フロンターレU18 – 前橋育英 / プリンスリーグ関東第17節


12月4日は前橋育英高崎グラウンドへ。プリンスリーグ関東は残り2試合となり第17節。前節東京ヴェルディユースに2点を先行されながらも追い付いた川崎フロンターレU-18は6勝5分け5敗、2位との勝ち点差は2、7位。混戦の状況で7勝2分け7敗、勝ち点23、得失点差+6で5位の前橋育英とのアウェーゲームに臨みました。

第16節終了時点でのプリンスリーグ関東の順位表。フロンターレは7位
第16節終了時点でのプリンスリーグ関東の順位表。フロンターレは7位

【川崎フロンターレU-18 プリンスリーグ関東第17節vs前橋育英】
12月4日(日)午前11時キックオフ 晴れのち曇り 前橋育英高崎グラウンド

フロンターレの先発はGK16早坂勇希、DFは右から14小川真輝、34高吉正真、22新井秀明、3川崎晶弘、ボランチはキャプテン10田中碧、15池谷祐輔、右MF17大曽根広汰、左MF8栗脇拓人、トップ下18村田聖樹、FW26宮代大聖。怪我のためしばらく公式戦の出場がなかった栗脇が久しぶりにスタメンに復帰。

前橋育英の先発はGK12月田啓、DFは右から2後藤田亘輝、36松田陸、3角田涼太郎、15渡邊泰基、ボランチはキャプテン7大塚諒、6長澤昂輝、右MF22塩澤隼人、9高沢颯、FWは10飯島陸、23人見大地

昨年フロンターレで10番を付け、今季はブラジルのシャペコエンセでプレー、飛行機事故で24歳で亡くなったアルトゥール・マイアへ、1分間の黙祷が捧げられ、フロンターレU-18の選手たちは喪章をつけて始まった試合。

前橋育英は立ち上がりからサイドに起点をつくり低くて速いクロスを塩澤や高沢がエリア内へ入れ、フロンターレのゴールをおびやかしていきますが新井や高吉がしっかりクリア。

フロンターレも栗脇が宮代との連係で左から中へ切れ込む動きでかき回していくと、7分には左サイドで田中、栗脇とボールが渡り、エリア左へ川崎が抜け出て速いボールをゴール前へ送りますが、前橋育英の選手がクリアしてシュートには至らず。直後には川崎の左クロスにエリア前へ抜け出た宮代が倒されてエリア前でフリーキックを得ると宮代は直接狙いますが壁に当たりこぼれ球を拾った田中のシュートもブロックに阻まれてしまいます。

前橋育英も11分、12分と立て続けに左右からクロスをエリア内へ入れますが、高吉がファールを受けながら体を張った好守を見せたり、早坂が前へすばやく出てシュートには至らせず。19分にはロングボールに飯島が抜け出し早坂と1対1となりますが、粘り強く対応し、シュートを阻み、こぼれたボールを人見に拾われてさらにエリア右からシュートを打たれますが上へ。

さらに左サイドから高沢が仕掛けてゴールへ迫るも高吉がブロック。また右からのクロスに飯島が抜け出しますが、川崎がエリア内で好カバー。

攻勢を受け続けたフロンターレも田中や池谷、時には村田も最終ラインまで下りて次第にボールを回せるように。左に宮代が開いて、中へ高い位置まで上がった川崎が入り込んで裏へ動き出すなどして、前橋育英を揺さぶっていきます。

23分には小川が右からクロス性のシュートを打つも枠はとらえられず。前橋育英も人見のポストプレーを起点にゴールへ迫るも高吉が好守を見せ、26分にはエリア左からまたも高沢が進入、シュートを打つも早坂がこれを防ぐ好セーブ。

27分にはフロンターレ、村田からパスを受けた宮代がドリブルで仕掛けてエリア前からシュートを打つもわずかに右。

30分も過ぎると前橋育英がラインを高くしてコンパクトに。高沢や飯島らを起点に長澤も攻撃参加をして分厚い攻めに出てきますが、フロンターレは小川が好カバーを見せ、クロスに対してはしっかり早坂や高吉、新井が対応。我慢の時間帯をしのいで前半は0-0でタイムアップとなります。

後半のフロンターレは栗脇に代わり28山田新が入りFWに。村田は左MF。

立ち上がりには前橋育英が前へ。右からの折り返しに人見が合わせますが上へ。フロンターレも宮代を起点にカウンターに。中央の宮代から左へ駆け上がった田中へボールを預け、田中からボールは右サイド、フリーの大曽根へ。大曽根が仕掛けて右からボールを入れるとエリア内山田がキープしたところからシュートまで持ち込みますがブロックに阻まれてしまいます。さらに畳み掛けるフロンターレは4分には左から川崎、宮代とつないで、左からボールを入れるとエリア右から大曽根がシュートを打つもここも前橋育英の体を張った好守。

