フロンターレU18 – 三菱養和 / プリンスリーグ関東第11節


2016/08/28(日)15:00 KO @等々力陸上競技場
プリンスリーグ関東 第11節

リーグ再開の前節は得点こそ生まれなかったものの,アウェーの地からしっかりと勝点を持ち帰ってきたフロンターレU18。今節は今シーズン初めての等々力開催で,リーグ前半戦やクラブユース選手権予選でしのぎを削った三菱養和ユースとの対戦になりました。
心配された台風の影響も殆どなく,曇天のなか予定通り15時にキックオフ。

フロンターレのスターティングメンバーはGK16 早坂,DFに右から14 小川,34 高吉,22 新井,3 川崎,ボランチに7 桝谷,キャプテン10 田中碧が並びます。攻撃陣は右サイドに11 道本,左サイドに8 栗脇,シャドーの位置に18 村田,トップに26 宮代という布陣。
対する三菱養和はGK30 川島,DFに右から2 久保井,4 杉山,19 佐々木,ボランチに5 石田,12 小菅,右サイドに15 長岡,左サイドに6 高橋ラシード,2トップに10 平山,11 戸張が並びました。

試合の入りは両チーム良く,三菱養和が球際に厳しくくるところをフロンターレの選手たちはうまくいなしていき,ボールを支配します。最初のチャンスは2分,ペナルティエリア付近でボールを持った18 村田から26 宮代へのパス。ゴールに向かってターンしようとしたところを三菱養和19 佐々木に潰されます。4分,ペナルティエリア右でボールを受けた18 村田から11 道本へのスルーパスは惜しくもオフサイド。

対する三菱養和は10分,15 長岡が右サイドでボールを受け,素早くアーリークロスを入れますが,これは川崎34 高吉がクリア。続けて12 小菅が放ったゴール前への長岡めがけたスルーパスは川崎GK16 早坂が素早く反応し対処します。

15分はフロンターレ。18 村田のスルーパスから11 道本が右サイドでボールを受けシュートを放ちますが,これは三菱養和GK30 川島好セーブ。チャンスをものにできません。

同じく15分の三菱養和,右サイドでボールを受けた15 長岡がミドルシュートを放ちますが,これはゴールの枠を外れ大きく右へ。

20分のフロンターレ。10 田中から左サイドを駆け上がった3 川崎へのスルーパスは三菱養和DFの裏を取り,ペナルティエリア左をえぐったところで中央で待つ18 村田へマイナスのパス。しかしこれは三菱養和CB陣の素早いチェックでシュートへは至りません。

28分にもフロンターレ。自陣深い位置でボールを受けた10 田中からまたしても左サイド3 川崎へ。川崎は中央を駆け上がってきた田中へ少ないタッチでボールを戻し,田中へ惹きつけられたDFを尻目に横の8 栗脇へ。栗脇はドリブルで中央へ切れ込みシュート。これは左へ外れますが,持ち味を発揮します。

32分には三菱養和。2 久保井からのアーリークロスに11 戸張,10 平山が飛び込みますが,素早く飛び出した川崎GK16 早坂がこれをパンチング。事なきを得ます。

同じく32分のフロンターレ。左サイドでボールを受けた8 栗脇はオーバーラップしてきた3 川崎へパス。川崎はペナルティエリア左をえぐり18 村田へ。村田はこれをシュートしますが,ふかしてしまいます。

試合が動いたのは36分でした。右サイド,密集地帯でボールを受けたフロンターレ18 村田からのスルーパスに抜けだした26 宮代はGKの位置をよく見て頭上を抜くループシュート。これが決まってフロンターレが先制。押し気味に試合を進めていただけに,選手,サポーターともに安堵感が漂います。

更に37分のフロンターレ。相手陣内でボールを奪った18 村田からまたも26 宮代が強烈なシュート。しかしこれは三菱養和GK30 川島が弾き出し,追加点とはなりません。

45分には三菱養和。ここまでなかなかボールに絡めなかった6 高橋ラシードが左サイドでボールを受けると,そのまま中央へ持ち込みシュート。これはゴール右に逸れ,ここで前半終了となります。

後半,三菱養和が動いてきます。11 戸張に代わって20 中村敬斗を投入し,前線の活性化を図ります。中村はU16日本代表で川崎26 宮代とチームメイトにして同ポジション。プリンスリーグでのライバル対決となります。

5分のフロンターレ。10 田中が受けたボールを左サイドを駆け上がった3 川崎へ。川崎はまたも左サイドをえぐり,中央の田中へ。田中はシュート体勢へ入ろうとしますが,ここはDFにブロックされます。

