フロンターレU12 / 日産カップ


川崎フロンターレU-12にとって2015年度の最後の大会にあたる日産カップ争奪神奈川県選手権大会は中央大会へ。2月7日に行われた1回戦では中沢サッカースクールに8-2、2回戦で足柄フットボールクラブに4-0で勝利し準々決勝に進出。2月11日、日産追浜総合グラウンドにて準々決勝と準決勝が行われました。

【川崎フロンターレU-12 日産カップ争奪神奈川県選手権大会中央大会準々決勝vs海老名FC】
2月11日(木)午前9時20分キックオフ 日産追浜総合グラウンド 晴れ 20分ハーフ 11人制

準々決勝の対戦相手は海老名FC。フロンターレの先発はGK1青山海、DFは右から2佐々木輝大、3田鎖勇作、25高井幸大、5甲斐翔大、ボランチは8小室愛樹、6秋葉拡人、右MF13松尾凛久、左MF11山本蒼己、FW9石原央脩、10五十嵐太陽 

立ち上がりからGK青山に甲斐や高井、小室や秋葉がパス交換をして組み立てていくフロンターレでしたが、海老名FCは最終ラインを高く保ち非常にコンパクトに。3分に左を抜け出した五十嵐がゴールへ迫り最後は石原がシュートを放ちますが、ブロックされて決まらず。その後はなかなかシュートまで持ち込めない時間が続きます。

一方の海老名FCは13分左コーナーキックをファーで折り返すと最後はニアにいた13番が頭で合わせるとこれはゴールへ。しかし、青山が間一髪これをかきだして得点を許しません。

再びパスを回しながらも海老名FCへ攻勢をかけるフロンターレ。さすがの海老名もラインがやや下がりぎみになっていきます。

16分にはボールを持ち上がった田鎖がセンターサークルやや前あたりから思いきりのよいミドルシュートを放つとこれが海老名のGK1番の頭上を抜きゴールネットを揺らします。1-0。先制はフロンターレ。

後半もボールを保持しつつ攻勢に出るフロンターレ。7分には秋葉の左コーナーキックが相手のオウンゴールを誘い2-0。突き放します。

一方の海老名も8分にはエリア右へボールがわたると最後は10番がシュートを放ちますが、ここは高井がブロック。その後のコーナーキックもフロンターレがしのぐと、11分には左サイドを甲斐がドリブルで突破。エリア内左からシュートを放つと最後はGKが弾いたボールを詰めていた石原が決めて3-0。

14分にはフロンターレに交代。松尾と山本に代えて18城田優が右MF、22戸田尚が左MFに。

15分には中央突破から海老名の7番がゴールへ迫りますが、ここは青山が対応。すると再びラインを高くして反撃に出ようとした海老名に対して秋葉が中盤からうらへパスを出すとこれに抜け出たのは五十嵐。海老名のGK1番が前へ出てきますが、先に触った五十嵐がゴールへ流し込み4-0。突き放してフロンターレが準決勝へ駒を進めました。

終わってみれば4-0となりましたが、コーナーキックからの海老名FCのシュートを防いだ青山のプレーは非常に大きかったと思います。

前半1-0 後半3-0 計4-0
得点:田鎖勇作、オウンゴール、石原央脩、五十嵐太陽(川崎)

フロンターレの先発:1青山海、2佐々木輝大、3田鎖勇作、25高井幸大、5甲斐翔大、8小室愛樹、6秋葉拡人、13松尾凛久、11山本蒼己、9石原央脩、10五十嵐太陽 
交代:山本→22戸田尚 松尾→18城田優

好守が光った青山海選手
好守が光った青山海選手
五十嵐太陽選手
五十嵐太陽選手
石原央脩選手
石原央脩選手
佐々木輝大選手
佐々木輝大選手
山本蒼己選手
山本蒼己選手
松尾凛久選手
松尾凛久選手
小室愛樹選手
小室愛樹選手
田鎖勇作選手がゴールを決めて先制した
田鎖勇作選手がゴールを決めて先制した
コーナーキックからゴールを狙う
コーナーキックからゴールを狙う
左サイドを突破する甲斐翔大選手
左サイドを突破する甲斐翔大選手
ゴールを喜ぶ選手たち
ゴールを喜ぶ選手たち
高井幸大選手
高井幸大選手
秋葉拡人選手と石原央脩選手㊨
秋葉拡人選手と石原央脩選手㊨
コーナーキックを蹴る秋葉拡人選手
コーナーキックを蹴る秋葉拡人選手
戸田尚選手
戸田尚選手
五十嵐太陽選手がゴールを決めて4-0とする
五十嵐太陽選手がゴールを決めて4-0とする