互いに球際に激しくいきファールが増えていき、6分にはエリア右で大曽根が倒されて前橋育英の松田陸に警告。一方の前橋育英も10分にエリア前でファールを受けると高沢が直接狙いますが、ボールは上に。直後には再び前橋育英、松田陸がファール、2回目の警告で退場となり10人に。

攻勢を仕掛けるフロンターレは13分エリア左から宮代が進入、決定機となりそうなところで倒れ、ファールをアピールしますが、PKとはならず宮代にはイエローカードが提示されます。ここで前橋育英は塩澤に代えて4小山翔を入れ、最終ラインは右から後藤田、小山、角田、渡邊、中盤は右から飯島、大塚、長澤、高沢、FWは人見に。

数的優位を生かしたいフロンターレでしたが、前橋育英の守りも堅く、なかなか決定的な場面をつくれないように。逆に前橋育英が高沢の仕掛けなどを起点にフロンターレのゴール前へ迫る時間をつくっていきます。17分には右サイドから人見が上げたクロスに大塚がフリーで頭で合わせるも左へ。20分にはエリア右から仕掛けた高沢がシュートを打つもボールは早坂がしっかりキャッチ。

23分にはフロンターレも大曽根が右からボールを入れて宮代がエリア内へ入りますが、前橋育英の守備の前にシュートを打つことはできず。ここでフロンターレは山田に代えて6小泉靖弥が入り右MFに。大曽根がトップ下へ。前橋育英は人見に代わり11馬場拓哉がFWに入ります。

直後には池谷の浮き球のパスにエリア左川崎が抜け出しますがGK月田がいったんはこぼしそうになりながらもキャッチ。このときにこぼれ球に詰めようとした宮代が負傷、いったんはピッチへ戻ってプレーを続けます。フロンターレは小泉の右からの仕掛けを起点にゴールへ迫りますが、クロスを拾った宮代や田中のシュートは前橋育英のブロックに阻まれてゴールに結びつけることはできす。33分には、宮代が自らピッチ外へ出て23デューク・カルロスと交代。デュークが左MFに入り、村田がトップ下、大曽根がFWに。左サイドで川崎とデュークがうまく絡んで起点をつくっていきます。

35分には左サイドのスペースを突いてデュークがエリア左へ。シュートを打つも上に。さらに田中がエリア左へパスを出すと川崎がシュートを打つも前橋育英も月田が足で止める好セーブ。対戦相手ながらすばらしいプレーに阻まれてしまいます。

前橋育英は警告を1回受けていた後藤田に代わり13八代廉也が入りボランチ。長澤が右SBに。

40分にはデュークが左サイドから送ったボール、大曽根が抜け出してエリア正面からシュートを打ちますがボールは右へ。ここでフロンターレは大曽根に代えて4伊従啓太郎をFWに。長身の伊従を生かしてゴールをさらに目指していきます。

しかし、前橋育英も最後のホームでの試合。馬場を起点にするなどして前へ。44分にはエリア右抜け出した渡邊がシュートを打ちますが早坂がこれを防ぐ好守でコーナーキックに。ロスタイムがここで提示され4分。右から八代が入れたボールのこぼれ球、エリア外から枠内へシュートを打たれますが村田がラインの上で防ぐ好カバー。ピンチをしのぐと、フロンターレは左サイドからデューク、右からは小川との連係で小泉が迫って攻勢に。46分にはデュークが左サイドを突いてボールを入れると田中がシュートを打つも前橋育英も必死のブロック。さらに小泉が右から仕掛けていくも決めることはできず。

ロスタイムもとうに回りこのまま、終了となってしまうのか。そう思われた時間帯に、ボールはエリア右へ。フリーとなったのは村田。シュートを打つとボールはついにゴール左すみへ。1-0。先制点はフロンターレへ。指を立て、叫び声を上げて、一斉にベンチへ走り出すフロンターレの選手たち。控えの選手と出場を終えた選手たちに折り重なって歓喜の輪ができあがります。

前橋育英がセンターサークルでリスタートしようとしたところで足をつった池谷がピッチの外へ出て、7桝谷岳良が準備をしますが、試合はまもなくタイムアップ。数的不利にもあきらめない前橋育英に攻守に苦しめられましたが、ほぼ最後のチャンスを生かしたフロンターレ、見事に勝利を飾りました。

前半0-0 後半1-0 計1-0
得点:村田聖樹(川崎)

フロンターレの先発:16早坂勇希、14小川真輝、34高吉正真、22新井秀明、3川崎晶弘、10田中碧=cap、15池谷祐輔、17大曽根広汰、8栗脇拓人、18村田聖樹、26宮代大聖
交代:栗脇→28山田新 山田→6小泉靖弥 宮代→23デューク・カルロス 大曽根→4伊従啓太郎
控え:21浅川将輝 2横山尚貴 30島崎元 7桝谷岳良 31上野綜太

前橋育英の先発:12月田啓、2後藤田亘輝、36松田陸、3角田涼太郎、15渡邊泰基、7大塚諒=cap、6長澤昂輝、22塩澤隼人、9高沢颯、10飯島陸、23人見大地
交代:塩澤→4小山翔 人見→11馬場拓哉 後藤田→13八代廉也

