手
由井航太選手
岡野一恭平選手
吹田航晟選手
浅岡飛夢選手
松長根悠仁選手
由井航太選手
川口達也選手
浅岡飛夢選手
川口達也選手
吹田航晟選手
五木田季晋選手
五木田季晋選手
前半は1-0

後半へ
五木田季晋選手
川口達也選手
岡野一恭平選手
溝田大和選手
濱﨑知康選手
吹田航晟選手
五木田季晋選手

由井航太選手

濱﨑知康選手がセーブ
川口達也選手、五木田季晋選手
大瀧螢選手
五木田季晋選手
吹田航晟選手
濱﨑知康選手
岡野一恭平選手

大関友翔選手

五木田季晋選手
大関友翔選手
大瀧螢選手
五木田季晋選手
松長根悠仁選手、浅岡飛夢選手、五木田季晋選手、由井航太選手

吹田航晟選手
大瀧螢選手
大瀧螢選手
川口達也選手
岡崎寅太郎選手
溝田大和選手
岡野一恭平選手
五木田季晋選手
五木田季晋選手
濱﨑知康選手
岡野一恭平選手
岡野一恭平選手
江原叡志選手
岡野一恭平選手
岡崎寅太郎選手
江原叡志選手
岡野一恭平選手

吹田航晟選手

信澤孝亮選手
江原叡志選手
尾川丈選手

岡崎寅太郎選手
五木田季晋選手、由井航太選手
浅岡飛夢選手

信澤孝亮選手
1-0。フロンターレが勝利

新チームでの初の公式戦を勝利で飾った

試合を見守ったサポーターたち

 

 

 

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。