フロンターレU12 – FC六会湘南台 / 神奈川県チャンピオンシップ準決勝


7月17日は綾瀬スポーツ公園へ。15日の神奈川県チャンピオンシップ1回戦を勝利した川崎フロンターレU-12は16日の2回戦では横須賀鴨居サッカークラブに5-1で勝利。準々決勝ではJFC FUTUROに2-1で勝利し準決勝に進出しました。

神奈川県チャンピオンシップは上位3チームに、8月に栃木県で行われる関東少年サッカー大会の出場権が与えることになっており、この試合に勝てば出場が決まり、敗れた場合は、最後の一枠を懸けた3位決定戦に回ることになります。

【川崎フロンターレU-12 神奈川県チャンピオンシップ準決勝 vs FC六会湘南台】
7月17日(月)午前8時28分キックオフ 綾瀬スポーツ公園 晴れ 20分ハーフ 8人制

対戦相手はFC六会湘南台。フロンターレの先発はGK33菊池悠斗、最終ラインは3藤野心魂、5由井航太、右サイドは9尾川丈、左サイドは11志村海里、中盤は8田中陸人、FWは10名賀海月、13岡野一恭平。

日差しが照りつけて座っているだけでも汗が流れ出る厳しい暑さのなか始まった試合。フロンターレは立ち上がりから六会湘南台のゴールへ迫っていきます。1分には岡野一がエリア前でボールをキープ。名賀へボールを戻して、左へパスが出るとエリア内へ志村が仕掛けていきますがシュートはGK1に。さらに由井がボールをカットして縦パスを出すと、名賀が持ち上がって右へパス。尾川が抜け出してシュートを打つもGK1が対応。

フロンターレは田中が藤野や由井の間に下り、後ろから組み立て。ラインを高く保ってコンパクトにしていい距離感で試合を進めていきます。4分には右のスローインの流れから名賀がエリア前へ抜け出してシュート。枠をとらえますが、GK1がよく反応。得点とはならず。

六会湘南台も13がエリア前でボールをカットしシュート。さらに前からプレスをかけていきますが、フロンターレは岡野一が下りて由井や藤野をよくフォロー。5分には由井がカットし、名賀へつなげると名賀が持ち込みシュートを打つもまたもGK1が好守。さらに藤野のフィードを左サイドで受けた志村が、高い位置へ仕掛け折り返すもこれはシュートにはつながらず。攻勢に出るフロンターレは藤野から受けた名賀が中央へ仕掛けて、左へ展開。六会湘南台の選手のクリアボールを拾って田中がミドルシュートを打つも右へ。

直後には六会湘南台も、27が左から仕掛けていきますが、田中がよくカバー。さらに左サイドから攻勢に出てきますが、藤野がよく対応しシュートには持ち込ませず。

気温が上昇したため設けられたクーリングブレークを挟んで、さらに攻勢を強めていくフロンターレ。12分には由井が持ち上がってエリア前に。シュートを放ちますがこれはブロック。さらにエリア外左でボールを拾った志村がミドルシュートを放つと枠をとらえますが、GK1が弾き出しコーナーキックに。左から名賀がボールを入れると、こぼれ球を拾った尾川がエリア正面でシュートを打つもGK1の正面。さらに左に流れた岡野一から右へ展開、尾川へ渡り、リターンを受けた田中がミドルシュートを打つも右へ。

14分には藤野がボールをカットして田中へ。田中から受けた岡野一が持ち上がり、エリア左へパス。志村が抜け出しますがシュートはサイドネットへ。

フロンターレは由井が前に出る一方、田中が最終ラインに下りるなどポジションチェンジを交えながらゴールをうかがっていきます。15分には六会湘南台も右のスローインの流れから13がシュートを打つも菊池の正面に。直後には藤野の右サイドへのパスをうまく尾川が受け、エリア前へ仕掛けシュートを打つもブロック。六会湘南台も27が左サイドから切れ込んで、そのパスに22が抜け出してシュート。しかし菊池がこれに対応しゴールは許さず。さらに左サイドから攻勢に出てきますが、フロンターレは田中が自陣の右サイドの深い位置まで戻ってよくカバー。

20分には左コーナーキックのこぼれ球を藤野が拾って、エリア外からシュート。GK1が飛び出していましたが、ライン上でクリアする六会湘南台の選手の好守で決まらず。前半は0-0でタイムアップとなります。

後半フロンターレは志村に代わって7深澤陽太が左サイドに入ってのスタート。キックオフとともに六会湘南台は10がセンターライン付近から枠をとらえてシュートを放ってきますがこれには菊池が落ち着いて対応。

フロンターレは前半と同様に攻守の切り替えよく、名賀が自陣まで戻って相手からボールを奪い、攻撃につなげるパスを出すなどしていきます。4分には田中が左サイドの裏をつくパスを出すと、深澤がエリア左へ抜け出してシュート。これは六会湘南台の選手がブロック。さらに由井が持ち上がってスルーパスを出すと、エリア左へ名賀が抜けていきますが、六会湘南台はクリア。フロンターレは田中に代わり、6前野康成がピッチに。前野が積極的に前線へ飛び出す一方で、名賀が中盤まで下りてポジションチェンジをしながら攻勢に出ていきます。

6分には名賀から左へパスが出ると、深澤がエリア内にクロス。これに尾川が抜け出して頭で丁寧に合わせにいきますが、惜しくも枠はとらえられず。直後にはエリア外左で六会湘南台のフリーキック。10が直接強いシュートを打ってくるも、菊池がいったんは弾きながらもボールをキャッチ。先行は許さず。

