川崎フロンターレU18 – 三菱養和ユース / 日本クラブユース選手権 2016 関東予選


トップチームがジュビロ磐田と対戦した5月29日、川崎フロンターレU-18は日本クラブユース選手権関東予選ノックアウトステージの2回戦に臨みました。一回戦ではザスパクサツ群馬U-18に5-1で勝利し、この試合で勝てば全国大会出場が決まり、負けた場合は敗者復活戦へ回ることになります。

【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース選手権関東大会ノックアウトステージ2回戦vs三菱養和ユース】
5月29日(日)午後4時9分キックオフ 神奈川県フットボールセンターかもめパーク 晴れ

フロンターレの先発はGK21浅川将輝、DFは右から2横山尚輝、14小川真輝、22新井秀明、3川崎晶弘、ボランチはキャプテン10田中碧、18村田聖樹、右MF9藤井柾人、左MF11道本大飛、トップ下8栗脇拓人、FW28山田新

フロンターレの対戦相手はプリンスリーグ関東で首位に立つ三菱養和ユース。今季のプリンスリーグ関東第2節では1-1で引き分けています。

先発はGK1塚田匡壮、DFは右から2久保井俊喜、4杉山耕二、19佐々木陸生、3伴武宏、ボランチはキャプテン7齋藤一、5石田明、右MF11戸張颯太、左MF6高橋ラシード、トップ下10平山駿、FW15長岡龍之介

フロンターレは26宮代大聖、三菱養和は20中村敬斗をいずれもU-16日本代表のインド・ベトナムへの遠征で欠いています。

試合はともに立ち上がりから慎重にボールを組み立てるフロンターレと、しっかり守備から入ってきた三菱養和が対峙。流れの中ではシュートまではともに至らず。

7分には三菱養和がエリア外右でフリーキックを得ると、素早いリスタートから右へ展開して久保井がクロスを上げると最後は長岡がシュートを打ちますがここはGK浅川がキャッチ。

21分にも三菱養和久保井の右クロスのこぼれ球を拾い、平山がシュートを打ちますがここも浅川がしっかりとキャッチ。

フロンターレは26分にエリア前へ人数をかけた攻め。最後は田中が粘り強くボールを運んでエリア内へ進入しますが、三菱養和の選手たちにブロックされてシュートを打つには至らず。

さらに27分スローインの流れからパス交換で田中がエリア内右へ進入、シュートを打ちますがこれは上へ外れてしまいます。

三菱養和は直後にはボールを中盤で奪い取るとエリア右へ進入から平山がシュートを打ちますがここは浅川が好守。終盤には次々に三菱養和がコーナーキックを獲得し、ゴールをおびやかしていきますが、浅川を中心にしのいで、前半は0-0でタイムアップとなります。

フロンターレの先発メンバー
フロンターレの先発メンバー
田中碧選手
田中碧選手
横山尚輝選手
横山尚輝選手
浅川将輝選手
浅川将輝選手
田中碧選手と道本大飛選手
田中碧選手と道本大飛選手
小川真輝選手
小川真輝選手
道本大飛選手
道本大飛選手
山田新選手と新井秀明選手
山田新選手と新井秀明選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
新井秀明選手
新井秀明選手
道本大飛選手
道本大飛選手
浅川将輝選手
浅川将輝選手
小川真輝選手
小川真輝選手
浅川将輝選手
浅川将輝選手
前半終盤はコーナーキックから攻められる我慢の展開
前半終盤はコーナーキックから攻められる我慢の展開

IMG_4730

新井秀明選手
新井秀明選手
田中碧選手
田中碧選手
小川真輝選手
小川真輝選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
横山尚輝選手
横山尚輝選手
浅川将輝選手
浅川将輝選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
横山尚輝選手
横山尚輝選手
道本大飛選手
道本大飛選手

栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手

藤井柾人選手
藤井柾人選手
前半は0-0
前半は0-0

後半は立ち上がりに右サイドからフロンターレが藤井のスピードを生かしてゴールへ迫りますが三菱養和の球際に激しい守備の前にシュートを打つことはできず。久保井、伴の両SBにしっかり対応されてなかなか高い位置でフロンターレはポジションを取ることはできず。三菱養和が距離感よくボールを回す時間が続いて、次第に押し込まれていきます。

4分には石田がエリア右からシュートを打つもここは新井がブロックしてコーナーキックに。1左コーナーキックからニアにシュートを打たれますがここも新井がクリア。

9分にはハンドからエリア外右で三菱養和がフリーキック、平山がグラウンダーで狙ってきますがここはクリアし、コーナーキックに。長岡が入れた右からのボールを杉山が折り返すとエリア右から長岡がシュートを打ちますがここは小川が体をはりブロック。苦しい展開にも好守を積み重ねて、しのいでいきます。