IMG_5206

【川崎フロンターレU-12 日産カップ争奪神奈川県選手権大会中央大会準決勝vsバディーサッカークラブ】
2月11日(木)午後0時42分キックオフ 日産追浜総合グラウンド 晴れ 20分ハーフ 11人制

準決勝の対戦相手はバディーサッカークラブ。7月に行われた神奈川県チャンピオンシップ決勝では1-0でフロンターレが勝利していますが、8月に行われたマリノスカップ決勝ではPK戦の末にバディーサッカークラブが勝利しています。

フロンターレの先発は準々決勝と変わらないメンバーでしたが、GK1青山海、DFは右から2佐々木輝大、3田鎖勇作、25高井幸大、5甲斐翔大、8小室愛樹が中盤の底に、その前に6秋葉拡人、9石原央脩、右MF13松尾凛久、左MF11山本蒼己、FW10五十嵐太陽。少し位置を変えてのスタートとなります。

試合は立ち上がりからバディーが高い位置からプレスをかけてフロンターレのミスを誘おうと仕掛けていきますが、青山に小室、田鎖や高井がボールを回してうまくいなそうとしていきます。しかし、なかなか前へボールか渡らずともにシュートを打てないまま時間が過ぎていきます。

14分にはバディーがエリア外左でフリーキックを得ると直接狙った8番のシュートはバーへ。フロンターレとしてはひやりとする場面。

17分にはフロンターレも左から崩してこぼれ球をエリア正面で拾った甲斐がループシュートで狙いますがこれはわずかに上へ。

18分には前へプレスをかけてくるバディーに対して青山がバックパスを手で触ってしまい、バディーに間接フリーキック。最後はエリア左から6番がシュートを放ちますが、これは右へ。

前半は0-0でタイムアップとなりました。

後半から小室と秋葉がボランチ、五十嵐と石原が前線に並ぶ形に戻ったフロンターレ。しかし、バディーの高い最終ラインをなかなか打開できず、7分には右コーナーキック、4番のボールを6番に合わされるとこれが決まって0-1。先制はバディーサッカークラブ。

9分にはフロンターレに交代、山本に代えて18城田優が左MFに。

その後もカウンターから攻勢に出るバディーに対してGK青山の好守などでしのぐフロンターレ。甲斐の左からのドリブルなどでゴールへ迫り、コーナーキックなどから得点を狙いますがなかなかネットを揺らすことはできません。

終了間際のコーナーキックではGK青山も上がり同点を狙いますが、バディーの守備がこれを上回ります。試合終了の笛が鳴ると嬉しそうに駆け出したのはバディーサッカークラブの選手たち。フロンターレは3位決定戦へ回ることになりました。

前半0-0 後半0-1 計0-1

フロンターレの先発:1青山海、2佐々木輝大、3田鎖勇作、25高井幸大、5甲斐翔大、8小室愛樹、6秋葉拡人、9石原央脩、13松尾凛久、11山本蒼己、10五十嵐太陽 
交代:山本→18城田優

決勝はバディーサッカークラブと横浜F・マリノス追浜の組み合わせ。フロンターレは横浜F・マリノスプライマリーと3位をかけ対戦します。キックオフは2月14日(日)午前11時、会場は日産スタジアム。

フロンターレU-12にとって2015年度最後の試合、お時間がある方はぜひ日産スタジアムへ足を運んでみてください。

(文中敬称略)

佐々木輝大選手
佐々木輝大選手
石原央脩選手
石原央脩選手
松尾選手
松尾選手
石原央脩選手
石原央脩選手
秋葉拡人選手
秋葉拡人選手
先制し喜ぶバディーサッカークラブの選手たち
先制し喜ぶバディーサッカークラブの選手たち
甲斐翔大選手
甲斐翔大選手
城田優選手
城田優選手
五十嵐太陽選手㊨と秋葉拡人選手
五十嵐太陽選手㊨と秋葉拡人選手
ゴール前での攻防
ゴール前での攻防
コーナーキックからゴールを狙う
コーナーキックからゴールを狙う
終了間際にはGK青山海選手もゴール前へ
終了間際にはGK青山海選手もゴール前へ
フロンターレは3位決定戦へ回ることになった
フロンターレは3位決定戦へ回ることになった

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です