この結果、フロンターレは7勝5分け5敗、得点22、失点21、得失点差+1、勝ち点26。首位浦和レッズユース(勝ち点38、+18)、2位桐光学園(28、+4)、3位東京ヴェルディ(27、+8)に続き4位となり、プレミアリーグ参入戦への出場権を得られる3位、もしくは2位の可能性も残して最終節へ臨むことになりました。

最終節は12月11日午後1時、等々力陸上競技場、対戦相手は帝京第三となります。

(文中敬称略)
写真はかんちさんから多くのものをいただきました。ありがとうございます。

プリンスリーグは残り2試合
プリンスリーグは残り2試合
横山尚貴選手
横山尚貴選手
アップをする選手たち
アップをする選手たち
上野綜太選手
上野綜太選手
伊従啓太郎選手
伊従啓太郎選手
奥山璃空選手
奥山璃空選手
デューク・カルロス選手
デューク・カルロス選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
養日幹大選手
養日幹大選手
新居俊介選手
新居俊介選手
浅川将輝選手
浅川将輝選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
浅川将輝選手
浅川将輝選手
アルトゥール・マイア選手を追悼する幕も掲げられた
アルトゥール・マイア選手を追悼する幕も掲げられた
試合を前に家族やサポーターのもとへ
試合を前に家族やサポーターのもとへ
試合に臨む選手たち
試合に臨む選手たち
アルトゥール・マイア選手を悼み黙祷が捧げられた
アルトゥール・マイア選手を悼み黙祷が捧げられた
円陣を組む
円陣を組む
タッチをかわす
タッチをかわす
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
田中碧選手
田中碧選手
田中碧選手
田中碧選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
小川真輝選手
小川真輝選手
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
田中碧選手
田中碧選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
新井秀明選手
新井秀明選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
新井秀明選手
新井秀明選手
田中碧選手
田中碧選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手

img_6274

早坂勇希選手
早坂勇希選手
宮代大聖選手がフリーキックで狙う
宮代大聖選手がフリーキックで狙う
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
新井秀明選手
新井秀明選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
田中碧選手
田中碧選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
田中碧選手
田中碧選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手

img_6401

宮代大聖選手
宮代大聖選手
新井秀明選手
新井秀明選手
小川真輝選手
小川真輝選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
前半は0-0
前半は0-0
桝谷岳良選手
桝谷岳良選手
浅川将輝選手
浅川将輝選手
山田新選手
山田新選手
島崎元選手
島崎元選手
上野綜太選手
上野綜太選手
伊従啓太郎選手
伊従啓太郎選手
横田大祐選手
横田大祐選手

img_6176

全員で円陣を組む
全員で円陣を組む
後半から山田新選手が出場
後半から山田新選手が出場
山田新選手
山田新選手
タッチをかわして後半へ
タッチをかわして後半へ
山田新選手
山田新選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
高吉正真選手
高吉正真選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
ゴールへ迫る
ゴールへ迫る
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手

img_6487

大曽根広汰選手
大曽根広汰選手
山田新選手
山田新選手
コーナーキックに備える
コーナーキックに備える
早坂勇希選手
早坂勇希選手

img_6506

img_6512

小川真輝選手
小川真輝選手
フリーキックに備える
フリーキックに備える
宮代大聖選手
宮代大聖選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
新井秀明選手
新井秀明選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手

img_6514

小川真輝選手
小川真輝選手
高吉正真選手
高吉正真選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
宮代大聖選手、池谷祐輔選手
宮代大聖選手、池谷祐輔選手
小川真輝選手
小川真輝選手
攻勢に出る
攻勢に出る
小泉靖弥選手
小泉靖弥選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
新井秀明選手
新井秀明選手
高吉正真選手
高吉正真選手
小泉靖弥選手
小泉靖弥選手
小川真輝選手
小川真輝選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手

img_6555

池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手

img_6563

img_6556

高吉正真選手
高吉正真選手
新井秀明選手
新井秀明選手

img_6800

村田聖樹選手がついに決める
村田聖樹選手がついに決める
走り出す選手たち
走り出す選手たち

img_6574

img_6583

img_6585

img_6586

img_6588

img_6589

img_6590

img_6595

全員で喜んだ
全員で喜んだ
1-0でタイムアップ
1-0でタイムアップ
大きな勝ち点3に
大きな勝ち点3に

img_6604

村田聖樹選手
村田聖樹選手

img_6621

家族やサポーターのもとへ
家族やサポーターのもとへ
デューク・カルロス選手、村田聖樹選手
デューク・カルロス選手、村田聖樹選手
横山尚貴選手、浅川将輝選手、小川達也選手
横山尚貴選手、浅川将輝選手、小川達也選手

img_6641

img_6643

img_6640

img_6645

img_8289

村田聖樹選手
村田聖樹選手
最終節は等々力陸上競技場
最終節は等々力陸上競技場

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です