5月21、22日の大学サッカー / フロンターレアカデミー出身の選手たち


5月21、22日も全国各地で大学サッカーの試合があり、川崎フロンターレアカデミー出身の選手たちがそれぞれの試合に臨みました。


今回もこの記事では、そうした選手たちのことをつづっていきたいと思います。




【関東大学サッカーリーグ2部第5節(延期分)】

5月22日(日)

●日本体育大 vs 産業能率大〇

前半0-2 後半0-0 計0-2

※産業能率大※

松永竜之介選手



DF42 松永竜之介 (2年) フロンターレU-18  SUB


新型コロナウイルスの影響を受け、延期となっていた日本体育大と産業能率大との試合では、松永が初めてメンバー入り。

試合は前半、43分に中澤大翔、松森堅誠が立て続けに決め、産業能率大が2点を先行。後半はスコアは動かず、勝利を手にしています。


【東海学生サッカーリーグ1部第9節】
5月21日(土)

●東海学園大 vs 常葉大〇

前半0-0 後半0-2 計0-2

※東海学園大※

常安澪選手



MF13 常安澪 (3年) フロンターレU-18 先発

東海学生サッカーリーグ1部、東海学園大と常葉大との一戦では、常安が先発し、71分まで出場。

試合は、後半、47分に小松慧のゴールで先制した常葉大が、49分にも小松が決めて、突き放し、勝利しています。



【北信越大学サッカーリーグ1部第1節(延期分)】

〇新潟経営大 vs 金沢学院大●

前半0-0 後半1-0 計1-0


※新潟経営大※

入江流星選手



MF25 入江流星 (1年) フロンターレU-18 途中出場

新型コロナウイルスの影響を受け、延期となっていた新潟経営大と金沢学院大との一戦では、入江が81分から出場。

試合は、75分斉藤飛幸が決めたゴールが決勝点となり、新潟経営大が勝利しています。



【東京都大学サッカーリーグ戦チャレンジリーグ第3節】

5月22日(日)

●明星大 vs 創価大〇

前半1-2 後半1-1 計2-3

※創価大※

鈴木康平選手


DF5 鈴木康平 (2年) フロンターレU-15→創価高校 先発

東京都大学サッカーリーグ1、2部の下に今季から設けられたチャレンジリーグの明星大と創価大との一戦では、鈴木康平が先発。

試合は、明星大が28分に渡部遼大のゴールで先制するも、36分宮田紘輝のゴールで創価大が同点に。

45+1分に大井手正樹のゴールで勝ち越すと、75分にふたたび大井手が決め、1-3に。後半終了間際に明星大は、渡部が決めるも追いつくことはできず。

勝利した創価大は2連勝となりました。



【インディペンデンスリーグ関東】

・1部Aブロック

5月21日(土)

〇国士舘大U-22B vs 産業能率大U-22A●

前半3-1 後半1-0 計4-1

※産業能率大※

岡崎玄選手



FW 岡崎玄 (2年) フロンターレU-18 先発

インディペンデンスリーグ、国士舘大U-22Bと産業能率大U-22Aとの一戦では、岡崎玄が先発し、73分まで出場。

試合は、前半、8分に長谷川航が決めて国士舘大が先制すると、11分には近藤零志のゴールで2-0に。

産業能率大は、35分若月尋が決め1点差とするも、38分ふたたび国士舘大は近藤が決めて、3-1に。

後半、83分にも近藤のハットトリックとなるゴールで突き放した国士舘大が4-1で勝利しています。


●日本体育大U-22A vs 國學院大U-22A〇

前半2-2 後半0-1 計2-3

※國學院大※

橋本結人選手



DF78 橋本結人 (2年) フロンターレU-15→市立船橋 SUB


日本体育大U-22Aと國學院大U-22Aとの一戦では、橋本結人が控えに。

試合は國學院大が坂巻優斗、金子永空のゴールで2点をリードするも、日本体育大は今村涼一、大川祐太朗のゴールで前半のうちに追いついて、2-2に。

しかし、國學院大は市瀬飛翔のゴールでふたたびリードし、勝利を挙げています。


・1部Bブロック

5月21日(土)

