フロンターレU13 – 横浜F・マリノスジュニアユース / 和光・町田カップ


4月3日は和光大学へ。和光大学を拠点に活動するクラブチーム和光ユナイテッド川崎FC主催のU-13年代を対象としたカップ戦、和光・町田カップが2日から行われており、この日は最終日。

柏レイソル、東京武蔵野シティ、横浜F・マリノス追浜、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、三菱養和巣鴨、町田ゼルビア、和光ユナイテッド川崎FC、フロンターレが出場している和光・町田カップは初日に3チーム、3グループに分かれて予選リーグを行い、最終日に同じ順位同士のチームが対戦します。

フロンターレは、予選リーグでは横浜F・マリノス追浜に5-1で勝利し、町田ゼルビアに1-2で敗れ、2位に。最終日は横浜F・マリノス、和光ユナイテッド川崎FCと対戦することになりました。

【川崎フロンターレU-13 和光・町田カップ vs 横浜F・マリノス】
4月3日(水)午後2時25分キックオフ 和光大学 晴れ 20分ハーフ

フロンターレの先発は、GK50山本健翔、最終ラインは右から22浅野遥、4土屋櫂大、3山中大輝、7荒井颯太、中盤の底に5田所莉旺、右MFに20村瀬悠馬、左MFに15中西大晴、トップ下に8矢越幹都、FW11香取武、10八田秀斗。

好天に恵まれた和光大学。ピッチの脇では多くの選手の家族らが見守る中、試合は始まりました。

立ち上がりから前に出ていくのはフロンターレ。1分には荒井が左サイドの高い位置へ。折り返してエリア内へ入れたボールはクリアされましたが、いい形で試合へ入っていきます。

そして3分、フロンターレは再び荒井が左サイドでボールを受け、八田が左サイドに流れてマリノスの選手を引き付け、スペースをつくると、荒井がエリア前に仕掛け、左へ展開。エリア外左で受けた八田がエリア内へ向かい、仕掛け、エリア内にボールを送ると、ニアに走り込んだ香取がダイレクトでゴールへ流し込み、1-0。先制点はフロンターレへ。

フロンターレはさらに田所や中西、矢越が多くボールに触れ、そこからゴールをうかがいにきますが、5分、マリノスがエリア右へ仕掛けた10がファールを受けてPKを得ると、18が決め、1-1。試合は振り出しに。

フロンターレはラインを高くして山中や土屋、浅野が後ろでボールを回しながら攻めの機会をうかがいに。矢越が右サイドからエリア前に持ち込み、ミドルシュートを打つなどしていきます。

マリノスも高い位置から、フロンターレが最終ラインで回すボールを狙ってプレスをかけ、8分には山本に寄せたところから、13がシュートに持ち込むなど、攻めに結びつけていきます。

10分、フロンターレはエリア外右でハンドがあり、マリノスのフリーキックに。2が左足で直接狙うとこれが決まり、1-2。フロンターレは追いかける展開に。

フロンターレは浅野が高い位置に持ち上がり、村瀬に縦へつけ、そこから香取がかかわって相手陣内でボールを回し、矢越の縦パスから八田がエリア前に顔を出すなど、人をかけての攻めに。

田所や中西が厳しい寄せでボールをものにし、そこから縦パスを入れ、攻守の切り替えの良さを見せていきます。

すると14分フロンターレは荒井が左サイドを仕掛け、クロスを上げると香取がこれに合わせ2-2。同点に。

直後にはマリノス、2が縦パスを入れると、8を経由して13がエリア左へ。しかし、シュートは山本がセーブ。

さらにマリノスは、13、10が起点となり、12がエリア右へ。シュートは枠をとらえますが、山本がまたもセーブ。

しのいだフロンターレは、17分、田所から左に展開。八田が高い位置へ流れ、人をかけて押し込みに。荒井が左クロスを上げ、こぼれ球を拾った矢越のシュートから左コーナーキックに。矢越が入れたボール、エリア外正面で山中が拾い、エリア内の香取に渡りますが、マリノスがブロックし、勝ち越しとはならず。

さらにフロンターレは、マリノス陣内でのプレーを続け、高い位置からうまくボールをものにしていくと、19分、荒井がエリア近くでボールを奪い、左に展開。八田がエリア正面へ地を這うようなボールを送ると、矢越がダイレクトで放ったシュートがゴール右へ決まり、3-2。再びフロンターレがリードして前半はタイムアップとなります。

 