7分,フロンターレは前線でボールを受けた18 村田から左寄りにポジションを取った10 田中へと繋ぎます。田中はシュート気味のクロスをゴール前へ入れますが,これは三菱養和GK30 川島がキャッチ。

三菱養和のチャンスは10分,前線でボールを収めた20 中村が少ないステップでシュートを放ちますが,これはフロンターレGK16 早坂がセーブ。こぼれ球を拾われ,シュートを浴びますが,これはポストに救われ同点とはならず。

13分にはフロンターレ。7 桝谷からペナルティーエリア右でボールを受けた26 宮代がシュートを放ちますが,三菱養和DFのブロックにあい,得点とはならず。続けて14分,14 小川からのフィードを宮代が受け,左から走りこんだ18 村田へのスルーパスを狙いますが,これも三菱養和DFに阻まれます。

19分にはまたもフロンターレ。18 村田のスルーパスに26 宮代が抜けだしてシュートしますが,これはゴール右に外れます。多くのチャンスを作るも,なかなか追加点を奪えないフロンターレは24分,11 道本に代わって6 小泉を投入。今シーズンの定番となっている,終盤での小泉の投入で状況の打開を図ります。

対する三菱養和は29分,この日最大のチャンス。10 平山とのパス交換でフロンターレDFの裏を取った20 中村がGK16 早坂との1対1になりますが,シュートはゴール左に外れフロンターレはピンチを脱します。

三菱養和は34分,12 小菅に代えて16 山田陸を投入,そのままボランチの位置に入ります。続けてフロンターレは36分,8 栗脇に代えて28 山田新を投入。

ゲームも終盤に差し掛かった38分,ペナルティエリアすぐ外で10 平山が倒されファウルの判定。これで得たFKを20 中村が直接狙うもゴールマウス上へ。

45分,川崎28 山田はセンターライン付近でボールを奪うとそのまま相手陣内へ持ち込みます。しかしゴールを向くことはできずDFに阻まれボールがこぼれます。この流れでボールを拾った10 田中から右へ走りこんだ6 小泉へパス。小泉は直接シュートを放ちますがこれはゴールわずかに上。

アディショナルタイム3分を過ぎようという時間帯,集まった850人のサポーターからアバンテが轟くなか,中央でボールを受けた川崎28 山田から26 宮代へパス。宮代はゴールを向きシュートを放ちますが,これはゴール左へ外れ,ここでタイムアップ。

良いテンポでボールをまわし,全体的にはボールを支配した中,追加点を奪うことはできませんでしたが,等々力での大きな大きな勝点3を手にした川崎フロンターレU18。プレミアリーグ参入戦圏内の3位まで勝点差3と食らいつく重要な勝利となりました。

次節は現在首位を走る浦和レッズとのアウェーゲーム。9/4(日)10:00に浦和駒場スタジアムでのキックオフとなります。3節ではホームで0-2の敗戦を喫しているだけに,リベンジを果たしたいところです。お時間のある方は是非浦和へ足を運びましょう!

写真はかんちさんのものを使わせていただきました。いつもありがとうございます!

まずはGK陣の練習からスタート。ベンチ外の選手も含め全員で士気を高めます。
まずはGK陣の練習からスタート。ベンチ外の選手も含め全員で士気を高めます。
続いてフィールドプレイヤー達もサポーターに挨拶。
続いてフィールドプレイヤー達もサポーターに挨拶。
IMG_2377-s
円陣を組んでいざキックオフ。
IMG_2466-s
川崎選手。幾度も左サイドを突破した。
IMG_3179-s
小川選手。この日は主に守備面でチームに貢献。対面の選手から自由を奪った。
IMG_3140-s
栗脇選手。独特のタッチのドリブルでチャンスを演出。
IMG_3132-s
宮代選手。強靭なフィジカルで前線での存在感は抜群。
IMG_3104-s
高吉選手。持ち前のスピードと危機察知能力でゴールを割らせず。
IMG_3100-s
大勢が絡んでゴールに迫るのが川崎スタイル。
IMG_2888-s
新井選手。高さと判断力で守備陣を牽引。
IMG_2803-s
宮代選手が決めて先制。
IMG_2703-s
田中選手。
IMG_2561-s
早坂選手。チームを救うビッグセーブを見せた。
IMG_3266-s
山田選手。試合終盤,相手DFを翻弄した。
IMG_0065-s
サポーターと勝利を分かち合う。
IMG_0073-s
決勝ゴールの宮代選手。
IMG_0078-s
クリーンシートで勝利に貢献した早坂選手。

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です