大阪体育大 – 福岡大 / 全日本大学サッカー選手権2回戦


12月16日、流通経済大が1-0でIPU・環太平洋大を下した第1試合に続いて、上柚木公園陸上競技場では全日本大学サッカー選手権2回戦の第2試合が行われ、関西学生サッカーリーグ1部で2位となり、5年連続の出場となった大阪体育大と、九州地区の優勝チーム、福岡大が対戦しました。

【全日本大学サッカー選手権2回戦 大阪体育大 vs 福岡大】
12月16日(土)午後1時半キックオフ 上柚木公園陸上競技場 晴れ

大阪体育大の先発はGK1立川小太郎、DFは右から2太田賢吾、4菊池流帆、14田中駿汰、3小川明、ボランチは6平田健人、ゲームキャプテンの12江郷下奨、右MF22君垣隆義、左MF23西田恵、FW9林大地、11大田賢生。

1回戦をシードされた大阪体育大はこの日が初戦。大学4年、最後の全国大会に挑む川崎フロンターレU-18出身の太田賢吾も先発に名前を連ねました。

福岡大の先発はGK1永石拓海、DFは右から6青山生、3菅田真啓、19中田永一、13石田皓大、ボランチは4三浦秀哉、右MF7中村太一、左MF15大熊健太、トップ下キャプテンの14山下敬大、FW9古川愛基、17梅木翼。

第1試合と同様に好天に恵まれた上柚木公園陸上競技場。立ち上がりからともに高い位置でスローインを得ると、大阪体育大はエリア内へ菊池も上げ、左サイドの小川のロングスローから先制点を狙いに。福岡大も青山のロングスローからパワフルにゴールへ迫っていきます。

4分には福岡大、山下が左から仕掛けてエリア左からシュートを打つも左へ。さらに古川が左へ流れ、中村が右サイドの高い位置へ。エリア前へボールを戻して浮き球を入れてきますが、菊池が競り勝ってシュートは打たせず。さらに福岡大はエリア前にロングボールを入れて揺さぶるのに対して、大阪体育大も菊池らがフィードを入れ、長いボールが行き交う展開に。そんな中でも大阪体育大は2列目の君垣や西田がドリブルで打開を図って、少し変化も交えていきます。

15分には福岡大、菅田のフィードにエリア右へ梅木が抜け出してシュートを打つも右へ。大阪体育大も直後には右のスローインから林がエリア右へ抜け出してシュートを打つも右へ。

20分福岡大はフリーキックのセカンドボールを拾い、エリア内へボールを入れ、前線に残っていた菅田が抜け出すと立川がこれに対してファール。PKが福岡大に与えられます。キッカーは山下。これを決めて0-1。先制点は福岡大へ。

PKを決められると立川のもとに駆け寄り励ますように、肩を叩く太田ら大阪体育大の選手たち。「大丈夫、大丈夫。みんな落ち着け」。3年生CBの菊池の大きな声が響き渡ります。

なおもロングボールを梅木や古川が競り、中村がボールを拾ったところからドリブルで仕掛けてゴールに迫るなど、福岡大が攻勢をかけていきますが、それをしっかりしのいでいく大阪体育大。高い位置でマイボールにすると、小川がロングスローを入れていきますが、エリア内では福岡大も強さを見せてなかなか決定機はつくれず。27分にはエリア左へ大田が抜け出しシュートを打つもブロックされ枠はとらえられず。32分には小川のロングスローを菊池が競り、エリア左でボールを拾った小川が折り返しますが、シュートにはつなげられず。

ここで福岡大は早くも1人目の交代。古川に代わって12井上健太が前線へ。

直後には大阪体育大。エリア外正面距離のあるところから大田がミドルシュート。枠をとらえた強烈なものとなりましたが、GK永石にキャッチされ、ゴールにはつながらず。

福岡大も大熊や中村が高い位置で仕掛けて追加点を狙っていきますが、太田に加え、大田も自陣まで下りて献身的な守備を見せて、しのいでいきます。前半は0-1。福岡大がリードしてハーフタイムへ。

「気持ちで負けるな。相手よりも絶対に戦おう」。大阪体育大の菊池が鼓舞する声が響くなか始まった後半。立ち上がりには福岡大がロングボールのセカンドボールを拾い、山下がエリア正面でシュートを打つもこれは立川の正面。

一方の大阪体育大も右サイド、太田、君垣、林大地とつないでゴールへ迫りますが、福岡大の守備も粘り強く、なかなか決定的な場面はつくることができません。太田、君垣の右サイド、立川、西田の左サイドがよくかかわって高い位置へ上がっていきますが、福岡大は大熊らも自陣によく戻っていい守備を見せていきます。6分には福岡大は梅木に代わり、10梅田魁人。

9分には大阪体育大、江郷下のフリーキックのセカンドボールを広い、大田が左クロスを上げると、林大地が頭で会わせますが、GK永石に阻まれゴールネットは揺らせず。続く右コーナーキック、江郷下が入れたボール、平田が合わせるも左へ。

