12月29日の等々力陸上競技場 / フロンターレアカデミー出身の選手たち


全国高校サッカー選手権1回戦が行われた、12月29日。

等々力陸上競技場では2人のフロンターレアカデミーの選手が、それぞれの試合に臨みました。


第1試合の日大藤沢 vs 西原で、控えに入ったのは、日大藤沢のMF21城田優(3年)=フロンターレU-15出身。

試合に出場することこそなかったものの、戦況を見つめ、出番に備えながら、チームを支える役割に。

試合は、2-0で日大藤沢が勝利。チームメートとその喜びを分かち合いました。



第2試合、松本国際 vs 米子北(0-2)に先発したのは、松本国際のDF2北村健(3年)=フロンターレU-12→FC川崎CHAMPジュニアユース。

左ウイングバックとしてプレーし、米子北の攻勢が続くなか、粘り強い守りを披露。ボールを持つと、積極的に仕掛け、後半には高い位置へ抜け出し、きわどい折り返しを送る場面もつくるなど、73分に下がるまで、攻守に懸命にプレーを続けました。


城田も北村も、フロンターレU-12では、高井幸大や松長根悠仁、戸田将といった現在のフロンターレU-18の三年生とともに、プレー。

五年生、六年生と2年続けて、川崎市の秋のU-12年代の大会である松村杯の決勝で、等々力のピッチに立ちました。

 

U-15でもフロンターレでサッカーを続け、日大藤沢へ進んだ城田、FC川崎CHAMPジュニアユースを経て、川崎を離れ、松本国際でレギュラーとなった北村。

違う道を歩んだ2人が、同じ日に、かつてプレーした等々力で、大切な試合に臨む。

何か、巡り合わせも感じさせられるような場面を見られたことは、とてもうれしいものがありました。

2人のこれからが、また、素晴らしいものになりますように。そう願っています。

 

【全国高校サッカー選手権1回戦 日大藤沢 vs 西原】

12月29日(木) 午後0時5分キックオフ 等々力陸上競技場 晴れ 4599人

前半1-0 後半1-0 計2-0

フロンターレU-15出身の城田優選手

 

 

【全国高校サッカー選手権1回戦 松本国際 vs 米子北 】

12月29日(木) 午後2時10分キックオフ 等々力陸上競技場 晴れ 5795人

前半0-1 後半1-1 計1-2

得点:岸琢人(松本国際) 上原颯人、中井唯斗(米子北)

フロンターレU-12出身の北村健選手

U-12時代と同じように左サイドでプレー

73分で退いた

 

フロンターレU-12では背番号10を背負い、等々力でもプレーした城田優選手
フロンターレU-12では背番号6をつけ、左サイドでプレーした北村健選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です