フロンターレU18 – サンフレッチェ広島ユース / クラブユース選手権ラウンド16


7月27日は、前橋フットボールセンターへ。モンテディオ山形ユース戦を1-0で勝利し、日本クラブユース選手権のグループステージを2勝1分け、首位で通過した川崎フロンターレU-18。大会はいよいよ一発勝負の決勝トーナメントへ移り、フロンターレは、サンフレッチェ広島ユースとのラウンド16に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース選手権ラウンド16 vsサンフレッチェ広島ユース】
7月27日(木)午前11時キックオフ 前橋フットボールセンターD 曇り時々晴れ 45分ハーフ

前日のグループステージ第3戦のキックオフが大雨のため3時間遅れたことを踏まえて、ラウンド16のキックオフ時刻も2時間遅れに。なお、グループステージでは40分ハーフだった試合時間は、決勝トーナメントからは45分ハーフ。

フロンターレの先発は、GK1早坂勇希、DFは右から5小川真輝、34高吉正真、3新井秀明、11デューク・カルロス、ボランチはゲームキャプテンの15池谷祐輔、7桝谷岳良、右MF37有田恵人、左MF10村田聖樹、トップ下13大曽根広汰、FW18宮代大聖。

サンフレッチェの先発は、GK1大迫敬介、DFは右から2大越寛人、22山﨑大地、4里岡龍斗、ボランチは6根角裕基、7川村拓夢、右MF8川井歩、左MF15東俊希、2列目に10満田誠、14仙波大志、FWはキャプテンの11明比友宏。

フロンターレは昨年のクラブユース選手権の準々決勝でもサンフレッチェと対戦しており、村田聖樹と小泉靖弥(現大東文化大)のゴールで2-0で勝利。今回は、ともに昨年の対戦でも出場した選手が多く名前を連ねての試合となりました。

朝方には降っていた小雨がやんだ前橋フットボールセンターは、日差しこそないものの、湿気を帯びた暑さ。フロンターレもサンフレッチェも、家族やサポーターらが幕を出し、チャントで選手たちを後押しするなか、試合は始まりました。

キックオフとともにサイドに起点をつくって攻めてきたのはサンフレッチェ。1分には左サイドから東が仕掛けていき、これは有田がよくカバーしてエリア内へは近づかせないものの、セカンドボールを拾われて、サンフレッチェがボールを回していく時間が続いていきます。サンフレッチェは最終ラインに川村が下りて、里岡や山﨑らとボールを回しながら機を見て、サイドへボールを入れていき、攻勢に。2分にはエリア左で仙波が競ったボールに満田が抜け出してエリア左へ。シュートに持ち込むも枠はとらえられず。さらに満田のパスに左サイド高い位置へ抜け出した東が仕掛けていきますが、小川真輝がねばり強く寄せてしのいでいきます。

しかし、なおも続いたサンフレッチェの攻勢。右サイドで満田がマイボールにして、明比に縦パスを入れ、明比がエリア内へパスを送ると、抜け出した川井のシュートがゴールネットを揺らします。0-1。

さらにサンフレッチェは満田がうまく川村や根角とかかわりながら中盤から組み立て。右サイドで切れのある動きを立ち上がりから見せていた川井へ展開し、さらにフロンターレのゴールへ迫っていきます。6分には右サイドの高い位置へ川井が仕掛けていきますが、フロンターレはデュークと村田が挟み込むようにこれに対応。7分にもサンフレッチェは今度は左サイドからの攻め。東が左サイドの高い位置へ抜け出して、エリア左へ。エリア内へボールを送ると、満田がこれに飛び込みますが、触ることはできず。

フロンターレも早坂が池谷に縦パスを入れるなどして、中央からパスを回し、大曽根や桝谷がかかわり、サイドへ展開していこうとしますが、なかなかつなげることはできず。それでも11分には池谷がボールをカットし、右サイドの大曽根へパスを出すと、仕掛けた大曽根がエリア外右へ。ボールをエリア内へ折り返しますが、これには触ることはできず。しかし、ようやくゴールへ近づく場面をつくれるように。

