フロンターレU18 – 丸岡 / JYPSL 2017


1月28日は時之栖スポーツセンター裾野グラウンドへ。ジャパンユースプーマスーパーリーグは3試合目。川崎フロンターレU-18は福井県の強豪チーム、かつてフロンターレでもプレーした棗佑喜らを輩出した丸岡高校との試合にこの日は臨みました。

【川崎フロンターレU-18 ジャパンユースプーマスーパーリーグ vs 丸岡】
1月28日(土)午後1時キックオフ 時之栖スポーツセンター裾野Hグラウンド 晴れ 40分ハーフ

フロンターレの先発はGK16早坂勇希、DFは右から30島崎元、4伊従啓太郎、34高吉正真、23デューク・カルロス、中盤の底に15池谷祐輔が入りその前に18村田聖樹、7桝谷岳良、右サイドに29横田大祐、左サイドに31上野綜太、FWは28山田新

丸岡の先発はGK67足立考哉、DFは右から86重家歩、72西野太貴、24岡倉一志、99松下大真、ボランチは40多田圭吾、右MF67三反崎凱聖、左MF70巣守龍、トップ下84和田伊利都、FW16山本聡太朗、39宮永任

風もほとんどなく、穏やかな気候の中、始まった試合。フロンターレは立ち上がりから、後ろから早坂や伊従、高吉がかかわって組み立てていきます。高吉が伊従に「もっと高い位置に」と声をかけるなどしてラインを高く保ち、コンパクトに。5分にはエリア右へ抜け出したのは山田。やや前にポジションをとっていた丸岡のGK足立との1対1を制して、シュートを放つとゴール左へ決まり、1-0。先制点はフロンターレへ。

直後には丸岡も左サイドから攻勢に。エリア左から進入した山本がシュートを放つも早坂が弾き出し、さらにはこぼれ球を拾った宮永もシュートを打ちますが、再び早坂がこれを防いで同点とはさせず。

丸岡の攻勢をしのいだフロンターレは、池谷や村田、桝谷らが距離感よくボールを回していきます。15分には右コーナーキック、池谷が入れたボールを伊従が競り、こぼれ球をエリア左でデュークが拾いますが、シュートはブロック。

19分には早坂が左サイドへボールを送ると、受けた上野が丸岡の選手をかわし、エリア左へパス。これをうまく受けた山田が迫りますが、丸岡の選手のファールに阻まれてシュートには持ち込めず。しかし、これで得たフリーキック。池谷が直接狙うとゴールネットを揺らして、2-0。突き放します。

丸岡も直後には山本が右サイドから仕掛けて、エリア内へ速く低い弾道のボールを入れてきますが、これには誰も触ることはできず。さらに左SB松下が左サイドの高い位置へ上がりエリア内へ迫りますが、伊従が読みよくボールをカット。

フロンターレはさらに攻勢に。23分にはエリア右へ抜け出した村田がシュートに持ち込むも、丸岡の選手はブロック。さらに上野との連係からデュークがエリア左へ抜け出しますが、ここも丸岡の選手はクリア。これで得た左コーナーキック、池谷のボールに伊従が合わせますが、ボールはポストに。

さらに上野が左へ開いてパスを出すと、左サイドからエリア前へ斜めに動き出したデュークがぬけだし、シュートを放つもブロック。しかし、好連係でゴールへ迫っていきます。33分には丸岡は山本に代わり、19宮川雅俊。

フロンターレは、ラインを高く保ち、前から連動してプレッシャーをかけていきます。35分には自陣でボールを失い、三反崎がエリア外右からシュートを打ちますが、またも早坂がこれを弾き出す好守。前半は2-0でタイムアップとなります。

後半のフロンターレは早坂に代わって、19韓東焌がGKに。横田に代わって32古屋雄帆が右サイドに入ってのスタートとなります。

立ち上がりから後ろからボールを回していくフロンターレ。5分には自陣で丸岡にボールが渡るとエリア右67が抜け出しますが、韓が前へ出てシュートは打たせず。さらにエリア前でのパス交換を丸岡は狙って、ゴールに迫りますが、伊従が素早くカバー。8分にはエリア前でフリーキックを与えると、こぼれ球を拾った19が右からシュートを打つも韓の正面。

