フロンターレU12 – プルチーニFC / 斎藤旗争奪春季大会準決勝


5月4日、斎藤旗争奪春季サッカー大会の準々決勝でAC等々力に勝利した川崎フロンターレU-12。続いて行われた準決勝では、さぎぬまSCをPK戦の末に下したプルチーニFCと対戦しました。

【川崎フロンターレU-12 斎藤旗争奪第39回川崎市春季少年サッカー大会準々決勝 vs プルチーニFC】
5月4日(木)午後1時キックオフ 等々力第一サッカー場 晴れ 11人制 20分ハーフ

フロンターレの先発はGK33菊池悠斗、DFは右から9尾川丈、5由井航太、3藤野心魂、7深澤陽太、中盤は8田中陸人、その前に6前野康成、14永田滉太朗、右に10名賀海月、左に11志村海里、一番前には13岡野一恭平。

お昼になりだんだんと気温が上がる中で始まった試合。フロンターレは、1分には永田のパスにエリア左、岡野一が抜け出しシュートを打つも左に。さらに藤野のフィードを起点に、田中がボールを拾ってシュートを打つもこれはGK16が反応。さらに高い位置に尾川が上がり、よくドリブルで仕掛けるなどして前へ。

由井と藤野が開いて、その間に下りた田中がよくボールに触り、前野や永田とボールを回し、尾川と深澤が機を見て前に動き出し。フロンターレの攻勢の時間が続いていきます。

7分には右から攻勢に出て永田を経由して左へ展開すると、エリア外左から深澤が放ったミドルシュートがゴールネットを揺らします。1-0。先制点はフロンターレへ。

ボールを失っても名賀が前線から守備に戻ってそれをフォローするなど、相手にボールを渡さずにフロンターレはさらに攻勢に。9分には田中がミドルシュートを打つもこれはブロック。10分には中盤でパスを回して前野から左へパスが出ると、再び深澤がミドルシュート。今度もゴールをとらえて、2-0。

さらに藤野がボールをカットしたところから前へ。ミドルシュートを打つも上に。さらに尾川が右からエリア前へ仕掛けて、右サイドへ展開。名賀が右からクロスを上げると志村が合わせますがこれはGK16が対応。12分には尾川から志村へ、志村からエリア右に抜け出した名賀と渡り、名賀が仕掛けてシュートを打ちますがこれはGK16が対応。

13分にはエリア前に人数をかけて志村が放ったミドルシュートはクロスバーに。こぼれ球に前野が詰めますが、ここもGK16がボールをキャッチするのが先。フロンターレは、藤野や由井がプルチーニFCの前線に起点をつくらせずに、縦パスをさらに入れて攻勢に。10分には深澤がエリア前に抜け出しシュートを打つもこれはGK16に。さらに名賀がドリブルで仕掛けて左へ展開。またも深澤がシュートを打つも左へ。17分には、田中が前へ仕掛けて、エリア左へ前野が抜け出してシュートを打つも上に。19分には右からのコーナーキック、深澤が左足でボールを入れると、藤野が合わせるも上に。前半は2-0でタイムアップとなります。

後半のフロンターレは、GKが1畠山泰輔、最終ラインは右から2伊藤颯飛、3藤野心魂、5由井航太、7深澤陽太、ボランチは田中と4相ヶ瀬亮太、右MF尾川、左MF志村、FWは岡野一と名賀に。立ち上がりから伊藤が積極的に攻撃参加し、エリア内へ顔を出すなど押し込んでいきます。3分には藤野がセンターラインよりも前へ出てミドルシュートを打つもこれはGK16がキャッチ。しかし、左サイドの深澤から受けた志村が左からしかけてエリア右へパスを出すと、最後は名賀がシュートを決めて3-0。

フロンターレは前半と同様に、由井と藤野がよくボールを拾って縦にパスを入れ、田中や相ヶ瀬もよくボールに触ってさらに攻勢に。藤野が時にはボールを預けて前に顔を出すなど攻撃に厚みも出していきます。10分には尾川が右からエリア前へ仕掛けて、エリア右へパスを出すと、伊藤が抜け出してシュート。ゴールネットを揺らして4-0。12分には深澤のクロスを拾った名賀がうまく前を向いてシュート。さらにこぼれたボール、志村が拾ってエリア内右へ。シュートがさらに決まって5-0。

フロンターレは16分には志村に代わって永田、田中に代わって、前野。17分には相ヶ瀬が縦にパスを入れ、前野がエリア前へ。エリア右へパスを出すと尾川が抜け出しますが、プルチーニの選手のブロックに阻まれてゴールとはならず。それでもさらにボールを握って攻勢に出ていくと、19分、左へ展開し、2深澤がクロスを上げると、エリア内、伊藤がこれに合わせて6-0。両SBが積極的にかかわったいい形で、さらに突き放します。

20分にはさらに左へ展開。クロスが上がると、最後は岡野一が押し込んで7-0。試合はここでタイムアップ。フロンターレは6日午前11時に等々力陸上競技場で行われる決勝へ進出しました。

8人制から11人制となったこともあってか、決勝トーナメント初戦ではうまくいかない時間帯もあったようにも思われましたが、それでも試合を重ねていくと攻守にそれぞれがよくかかわって、より良いチームになっていく姿が印象的でした。等々力での決勝でも良い結果が出ることを願っています。

前半2-0 後半5-0 計7-0
得点:深澤陽太2、名賀海月、伊藤颯飛2、志村海里、岡野一恭平

フロンターレの先発:33菊池悠斗、9尾川丈、5由井航太、3藤野心魂、7深澤陽太、8田中陸人、6前野康成、14永田滉太朗、10名賀海月、11志村海里、13岡野一恭平
交代:菊池→1畠山泰輔 前野→2伊藤颯飛 永田→4相ヶ瀬亮太 志村→永田

(文中敬称略)

畠山泰輔選手、菊池悠斗選手
菊池悠斗選手
円陣を組んで試合へ
菊池悠斗選手
永田滉太朗選手

 

尾川丈選手
 

田中陸人選手
志村海里選手
田中陸人選手
名賀海月選手
志村海里選手
尾川丈選手
前野康成選手
深澤陽太選手
前半は2ゴールの深澤陽太選手。積極的に攻撃参加した

名賀海月選手
 

志村海里選手
伊藤颯飛選手
由井航太選手
田中陸人選手
藤野心魂選手
相ヶ瀬亮太選手
藤野心魂選手
得点を重ねるフロンターレ
尾川丈選手
岡野一恭平選手
藤野心魂選手
相ヶ瀬亮太選手


伊藤颯飛選手
名賀海月選手
7-0で勝利

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です