駒澤大 – 桐蔭横浜大 / 全日本大学サッカー新人戦決勝


12月22日は、大学サッカーシーズンの締めくくりとなる全日本大学サッカー選手権決勝が行われる浦和駒場スタジアムへ。全日本大学サッカー選手権決勝に先立ち、1、2年生を対象にした全日本大学サッカー新人戦決勝が行われ、駒澤大と桐蔭横浜大が対戦。川崎フロンターレU-18出身、桐蔭横浜大の高吉正真、山田新の2選手が出場しました。

【全日本大学サッカー新人戦決勝 駒澤大 vs 桐蔭横浜大】
12月22日(日)午前9時半キックオフ 浦和駒場スタジアム くもり

駒澤大の先発は、GK1松本瞬、最終ラインは右から2岩本蓮太、4山田虎之介、キャプテンの3猪俣主真、5桧山悠也、ボランチは15仲田瑠、8江﨑巧朗、右MF11中村一貴、左MF6島崎翔輝、トップ下7荒木駿太、前線には10土信田悠生。

新人戦3連覇を狙う桐蔭横浜大。先発は、GK1北村海チディ、最終ラインは右から2中村禄郎、3中野就斗、キャプテンの4鍋田純志、12鈴木智也、ボランチは14小関陽星、13國谷敦史、右MF10圓道将良、左MF8山口直也、前線には24篠原友哉、11寺沼星文。17高吉正真、9山田新はベンチスタート。

曇り空、やや肌寒い浦和駒場スタジアム。それでも駒澤大は、最後のシーズンを終えた4年生たちも加わり、にぎやかに声援を送れば、桐蔭横浜大も、このあとに全日本大学サッカー選手権決勝を控えた選手たちも顔を出し、こちらもチャントやコールで後押しをし、会場を盛り上げるなか、試合は始まりました。

立ち上がり、いきなりチャンスをつくったのは駒澤。左クロスのこぼれ球を拾った土信田が枠をとらえたシュート。しかし、桐蔭横浜は北村がセーブしていきます。桐蔭横浜もすばやくリスタートすると、鍋田のフィードに篠原が抜け出しますが、これはオフサイド。それでも切り替えの良さを見せていきます。

桐蔭横浜はさらにフリーキックのセカンドボールを拾った篠原がエリア左へ仕掛けていきますが、駒澤の守備の前にゴールまでは迫れないでいると、駒澤は4分には、右から中村がエリア内へ向かい仕掛けていき、ルーズボールをエリア外正面で拾った土信田がミドルシュート。左へそれましたが、おびやかしていきます。

駒澤は下がり目でおさめた荒木から受けた島崎が左から仕掛け、中央で受けた土信田から右へ開いた中村へ展開するなど、両サイドを使いながら迫っていきます。

桐蔭横浜も7分にはボールをカットした鍋田が左サイドを突くパスを出すと、篠原がエリア左へ。ニアをとらえたシュートを打ちますが、駒澤はブロック。

駒澤も左に開いた荒木が、土信田に精度の高いクロスを入れていきますが、土信田はわずかに触ることはできず。さらに右から岩本のロングスローを入れたり、コーナーキックなどで迫る駒澤。桐蔭横浜は北村がパンチングで逃れるなど、集中力を見せていきます。

14分には、桐蔭横浜、左へ開いた山口から中央の圓道へ。圓道の縦パスに寺沼がエリア内へ向かい仕掛けていきますが、山田が阻みシュートは打てず。

すると次第に流れは駒澤へ。浮き球に中村がエリア右へ抜け出したり、左から桧山が地を這うような折り返しを入れるなどしていくと、14分には、左コーナーキック、仲田が右足でボールを入れると、エリア内でこぼれ球を拾った岩本がシュートを打ちますが上に。直後には、土信田から左へ展開。島崎がクロスを入れるとニアに中村が迫りますが、北村がセーブ。