サンフレッチェも右サイドの川井を生かした攻めをなおも続け、12分にはエリア外右で川井がファールを受けて得たフリーキック、東が左足でエリア内へボールを送るもこれはクリア。さらにセカンドボールを拾ってサンフレッチェは右へパスを出すと、満田が抜け出してクロスを上げ、エリア内左へ抜け出した仙波が頭で合わせますが、早坂がシュートは抑えて追加点は許さず。

フロンターレは高吉のフィードに宮代が抜け出そうとするなど、長いボールを入れて打開を図っていこうとしますが、なかなかこれも攻撃につなげられず。16分には川村のサイドチェンジに右へ明比が抜け出しエリア前へ。浮き球をエリア内へ入れると、満田が抜け出すも早坂がしっかり前に出てシュートにはつなげさせず。

直後にはフロンターレも桝谷の縦パスをエリア前で宮代が受け、そのパスにエリア左へ村田が抜け出していこうとするもここはサンフレッチェの選手に阻まれて、ゴールへは近づけず。19分には山﨑のフィードに、右サイドの高い位置へ川井が抜け出してクロスを上げ、流れたボールを東が拾ってシュート。これは右へそれていきます。

サンフレッチェはさらに川井に加えて、大越が積極的に川井を追い越す動きを見せ、サイドから攻勢に。21分には川井がエリア内へクロスを入れるも新井がクリア。さらに23分には川村のクロスから満田がシュートに持ち込むもこれは枠外に。ここでこの日最初の給水タイムへ。

給水タイム明け、後ろからつなげていこうとするフロンターレ。しかし、エリア前でのパス回しをサンフレッチェが狙い、明比がボールを奪うと、明比の強烈なミドルシュートが枠をとらえますが、早坂が弾きながらもこれを防ぎ、こぼれ球には川村が詰めてくるも、早坂が前に出て先にボールを納める好守。さらにセカンドボールを根角や川村がよく拾って攻めに出てくるのはサンフレッチェ。27分には左から満田が仕掛けてシュートに持ち込むも、ここも早坂がしっかり止めて、しのいでいきます。

直後にはフロンターレも宮代が縦パスをうまくおさめて、エリア外右で大曽根がミドルシュート。大迫にキャッチをされてゴールとはなりませんでしたが、フロンターレも次第に村田のパスに左サイドの高い位置へデュークが抜け出したり、宮代や村田が池谷や桝谷とかかわってボールを中央から回していけるように。34分には宮代の縦パスにエリア右へ大曽根が抜け出して、折り返しに桝谷が詰めますがこれはシュートにはつなげられず。35分には小川真輝が右サイドのサンフレッチェの選手の間にうまく入り込んだ有田にパスを送り、有田が抜け出していきますが、これはオフサイド。さらに池谷、大曽根と縦パスを入れて左へ展開。左サイドの高い位置へデュークが抜け出していきますが、これもオフサイドに。

フロンターレはここで有田に代わって24宮城天が入り、大曽根が右MF、宮城が左MF、村田がトップ下に。左サイドでは、宮城や宮代、デュークがかかわって、パスを細かく回していき、後ろでは早坂に高吉や新井がかかわって、打開を図りに。42分には桝谷がボールをカットして左へパスを出すと、宮城から宮代へつないで、宮代がエリア外左からしかけていくも、ここはサンフレッチェの選手がブロック。広島も仙波がエリア前で縦パスを積極的に受けてさらに起点をつくっていこうとしますが、高吉が強く寄せていき、うまく展開させず。