フロンターレは最終ラインの伊従が高い位置へ上がって左サイドへフィードを送るなど、短いパスだけではなく長いボールも使って攻勢に。デュークが上野との連係から左サイドの高い位置へ、島崎も古屋とうまく連係して右サイドに起点をつくっていきます。11分には島崎が右サイド高い位置からボールをエリア前へ送ると、山田を経由してエリア左抜け出したのは上野。シュートを放つと、ゴールネットが揺れます。3-0。

ボールを後ろへ戻し、それを受けるために選手が降りていくと「下がりすぎるなよ」と長橋康弘コーチが声をかけ、選手も声を掛け合ってフロンターレは最終ラインを高くし、コンパクトに。ボールを失っても各選手がいい位置にいて、丸岡の選手からボールを取り返し、村田がよく前を向いてスルーパスを出すなどしてさらに追加点を狙っていきます。

丸岡も松下の左クロスや巣守の左からの仕掛けなどからフロンターレのゴールへ迫りますが、韓がクロスを落ち着いてキャッチしたり、前へ素早く出るなどしてシュートにはつながせず。時には上野も自陣の低い位置まで戻るなどして、起点をつくらせず。

30分には島崎に代わって14小川真輝が右SBに。直後のコーナーキック、池谷が左からボールを入れると、高吉がこれに飛び込んで合わせたボールがゴールネットを揺らします。4-0。

さらにフロンターレは直後にも桝谷のパスにエリア右、抜け出した古屋がシュートを打つとまたもゴールネットを揺らして5-0。

直後にもフロンターレは右から古屋がエリア前へ送ったボール、桝谷が受けてエリア右へパスを出すと村田が抜け出すも、シュートはブロック。直後のコーナーキック、池谷が右からボールを入れると、上野がこぼれ球をエリア左で拾い、シュートを打つもこれは上に。試合は5-0でタイムアップ。最後まで「無失点でいくぞ」「まだ点を取るぞ」と声を掛け合って、プレーを重ねていったフロンターレは、今年の対外試合で初めての勝利をあげることになりました。

前半2-0 後半3-0 計5-0
得点:山田新、池谷祐輔、上野綜太、高吉正真、古屋雄帆(川崎)

フロンターレの先発:16早坂勇希、30島崎元、4伊従啓太郎、34高吉正真、23デューク・カルロス、15池谷祐輔、18村田聖樹、7桝谷岳良、29横田大祐、31上野綜太、28山田新

丸岡の先発:67足立考哉、86重家歩、72西野太貴、24岡倉一志、99松下大真、40多田圭吾、67三反崎凱聖、70巣守龍、84和田伊利都、16山本聡太朗、39宮永任
交代:山本→19宮川雅俊

選手が前を向くのが速く、さまざまな場面で好連係がみられたのが印象的だったこの日のフロンターレ。29日にはジュビロ磐田ユースとの試合に臨みます。

(文中敬称略)

試合に臨む選手たち
早坂勇希選手
伊従啓太郎選手
島崎元選手
山田新選手が決めて先制する
デューク・カルロス選手
池谷祐輔選手
桝谷岳良選手
高吉正真選手
早坂勇希選手

デューク・カルロス選手
池谷祐輔選手がフリーキックを決めて2-0
高吉正真選手
池谷祐輔選手
デューク・カルロス選手

村田聖樹選手
上野綜太選手
村田聖樹選手

前半は2-0
後半から韓東焌選手と古屋雄帆選手がピッチへ

韓東焌選手
上野綜太選手
島崎元選手
山田新選手
上野綜太選手
3-0。突き放す
古屋雄帆選手
桝谷岳良選手
島崎元選手
村田聖樹選手
桝谷岳良選手
村田聖樹選手
高吉正真選手が決めて4-0
伊従啓太郎選手
選手みんなで喜びを分かち合った
古屋雄帆選手も決めて5-0

古屋雄帆選手
村田聖樹選手
上野綜太選手

小川真輝選手
5-0でタイムアップ
初勝利となった

以下の写真は練習試合から

小川達也選手
奥山璃空選手
練習試合では小川真輝選手がゴールを決めた
養日幹大選手
森陽平選手
横田大祐選手
古岡佑斗選手
大曽根広汰選手
春へ向けて積み重ねる

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です