後半フロンターレは、GKが45太田陽彩、最終ラインは右から9児玉昌太郎、23岩坪瑛太、5田所莉旺、13柴田翔太郎、ボランチは6齊名優太、18知久陽輝、右MFに2加治佐海、左MFに14関田和智、FW24坂本錠、25北里世那。

立ち上がりにはフロンターレ、知久の浮き球に、北里がエリア右へ。ブロックされ、阻まれたところで右コーナーキックとなり、齊名が右足で入れたボール、柴田が合わせるもGK1がセーブ。

フロンターレは、前半と同様に、ラインを高くし、坂本や北里がそれぞれよく動き出して、次々にコーナーキックを得るなどしていきます。

5分には、マリノスがコーナーキックをしのいだところからカウンターに持ち込み、右サイドから11が折り返したボール、3がエリア内で合わせるもシュートは太田がセーブ。好守で引き締めていきます。

フロンターレは、マリノスボール時には坂本のプレスバックなどでマイボールにし、切り替えよくプレーを重ねていきます。7分には、マリノスの右サイドからの攻勢をしのいだところから、坂本がボールをおさめ、カウンターに。エリア外から北里がミドルシュートを放つとGK1が弾いて、左コーナーキックに。齊名がニアを狙っていれたボールはブロックされるもこぼれ球を拾った加治佐のシュートが決まり、4-2。

直後にはマリノス、左サイドからの攻めに。9がエリア左でシュートを打つも太田がセーブ。

フロンターレは時には太田もエリア外でボールに触れ、後ろでボールを回しながら、長いボールも交えていきます。知久が右サイドの高い位置へ北里を走らせたり、岩坪がフィードを入れたりし、加治佐が右サイドから斜めに仕掛け、中央で受けた齊名がエリア右、坂本を狙いパスを出そうとするなど、うまい連係も見せていきます。

13分にはマリノス陣内でボールをものにし、知久から右へ展開。加治佐のパスからエリア右へ抜け出した北里のシュートが決まり、5-2。

マリノスも15分には15が右サイドから鋭い仕掛けを見せ、エリア前にボールを送ると3が迫るも田所が阻み、フロンターレはそこから再び攻勢に。知久が中央から出したパスを関田がワンタッチではたくと、坂本がエリア左へ。シュートを打つとこれも決まり、6-2。

フロンターレは高い位置でボールをよく奪い、さらにマリノス陣内でのプレーを続けに。コーナーキックをしのいで、坂本のパスから北里がエリア内へ仕掛けていくなど、最後までゴールを狙い続けていきます。

試合はタイムアップとなり、6-2。勝利をおさめたフロンターレは、最終戦、和光ユナイテッド川崎FCとの試合も6-1で制し、大会を終えました。

多くの選手たちが加わったフロンターレU-13のこれからをとても楽しみにしています。

前半3-2 後半3-0 計6-2
得点:香取武2、矢越幹都、加治佐海、北里世那、坂本錠

フロンターレの前半のメンバー:50山本健翔、22浅野遥、4土屋櫂大、3山中大輝、7荒井颯太、5田所莉旺、20村瀬悠馬、15中西大晴、8矢越幹都、11香取武、10八田秀斗

フロンターレの後半のメンバー:45太田陽彩、9児玉昌太郎、23岩坪瑛太、5田所莉旺、13柴田翔太郎、6齊名優太、18知久陽輝、2加治佐海、14関田和智、24坂本錠、25北里世那

(文中敬称略)

 

試合を前にした選手たち
円陣を組んでキックオフへ
山本健翔選手
浅野遥選手
香取武選手のゴールで先制する

土屋櫂大選手
八田秀斗選手
荒井颯太選手
山中大輝選手
香取武選手
八田秀斗選手
中西大晴選手
山中大輝選手
村瀬悠馬選手
中西大晴選手
荒井颯太選手

浅野遥選手
矢越幹都選手
香取武選手が決め突き放す
八田秀斗選手
田所莉旺選手
矢越幹都選手

矢越幹都選手が決め勝ち越し

ハーフタイムへ
後半へ
太田陽彩選手

児玉昌太郎選手
知久陽輝選手
齊名優太選手
関田和智選手
太田陽彩選手
齊名優太選手、坂本錠選手
加治佐海選手
田所莉旺選手
加治佐海選手
北里世那選手
加治佐海選手が決め4-2

北里世那選手が決め、5-2

太田陽彩選手
加治佐海選手
柴田翔太郎選手
岩坪瑛太選手、知久陽輝選手

坂本錠選手が決め6-2

岩坪瑛太選手
北里世那選手
児玉昌太郎選手
北里世那選手、坂本錠選手
6-2でタイムアップ

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です