44分には宮城が左サイドでサンフレッチェのパスをカットし、中盤の桝谷へ。桝谷のパスにエリア右へ宮代が抜け出してシュートを打ちますが、これは上に。

ロスタイムは2分。左サイドへ流れた満田を起点に追加点を狙ってくるサンフレッチェも、縦へ積極的にパスを入れて同点を狙っていくフロンターレもともにゴールネットを揺らすには至らず。前半は0-1。サンフレッチェがリードしてのタイムアップとなります。

 

 

後半、小川真輝、デュークが高い位置に上がってサイドから攻勢に出ていったのはフロンターレ。3分には宮城のパスに左サイドへデュークが抜け出し折り返すと、右サイドで小川真輝がこぼれた球を拾ってクロス。このこぼれ球をデュークが拾って再びエリア内へボールを入れるもシュートにはつながらず。しかし、ゴールに近づいての立ち上がりに。サンフレッチェもサイドチェンジをつかって右から左へ展開。スルーパスに仙波がエリア左へ抜け出していきますが、小川真輝がしっかり仙波に寄せてシュートにはつなげさせず。

5分にはフロンターレも大曽根が右サイドの高い位置でボールを奪い、最後はエリア左へ抜け出した桝谷がシュートを打つもこれは右に。しかし、前半の苦しい時間帯と比べ、前へ顔を出す場面が増えていきます。

7分にはサンフレッチェも満田のパスに、エリア右へ川井がフリーで抜け出してシュート。ひやりとさせられる場面でしたが、これは左へそれていきます。

フロンターレは村田が桝谷や池谷とよくかかわって中央からパスを回していき、右サイドでは小川真輝が大曽根とうまく連動して高い位置に。左サイドでは、デュークが宮城とのパス交換からエリア左へ進入を試みるなどしていきます。

サンフレッチェも前半と同様に最終ラインに川村や根角が下りながら後ろからつないでいき、川井や東が高い位置に上がってこちらも追加点を狙っていきます。

9分には山﨑のフィードにエリア内、満田が抜け出していきますが、新井がしっかりこれに付いてシュートは打たせず。さらに右から川井が仕掛けて、明比が抜け出して折り返すと、満田がシュートを打ちますが高吉がブロック。

フロンターレは11分には宮城が左サイド高い位置へ仕掛けて、ボールをキープ。そのパスにデュークが抜け出していくもオフサイドに。さらに左サイドから攻勢を強めて、宮城のパスを受けた宮代がエリア外左からミドルシュートで狙いますが、大迫がパンチングで防いで同点とはならず。さらに小川真輝が大曽根や桝谷らとかかわって、右サイドの高い位置からクロスを入れるなどしていきますが、サンフレッチェもしっかりクリアし、シュートにはつながらず。

サンフレッチェの縦へのパスに対しては、池谷がよくカットするなどうまく対応していたフロンターレ。しかし、19分には左クロスに明比がエリア内へ。これに対しては、デュークがクリア。これで得たサンフレッチェのコーナーキック、右から東が左足で入れたボールには里岡がフリーで合わせますが枠はとらえられず。さらに右から満田がクロスを入れると、エリア内右へうまく仙波が抜け出してニアで合わせますが、小川真輝がこれをクリアする好守。さらに仙波がエリア左へ進入し、シュートを放つも高吉が体で防いで、セカンドを拾って満田がシュートに持ち込むも、枠をとらえたボールは早坂がしっかりキャッチ。分厚い攻めをしのいでいきます。

この日2回目の給水タイムが明け、左サイドから攻勢を強めていったフロンターレ。宮城やデュークが連動してゴールへ近づいていき、セカンドボールは池谷や桝谷がよく拾っていきます。27分、池谷がエリア左へスルーパスを送ると抜け出したのは宮代。これに対して、サンフレッチェは川井らが付いていこうとしますが、ファールがあり、フロンターレにPKが与えられます。キッカーは宮代。これを決めて、1-1。ついにフロンターレが同点に。