19分にはフロンターレに交代、山田に代えて6小泉靖弥、右MFに。藤井がFWへ。21分には新井がインターセプトをしたところから左サイドを駆け上がり、中へ展開、栗脇から右サイドへ出たボールを小泉がクロスを上げますがここは精度を欠いてしまいます。

24分には三菱養和エリア外右からの長岡のフリーキックに、杉山が合わせますが上へ。さらに戸張がエリア右から迫りますがここは川崎がカバーリング。劣勢のなかにも守備では好プレーの連続、0-0のまま試合は終盤へ差し掛かっていきます。

フロンターレは29分には栗脇に代わり、17大曽根広汰。

37分、先に得点を奪ったのは三菱養和でした。スローインの流れからエリア前へボールが入ると戸張が放ったシュートはゴール右隅へ。選手に当たって少し軌道が変わったのかここまでしっかりと対応していた浅川もこれにはさわることはできず。0-1。歓声を上げる三菱養和の選手たち。

ここでフロンターレは道本に代えて34高吉正真がCB、新井がFWに上がり、大曽根が左MFに。前へボールを入れたところから、攻勢に出ようとしますが、もったいないファールもあり、なかなか得点機にはつなげられず。試合はロスタイムへ。

いつ主審が笛を吹いてもおかしくはない、そんな時間になった47分に小泉がドリブルで仕掛けるとフロンターレは右コーナーキックを得ます。キッカー小川のボールに合わせたのは川崎晶弘。ゴールネットが揺れて1-1。駆け出して、ピッチ脇でアップをしていた選手たちと喜びを分かち合うフロンターレの選手たち。土壇場の同点ゴールで試合はPK戦へ。

しかし、先攻のフロンターレは一人目の村田、小川が決めますが、三人目の新井がGK塚田に止められると四人目の田中も枠をとらえられず。

一方の三菱養和は平山、齋藤、杉山、高橋が決め、2-4。

この結果、フロンターレは日本クラブユース選手権の出場権をかけた敗者復活戦に臨むことになりました。試合後には涙する選手もいたフロンターレ。しかし、その体を張ったプレーがなければ、終了間際のゴールでPK戦へ持ち込むことはできなかったはずです。次戦でもこの日のようなプレーで、今度は勝利へ導いてほしいものです。

前半0-0 後半1-1 計1-1 PK2-4
得点:川崎晶弘(川崎) 戸張颯太(三菱養和)

フロンターレの先発:21浅川将輝、2横山尚輝、14小川真輝、22新井秀明、3川崎晶弘、10田中碧=cap、18村田聖樹、9藤井柾人、11道本大飛、8栗脇拓人、28山田新
交代:山田→6小泉靖弥 栗脇→17大曽根広汰 道本→34高吉正真
控え:16早坂勇希 15池谷祐輔 13奥山璃空 31上野綜太

三菱養和の先発:1塚田匡壮、2久保井俊喜、4杉山耕二、19佐々木陸生、3伴武宏、7齋藤一=cap、5石田明、11戸張颯太、6高橋ラシード、10平山駿、15長岡龍之介

次戦は6月4日午後1時半、前橋市総合運動公園にてジェフユナイテッド市原・千葉との対戦。勝てば翌5日、日立柏総合グラウンドで行われる敗者復活戦2回戦へ進み、負けた場合は敗退。2回戦で勝利すれば全国大会出場が決まり、負けた場合は最後の一枠をかけた決定戦へ回ることになります。

(文中敬称略)
写真はあんざいさん撮影のものも使わせていただきました。ありがとうございます!

小泉靖弥選手
小泉靖弥選手
奥山璃空選手
奥山璃空選手
奥山璃空選手
奥山璃空選手
上野綜太選手
上野綜太選手
高吉正真選手
高吉正真選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
道本大飛選手
道本大飛選手
藤井柾人選手
藤井柾人選手
田中碧選手
田中碧選手
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
山田新選手
山田新選手
山田新選手
山田新選手
道本大飛選手
道本大飛選手
藤井柾人選手
藤井柾人選手
小泉靖弥選手
小泉靖弥選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
小川真輝選手
小川真輝選手
高吉正真選手と川崎晶弘選手
高吉正真選手と川崎晶弘選手
土壇場の同点ゴールに沸く選手たち
土壇場の同点ゴールに沸く選手たち
PK戦を見守る
PK戦を見守る
浅川将輝選手
浅川将輝選手
PK戦を制して全国大会出場を決めた三菱養和の選手たち
PK戦を制して全国大会出場を決めた三菱養和の選手たち

DSC09739

DSC09734

フロンターレは敗者復活戦へ回ることになった
フロンターレは敗者復活戦へ回ることになった

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です