10月13日‐10月19日の大学サッカー / フロンターレアカデミー出身の選手たち


2年多くの川崎フロンターレアカデミー出身の選手たちが、プレーしている大学サッカー。

この記事では、10月13日から19日にかけて、各地の試合で出場、あるいはメンバーに入った選手たちのことをつづっていきます。



【関東大学サッカーリーグ1部第18節】


関東大学サッカーリーグ1部は、10月16日に第18節を開催。

今節、メンバーに名前をつらねたのは、桐蔭横浜大のMF高吉正真(4年)、FW山田新(4年)、MF山内日向汰(3年)、拓殖大のMF浅倉廉(3年)、DF高畠捷(1年)、早稲田大のDF神橋良汰(2年)、DF森璃太(3年)の7選手。



10月16日(日)


●桐蔭横浜大 vs 拓殖大〇

前半0-1 後半0-0 計0-1

※桐蔭横浜※

MF5 高吉正真(4年) フロンターレU-18  先発
MF8 山内日向汰(3年) フロンターレU-18 先発
FW9 山田新 (4年) フロンターレU-18 先発




※拓殖大※

MF14 浅倉廉 (3年) フロンターレU-15→静岡学園 先発
DF23 高畠捷 (1年) フロンターレU-18 SUB



桐蔭横浜大 vs 拓殖大では、桐蔭横浜大は高吉、山内、山田、拓殖大は浅倉が先発フル出場。
また、高畠は控え。

試合は、前半、29分に関根大輝がゴールを決め、拓殖大が先制。0-1。拓殖大が勝利しています。



〇国士舘大 vs 早稲田大●

前半3-1 後半0-1 計3-2

※早稲田大※

DF27 神橋良汰 (2年) フロンターレU-18 先発
DF15 森璃太 (3年) フロンターレU-18 SUB

国士舘大 vs 早稲田大では、神橋が2試合連続の先発で、フル出場。また、森は控え。

試合は5分に東條敦輝のゴールで国士舘大が先制すると、19分までに2点を加え、3-0に。

早稲田大は、45分東廉のゴールで3-1とすると、後半、58分には駒沢直哉のゴールで3-2。

しかし、追いつくことはかなわず、3-2でタイムアップ。

国士舘大が勝利しています。





【関東大学サッカーリーグ2部第18節】

10月16日(日)

関東大学サッカーリーグ2部は、10月16日に6試合を開催。

今節は、産業能率大のFW猪狩祐真(2年)、日本大のDF栗田悠巨(3年)、中央大のFW有田恵人(3年)、慶應義塾大のMF茅野優希(2年)の4選手がメンバー入りしました。



●産業能率大 vs 日本大〇

前半0-2 後半0-0 計0-2


※産業能率大※

FW14 猪狩祐真 (2年) フロンターレU-15→日大藤沢 途中出場

※日本大※

DF32 栗田悠巨 フロンターレU-18 先発 ※今季初先発


産業能率大 vs 日本大では、栗田が今季初先発、フル出場。猪狩は後半から出場。

試合は、前半、10分に近藤友喜がPKを決め、日本大が先制。

13分には、中村健人がゴールを決めて、0-2。

日本大が勝利しています。


〇中央大 vs 立正大●

前半0-0 後半1-0 計1-0

※中央大※

FW13 有田恵人 (3年) フロンターレU-18 先発


中央大 vs 立正大では、有田が先発し79分まで出場。

試合は、77分オウンゴールで中央大が先制。1-0で中央大が勝利しています。



△慶應義塾大 vs 城西大△

前半0-0 後半0-0 計0-0

※慶應義塾大※

MF29 茅野優希 (2年) フロンターレU-15→慶應義塾高  途中出場


慶應義塾大 vs 城西大では、茅野が25分から出場。試合は、ともにゴールはなく、0-0。勝ち点1を分け合う結果となりました。




【東海学生サッカーリーグ1部Aリーグ第8節】

10月15日(土)