するとようやくフロンターレに最初のゴール。由井がボールをカットし縦へパスを出すと岡野一がエリア前へ抜け出してシュート。これが枠をとらえて、1-0。ついに六会湘南台の好守を上回ります。

フロンターレはさらに菊池が右サイドの尾川へボールをスロー。尾川が縦へ仕掛けて折り返し、岡野一がエリア内でシュート。これはいったんはGK1に阻まれるものの、こぼれ球に左サイドから詰めた深澤が右足で決めてゴールネットを揺らします。2-0。

畳みかけるフロンターレは藤野のフィードをシュートにつなげるなど、さらにゴール前に。11分には尾川に代わって2伊藤颯飛が右サイドに。前野のパスに右サイドの高い位置に伊藤が抜け出してクロスを上げますが、六会湘南台の選手はブロック。シュートには結びつきませんでしたが、いい形で試合へ。さらにフロンターレは岡野一に代わって14永田滉太朗がピッチへ。12分にはコーナーキックを得ると、深澤が右から左足で入れたボールに藤野が合わせますが六会湘南台の選手はブロック。3点目とはならず。さらに永田がセカンドボールを拾い、右サイドの伊藤へ展開しクロスにつなげ、切り替えの良さを見せていきます。

14分には藤野の自陣からのフィードが左サイドへ。これに深澤が抜け出して高い位置から折り返すと、エリア内へ飛び出した名賀のシュートが決まって3-0。突き放します。

フロンターレは藤野に代わって4相ヶ瀬亮太が入り、伊藤が最終ラインへ回って相ヶ瀬が右サイドに。さらに名賀に代わって再び11志村海里が入り、こちらは前線に。

クーリングタイム明け、フロンターレは前野のパスに志村が抜け出してエリア前に。シュートはGK1に阻まれるもののさらにゴールを追い求めて、伊藤や由井が高い位置へ。前野が拾い範囲へ動いて、両サイドの裏を伊藤や深澤が狙い、攻撃につながるプレーを見せていきます。

15分それが実ってエリア左へ、左サイドから斜めに入っていく動きで抜け出した深澤がシュートを放つとこれが決まって、4-0。さらに前野のパスにまたも深澤が左サイドから抜け出してシュートに持ち込みますがこれは枠はとらえられず。

フロンターレはここでGKが菊池に代わって1畠山泰輔に。畠山が時にはエリア外まで出て、伊藤や由井とかかわって後ろからボールをつないでゴールをうかがっていきます。19分には永田から左サイドの裏を突くパス。これにまたも深澤が抜け出してエリア内へボールを送ると、相ヶ瀬がうまく入り込んでダイレクトでシュート。これも決まって、5-0。直後にはコーナーキックを得ると、深澤の左からのボールにエリア右で飛び込んだのは由井。ゴールネットがさらに揺れて、6-0。

六会湘南台もあきらめることはなく4がエリア前へ抜け出してシュートを打ってきますが、これには畠山が落ち着いてしっかりキャッチ。試合はタイムアップとなり、6-0でフロンターレが決勝への進出と関東少年サッカー大会の出場を決めました。

前半0-0 後半6-0 計6-0
得点:岡野一恭平、深澤陽太2、名賀海月、相ヶ瀬亮太、由井航太

フロンターレの先発:33菊池悠斗、3藤野心魂、5由井航太、9尾川丈、11志村海里、8田中陸人、10名賀海月、13岡野一恭平
交代:志村→7深澤陽太 田中→6前野康成 尾川→2伊藤颯飛 岡野一→14永田滉太朗 藤野→4相ヶ瀬亮太 名賀→志村

準決勝のもうひとつの試合は、昨年の覇者バディーサッカークラブが7-0でカルペソール湘南に勝利。3位決定戦がカルペソール湘南vs六会湘南台、決勝戦はフロンターレvsバディーサッカークラブとなりました。

(文中敬称略)

神奈川県チャンピオンシップは準決勝に
決勝戦へ臨む選手たち
円陣を組む
尾川丈選手
菊池悠斗選手
岡野一恭平選手
フロンターレが攻勢に出るが、六会湘南台も好守を見せる
六会湘南台もゴール前に。フロンターレは切り替えよく対応する
菊池悠斗選手
藤野心魂選手
志村海里選手
名賀海月選手
尾川丈選手
由井航太選手
0ー0のまま、クーリングブレークへ

藤野心魂選手
志村海里選手
菊池悠斗選手
田中陸人選手
田中陸人選手
前半は0-0
出場に備える選手たち
畠山泰輔選手
後半開始。仕掛ける岡野一恭平選手
名賀海月選手
深澤陽太選手
岡野一恭平選手
左サイドからよく抜け出した深澤陽太選手

岡野一恭平選手
名賀海月選手
尾川丈選手が頭で合わせるがこれは決まらず
岡野一恭平選手が抜け出す

先制点となった
岡野一恭平選手のシュートはGKが阻む
こぼれ球に詰めた深澤陽太選手が決めて2-0

伊藤颯飛選手
由井航太選手
永田滉太朗選手
名賀海月選手もゴールを決める
志村海里選手
前野康成選手
菊池悠斗選手に代わって畠山泰輔選手がGKに
畠山泰輔選手
永田滉太朗選手
相ヶ瀬亮太選手
深澤陽太選手のボールに抜け出してゴールを決めた相ヶ瀬亮太選手
相ヶ瀬亮太選手
6-0でタイムアップ
決勝進出を決めた

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です