フロンターレU18 – レイソルU18 / クラブユース選手権ラウンド16


7月29日は前橋市宮城総合運動場陸上競技場へ。前日のセレッソ大阪U-18戦に勝利して、日本クラブユース選手権のノックアウトステージへ駒を進めた川崎フロンターレU-18。ラウンド16は柏レイソルU-18との対戦となりました。

【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース選手権ラウンド16vs柏レイソルU-18】
7月29日(金)午前9時キックオフ 宮城総合運動場陸上競技場 晴れ 45分ハーフ

フロンターレの先発はGK16早坂勇希、DFは右から14小川真輝、34高吉正真、22新井秀明、3川崎晶弘、ボランチはキャプテン10田中碧、15池谷祐輔、右MF17大曽根広汰、左MF8栗脇拓人、トップ下18村田聖樹、FW26宮代大聖

レイソルはGK16猿田遥己、DFは右から2坂本涼斗、3城和隼颯、キャプテン4古賀太陽、13宮本駿晃、中盤は28加藤匠人、6鬼島和希、23田中陸、右に14中村陸、左に15大谷京平、FWは9中村駿太

早坂や村田らがU-15の三年生だった2014年、この宮城総合運動場で行われた日本クラブユース選手権関東予選、日本クラブユース選手権の出場権をかけた試合でフロンターレはレイソルと対戦。フロンターレは中村駿太らにゴールを決められ、0-2で敗戦、その後の敗者復活戦でも勝つことはできず、全国大会行きを逃しています。

梅雨が明け、この時期の前橋市らしい蒸し暑い気候の中、試合は始まりました。先手をとったのはフロンターレ。6分、エリア外左、川崎が宮代へいれたボールを村田が拾うと、うまく相手選手をかわした村田が放ったシュートがゴールネットを揺らします。1-0。

先制したとはいえ、まだまだ試合は始まったばかり。喜びすぎることなく、フロンターレの選手たちは「声を切らすことなくやるぞ」。そう口にしてレイソルと対峙。その後はレイソルが後ろから組み立てながら中央を崩したり、両サイドからの飛び出しなどでフロンターレのゴールをおびやかしてきく展開に。

22分には左サイドから宮本が抜け出してエリア内左へ進入しようと仕掛けていきますが、ここは大曽根が粘り強いディフェンスを見せてそうはさせず。26分には右サイドからのボールがエリア内へ入るとこれに抜け出した中村がダイレクトでシュートを打ちますがこれはサイドネットに。さらに直後には中央から攻められてセカンドボールを拾った大谷が枠内へシュート。しかし、これは早坂の正面。37分には左サイドを崩して、最後は田中陸がシュートを打ちますが、ここはワンタッチあり、わずかにそれて決まらず。

フロンターレは攻められながらもエリア前では高吉や新井らが集中したいい守り。さらに池谷や田中碧、大曽根らも距離感よく、時には宮代らも自陣へ戻って連係してレイソルの攻勢をしのいでいきます。

前半は1-0。フロンターレがリードしてタイムアップとなります。

ハーフタイムを終えて、「絶対に勝とう! 絶対に勝とう!」「楽しんでいこう!」。そう声を掛け合って後半に臨んだフロンターレの選手たち。いい距離感でパスを回して、さらにレイソルが押しこみ、フロンターレは守りながらもさらに追加点の糸口をさぐる展開。

2分には大谷からボールを受けた中村駿太がエリア内抜け出しますが、ここは早坂が前へ出てシュートは打たせず。5分にはエリア外右からのフリーキック、中村陸が左足で入れるとこぼれ球を加藤が拾いますが栗脇が寄せてシュートは打たせず。

フロンターレも栗脇、川崎の連係から左サイドを攻め上がりますが、レイソルの守備もよくエリア内へは進入することはできず。

11分にはレイソル、中村陸に代わり24朝倉涼介が左へ。直後にはパス交換から最後は中村駿太がシュートを打つもここは高吉がブロック。レイソルは交代で入った朝倉が攻守に効いていて、フロンターレの選手にすばやく寄せて攻撃へつなげる場面が目立っていきます。

フロンターレも宮代を起点に村田へボールがわたり、左サイド、栗脇へ展開、栗脇が中へボールを入れますがこれには誰もさわることはできず。17分には左サイドを攻め上がった川崎のクロス、エリア内、村田が頭で合わせますが上へ。レイソルも18分には中央を崩してエリア内、中村駿太が抜け出しますがここは新井がファールを受けながらもシュートは打たせず。