東海学生サッカーリーグ1部の上位6チームによって行われる東海学生サッカーリーグ1部Aリーグ第8節は、10月15日に開催。

東海学園大のMF常安澪(3年)、静岡産業大のFW服部功汰(4年)の2人がメンバー入りしました。



〇常葉大 vs 東海学園大●

前半0-1 後半3-1 計3-2

※東海学園大※

MF13 常安澪 (3年) フロンターレU-18 先発



常葉大 vs 東海学園大では、常安が先発し82分まで出場。試合は、前半、31分に楠本羽翼のゴールで東海学園大が先制。

0-1で迎えた後半、47分には伊藤拓巳のゴールで東海学園大が追加点、0-2に。

しかし、常葉大は、72分前田翔茉のゴールで1点を返すと、82分には原崎颯のゴールで2-2。

そして、86分には清水和馬のゴールで常葉大が勝ち越し。3-2で常葉大が勝利しました。


〇静岡産業大 vs 愛知学院大●

前半3-1 後半0-0 計3-1

※静岡産業大※

FW9 服部功汰 (4年) フロンターレU-12→多摩大目黒中→多摩大目黒高 先発 1ゴール



静岡産業大 vs 愛知学院大では、服部が先発。

試合は、9分庵原篤人のゴールで静岡産業大が先制すると、33分には加藤政哉、34分には服部が決め、3-0。

愛知学院大は、44分向井和哉が決めて、3-1。

3-1で迎えた後半はともにゴールはなく、3-1でタイムアップ。静岡産業大が勝利。1ゴールの服部は、90+2分まで出場しました。



【北信越大学サッカーリーグ1部後期第5節】

10月16日(日)

北信越大学サッカーリーグ1部では、新潟経営大のMF入江流星(1年)がメンバー入り。

〇新潟経営大 vs 金沢星稜大●

前半1-0 後半3-0 計4-0

※新潟経営大※

MF25 入江流星 (1年) フロンターレU-18 途中出場



新潟経営大 vs 金沢星稜大で、入江は61分から出場。

試合は、4-0。新潟経営大が勝利しました。



【関西学生サッカーリーグ1部後期第6節】

関西学生サッカーリーグ後期第6節は、10月15、16日に6試合を開催。

立命館大のMF戸水利紀(2年)がメンバーに入りました。

10月15日(土)

〇大阪体育大 vs 立命館大●

前半1-0 後半1-0 計2-0

※立命館大※

MF25 戸水利紀 (2年) フロンターレU-18 先発


大阪体育大 vs 立命館大で、戸水は先発。

試合は、29分木戸柊摩のゴールで大阪体育大が先制すると、77分には野寄和哉のゴールで2-0。

大阪体育大が2-0で勝利しました。



【インディペンデンスリーグ関東】

関東地区のインディペンデンスリーグでは、國學院大のDF橋本結人(2年)、日本体育大のGK青山海(1年)、MF鈴木大登(2年)、桐蔭横浜大のMFレオニ楓真(1年)、慶應義塾大のFW山崎健翔(2年)、立教大のMF宮本ディアウ勇守歩(3年)、DF道間雄生(3年)、MF戸澤龍人(2年)、日本大のMF田中慶汰(1年)、専修大のFW久保田大吉(1年)。10選手がメンバー入りしました。


・1部Aブロック

10月15日(土)

△國學院大U-22A vs 東海大U-22A△

前半0-0 後半0-0 計0-0

※國學院大※

DF78 橋本結人 (2年) フロンターレU-15→市立船橋 SUB

國學院大U-22A vs 東海大U-22Aでは、橋本が控えに。試合は、0-0。スコアレスドローで終わっています。

 

 


△日本体育大U-22A vs 産業能率大U-22A△

前半0-0 後半1-1 計1-1

※日本体育大※

GK 青山海 (1年) フロンターレU-18 先発
MF 鈴木大登 (2年) フロンターレU-18 先発

日本体育大U-22A vs 産業能率大U-22Aでは、青山、鈴木が先発フル出場。試合は、田代健伸のゴールで日本体育大が先制。しかし、松山碧が決めて、産業能率大が同点。

1-1で引き分けています。



・1部Bブロック

10月15日(土)

●成蹊大U-22 vs 桐蔭横浜大U-22〇

前半0-0 後半0-2 計0-2

※桐蔭横浜大※

MF15 レオニ楓真 (1年) フロンターレU-15→流通経済大柏 途中出場



成蹊大U-22 vs 桐蔭横浜大U-22では、レオニが81分から出場。

試合は、東界杜、久永瑠音のゴールで桐蔭横浜大が勝利しています。



10月16日(日)

