フロンターレU15 – FC湘南 / 川崎カップ


3月17日は等々力陸上競技場へ。中学生年代と小学生年代のチームによって競われる川崎市サッカー協会主催の川崎カップが始まり、川崎フロンターレU-15も中学生の部に出場。初日は予選リーグに臨みました。

中学生の部には、湘南ベルマーレ小田原やクラブチーム、市内外の中学や選抜チームが出場。9チームが3グループに分かれ、フロンターレはFC湘南ジュニアユース、川崎市中体連選抜と同じAグループに入りました。

予選リーグの結果を踏まえ、18日に各グループの同じ順位同士のリーグ戦が行われます。

【川崎フロンターレU-15 川崎カップサッカー大会予選リーグ vs FC湘南ジュニアユース】
3月17日(土)午後0時15分キックオフ 等々力陸上競技場 晴れ 30分ハーフ

初戦はFC湘南ジュニアユースが対戦相手。フロンターレの先発はGK21青山海、DFは右から2高畠捷、6田中慶汰、5安江海ラウル、4佐々木輝大、ボランチはキャプテンの10小室愛樹、8秋葉拡人、右MF13山田新己、左MF11五十嵐太陽、FW18入江流星、9田中幹大。

関東ユース(U-15)サッカーリーグ第2節の横浜F・マリノスジュニアユース追浜戦の先発メンバーにも名前をつらねた選手が中心で、か7甲斐翔大に代わり佐々木が左SBに入りました。

晴れ渡った空の等々力。中心部分のみ開放されたメーンスタンドから両チームの選手の家族らが見つめるなか、試合は始まりました。

立ち上がりからラインを上げコンパクトに、いい距離感でボールを回していくフロンターレ。山田が右から中へ切れ込む動きで相手をはがして縦へボールをつけたり、田中幹大が田中慶汰のフィードに抜け出そうとするなどしていきます。

7分には秋葉のパスにエリア右へ高畠が抜け出しますが、ブロック。コーナーキックを得ると、セカンドボールを拾い、山田の縦パスを受けた秋葉がエリア前へ。ミドルシュートで狙いますがGK21が反応。こぼれ球に入江が詰めますが、GK21に阻まれていきます。

フロンターレはさらに秋葉が山田とのパス交換からエリア前へ。秋葉のパスにエリア右へ田中幹大が抜け出しシュート。しかし、GK21がセーブ。

直後にはFC湘南もコーナーキックをしのいでカウンターへ。11がエリア右へ仕掛けてシュートに持ち込むもサイドネットへ。フロンターレとしては助かった、という場面になります。

フロンターレは小室、秋葉を中心にボールを動かし、佐々木や高畠も積極的に前へ。10分には佐々木が高い位置から折り返すと、エリア正面で山田がシュートを打ちますが、GK21の正面。FC湘南もフリーキックのセカンドボールを拾い、サイドへ展開していきますが、山田や高畠が粘り強く寄せてエリアへは近づかせず。

早めに交代で流れを変えていこうというFC湘南に対して、フロンターレは安江、田中慶汰に小室や秋葉がかかわって後ろから組み立て。秋葉の縦パスを受けた田中幹大がボールをキープし、右サイドの高畠のオーバーラップを促すなど起点となっていきます。

そして、18分小室が中盤でうまくボールを運び、スルーパスを出すとエリア右へ抜け出した田中幹大がゴール右を揺らして、1-0。フロンターレは先制します。

フロンターレはさらに佐々木が五十嵐との連係から左サイドの高い位置へ上がったり、高畠も前へ顔を出して人数をかけた攻めに。20分にはFC湘南、ボールをカットしたところからエリア左へ11が抜け出しますが、田中慶汰がうまくボールを奪い取り、シュートにはつながらせず。時には青山もエリア外へ出て、組み立てにもかかわっていきます。

22分には高い位置で五十嵐が仕掛けて、リターンを受けた入江がエリア左から仕掛け。こぼれ球をエリア正面で拾った高畠がミドルシュートを打つもクロスバーを叩き、決まらず。さらに小室のスルーパスに秋葉がエリア外左へ抜け出して五十嵐のシュートにつなげたり、中央でボールをキープした田中幹大から右へ展開し、山田がエリア右へ仕掛けていくなど、厚みのある攻めを見せていきます。