守勢だった桐蔭横浜も、18分には、北村のフィードに篠原がエリア左へ。シュートを打ちますが、ワンタッチあり左コーナーキックに。小関が左足で入れたボール、鍋田が折り返すと、正面で拾った寺沼からエリア右の中村へ渡りますが、駒澤はブロックしていきます。

さらに22分には、桐蔭横浜、篠原が左サイドの下がり目に下り、エリア右を突くパスを出すと、寺沼が抜け出しますが、猪俣が阻みシュートは打てず。26分には、北村の正確なフィードに、抜け出した中村がエリア右へ仕掛けていきますが、駒澤の守備も堅く対応。29分には、コーナーキックのセカンドボールをものにした國谷から右へ展開。コーナーキックのキッカーを務め、右サイドに残っていた鈴木智也のクロスに、寺沼が合わせますが、枠はとらえられず。

駒澤はここから右の中村、左の島崎がサイドをよく仕掛けて、左右からクロスを入れ、桐蔭横浜はそれをしのいでいく展開に。桐蔭横浜も中野や鍋田が開いて間に小関や國谷が落ち、後ろから組み立てていこうとしますが、駒澤の寄せの速さなどでなかなか前に起点をつくることができないでいると、39分には、駒澤、島崎の浮き球のパスに正面でうまく前を向いた荒木がシュート。北村はパンチングで防ぐも、詰めた土信田が押し込み、1-0。駒澤が先制点をものにします。

岩本がロングスローを入れ、江﨑がよくセカンドボールをものにしてさらに前に迫る駒澤。42分には、中村のパスに土信田がエリア右へ。あまり角度のないところからシュートを打ちますが、北村がセーブ。さらに45分には、荒木から受けた中村が右クロスを上げると、土信田が合わせますが枠はとらえられず。

前半は、1-0でタイムアップとなります。

後半、桐蔭横浜は寺沼に代わり9山田新。北村のフィードに、エリア左へ山口が抜け出すなどしていく桐蔭横浜。しかし、3分、桐蔭横浜が後ろ組み立てていこうとするところを突いて、荒木がボールを奪った駒澤。エリア外正面で仲田が放ったシュートが決まり、2-0。反撃に出ようとしたところで桐蔭横浜は突き放されてしまいます。

たたみかける駒澤は、7分には、エリア左で土信田がシュートを打ちますが、中野がブロック。さらに駒澤は、いったん桐蔭横浜がカバーしマイボールにしたところを、高い位置で荒木が奪い返すなど、前からプレスをかけていき、左サイドでボールを奪った桧山のパスに、荒木がエリア左へ抜け出しそうになるなど、守備から攻めへの速さで上回っていきます。

そんななか桐蔭横浜は12分には、山田がエリア左へ抜け出し、シュート。これはGKの松本が阻み、左コーナーキックに。國谷が入れたボール、遠いサイドで山田が頭で合わせますがサイドネットに。得点とはならなかったものの、決定的な場面をたて続けにつくっていきます。

17分には、桐蔭横浜は小関に代わり18楠大樹。篠原がボランチ、圓道が前、楠が右MFへ。

さらに19分にはたびたび厳しいコンタクトを受けていた鍋田に代わり16羽田一平。

21分には、駒澤、たて続けにコーナーキックを得ると、仲田が左足で入れた右コーナーキック、エリア左で荒木がシュートを打ちますが、北村がセーブ。北村は右サイドへ楠を走らせていきますが、駒澤はクリアしていきます。

桐蔭横浜は楠が右サイドを突破し、ゴールへ迫りますが、駒澤の守備も堅くなかなかシュートまでは至らず。26分には、駒澤、土信田に代わり9宮崎鴻。

桐蔭横浜は縦パスにエリア左へ山田が抜け出すなどしていき、山田が受けたボールを圓道が左へ展開。山口に渡し、人をかけて迫れるように。30分には、中村に代わり17高吉正真が右SBに。

