阪南大 – 大阪体育大 / 関西学生サッカー選手権準決勝


7月4日はヤンマーフィールド長居へ。夏の大学サッカー日本一を決める総理大臣杯の予選、関西学生サッカー選手権の準決勝があり、準々決勝を勝利し、総理大臣杯の出場権を獲得した阪南大と、大阪体育大が対戦。川崎フロンターレU-18出身の2選手も試合に臨みました。

【関西学生サッカー選手権準決勝 阪南大 vs 大阪体育大】
7月4日(水)午後2時半キックオフ ヤンマーフィールド長居 雨のち晴れ

阪南大の先発はGK1名良橋拓真、DFは右から2真瀬拓海、5長谷川隼、キャプテンの4大野佑哉、23岸元海、ボランチは34藤原音哉、14江口稜馬、右MF11中村亮、左MF19永野雄大、FW10濱野雄太、9草野侑己。フロンターレU-18出身の名良橋、長谷川の2選手が先発。

阪南は関西学生サッカーリーグ1部の前半戦を4勝2分け5敗、7位と苦戦しての折り返し。それでも連覇を狙う関西学生サッカー選手権では、準々決勝で関西学院大を1-0で下し、準決勝まで駒を進めてきました。

大阪体育大はゲームキャプテンのGK1立川小太郎、DFは右から12有働周平、4菊池流帆、5田中駿汰、3小川明、ボランチは8堀内颯人、6平田健人、右MF19君垣隆義、左MF7浅野雄也、FW11大田賢生、13古城優。

大阪体育大は関西学生サッカーリーグ1部を10勝1敗、勝ち点30。2位関西学院大に勝ち点差7をつけ、首位で前半戦を終えています。

台風7号の影響を受けて雨が時折降るなか、始まった試合。立ち上がりは大阪体育大が右からのスローインを大田や君垣らが受け、じりじりと前へ。GK立川の入れたボールを古城が競り、エリア前に大田が抜け出すなどして、ゴールをうかがっていきます。

阪南大は名良橋や長谷川、大野に江口も加わり後ろからの組み立てを図りに。しかし、大阪体育大が高い位置からうまくプレスをかけていき、5分には浅野が左サイドの高い位置でボールを奪うと、ファールがあり、大阪体育大にフリーキックが与えられます。キッカーの堀内が右足で入れたボールはうまくゴールの前に入りますが、大阪体育大の選手は反応できず。ボールはラインを割っていきますが、阪南としてはひやりとする場面に。

阪南は濱野が自陣に戻り、中村もエリア内に入ったボールをクリアするなど、コンパクトにして大阪体育大の攻めに対応。大阪体育大は古城との連係からエリア内に浅野が進入するなど、ゴールに迫りますが、阪南の粘り強い守りの前になかなかシュートまではいけない場面が続いていきます。

11分にはようやく阪南も、左サイドのスローインを高い位置で受けた草野がファールを受け、エリア外左でのフリーキックに。長谷川がニアを狙ってボールを入れますが、クリア。直後には大阪体育大、左サイドの高い位置へ、うまく抜け出した浅野がクロスを入れると、古城が飛び込みますが、触ることはできず。

なおも阪南は、名良橋も古城のプレスをうまくかわして、左サイドの岸元に配球、長谷川や大野が開いて江口や藤原が間に下り、後ろから組み立て。それに対して大阪体育大がうまく連動してボールを奪うも、阪南は、大野や長谷川が大田らに粘り強く対峙していき、中村も中央に寄ってボールをカットするなどし、ともにチャンスはつくれず。

それでも、次第に阪南がサイドをうまく突けるようになり、20分には大野のパスに、永野が高い位置へ抜け出し、左クロスを上げ、22分には名良橋が左サイドの岸元にボールをつけ、中盤を経て、右サイドの高い位置の真瀬にボールが渡り、一気にエリア右に仕掛けていくなど、ゴールをおびやかしに。

大阪体育大も、24分には小川のフィードに、エリア外左へうまく大田が流れるも、長谷川が厳しく寄せていき、前を向かせず。26分には堀内のスルーパスが通り、大田がエリア前へ抜け出しますが、名良橋が前に出てシュートは打たせず。阪南が、うまく大阪体育大の前線に対処し、長谷川のパスに高い位置へ真瀬が上がったり、フィードのセカンドボールを真瀬が拾い、中村の右クロスにつなげるなど、切り替えの良さが目立つ場面が続いていきます。

