1ショット日記「100」


奥様から花束を渡される脇坂泰斗選手

 

6月25日、等々力陸上競技場で行われたJ1リーグ第18節、川崎フロンターレ vs ジュビロ磐田。

脇坂泰斗選手のJ1での出場試合が100に達しました。

これは、フロンターレU-18出身のトップチームの選手として、はじめてのこと。

三好康児選手や板倉滉選手、三笘薫選手や田中碧選手のように、U-18を経て、トップチームで活躍した選手たちが、海外で大きく飛躍していくこともうれしいものですが、トップチームで成長を重ね、多くのサポーターが見守るなか、出場試合数をのばしていくこともまた、このうえもなくうれしいものだと思います。

200、300と出場を重ね、かつて同じ背番号を背負った中村憲剛さんのように、「脇坂さんの14を、いつか付けたい」と、フロンターレのアカデミーの選手たちはもちろん、多くのサッカー少年が憧れる、そんな存在になっていきますように。

この日、最愛の人から花束を受けた脇坂選手が、大切な存在を増やしていき、ふたたび、等々力で記念の花束を受けるときに、さらに幸せな場面を見せていきますように。

これからも、歩んでいく道を、その先の景色を、とても楽しみにしています。

 

【J1リーグ第18節 川崎フロンターレ vs ジュビロ磐田】

6月25日(土)午後7時3分キックオフ 等々力陸上競技場 晴れ 1万9024人

前半1-0 後半0-1 計1-1

得点:山根視来(川崎フロンターレ) 伊藤槙人(ジュビロ磐田)

 

2019年4月19日の湘南ベルマーレ戦でJ1リーグデビューを果たした脇坂泰斗選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です