好守でしのいできたフロンターレでしたが、20分、レイソルの人数をかけた攻勢の中でエリア内ボールが手に当たり、ハンドに。PKのキッカーは大谷。右へ蹴ったボールに早坂は反応、さわったもののネットを揺らされて1-1。追い付かれてしまいます。

「いこう! いこう!」「ここから、ここから!」。同点に勢いづくレイソルの選手も、追い付かれたフロンターレの選手もそう声を掛け合ってさらに試合に臨んでいきます。

さらに距離感よく押し込んでいくのはレイソル。29分坂本がエリア外右でひとり交わして中へボールを入れるとエリア内左ダイレクトで大谷が合わせてこれがネットを揺らし1-2。フロンターレは逆転されてしまいます。

それでもガクッとすることなく、フロンターレは前へ出ていき、まずは追い付こうとエリア前に。30分には田中がエリア外正面からミドルシュート。これは上へ。

ここでフロンターレは栗脇に代わって28山田新が入り、FW。村田が左MFに。直後にはレイソルがカウンター。右サイドから抜け出した坂本が早坂と1対1に。しかし、シュートは早坂が弾き、さらにエリア内左、中村駿太が拾ってシュートを打ちますがこれにも早坂が反応。レイソルにとっては試合を決める絶好の機会でしたが、大きなプレーでそうはさせず。

34分にはフロンターレ、大曽根に代わり、11道本大飛が右MF、池谷に代わり7桝谷岳良がボランチに。38分にはレイソル、攻撃てたびたびフロンターレをおびやかしていた坂本に代わって12森大輝が右SBに。フロンターレはさらに山田に代わって4伊従啓太郎が入り、長身の伊従を前へ入れてその高さを使うことを狙っていきます。

レイソルは中村に代わり27落合陸。さらにカウンターから大谷が早坂と1対1となりますが、シュートは右へ。

なかなかパワープレーからいい攻めができなかったフロンターレは、新井も前へ上げ、桝谷を最終ラインへ下げてさらに前の高さを増やしていきます。

試合はロスタイムに。ボールを跳ね返そうと構えるレイソルのエリア内へ村田がボールを入れるとこれに伊従が競り勝って、エリア内右、拾ったのは小川。右足を振り抜くと、ネットを揺らします。2-2。ほぼ最後のプレーでフロンターレが同点に。ピッチ際で試合を見守っていた控えの選手たちへ走っていくフロンターレの選手たち。試合は前後半合わせて20分の延長戦へ。

選手やスタッフが大きな円陣を組んで延長戦へ入ったフロンターレ。新井が最終ラインへ、桝谷がボランチに戻ります。セカンドボールを拾えるようになり、伊従の高さを生かしつつも、落ち着いてボールを回しながら勝ち越し点を狙っていきます。

1分には道本が左サイドからシュートを打つもこれは枠をとらえられず。レイソルの攻撃をしのいで桝谷を起点にフロンターレがカウンターに。道本が持ち上がって最後は宮代がシュートを打つもここはレイソルの選手がブロック。

レイソルも人数をかけてエリア前へ迫ると落合が枠内へミドルシュートを打ちますがこれは早坂が弾きながらも防ぎ、大谷がこぼれ球に詰めますが、早坂が先に触ってシュートは打たせず。延長前半はともにゴールはなくタイムアップに。

エンドを入れ換えてすぐに始まった延長後半。レイソルはサイドをうまく使ってゴールを狙っていきますが、フロンターレも高吉らがいい守り、川崎も出足のよい守備でしっかり攻撃へつなげていきます。

そして3分、田中がボールを奪い持ち上がって前線の伊従がこれをおさめると、最後は右から宮代が右足を振り抜くと、これがらゴールネットを揺らします。3-2。ピッチ際へ走り出す宮代、そしてフロンターレの選手たち。ついにリードしたのはフロンターレ。

フロンターレは伊従を最終ラインへ入れて逃げきりを図り、レイソルは田中陸に代えて10昼間拓海。さらにフロンターレは宮代が負傷して31上野綜太が前線へ。レイソルの最終ラインでのボール回しに対して果敢に上野と道本がプレスをかけていきます。

2分のロスタイム。サポーターのアバンテの歌が流れるなか、ついに試合は終わりました。3-2。勝者はフロンターレ。準々決勝へ。

ねばり強く最後まであきらめることなく、戦い抜いたフロンターレの選手たち。勝利を喜んだあとで口にしたのは「あと三つある」「あと三つ勝とう」。力強い言葉でした。

次戦、日本クラブユース選手権の準々決勝は31日午前9時、前橋総合運動公園にてキックオフ。対戦相手はサンフレッチェ広島ユース。2013年、フロンターレU-18が過去最高のベスト4に進出したJユースカップ準決勝(3-4)以来の対戦となります。