しかし、34分先制点を奪ったのは大阪体育大。左サイドの高い位置でスローインを得ると、小川のロングスローがエリア内に。大田のシュートは、名良橋が足で止めたもののこぼれ球を古城が押し込み、0-1に。

追いかける展開となった阪南は、長谷川や大野が開いて、江口が間に下りて、両サイドを押し上げに。39分、高い位置で真瀬がボールを奪い、右サイドの高い位置へ抜け出した中村がクロスを上げ、遠いサイドで濱野が合わせると、ボールはゴールへ吸い込まれ、1-1。阪南が追い付きます。

追い付かれた大阪体育大は左サイドの浅野がうまくボールを持ち上がるなどして、起点に。長谷川が中村に縦パスを入れたところを、平田がカットするなど、ボールの奪いどころを定め、そこから攻勢にに出ていきます。44分には、大田のリターンを受けた堀内がエリア正面でミドルシュート。しかし、ワンタッチあり、枠へは飛ばせず。

ロスタイムに入り、47分には阪南も左クロスを真瀬が高い位置で競り、エリア内に濱野が抜け出すも、GK立川の前にシュートは打てず。前半は1-1でタイムアップとなります。

 

雨がやみ、雲間から日差しもそそいで、次第に蒸し暑さが増し、台風の影響なのか、時折強い風も吹くなか、始まった後半。大阪体育大は頭から古城に代わり9林大地が前線へ。浅野が右MF、君垣が左MFに。

立ち上がりには、阪南が左サイドで濱野や岸元、永野がかかわってボールを回し、エリア前に。中村がシュートを打つもブロック。さらに中村が中央で前を向いて、スルーパスを狙うも、大阪体育大は平田や堀内がうまく対応。そこから林へボールをつけ、林のリターンを、右サイドで受けた有働が高い位置へ上がるなどし、阪南の左サイド、永野の仕掛けには、有働がうまく対応するなど、流れを引き寄せに。

6分、右から君垣が仕掛け、エリア内右にうまく抜け出した大田にパスが通ると、大田の左足で放ったシュートは、阪南の選手に当たり、軌道が変わる形でゴール右に決まり、1-2。勝ち越し点は大阪体育大へ。

 

さらに直後にも、大阪体育大、堀内のスルーパスに林が抜け出しますが、これには名良橋がしっかり対応。7分には阪南、右サイドから攻めに出ると、中村の右クロスに、ニアで草野が反応するも、ワンタッチあり、決まらず。直後には大阪体育大。田中のフィードをうまくエリア前で大田がおさめ、エリア内に浮き球を入れるも、名良橋が前に出てシュートは打たせず。

阪南は、岸元や永野がかかわり、サイドからの攻勢を図っていくのに対し、大阪体育大は、林が高い位置でボールを奪い、有働の右クロスにつなげるなど、前線の選手の守備が、攻撃へつながる場面をつくっていきます。

13分には、カウンターに持ち込んだ大阪体育大。君垣がエリア外左に上がり、エリア前にボールを送ると、林がシュートを打ちますが、GK名良橋の正面。

14分、阪南は左MFの永野に代わり、22三木健太、ボランチの江口に代わり、8吉森海斗。さらに15分には左SB岸元に代わり、37佐藤瑠己安。次々に交代カードを切りますが、大阪体育大は、林がプレスバックや最終ラインへのプレスからボールを奪うなどして、流れを渡さず。

18分には、大阪体育大は浅野に代わり、20西田恵、君垣に代わり、10末吉塁。21分には吉森の縦パスをうまくエリア正面で林がおさめ、ファールを誘い、フリーキックを得ると、菊池が直接狙うも枠はとらえられず。

23分には阪南、長谷川の浮き球が右サイドの高い位置へ流れ、中村の右クロスに三木が合わせるも、大阪体育大は有働がカバーし、左コーナーキックに。長谷川が近いサイドにボールを入れると、草野が反応するも、ボールは左へ。

気温が上がったため、取られた給水タイム明け、阪南は藤原がエリア前に草野を走らせにいきますが、大阪体育大は菊池がカバー。27分には阪南のエリア前での組み立てを狙い、西田がボールを奪ってスルーパスにエリア前で林が反応するも、シュートは上に。追加点とはなりませんでしたが、守備から攻撃へつなげていします。

阪南も、長谷川のサイドチェンジを高い位置で三木が受け、そのパスにうまく前に向いた草野がゴールへ仕掛けていくも、菊池がクリア。さらに平田や堀内がうまく濱野に寄せてボールを奪うなど、攻撃の芽を摘んでいきます。