●専修大U-22A vs 慶應義塾大U-22A〇

前半0-1 後半0-0 計0-1

※慶應義塾大※

FW75 山崎健翔 (3年) フロンターレU-15→桐蔭学園高 途中出場


専修大U-22A vs 慶應義塾大U-22Aでは、山崎が75分から出場。試合は、43分大下峻太のゴールで慶應義塾大が先制。0-1。慶應義塾大が勝利しています。


10月19日(水)

△流通経済大U-22B vs 慶應義塾大U-22A△

前半1-1 後半0-0 計1-1

※慶應義塾大※

FW75 山崎健翔 (3年) フロンターレU-15→桐蔭学園高 先発

流通経済大U-22B vs 慶應義塾大U-22Aでは、山崎は先発し、59分まで出場。試合は流通経済大が、37分横田雅崇のゴールで先制するも、慶應義塾大は45分直井柚佑のゴールで同点。

1-1で引き分けています。


△桐蔭横浜大U-22A vs 東海大U-22B△

前半3-1 後半1-3 計4-4

※桐蔭横浜大※

MF15 レオニ楓真 (1年) フロンターレU-15→流通経済大柏 先発 2ゴール

桐蔭横浜大U-22A vs 東海大U-22Bでは、レオニが先発フル出場。

試合は、点の取り合いとなり、4-4で引き分け。レオニは2ゴールを記録する活躍。1部リーグBブロックでのゴール数を3に伸ばしました。




・1部Cブロック

〇拓殖大U-22A vs 立教大U-22A●

前半2-0 後半0-1 計2-1


※立教大※

MF89 宮本ディアウ勇守歩 (3年) フロンターレU-18 先発 1ゴール
DF33 道間雄生 (3年) フロンターレU-18 先発
MF145 戸澤龍人 (2年) フロンターレU-15→東海大相模 SUB


拓殖大U-22A vs 立教大U-22Aでは、宮本が先発し、79分まで出場。道間は先発フル出場、戸澤は控え。

試合は、拓殖大が吉田奨、オウンゴールで前半を2-0とリード。

後半、立教大は49分に宮本がゴールを決め、2-1。しかし、そこからゴールは生まれず、2-1でタイムアップ。

拓殖大が勝利。宮本は1部Cブロックでのゴール数を3としています。


●日本大U-22 vs 立正大U-22〇

前半0-0 後半0-5 計0-5


※日本大※

MF36 田中慶汰 (1年) フロンターレU-18 SUB



日本大U-22 vs 立正大U-22では、田中慶汰が控えに。

試合は、後半立正大が5ゴールを決め、0-5。立正大が勝利しました。



・2部Cブロック

10月15日(土)


●専修大U-22C vs 国士舘大U-22C

前半1-2 後半0-1 計1-3

※専修大※

FW81 久保田大吉 (1年) フロンターレU-18 SUB


専修大U-22C vs 国士舘大U-22Cでは、久保田が控えに。試合は、1-3。国士舘大が勝利しています。


・2部Cブロック

10月19日(水)

●東京国際大U-22D vs 城西大U-22B〇

前半0-1 後半1-1 計1-2

※城西大※

DF 山本蒼己 (1年) フロンターレU-15→明星学園高 先発

東京国際大U-22D vs 城西大U-22Bでは、山本が先発フル出場。試合は1-2。城西大が勝利しました。



【関東大学サッカーリーグ新人戦】

関東大学サッカーリーグ新人戦では、拓殖大のMF69田鎖勇作(1年)=フロンターレU-18=が1試合に先発。また、日本大のM36F田中慶汰(1年)=フロンターレU-18=が2試合に先発出場。

田鎖勇作選手
田中慶汰選手



結果は、次の通り。


10月13日(木)

●日本大 vs 法政大〇

前半2-2 後半0-1 計2-3

 

10月15日(土)

△拓殖大 vs 青山学院大△

前半0-2 後半2-0 計2-2

10月16日(日)

〇日本大 vs 産業能率大●

前半2-0 後半0-0 計2-0



今日もどこかで行われている大学サッカーの試合。フロンターレアカデミー出身の選手たちもまた、それぞれの試合に臨んでいるかもしれません。

川崎そだちでは、これからも、そうした選手たちのことを伝えていきたい、と思います。


(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です