前半1-0 後半1-2 延長前半0-0 延長後半1-0 計3-2

得点:村田聖樹、小川真輝、宮代大聖(川崎) 大谷京平2=PK1(柏)

フロンターレの先発:16早坂勇希、14小川真輝、34高吉正真、22新井秀明、3川崎晶弘、10田中碧=cap、15池谷祐輔、17大曽根広汰、8栗脇拓人、18村田聖樹、FW26宮代大聖

交代:栗脇→28山田新 大曽根→11道本大飛 池谷→7桝谷岳良 山田→4伊従啓太郎 宮代→31上野綜太
控え:21浅川将輝 2横山尚貴

レイソルの先発:16猿田遥己、2坂本涼斗、3城和隼颯、4古賀太陽=cap、13宮本駿晃、28加藤匠人、6鬼島和希、23田中陸、14中村陸、15大谷京平、9中村駿太

交代:中村陸→24朝倉涼介 坂本→12森大輝 中村駿太→27落合陸 落合→10昼間拓海
控え:16小久保玲央ブライアン 5東山航大 11太田泰河

(文中敬称略)

試合に臨む選手たち
試合に臨む選手たち
円陣を組んで声を掛け合う
円陣を組んで声を掛け合う
いざ試合へ
いざ試合へ
田中碧選手
田中碧選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
村田聖樹選手のゴールでフロンターレが先制
村田聖樹選手のゴールでフロンターレが先制
喜ぶ選手たち
喜ぶ選手たち
レイソルの攻勢に耐える時間が続いた
レイソルの攻勢に耐える時間が続いた
早坂勇希選手
早坂勇希選手
セットプレーに備える
セットプレーに備える
川崎晶弘選手、U-12のころから対戦してきた中村駿太選手と早坂勇希選手
川崎晶弘選手、U-12のころから対戦してきた中村駿太選手と早坂勇希選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
フロンターレとレイソルの攻防が続く
フロンターレとレイソルの攻防が続く
早坂勇希選手
早坂勇希選手
小川真輝選手
小川真輝選手
池谷祐輔選手、大曽根広汰選手
池谷祐輔選手、大曽根広汰選手
新井秀明選手、高吉正真選手
新井秀明選手、高吉正真選手
新井秀明選手
新井秀明選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
高吉正真選手
高吉正真選手
池谷祐輔選手、田中碧選手
池谷祐輔選手、田中碧選手
田中碧選手
田中碧選手
高吉正真選手
高吉正真選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
競り合う選手たち
競り合う選手たち
田中碧選手
田中碧選手
高吉正真選手
高吉正真選手
大曽根広汰選手、小川真輝選手
大曽根広汰選手、小川真輝選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
小川真輝選手
小川真輝選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
田中碧選手
田中碧選手
田中碧選手
田中碧選手
粘り強い守備を見せる
粘り強い守備を見せる
両チーム力が入った攻防を繰り広げた
両チーム力が入った攻防を繰り広げた
横山尚貴選手
横山尚貴選手
浅川将輝選手
浅川将輝選手
円陣を組んで後半へ
円陣を組んで後半へ
田中碧選手
田中碧選手
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
田中碧選手
田中碧選手
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
田中碧選手
田中碧選手
小川真輝選手
小川真輝選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手

川崎晶弘選手
川崎晶弘選手

川崎晶弘選手
川崎晶弘選手

栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
競り合う選手たち
競り合う選手たち
暑さのため給水タイムが設けられた
暑さのため給水タイムが設けられた
田中碧選手
田中碧選手
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
小川真輝選手
小川真輝選手
攻めぎあう選手たち
攻めぎあう選手たち
山田新選手
山田新選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
桝谷岳良選手
桝谷岳良選手
リードされてもあきらめない
リードされてもあきらめない
新井秀明選手
新井秀明選手
フロンターレがパワープレーに
フロンターレがパワープレーに
伊従啓太郎選手
伊従啓太郎選手
伊従啓太郎選手
伊従啓太郎選手
新井秀明選手
新井秀明選手
田中碧選手
田中碧選手
桝谷岳良選手
桝谷岳良選手
延長戦へ
延長戦へ
レイソルの攻撃にも対応
レイソルの攻撃にも対応
両チームの攻防が続く
両チームの攻防が続く
伊従啓太郎選手
伊従啓太郎選手
道本大飛選手
道本大飛選手
ベンチも一体となった戦いに
ベンチも一体となった戦いに
上野綜太選手、道本大飛選手
上野綜太選手、道本大飛選手
逆転での勝利。ねばり強く戦った
逆転での勝利。ねばり強く戦った
準々決勝へ
準々決勝へ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です