1ショット日記「肉迫」


IMG_3171

9月18日(日)、等々力第一サッカー場にGRANDE FCを迎え、関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部第19節を戦った川崎フロンターレU-15の選手たち。

U-18のプリンスリーグ、桐光学園戦と日程が重なったため、途中からの観戦となってしまいましたが、等々力第一に到着した時点で後半3-0とリードしたU-15は、キャプテン10宮城天選手がコーナーキックに頭で合わせてこの日2点目を決めると、さらに左サイドからドリブルで仕掛けてゴール右へ流し込みハットトリックを達成。守ってはGK1安福祐一選手が相手の枠内シュートを再三弾き出す好守を見せ、無失点。攻守それぞれの充実ぶりが見てとれる素晴らしい勝利を飾りました。

フロンターレU-15はこれで9勝5分け5敗、得点43、失点28、得失点差+15、勝ち点は32、3位まで浮上。勝ち点33で首位の栃木SCジュニアユース、2位前橋FCと、昇格圏にある2チームに、勝ち点差はわずかに1と肉迫しています。

リーグ戦は残り3試合。最後に笑顔で終わることができますように。10月16日、新日鉄住金総合グランドで行われる、鹿島アントラーズノルテとの最終戦を楽しみにしています。

【川崎フロンターレU-15 関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部第19節vsGRANDE FC】
9月18日(日)午後4時キックオフ 曇り時々雨 等々力第一サッカー場 40分ハーフ
前半2-0 後半3-0 計5-0
得点:宮城天3、山内日向汰、森璃太

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

One thought on “1ショット日記「肉迫」

  1. 得点者など修正をさせていただきました。読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です