フロンターレU12 – 新町ジュニアーズSC / 松村杯準々決勝


11月2日は等々力第二サッカー場へ。川崎市の秋季大会、松村杯PUMAカップ争奪秋季少年少女サッカー大会は準々決勝と準決勝が行われ、川崎フロンターレU -12は準々決勝では新町ジュニアーズSCと対戦しました。

【川崎フロンターレU-12 松村杯PUMAカップ争奪秋季少年少女サッカー大会準々決勝 vs 新町ジュニアーズSC】
11月2日(土)午前10時キックオフ 等々力第二サッカー場 20分ハーフ 8人制

フロンターレの先発は、GK16斎藤准也、最終ラインは右から2榎本司、3林駿佑、7柏村涼太、中盤は5関徳晴、10平塚隼人、前線には9佐々木雄基、キャプテンの13新堀翔。

朝は肌寒さこそあったものの好天に恵まれ、徐々に気温も上がりつつある等々力。多くの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、キックオフとともに新町ジュニアーズは、センターライン付近からシュート。これは斎藤がセーブするも、さらに10が正面でおさめ、エリア外右、11へ。11のシュートは右へそれたものの、新町ジュニアーズがゴールの前に迫っての試合の入りに。

2分にはさらに10が縦パスをカット。エリア外左へ。シュートは上にそれたものの、守備から攻めにつなげていきます。

一方のフロンターレは、新堀がやや下がり目に、林の縦パスをおさめ、平塚や関につなげ、自分たちでボールを動かしに。3分には新町ジュニアーズの縦パスを関が中央でカット、そのまま正面へパスをだすと佐々木がエリア前に。これはオフサイドとはなりましたが、次第に相手陣内での時間をつくり、ボールを預けたところから関がエリア前に顔を出すなどしながら、ゴールを狙いにいきます。

柏村が左から中央へ持ち込む動きを見せ、榎本や林が前に持ち出し、佐々木が時には中盤へ下りるなどして

前に出ていくフロンターレ。5分には右へ開いた新堀のパスに、エリア内へ平塚が迫りますが、新町ジュニアーズはこれをクリア。新町ジュニアーズもコンパクトにして、粘り強く守っていきます

7分にはフロンターレ、左サイド、前に持ち出した柏村のパスに、新堀がエリア左へ。折り返しは、新町ジュニアーズがカバーし、シュートは打てず。さらに榎本の縦パスを中央で受けた佐々木から左へ展開。柏村が高い位置へ仕掛けていき、折り返しますがまたもやクリア。

新町ジュニアーズも前線の13が右サイド高い位置へ流れて起点になろうとしますが、フロンターレは林がカバー。しっかり前につなげ、攻めに持ち込みに。9分には正面でボールをカットした平塚がエリア前に。シュートを打つもブロック。一方の新町ジュニアーズも10分にはエリア外正面やや右でファールを受けてフリーキックに。7が右足で直接狙ったシュートはバーに。ゴールとはなりませんでしたが、おびやかしていきます。

フロンターレも直後には、右の榎本、下がり目の佐々木とつないで、佐々木から左へ展開。柏村がエリア外左、シュートを打ちますが右へ。

新町ジュニアーズも、直後には8がエリア外右へ。折り返しますが、これをフロンターレは戻りも速く、コンパクトに、しのぎ、さらに右サイドからの攻めにつなげてくる新町ジュニアーズに対して、新堀も下りて柏村と囲い込むようにして、対応。

11分にはフロンターレ、左コーナーキックを得ると、ニアで佐々木が合わせるも右へ。直後には新町ジュニアーズ、GK1が前に送ったボールに、13が抜け出しそうになりますが、林が粘り強く寄せ、最後は斎藤がセーブ。

フロンターレは、13分、佐々木に代わり8吉田志生。14分にはエリア外左でフリーキックを得ると、新堀が直後狙いますが、GK1がセーブ。

さらに榎本が右サイドから中央へ持ち上がり、パス交換からエリア左へ顔を出すなどしていくフロンターレ。17分には柏村が跳ね返したボール、正面へ新堀が抜け出しますが、GK1がセーブ。18分には左サイド、吉田、柏村との連係から攻めていくと、関のパスに新堀がエリア右へ。シュートを打つも上に。

フロンターレはさらに新堀が右の下がり目で受ける一方で、榎本が駆け上がり、おさめた吉田、中盤の平塚を経由して左の柏村につなげるなど、厚みのある攻めを見せていきます。19分には平塚から左へ展開。柏村がエリア外左へ仕掛けてシュート。しかし、GK1がセーブ。さらに20分には斎藤が前に送ったボール、右サイド高い位置へ新堀が抜け出し、折り返すと近いサイドで吉田がシュートを打つも枠はとらえられず。前半は0-0でタイムアップとなります。