ゴールの中へ転がったボールを拾おうと駆け寄る宮代。それを制してセンターサークルへボールを返そうとするサンフレッチェのGK大迫。ともに勝ち越し点を狙う姿勢をあらわにします。

さらに攻勢に出るフロンターレは村田から左へ展開し、デューク、宮城と左サイドでつないで、宮城のエリア前への縦パスを村田がスルーし、最後は宮代が抜け出しますが、これはシュートにはつなげられず。29分には池谷のパスにエリア右へ村田が抜け出してシュートを打つもこれは上に。

ここでサンフレッチェは明比に代わって9三原大幸がFWに。キャプテンマークは満田へ。

サンフレッチェは後ろでボールを回しながらも、川村がフィードを入れるなどしてゴールをうかがいに。31分にはエリア前に三原が抜け出していきますが、前線から戻った大曽根がボールをクリアする好守。時折晴れ間も顔を出して、ますます気温の上がるピッチの中で切り替えよく守備でも好プレーを出していきます。

さらにサイドからの攻めを試みてくるサンフレッチェ。31分には右からのクロスにエリア内、満田が抜け出しますが小川真輝がクリア。33分にはフィードを三原が納め、仙波がエリア左へ抜け出していくも新井がシュートはブロック。さらに左からのクロス、三原がエリア内で合わせますが、早坂の好守でこれをしのいでスコアは動かず。さらにサンフレッチェは満田が右サイドからエリア内のGKとCBの間にうまくクロスを入れていくも早坂がしっかりキャッチ。シュートにはつなげさせず。サンフレッチェはさらに前線の三原を起点にしていこうとしますが、高吉がこれに対応し、池谷がうまくカバー。左サイドへ流れて仕掛けてくる仙波に対しては、高吉や小川真輝が対応し、得点機にはつなげさせず。

41分にはフロンターレ、エリア左へ抜け出した宮城が仕掛けていきシュートを打つも右へ。さらに川井のクロスを早坂がキャッチして素早く前へボールを送ると、宮城が左サイドから仕掛け、エリア内へボールを送ると、桝谷が抜け出しますが、ここは大迫が対応しシュートにはつなげられず。

サンフレッチェも満田のパスに、エリア右へ三原が抜け出していくもデュークの体を張った守備でシュートにはつなげさせず。フロンターレのボール時には前線に三原を残して、フロンターレの攻撃をしのいだところから三原にボールを入れ、さらに起点をつくろうとしていきますが、高吉や新井、さらには桝谷もよくカバーしてしきます。

フロンターレは宮代がやや下がり目の位置でボールを何度も受けて、サンフレッチェの選手の激しい守備に遭いながらもボールをよくキープ。大曽根へスルーパスを出すなど、周りを生かしたプレーも見せて勝ち越し点を狙っていきます。45分には池谷のスルーパスに桝谷がエリア左へ抜け出して折り返しますがこれは誰も触ることはできず。

試合はいよいよ後半45分に。サンフレッチェは根角に代えて5松本大弥がボランチに。46分には村田のスルーパスにエリア右へ大曽根が抜け出しますが、サンフレッチェの選手も体を張った守備でシュートにはつなげさせず。サンフレッチェもサイドを起点とした攻めに。右からクロスを入れてきますが、新井がよくカバー。後半はタイムアップとなり、1-1。つかの間の休息の時間を経て、前後半合わせて20分の延長戦へ。

「やろうぜ、やろうぜ!」「全然行けるぞ!」「20分で決めよう」。声を掛け合って、互いを鼓舞していくフロンターレの選手たち。フロンターレは、2分宮城のパスに左サイド高い位置へ抜け出したデュークがクロスを入れるも、これには大迫が対応。サンフレッチェは仙波が中盤近くまで下りてボールを受けますが、桝谷がねばり強くマークについて前を向かせない好対応。さらに里岡のフィードに東が左サイドの高い位置へ。しかし、小川真輝がしっかり体を入れてエリアへは近づかせず。さらに山﨑のボールに東が左サイドへ抜け出していきますが、大曽根もまた自陣に戻ってボールを奪う好守を見せていきます。