すると33分、桐蔭横浜は左サイドに流れた山田がボールをおさめ、圓道を経由してエリア外右、楠へ。楠が駒澤の厳しい寄せに遭いながらもシュートを打つと、松本の頭上を抜くようなループシュートとなり、ボールはゴールのなかへ。2-1。桐蔭横浜がついにゴールをものにします。

ここで駒澤は中村に代わり14宮嵜龍飛が入りボランチに。仲田がトップ下、荒木が右MFに。35分、次の1点は駒澤へ。桐蔭横浜の組み立てを突いて、正面でボールをカットすると、エリア左、島崎が放ったシュートはゴール右へ。3-1。桐蔭横浜としてはややもったいないかたちで、駒澤が突き放していきます。

37 分にはまたも駒澤、岩本の右クロス、宮崎が競ると最後は仲田のシュートが決まり、4-1。

桐蔭横浜は39分、山口に代わり7鈴木俊輔。40分には、駒澤、山田に代わり12會澤海斗。さらに42分には、島崎に代わり25塚原舜介が入り右MF、荒木が左MF。

点差は付いても左から中央へ仕掛けてくる荒木に、高吉が厳しい寄せでボールを奪い取り、その縦パスを受けた山田が右サイド、高い位置へ動き出す楠にボールを入れるなどしていく桐蔭横浜。しかし、駒澤の選手たちが阻んでいきます。

ロスタイムは4分、間で受けた宮崎のパスに、エリア右へ塚原が迫るなど迫る駒澤に、北村のセーブでしのいでいく駒澤。駒澤は仲田に代わり13須田晃輝。

北村がパンチングで阻んだところで鈴木がエリア左へ仕掛けていくなどする桐蔭横浜ですが、得点には至らず。試合はタイムアップ。4-1。新人戦の覇者は駒澤となりました。

桐蔭横浜の3連覇はなりませんでした。それでも点差がついても最後まで、後ろからの組み立てを試みるなど自分たちのスタイルにこだわったその戦いぶりは、印象深いものがありました。

この敗戦を経て、桐蔭横浜がどんなチームになっていくのか。また、山田や高吉がそんなチームのなかで、どんな存在になっていくのか。とても楽しみにしています。

前半1-0 後半3-1 計4-1
得点:土信田悠生、仲田瑠2、島崎翔輝(駒澤) 楠大樹(桐蔭横浜)

駒澤大の先発:1松本瞬、2岩本蓮太、4山田虎之介、3猪俣主真(c)、5桧山悠也、15仲田瑠、8江﨑巧朗、11中村一貴、6島崎翔輝、7荒木駿太、10土信田悠生
交代:中村→14宮嵜龍飛 山田→12會澤海斗 島崎→25塚原舜介 仲田→13須田晃輝
控え:1松永海斗 20相澤佑哉 24高橋優斗 30石井陽向

桐蔭横浜大の先発:1北村海チディ、2中村禄郎、3中野就斗、4鍋田純志(c)、12鈴木智也、14小関陽星、13國谷敦史、10圓道将良、8山口直也、24篠原友哉、11寺沼星文
交代:寺沼→9山田新 小関→18楠大樹 鍋田→16羽田一平 中村→17高吉正真
控え:23冨吉優斗 22大越寛人 19中谷超太 20大竹悠聖

(文中敬称略)

桐蔭横浜の先発メンバー
駒澤大の先発メンバー
ベンチスタートの高吉正真選手

駒澤の攻めに耐えていく桐蔭横浜

桐蔭横浜は寺沼星文選手が迫るも、駒澤の守備に阻まれていく
山田新選手

土信田悠生選手が決め、駒澤が先制

前半は駒澤が1-0でリード

後半からピッチに立った山田新選手

山田新選手

0-2に

決定的な場面をつくった山田新選手

高吉正真選手

楠大樹選手が決め、1-2

駒澤が突き放し3-1

 

高吉正真選手
4-1。駒澤が勝利

3連覇は逃したが自分たちのスタイルにこだわる姿勢が印象的だった桐蔭横浜大

選手たちをねぎらう早坂勇希選手

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です