●産業能率大U-22C vs 桐蔭横浜大U-22〇

前半0-0 後半0-1 計0-1

※桐蔭横浜大※

レオニ楓真選手



MF15 レオニ楓真 (1年) フロンターレU-15→流通経済大柏 途中出場

産業能率大U-22Cと桐蔭横浜大U-22との一戦では、レオニ楓真が82分から出場。

試合は47分に久永瑠音が決めたゴールが決勝点となり、桐蔭横浜大が勝利しています。


5月22日(日)

●慶應義塾大U-22A vs 中央大U-22B〇

前半0-0 後半0-1 計0-1

※慶應義塾大※

川合我空選手



GK91 川合我空 (2年) フロンターレU-18 SUB


慶應義塾大U-22Aと中央大U-22Bとの一戦では、川合我空が控えに。

試合は、70分に橋本泰知が決め、中央大が先制。中央大が勝利しています。


・1部Cブロック

5月21日(土)


△日本大U-22 vs 立教大U-22A△

前半0-0 後半0-0 計0-0

※日本大※

田中慶汰選手


MF36 田中慶汰 (1年) フロンターレU-18 SUB

※立教大※

宮本ディアウ勇守歩選手
道間雄生選手
戸澤龍人選手



MF89 宮本ディアウ勇守歩 (3年) フロンターレU-18 先発

DF33 道間雄生 (3年) フロンターレU-18 SUB

MF145 戸澤龍人 (2年) フロンターレU-15→東海大相模 先発


日本大U-22と立教大U-22との一戦では、日本大は田中慶汰が控え。立教大は宮本ディアウ勇守歩が先発し80分まで出場。戸澤龍人も先発し、こちらは33分まで出場。


また、道間雄生は控えに。

試合は、ともにゴールはなく、引き分けに終わっています。


・2部Aブロック

5月21日(土)

△国士舘大U-22C vs 専修大U-22C△

前半0-0 後半0-0 計0-0

※専修大※

久保田大吉選手



FW81 久保田大吉 (1年) フロンターレU-18 先発

国士舘大U-22Cと専修大U-22Cとの一戦では、久保田大吉が先発し58分まで出場。

試合はともにゴールはなくスコアレスドローとなりました。


5月22日(日)


●慶應義塾大U-22C vs 明治学院大U-22B〇

前半1-0 後半0-2 計1-2

※明治学院大※

内海太瑚選手



DF93 内海太瑚 (2年) フロンターレU-18 先発

慶應義塾大U-22Cと明治学院大U-22Bとの一戦では、内海太瑚が先発しフル出場。

試合は32分岡田舜立が決めて、慶應義塾大が先制するも、77分三枝豪太のゴールで明治学院大が同点に。

90分に荒巻琉偉人のゴールで勝ち越した明治学院大が勝利しています。

・2部Bブロック

●朝鮮大学校U-22A vs 山梨学院大U-22A〇

前半1-2 後半1-1 計2-3

※山梨学院大※

平田流衣選手


MF29 平田流衣 (2年) フロンターレU-18 先発 1ゴール

朝鮮大学校U-22Aと山梨学院大U-22Aとの試合では、平田が先発。

試合は、山梨学院大が宮川開成、松原綾成のゴールで2点を先行するも、朝鮮大学校が金大謙の2ゴールで同点に。

しかし、山梨学院大は、平田がPKを決めて勝ち越し。平田の2試合連続のゴールが決勝点となり、山梨学院大が勝利しています。





また、5月22日レモンガススタジアム平塚で行われた天皇杯1回戦では、桐蔭横浜大(神奈川県代表)と立正大(東京都代表)が対戦し、桐蔭横浜大はMF5高吉正真(4年)=フロンターレU-18、FW9山田新(4年)=フロンターレU-18=が先発。

試合は、山田が47分に決めたゴールが決勝点となり、桐蔭横浜大が勝利しています。

高吉正真選手
山田新選手



なお、5月24日には、山田の2023年のフロンターレ加入内定が発表されました。

ふたたび、フロンターレのユニホームを着てプレーすることになる山田が、残り半年ほどとなった大学最後のシーズンで、どんな結果を残していくのかも、とても楽しみにしています。

 

 

5月28、29日も全国各地で行われる大学サッカー。それぞれの活躍を、川崎そだちではとても楽しみにしています。



(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です