直後にはフロンターレ。村田のパスにエリア右へ宮代が抜け出してシュート。こぼれたボールに左から宮城が詰めていくもこれは決めることはできず。

「あまり食いつくな」。声を掛け合って、サイドに起点をつくっていこうとするサンフレッチェに、コンパクトにして対応していくフロンターレの選手たち。6分にはサンフレッチェが中央でのパス交換から仙波や満田がエリア内へ迫りますが、小川真輝が中にしぼってボールはカット。直後にはフロンターレも宮城のパスを受けたデュークが左サイドから折り返すと、エリア内、村田が抜け出しますが、触ることはできず。

サンフレッチェはここで東に代わって13岡野周太が左MFに。フロンターレも大曽根に代わって27森璃太が右MFに。延長前半はともにゴールネットを揺らすには至らず。タイムアップ。エンドを入れ換えての延長後半へ。

延長後半、サンフレッチェは仙波に代わって20桂陸人が入ってのスタート。開始直後には中盤からの浮き球に桂がエリア前へ抜け出していくも早坂がキャッチ。

フロンターレも右サイドで森のリターンを受けた小川真輝がエリア内へパスを入れるも大迫がキャッチ。こちらもシュートにはつなげられず。サンフレッチェのクロスは早坂がしっかりキャッチするなどしていくフロンターレ。宮代が中盤まで下がってよくボールを受けて前を向いていきます。3分には小川真輝に代えて9山田新が入り、山田が右MF、森璃太が右SBへ。

4分にはサンフレッチェのコーナーキックをしのいだところから早坂が前へ切り替えよくボールを送り、山田がこれを受けて右サイドを仕掛けていくもシュートにはつなげられず。6分にはサンフレッチェがカウンターに。右からクロスを上げると、三原の頭で合わせたシュートはクロスバーを叩くひやりとするものに。さらに左サイドのパス交換から満田がエリア内へ仕掛けていきますが、高吉がよくカバーしサンフレッチェのコーナーキックに。ここでフロンターレは、村田に代わって4伊従啓太郎が入ります。直後には川井の右クロスに三原が頭で合わせますが、これは上に。

フロンターレは、伊従が前線や中盤に顔を出して、スローインを受けたり、ボールを受けると前を向いて縦パスを入れるなどしていきます。10分には伊従の縦パスのこぼれ球を桝谷が拾ってエリア前へ仕掛けていきますが、サンフレッチェの選手も粘り強く守ってゴールへはつなげられず。試合はついにタイムアップ。1-1。準々決勝へ進むのはフロンターレか、サンフレッチェか。その行方はPK戦へ委ねることに。

早坂と大迫が互いの健闘を祈るようにタッチをかわして、始まったPK戦。

先攻のフロンターレは1人目の池谷が決め、サンフレッチェも満田が成功。自チームの選手が決めると、飛び上がってガッツポーズを見せて気持ちを高めていく両チームの選手たち。2人目は、フロンターレが桝谷、サンフレッチェが山﨑。これも互いに決めて、2-2。

3人目はフロンターレは高吉。これもしっかり決めて3-2。サンフレッチェの3人目は途中出場の岡野。左足でゴール右を狙ったシュートは、早坂が見事に止める好セーブ。

フロンターレの4人目、宮城の右を狙ったシュートに対しては、大迫が反応したもののそれをすりぬけるようにこれも決まって4ー2。サンフレッチェの4人目、川井も決めて、4-3に。

フロンターレの5人目は宮代。右足を振り抜くと、ゴールネットが揺れます。5-3。両手を広げてうれしそうな宮代に次々に駆け寄っていくフロンターレの選手たち。

熱戦を制して、フロンターレは準々決勝への進出を決めました。

前半0-1 後半1-0 延長前半0-0延長後半0-0計1-1

得点:宮代大聖=PK(川崎)川井歩(広島)

