フロンターレU15 – 東京武蔵野シティFC / 関東ユース第2節


3月12日はJR三鷹駅から徒歩10分ほどの横河電機グラウンドへ。関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部は第2節を迎え、前節1-1で引き分けた川崎フロンターレU-15は今季関東ユース2部へ昇格した東京武蔵野シティFC U-15との試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-15 関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部第2節 vs 東京武蔵野シティFC U-15】
3月12日(日)午後1時キックオフ 横河電機グラウンド 晴れ 40分ハーフ

フロンターレの先発はGK16鴨打賢哉、DFは右から5内海太瑚、4松永竜之介、3神橋良汰、2鈴木康平、中盤はアンカーに6横澤悠馬が入り、その前にキャプテン7戸水利紀、15横山航大、FWは右に11堀川洸、左に9戸澤龍人、CFに10鈴木大登。

東京武蔵野はGK1、DFは右から14、2、キャプテンの3、6、ボランチは8、5、右MF7、左MF9、FW18、10

やや冷たい空気は残るものの、風はほとんどなく穏やかな晴天の下で試合は始まりました。

1分、東京武蔵野は左サイドを18が持ち上がるとエリア内へクロスを入れてきますがこれに対しては松永がカバー。しのいでいくと、フロンターレは逆に右サイドで堀川がドリブルで仕掛けてエリア前、戸水から横澤、堀川とパス交換をしてエリア右から堀川が出したパスにエリア内左、戸水が抜け出しますがここはGK1が前へ出てシュートには持ち込ませず。ともにゴール前へ迫る立ち上がりとなります。

3分には右サイドへ10が抜け出してエリア外右へ。鴨打はエリア外へ飛び出してこれに対応しようとしますが、10がわずかに先にボールへ追いつきクロスを上げると、エリア外左へ流れたボールを9が拾ってシュートを打ちますが、これは上に。

フロンターレは、横山、横澤が松永や神橋とパス交換をしながら後ろから組み立てを図り、内海や鈴木康平が高い位置取りに。鴨打や戸水がDFラインの裏へ抜け出す鈴木大登にフィードを出すなどしながら、攻撃の機会をうかがっていきます。

10分には戸水が高い位置でボールを奪ってエリア前へパスを出すと、横山が抜け出してシュートを打ちますがこれはGK1が対応。さらに神橋のフィードに鈴木大登が抜け出してエリア前へ。しかし、GK1が前へすばやく出てボールに先に触り、シュートは打てず。

一方の東京武蔵野も右サイドから7が抜け出すも松永がカバー。さらに9が左から仕掛けてきますが内海がこれに対応。さらに14分にはカウンターから11がエリア左へ抜け出てシュート。これは鴨打がいい反応を見せて枠をとらえたシュートを防ぎますが、こぼれ球を拾われて右から7が上げたクロス、エリア左で18が頭で合わせるとゴールネットを揺らされてしまいます。0-1。先制点は東京武蔵野へ。

さらに東京武蔵野は15分にも左から6が上げたクロスがエリア外右へ流れると、7がこぼれてきたボールをダイレクトで右足を振り抜いて鋭いシュートを放ちますがこれは上に。

先制点を許したフロンターレでしたが、前へ人数をかけて押し込んでいくと20分にはエリア外左で横山がファールを受け、フリーキックを得ます。キッカーは戸水。地を這うようなボールをエリア内へ入れると、これに合わせたのは鈴木康平。ボールはゴールの中へ決まって、1-1。フロンターレが追いつきます。

しかし、直後に次の1点は東京武蔵野へ。エリア外右から7がミドルシュートを放つと、ボールは鴨打の頭上を抜けてまたもゴールネットを揺らします。1-2。

ここから東京武蔵野はさらに攻勢に。26分には左サイドのスローインから右サイドへ展開。右から7がクロスを入れると9がエリア左、頭で合わせますがこれは左に。さらにカウンターに持ち込むと、10が右サイドから仕掛けてエリア内へ入れたボールに18が合わせますが、これは上へ。ひやりとする場面が続いていきます。