後半立ち上がりには新町ジュニアーズ、右サイドから入ったボール、正面で10がおさめ、左へ展開。16がシュートを打つも左へ。

フロンターレは吉田が下がり目でボールをおさめ、そこからサイドに展開して前に。3分には右コーナーキック、新堀が右足でボールを入れると、ルーズボールを拾った柏村がエリア内左へ。シュートを打ちますが枠はとらえられず。

さらに柏村がエリア外左でファールを受けて得たフリーキック、新堀のボールに、遠いサイドで柏村が頭で合わせますが、枠外。4分には左サイドのスローイン、平塚が高い位置へ走り出し、正面で拾った関がミドルシュートを打つもGK1がセーブ。

フロンターレは6分、関に代わり11ステンパールカ大翔。新堀が中盤、ステンパーが前に。

後ろに平塚が下り、林や柏村とかかわりあいながら、時折長いボールも交えて攻めを試みていくフロンターレ。7分、柏村がエリア外右を突く浮き球を出すと、抜け出したのは吉田。シュートに持ち込むとこれが決まり、1-0。ついに先制点はフロンターレへ。

直後のセンターライン付近からの新町ジュニアーズのシュートも、斎藤がしっかりセーブ。林や榎本、時には斎藤が外に出て組み立て、ステンパーが中盤に下りる一方で、平塚がエリア内をうかがうなどして、フロンターレはさらに追加点を狙いに。林が縦パスをカットしたところから前に上がり、守備から攻めにつなげていきます。

10分には柏村が縦へ仕掛け、エリア左、ステンパーへパスを送るもステンパーのシュートはGK1がセーブ。

フロンターレはここで榎本に代わり4陶山響。はじめは右サイドに入った陶山はパス交換からエリア右へ。ラインを割りシュートには至りませんでしたが、いいかたちで試合へ入りに。プレーの切れたところで柏村が最終ラインの右、陶山は左へ。

新町ジュニアーズも、中盤の11が前を向き、そのパスに13がエリア前に抜け出しそうになりますが、林がカット。そこから攻めに転じたフロンターレは、柏村から吉田、右へ流れた新堀へつなげ、相手陣内で時間をつくりに。平塚が最終ラインの左へ下りる一方で、陶山が高い位置へ顔を出し、斎藤から右の柏村、新堀を経由して高い位置でステンパーがボールキープを図るなどし、右から抜け出そうとする新町ジュニアーズの13に対して、陶山が中へしぼりカットするなど、守備でもいいプレーを重ねていきます。

16分には吉田がボールをおさめ、右へ展開。柏村がエリア外右、ミドルシュートを打つもGK1がセーブ。

さらにピッチの左右を使いながら攻めていくフロンターレ。中央では平塚が粘り強くボールをカットするなど、球際に強くプレーを続けていきます。19分には新町ジュニアーズが左コーナーキックを得ますが、フロンターレは陶山がボールを正面でおさめ、カウンターに。陶山のパスにエリア右抜け出したのは吉田。シュートを打つとこれが決まり、2-0。

さらにステンパーや新堀、平塚が高い位置でボールを回していき、林がボールをカットしたところから右の柏村が仕掛けていくなど、ゴールをうかがいにいく姿勢も見せながら、試合はタイムアップ。新町ジュニアーズの堅守にも、攻守の切り替えの速さを最後まで保って、ゴールへつなげていったフロンターレ。準決勝への進出を決めました。

前半0-0 後半2-0 計2-0
得点:吉田志生2

フロンターレの先発:16斎藤准也、2榎本司、3林駿佑、7柏村涼太、5関徳晴、10平塚隼人、9佐々木雄基、13新堀翔(c)
交代:佐々木→8吉田志生 関→11ステンパールカ大翔 榎本→4陶山響

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち

新堀翔選手
円陣を組む選手たち
斎藤准也選手
林駿佑選手
関徳晴選手
柏村涼太選手
新堀翔選手
平塚隼人選手
林駿佑選手
佐々木雄基選手
榎本司選手
柏村涼太選手
斎藤准也選手
柏村涼太選手
榎本司選手
柏村涼太選手
新堀翔選手
佐々木雄基選手
佐々木雄基選手
新堀翔選手

斎藤准也選手
林駿佑選手
吉田志生選手
新堀翔選手
斎藤准也選手
吉田志生選手
柏村涼太選手
ハーフタイムへ
吉田志生選手
新堀翔選手

斎藤准也選手
ステンパールカ大翔選手
吉田志生選手が抜け出す
シュートが決まり1-0

斎藤准也選手
柏村涼太選手
榎本司選手
榎本司選手
榎本司選手
ステンパールカ大翔選手
陶山響選手
ステンパールカ大翔選手
林駿佑選手
柏村涼太選手
試合を見守ったフロンターレU -12の5年生奥田悠真選手、橋本乃翔選手
平塚隼人選手
平塚隼人選手
陶山響選手
林駿佑選手
ステンパールカ大翔選手
吉田志生選手
陶山響選手
吉田志生選手

カウンターからシュート
2-0

陶山響選手
新堀翔選手
2-0でタイムアップ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です