フロンターレの先発:1早坂勇希、5小川真輝、34高吉正真、3新井秀明、11デューク・カルロス、15池谷祐輔(c)、7桝谷岳良、37有田恵人、10村田聖樹、13大曽根広汰、18宮代大聖
交代:有田→24宮城天 大曽根→27森璃太 小川→9山田新 村田→4伊従啓太郎
控え:16安福祐一 23島崎元 30山内日向汰

サンフレッチェの先発:1大迫敬介、2大越寛人、22山﨑大地、4里岡龍斗、6根角裕基、7川村拓夢、8川井歩、15東俊希、10満田誠、14仙波大志、11明比友宏(c)
交代:明比→9三原大幸 根角→5松本大弥 東→13岡野周太 仙波→20桂陸人
控え:16佐藤海斗 27森保陸 24鈴直樹

立ち上がりからの劣勢を跳ね返し、110分間、戦い抜いたフロンターレの選手たち。ベスト8も決めただけではなく、きっとチームのこれからにも大きなものをもたらした試合になったと思います。

川崎フロンターレU-18の日本クラブユース選手権準々決勝の対戦相手は横浜F・マリノスユース。29日午前9時、前橋フットボールセンターAにてキックオフとなります。

(文中敬称略)

 

試合を前にした選手たち
安福祐一選手
早坂勇希選手
桝谷岳良選手
宮代大聖選手
島崎元選手

円陣を組んで試合へ

新井秀明選手
村田聖樹選手
早坂勇希選手

デューク・カルロス選手
先制点は広島へ
川井歩選手が決めた
新井秀明選手
桝谷岳良選手
大曽根広汰選手
高吉正真選手
桝谷岳良選手

セットプレーに備える
有田恵人選手
新井秀明選手
デューク・カルロス選手
早坂勇希選手
池谷祐輔選手
給水タイムへ
新井秀明選手
池谷祐輔選手

村田聖樹選手
宮城天選手
デューク・カルロス選手
0-1でハーフタイムへ
山内日向汰選手
島崎元選手
伊従啓太郎選手
全員で円陣を組んで後半へ

高吉正真選手

池谷祐輔選手
宮代大聖選手
池谷祐輔選手
小川真輝選手
池谷祐輔選手
デューク・カルロス選手
宮城天選手

高吉正真選手
宮城天選手
大曽根広汰選手
桝谷岳良選手

高吉正真選手
シュートを体を張って止める

給水タイムへ
ファールを受けてフロンターレがPKを得る
キッカーは宮代大聖選手

これを決めて1-1。同点に

大曽根広汰選手

村田聖樹選手
小川真輝選手
大曽根広汰選手
宮城天選手
池谷祐輔選手
宮城天選手

 

後半はタイムアップ
延長戦へ
もう一度円陣を組む

桝谷岳良選手
早坂勇希選手
小川真輝選手
宮城天選手
延長戦も後半へ
村田聖樹選手
森璃太選手
高吉正真選手
山田新選手

伊従啓太郎選手
森璃太選手
伊従啓太郎選手
桝谷岳良選手
池谷祐輔選手
PK戦へ
早坂勇希選手と広島の大迫敬介選手

1人目の池谷祐輔選手が決める
フロンターレの2人目桝谷岳良選手に声を掛ける早坂勇希選手
桝谷岳良選手も決める
広島の3人目を見事に止めた早坂勇希選手

宮城天選手のPKは大迫敬介選手の手をすりぬけるようにして決まる
宮城天選手

5人目は宮代大聖選手
宮代大聖選手がきめてPK戦に終止符

宮代大聖選手に選手たちが飛びつく

試合を見守り応援した家族やサポーターのもとへ

準々決勝へ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です