フロンターレは横澤や横山、戸水がポジションチェンジを繰り返しながら、パスを回していき同点を狙っていくと、33分には横山からのパスにエリア右、鈴木大登が抜け出してシュートを打ちますがこれは右へ。

一方の東京武蔵野は右MFの7、左MFの9がよく仕掛けてゴールへ迫ってきますが、神橋や内海、松永らがカバー。

36分には神橋が自陣の左サイドからエリア右へサイドチェンジ。これに内海が抜け出してエリア外右からシュートを放ちますがこれは枠をとらえられず。しかし、息のあった連係からゴールへ迫っていきます。

しかし、次の1点は東京武蔵野へ。右サイドから10がドリブルで仕掛けて、エリア前へ抜け出てシュートを放つとゴールネットを揺らして1-3。突き放されてしまいます。

フロンターレはラインを高く保ち、コンパクトに。鈴木大登が中盤へ下がったり、戸澤が一番前へ入るなどポジションチェンジを繰り返すなどして揺さぶって、前へ出て行きますが、東京武蔵野も球際が強くなかなかシュートに結びつけることはできず。39分には戸水の浮き球のパスにエリア左、堀川が抜け出しますが、シュートは左へ。前半は1-3でタイムアップとなります。

後半、3分にはフロンターレ、鈴木大登がボールを奪って左サイドの横山へ展開。横山が折り返したボールに堀川が抜け出して合わせますがこれはオフサイド。

一方の東京武蔵野も右クロスにエリア右、18が合わせてシュートを打ちますが鴨打が枠をとらえたシュートを弾き出す好守で追加点は許さず。9分にはカウンタからエリア左、10がシュートを打つもこれは鴨打の正面。

さらにエリア右、7が抜け出してきますがシュートは横山が体を投げ出してブロック。直後にはフロンターレ、鈴木大登のパスにエリア右へ戸澤が抜け出してシュートを放ちますがここは東京武蔵野の選手がブロック。こぼれ球に堀川が詰めますが、押し込むことはできず。

16分には東京武蔵野は7に代えて13が右MF。フロンターレは戸澤と横澤に代えて27甲斐翔大、18平田流衣が入って、FWは堀川と鈴木大登、右MF甲斐、左MF平田、ボランチは戸水と横山となります。

東京武蔵野は交代で入った13が21分には右サイドからドリブルで仕掛けてエリア内へ迫りますが神橋がボールをうまく奪い取る好守。21分には東京武蔵野、18に代わって25がFWに。

フロンターレは甲斐や平田、横山や戸水が東京武蔵野の選手と球際に激しく競り合っていき、ボールを奪い合っていきます。

23分には鈴木大登から左サイドへ展開すると、抜け出した鈴木康平が仕掛けて、左サイドの高い位置へ。折り返したボールをエリア外左で拾った平田がシュートを放つとゴールネットを揺らします。GK1が反応しきれないミドルシュートで2-3。1点差に。

26分にはフロンターレはさらに堀川に代わって35小室愛樹が入って、トップ下に。攻勢に出るフロンターレは、27分にはルーズボールにエリア前、鈴木大登が抜け出して胸でボールを押し込もうとしますがこれにはGK1が対応。さらに甲斐から右サイドの裏を狙って出したパスに内海が抜け出しますがこれはGK1が前へ出て触らせず。30分には横山のパスにエリア内左へ鈴木大登が抜け出してシュートを放ちますが、GK1がこれをブロックする好守。

一方の東京武蔵野も直後には左サイドから9が仕掛けて速攻に。しかし、甲斐と鈴木大登が自陣に戻ってこれに対応。さらに13が右サイドからスピードにのったドリブルで仕掛けてきますが、横山がカバー。さらに右からオーバーラップした14がエリア外右へ迫りますが、またも横山がブロック。エリア内へは持ち込ませず。