12分、大阪体育大は直前のフリーキックの際に負傷した菊池に代わり27堀内颯人、西田に代わり7浅野雄也。平田がCBへ下がり、堀内がボランチ、浅野が左MF。

しかし、この間隙をつくように次の1点を決めたのは福岡大。右サイドからうまく抜け出した井上がエリア右へ進入すると、シュートを決めて、0-2に。

大阪体育大も浅野が高い位置でよく仕掛け、林大地もボールをキープし、大田もかかわってゴールへ迫りますが福岡大の人数をかけた守りをなかなか崩せず。19分には太田が右サイドの高い位置へ上がり、リターンを受けた君垣がエリア内へ入るもクリアされてここでもシュートを打つことはできず。ここで福岡大は中村に代わり18小橋直人。

福岡大も20分カウンターへ移ると、井上が再びエリア内へ。立川と1対1になりますが、立川が足で止める好セーブを見せ、3点目とはならず。

22分には大阪体育大、君垣に代わり10末吉塁が入り左MF、浅野が右MFへ。

井上、梅田のドリブルに対して、平田や太田らがよく対応し、マイボールにすると、両SBが高い位置まで上がり、田中も最終ラインからボールを持ち上がるなどしてコンパクトに、前に出ていく大阪体育大。江郷下が縦へパスをつけたり、田中がフィードを入れるなど揺さぶっていきます。32分には右サイド、林大地からパスを受けた太田がエリア外右でファールを受けると、江郷下のフリーキックのこぼれ球を、エリア左で拾った田中が、1人をかわしてシュート。ゴール右へ吸い込まれるように決まり、1-2。1点差に。

このゴールに活気づいたように大阪体育大は林大地のボールキープを起点に左から末吉が仕掛けたり、太田が右サイドの高い位置へ上がり、クロスを入れるなど、さらにゴール前へ迫っていきます。34分には大田に代わり、13古城優が前線へ。

しかし、37分大阪体育大は、縦パスを入れ、いいアクセントになっていた江郷下が味方との接触で負傷し、ピッチの外へ。16林尚輝が入り、林尚輝がCB、平田が再びボランチとなります。

ロスタイムは5分。46分には大阪体育大、古城が競ったボールに林がエリア前に抜け出すも、三浦や石田がカバーし、シュートを打つことはできず。さらに47分には小川のパスにエリア正面へ古城が抜け出しますが、ファールを受け、シュートを打つことはできず。これで得たフリーキック、浅野が左足で直接狙いますが、永石の好セーブに阻まれ、ゴールネットを揺らすことはできず。さらに太田が入れたボールを林が競り、最後は末吉がエリア内に入り込んでシュートを打ちますがまたも永石のセーブ。50分、小川のロングスローから林がシュートを打つもボールは右へ。試合はついにタイムアップ。1-2。福岡大がベスト8へ進むことになりました。

前半0-1 後半1-1 計1-2
得点:田中駿汰(大阪体育大) 山下敬大=PK、井上健太(福岡大)

大阪体育大の先発:1立川小太郎、2太田賢吾、4菊池流帆、14田中駿汰、3小川明、6平田健人、12江郷下奨(c)、22君垣隆義、23西田恵、9林大地、11大田賢生
交代:西田→7浅野雄也 菊池→27堀内颯人 君垣→10末吉塁 大田→13古城優 江郷下→16林尚輝
控え:21矢田貝壮貴 20木出雄斗 28有働周平 17立川嶺

福岡大の先発:1永石拓海、6青山生、3菅田真啓、19中田永一、13石田皓大、4三浦秀哉、7中村太一、15大熊健太、14山下敬大(c)、9古川愛基、17梅木翼
交代:古川→12井上健太 梅木→10梅田魁人 中村→18小橋直人
控え:21真木晃平 30山部巧磨 5饗庭瑞生 8佐々木亜門 26花田佳惟斗 24前田翔吾

これが大学サッカー最後の試合となった太田。関東から離れ、1年生から毎年夏の日本一を競う総理大臣杯と合わせて全国大会への出場、登録メンバー入りを続けたことは立派であると思います。次のステージでどういった活躍をするのか、とてお楽しみにしています。

(文中敬称略)

 

大阪体育大の先発メンバー

太田賢吾選手

ともにゴール前で粘り強く守る
PKで福岡大が先制する

太田賢吾選手

ロングスローから大阪体育大もゴールを狙う
前半は0-1
後半へ
ゴールへ迫る大阪体育大

太田賢吾選手もよく攻撃参加した
立川小太郎選手の好セーブで3点目は許さない
田中駿汰選手のゴールで1-2

高い位置で仕掛けてさらに大阪体育大が迫る

浅野雄也選手がフリーキックで狙う

永石拓海選手の好セーブで決まらず

林大地選手のシュートも決まらず
1-2でタイムアップとなった

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です