フロンターレU10 – FC MAT / 日産カップブロック大会決勝


1月21日、川崎フロンターレU-12が東住吉小学校で行われた日産カップ争奪神奈川県少年サッカー選手権高学年の部のブロック大会決勝を7-0で制したあとは、相模原市の相模川沿いにある高田橋グラウンドへ。

川崎フロンターレU-10も日産カップ低学年の部に出場しており、午前中に行われたブロック大会準決勝を3-0で勝利し、ブロック大会の決勝に臨みました。

【川崎フロンターレU-10 日産カップ争奪神奈川県少年サッカー選手権低学年の部ブロック大会決勝 vs FC MAT】
1月21日(日)午後2時34分キックオフ 高田橋グラウンド 晴れ 20分ハーフ 8人制

フロンターレの先発はGKはFPの2メンディーサイモン友がアウェーの白いユニホームを着て務めることに。FPは最終ラインは右から7柏村涼太、6楠田遥希、5関徳晴、中盤は11平塚隼人、右は10新堀翔、左は3陶山響、前線には8榎本司。

時折川風が吹いて、グラウンドの土が舞うなか、始まった試合。フロンターレは立ち上がりから前へ人数をかけて攻勢に。1分には榎本の折り返しから、エリア正面で新堀がシュートを打つもGK12の正面。

MATは後ろの4人がしっかりとした守りを見せつつ、マイボールにすると前線の23、17を走らせたところから攻撃を試みていきますが、フロンターレは左サイドをかけ上がる23に対して楠田がカバーをしてエリアへは近づかせず。再びボールをものにすると、つなぐだけではなく、楠田の浮き球に榎本がエリア前へ抜け出すなどして揺さぶっていきます。

人数をかけてコンパクトにして対応してくるMATに対して、メンディーへボールを戻して後ろからパスをつなぎつつ、攻撃の糸口をつかみに。平塚が最終ラインまで下り、楠田がボールを持ち上がったり、柏村が右サイドの高い位置へ仕掛けたり、関が前線へ顔を出し、榎本が左右へ流れたりとポジションチェンジも交えていきます。

9分には柏村のスルーパスにエリア右へ榎本が抜けてシュートを打つもGK12がこれを阻みコーナーキックに。右から平塚が左足でボールを入れると、榎本、楠田が飛び込みますが、ワンタッチあり決まらず。さらに左コーナーキック、平塚の入れたボールに柏村が合わせますが、ここもMATの守備に阻まれて得点とはならず。

12分にはエリア前やや左でファールを受けると新堀が直接ゴールを狙いますか、GK12がキャッチ。13分には柏村から右サイドの裏を突くパスが出ると新堀がエリア右へ仕掛けてシュートを打つも左へ。

ゴールネットを揺らすことはできずとも攻勢が続くフロンターレ。ラインを上げて時にはメンディーもセンターサークル付近まで上がりいい距離感で試合を進め、左サイドの陶山や関の連係などからゴールへ迫り、ボールを失っても楠田や柏村がよくカバーして流れを渡さず。

19分、うまくエリア前でターンをして榎本が前を向き、エリア右へパスが通ると抜け出した新堀がニアを狙ってシュート。GK12の頭上を通ってゴールネットを揺らして、1-0。ついに先制点はフロンターレへ。

なおもフロンターレは関、榎本と縦へパスをつないで、最後は新堀がシュートを打つもこれは追加点とはならず。前半は1-0でタイムアップとなります。

後半フロンターレはGKは陶山、最終ラインは右から柏村、楠田、15吉田志生、中盤は平塚、右は9ステンパールカ大翔、左は関、前線には新堀とメンバーを2人入れ換えてのスタートとなります。

立ち上がりには自陣の左サイドから中へ切れ込む動きで相手を振り切った吉田がボールを持ち上がり、縦へパスを入れるとエリア前から新堀がミドルシュートを打ちますが左へ。

MATの23のドリブルにしっかり対応し、攻撃へと転じていくなどすると3分、高い位置で新堀と関がうまくプレスをかけてマイボールに。最後はエリア左へ進入した関が、ループ気味のシュートを放ち、ファーサイドのゴールネットを揺らして、追加点が入ります。2-0。

フロンターレは平塚が吉田や楠田の間に下りて、柏村が高い位置へ上がるなどし、後ろからボールを回してさらにゴールを狙っていきます。

6分にはMATも高い位置で10がボールをカットし、エリア左へ23が迫りますが、楠田や柏村がカバー。さらに陶山がエリア前でボールをカットされ、17がゴールへ迫るという場面もつくられますが、シュートは平塚が素早くカバー。得点とはさせず。さらにセカンドボールを拾い、21が左クロスを上げるも陶山がキャッチ。

ピンチをしのいだフロンターレは、ステンパーのボールキープから新堀がエリア前へ迫ったり、平塚が高い位置にも顔を出して、エリア左へ抜け出す関へパスを入れるなどし、柏村や楠田が高いラインを保ってコンパクトにして、ボールを回していきます。

15分には新堀に代わり13奥田悠真が前線へ。17分には高い位置で関がボールをカットし、そのパスに奥田がエリア内へ抜け出すもオフサイド。18分にはエリア左へ関が抜け出して、GK12もかわしてシュートを打ちますが、MATもすばらしいカバーリングを見せて得点とはならず。さらに関のパスにエリア内へ抜け出した奥田がシュートを打つもまたも好守に阻まれます。

それでも最後まで攻め続けたフロンターレ。試合はタイムアップとなり、2-0。U-12に続いて、U-10も32チームによって競われる中央大会へ進むことになりました。

前半1-0 後半1-0 計2-0

得点:新堀翔、関徳晴
フロンターレの先発:2メンディーサイモン友、7柏村涼太、6楠田遥希、5関徳晴、11平塚隼人、10新堀翔、3陶山響、8榎本司
交代:メンディー→15吉田志生 榎本→9ステンパールカ大翔 新堀→13奥田悠真

 

U-12と同様、さらに強いチームが集う中央大会でどんな戦いぶりを見せていくのか。とても楽しみにしています。

(文中敬称略)

 

試合を前にしたフロンターレの選手やスタッフ

フロンターレの先発メンバー
円陣を組むフロンターレの選手たち

柏村涼太選手
楠田遥希選手
メンディーサイモン友選手
新堀翔選手
榎本司選手がシュートに持ち込む
GKの好守に阻まれて得点とはならず
平塚隼人選手

新堀翔選手
楠田遥希選手
柏村涼太選手
シュートに持ち込む新堀翔選手
GKの頭上を抜き先制点に
榎本司選手、新堀翔選手
関徳晴選手

ハーフタイムの選手やスタッフ
平塚隼人選手
吉田志生選手
関徳晴選手が抜け出す
シュートを打つ
技ありの追加点に

ステンパールカ大翔選手
平塚隼人選手
後半GKを務めた陶山響選手

あとは決めるのみという場面もつくられる
平塚隼人選手がカバー

ステンパールカ大翔選手
吉田志生選手
奥田悠真選手
奥田悠真選手が飛び込む
2-0でタイムアップとなった

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です