33分には右サイドでボールを回した大阪体育大。エリア右に西田が抜け出し、ゴールの前にクロスを入れるも、長谷川がクリア。さらに右サイドでスローインをうまく受けた林が、エリア前に仕掛け、こぼれ球を拾った西田がニアを狙い、クロスを入れるも佐藤がブロック。追加点にはつながりませんでしたが、大阪体育大がゴールをおびやかしていきます。

阪南は37分、濱野に代わり44山本弥彦、中村に代わり16町田蘭次郎。大阪体育大は負傷して担架で退いた有働に代わり15大崎航詩が入り左SB、小川が右SB。

阪南は草野や山本にボールを入れ、前線に起点をつくろうとしていきますが、菊池や田中、平田もうまくセカンドボールを拾うなど、なかなか攻撃へはつながらず。43分には長谷川のフィードに右へ流れた草野のリターンを受けた藤原がエリア外正面でミドルシュートを打ちますが、うまくミートできず、立川がキャッチ。

ロスタイムに入り、林や西田の連係から高い位置でボールキープを図る大阪体育大。阪南は、大野を前線へ上げ、パワープレーに持ち込もうとしますが、大阪体育大は大田に代わり2江郷下奨を入れ、中盤を厚くしてこれに対峙。阪南はなかなかいい形をつくれずに、試合はタイムアップ。1-2。大阪体育大が決勝へ進み、阪南は3位決定戦へ回ることになりました。

前半1-1 後半0-1 計1-2
得点:濱野雄太(阪南大) 古城優、大田賢生(大阪体育大)

阪南大の先発:1名良橋拓真、2真瀬拓海、5長谷川隼、4大野佑哉(c)、23岸元海、34藤原音哉、14江口稜馬、11中村亮、19永野雄大、10濱野雄太、9草野侑己
交代:永野→22三木健太 江口→8吉森海斗 岸元→37佐藤瑠己安 濱野→44山本弥彦 中村→16町田蘭次郎
控え:21小笠姫馬 12川崎雄一郎 49白石健 7林雄飛

大阪体育大の先発:1立川小太郎(c)、12有働周平、4菊池流帆、5田中駿汰、3小川明、8堀内颯人、6平田健人、19君垣隆義、左MF7浅野雄也、11大田賢生、13古城優
交代:古城→9林大地 浅野→20西田恵 永野→10末吉塁 有働→15大崎航詩 大田→2江郷下奨
控え:21矢田貝壮貴 28アフラギ マハディ 32疋田優人 33小塚祐基

この日は残念ながら勝利とはなりませんでしたが、リーグ戦の苦戦を跳ね返して総理大臣杯の出場権を得た阪南大。さまざまな強豪が集まる全国大会で、ほかのフロンターレU-18で育った選手たちのシュートに、名良橋が好セーブを見せたり、プレスをうまくかわして、長谷川が前線へ縦パスを入れる-。そんな場面を見られたら幸せなことです。

総理大臣杯を通して、阪南大がさらにいいチームになって、冬の大学サッカー日本一を決める全日本大学サッカー選手権の舞台に帰ってくることも願っています。

(文中敬称略)

 

名良橋拓真選手
長谷川隼選手
試合を前にした阪南大の選手たち
写真撮影に臨む

リーグ戦では首位を走る大阪体育大の選手たち
長谷川隼選手
名良橋拓真選手
後方からフィードや縦パスを入れ続けた長谷川隼選手
名良橋拓真選手はフロンターレU-18時代と同様に身体能力の高さを見せた

リーグ戦では13ゴールをあげ、得点ランキングトップに立つ阪南大の草野侑己選手

大阪体育大の大田賢生選手
阪南大の濱野雄太選手

体を張って好守を見せる名良橋拓真選手
足でシュートを止める好守を見せる名良橋拓真選手
こぼれ球を大阪体育大の古城優選手が決め、0-1に

ファーで濱野雄太選手が合わせたボールはゴールへ
1-1に

ハーフタイムへ
後半へ
後半から登場の大阪体育大、林大地選手は攻守に奮闘
大田賢生選手がシュートを打つ
軌道が変わったボールはゴール右に

しっかりシュートを止める名良橋拓真選手
コーナーキックのキッカーも務めた長谷川隼選手

後半は気温が上がったため、給水タイムが取られた

最後は大野佑哉選手を前線へ上げた阪南大だったが追い付くことはできなかった
1-2でタイムアップ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です