フロンターレはボールをワンタッチでつないでエリア前へ人数をかけて迫っていくと、35分には戸水のミドルシュートが枠をとらえますが、これはGK1の正面。さらに36分には神橋のフィードに抜け出した鈴木大登がエリア内左からシュートを打つもボールはクロスバーを叩いて決まらず。

それでも攻勢を強めていくと、39分、左サイドの高い位置から鈴木康平がグラウンダーで入れたクロス、ニアで詰めた横山が合わせるとこれがゴールの中へ。3-3。ついに同点に。

40分をすぎ、試合はロスタイムへ。互いにゴールを狙っていくフロンターレと東京武蔵野の選手たち。43分、勝ち越したのはフロンターレ、左サイドの高い位置でボールを奪った平田が一気にエリア前左へ。シュートを放つと、ボールはゴール右隅へ。4-3。逆転したフロンターレ、平田に次々に選手が駆け寄って、全員で喜びを分かち合います。

しかし、次の1点は今度は東京武蔵野へ。ゴール前、10がボールを受けてシュートを打つと、これがゴールネットを揺らして4-4。東京武蔵野の選手がボールを拾い上げてセンターサークルへ向かおうとしたところで、主審の試合終了を告げる笛が鳴りました。

前半1-3 後半3-1 計4-4

得点:鈴木康平、平田流衣2、横山航大

フロンターレの先発:16鴨打賢哉、5内海太瑚、4松永竜之介、3神橋良汰、2鈴木康平、6横澤悠馬、7戸水利紀(c)、15横山航大、11堀川洸、9戸澤龍人、10鈴木大登
交代:横澤→18平田流衣 戸澤→27甲斐翔大 堀川→35小室愛樹

試合後には、しばらく動けず、勝利を逃したことを悔やんだフロンターレの選手たち。しかし、2点差でもあきらめずに打開し、追いつき、ついには逆転したことは、今季のこれからの試合に必ずつながっていくと思います。

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち
鴨打賢哉選手

鈴木康平選手
戸水利紀選手
鴨打賢哉選手
神橋良汰選手
いざ試合へ
鈴木康平選手
神橋良汰選手
横山航大選手
戸澤龍人選手
戸水利紀選手
鴨打賢哉選手
横澤悠馬選手
鴨打賢哉選手
鈴木康平選手
戸澤龍人選手
内海太瑚選手
松永竜之介選手
鴨打賢哉選手

先制点は東京武蔵野シティへ
堀川洸選手
フリーキックから鈴木康平選手が決めて1-1

勝ち越して喜ぶ東京武蔵野シティの選手たち
横澤悠馬選手
神橋良汰選手
松永竜之介選手
鈴木康平選手
戸水利紀選手

横山航大選手
ハーフタイムの選手たち
小室愛樹選手
柴崎蒼選手
再び円陣を組んで後半へ
戸水利紀選手
内海太瑚選手
横山航大選手
堀川洸選手
松永竜之介選手
鈴木康平選手
松永竜之介選手
鈴木大登選手

内海太瑚選手
堀川洸選手
甲斐翔大選手
横山航大選手、松永竜之介選手
堀川洸選手
内海太瑚選手
平田流衣選手
甲斐翔大選手
ミドルシュートを打つ平田流衣選手
2-3、1点差に
甲斐翔大選手

鈴木大登選手
小室愛樹選手
鈴木大登選手
横山航大選手
小室愛樹選手
甲斐翔大選手

平田流衣選手
横山航大選手が押し込みついに同点

平田流衣選手のゴールで逆転、4-3に

東京武蔵野シティが追いついて4-4
同点ゴールの直後に試合は終わった

練習試合に出場した柴崎蒼選手
練習試合に出場した青山海選手
練習試合に出場した橋本結人選手
練習試合に出場した松森創平選手
寺田周平監督、鈴木洋平GKコーチ
試合を見守った家族の元へ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です