29分にはFC湘南の11を起点とした攻めを安江や田中慶汰の寄せでしのいで攻撃へ。秋葉のスルーパスにエリア左へ五十嵐が抜け出してシュートを打つも右へ。

前半は1-0でタイムアップとなります。

後半のフロンターレは選手を全て交代し、GK16宮地健輔、DFは右から17レオニ楓真、29戸田将、23高井幸大、28浅岡飛夢、ボランチは30大瀧螢、14山本蒼己、右MF20久保匠未、左MF22石原央脩、FWは15南暖、36山下陽生。

立ち上がりから山本、大瀧がよくボールに触り、山下が中央だけでなくサイドに開くなどしながら、ボールを引き出そうとしていきます。

3分には山本の縦パスがエリア外右の山下へ入り、ボールを受けた石原が左サイドでキープ。山本へボールを戻すと、山本のスルーパスにエリア右へレオニが抜け出しますが、後半から入ったGK31の前にシュートを打つには至らず。しかし、多くの選手がかかわって攻撃の形をつくっていきます。

フロンターレはボールをカットされても山本が奪い返すなどいい距離感で試合を進め、右サイドの久保、レオニの連係などからゴールをうかがいに。

しかし、選手交代を経たFC湘南も前線の11のボールキープ、ドリブルからゴールへ次第に迫れるように。15分には11がフリックしたボールにエリア右へ18が抜け出してシュート。これは宮地がセーブ。さらに17分28のフィードに11がエリア前へうまく抜け出してシュートを打つとこれが決まり、1-1。同点となります。

直後にはフロンターレ。左サイドの浅岡が石原へパスを入れ、石原からエリア前の南へ。南がシュートを放つとゴールネットを揺らして2-1。フロンターレが勝ち越します。

後ろでボールを回しつつ、FC湘南のボール時には山本が高い位置まで追いかけていきプレスをかけるなどしていくフロンターレ。しかし、25分11がエリア外右の高い位置へ抜け出してクロスを入れると、エリア内へ入ったボールを処理しきれず18に決められてしまい、2-2。少しもったいない形で追い付かれてしまいます。

なおも高い位置から11がプレスをかけていくFC湘南に対して、宮地がエリア内でうまく交わすなどしながら後ろからボールをつないでいこうとするフロンターレ。レオニのパスを受けた山下が右サイドの高い位置から折り返すなどゴールへ近づいていく場面はありましたが、ゴールを奪うには至らず。2-2でタイムアップとなりました。

前半1-0 後半1-2 計2-2
得点:田中幹大、南暖

フロンターレの前半のメンバー:21青山海、2高畠捷、6田中慶汰、5安江海ラウル、4佐々木輝大、10小室愛樹(c)、8秋葉拡人、13山田新己、11五十嵐太陽、18入江流星、9田中幹大

フロンターレの後半のメンバー:GK16宮地健輔、17レオニ楓真、29戸田将、23高井幸大、28浅岡飛夢、30大瀧螢、14山本蒼己、20久保匠未、22石原央脩、15南暖、36山下陽生

(文中敬称略)

 

フロンターレの先発メンバー

田中幹大選手
青山海選手
入江流星選手
安江海ラウル選手
高畠捷選手
小室愛樹選手
田中幹大選手のゴールで先制

佐々木輝大選手
田中慶汰選手
安江海ラウル選手
五十嵐太陽選手
高畠捷選手
山田新己選手
前半は1-0
現役時代は長年フロンターレの右サイドを担った長橋康弘監督が高畠捷選手に言葉をかける場面もあった

後半へ
浅岡飛夢選手は左SBでプレー
大瀧螢選手
山下陽生選手
レオニ楓真選手
浅岡飛夢選手
石原央脩選手、南暖選手、久保匠未選手
久保匠未選手
南暖選手
1-1に
高井幸大選手
南暖選手がシュートを打つ
勝ち越し点になった

宮地健輔選手
石原央脩選手
戸田将選手
山本蒼己選手
山下陽生選手
2-2に
久保匠未選手
2-2でタイムアップ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です