桐蔭横浜 – 慶應義塾 / 関東大学サッカーリーグ 第14節


後期より有観客試合が再開された関東大学サッカーリーグ。快晴の10/24(土)西が丘にて上位進出を狙う桐蔭横浜大学が慶應義塾大学との対戦に挑みました。

関東大学サッカーリーグ 第14節
桐蔭横浜 – 慶應義塾
10月24日(土)11:00 キックオフ 味の素フィールド西が丘 快晴

桐蔭横浜の先発はGK1 早坂勇希,DFは右から2 浅野嵩人,3 遠藤凌(c),4 鍋田純志,5 岩下航,MFはボランチに6 橘田健人,29 高木俊希,右に8 加々美登生,左に10 鳥海芳樹,FWは2トップに11 篠原友哉,34 山口直也という布陣。
対する慶應義塾の先発はGK1 田原智司,DFに4 谷本竜一,22 東山航大,25 日川優太,MFに2 小山内慎一郎,5 田嶋凜太郎,10 松岡瑠夢(c),11 内桶峻,16 田村祐二朗,34 川野太壱,FWに36 齊藤滉でした。

川崎フロンターレU18出身の桐蔭横浜GK1 早坂は先発,26 山田新,この日が初の関東リーグベンチ入りとなった35 高吉正真はベンチスタートとなりました。また,来季フロンターレへの加入が内定している6 橘田も先発となります。

前半の序盤は桐蔭横浜ペースで試合が進みます。小気味よくショートパスをつないで左サイド10 鳥海の展開から中央で11 篠原,34 山口らがゴールをおびやかしていきます。対する慶應は中盤でのプレッシャーから10 松岡,36 齊藤を中心にショートカウンターを仕掛けていきます。
16分,ゴール前の混戦から右サイドでボールを拾った桐蔭2 浅野から8 加々美へのパス。加々美はこれをシュート。その先で待ち受けていた11 篠原がボールの向きを変えてゴールに流し込み,桐蔭横浜が先制します。
27分には慶應。25 日川のロングスローに10 松岡が合わせようとしますがこれは繋がらず。この試合,慶應はロングスローを効果的に使い桐蔭横浜ゴールをおびやかしていきました。
41分,桐蔭横浜は最後方3 遠藤から右サイドを駆け上がった8 加々美へ鋭いスルーパス。これが通り,加々美はそのままペナルティエリアへ侵入。鋭いクロスに10 鳥海が飛び込みますがこれは合わず。
その後も桐蔭横浜は左右の深い位置からの攻撃でチャンスを作りますが追加点はなく前半を終えます。

後半,慶應は5 田嶋,36 齊藤に代わって33 木南諒,19 宮本稜大が投入されます。
6分,慶應は右サイドで得たスローインを25 日川がロングスロー。これを16 田村がすらして後方から走り込んだ選手がシュートを放ちますが桐蔭横浜DFがブロック。このこぼれ球を拾ったのは桐蔭横浜11 篠原。中央付近でボールを持つと,左サイドへドリブル。そのまま慶應DFに1対1を仕掛け揺さぶりシュート。しかしこれは慶應GK1 田原がナイスセーブで得点を許しません。
9分,ペナルティエリア前右側でFKを獲得したのは慶應。34 川野がファーサイドへ鋭いクロスを入れますが,これは桐蔭横浜GK1 早坂が素早い反応で抑えチャンスを作らせません。
逆に11分,桐蔭横浜は右からのCKにキッカーは29 高木。敵味方が混戦になっている中央へ送ったボールに頭で合わせたのは4 鍋田。しかしこれは枠外へ。
15分,慶應は22 東山に代えて3 酒井綜一郎,桐蔭は34 山口に代えて26 山田新を投入,慶應は更に16 田村に代えて7 杉本崇太朗も投入します。
25分,中央でボールを受けた桐蔭横浜29 高木は中央を通すミドルパス。そこから更に前線に走り込んだ26 山田へ鋭く入れますがこれは通らず。しかしこぼれ球を拾った8 加々美から中央へ走り込んだ10 鳥海へ。更に左へ走り込んだ5 岩下がシュートを放ちますがこれは慶應DFにブロックされ得点とはなりません。
桐蔭は32分,11 篠原に代えて24 寺沼星文,慶應は39分に2 小山内に代えて15 中畝楓流を投入します。
40分,慶應は右サイドで得たスローインの場面で25 日川。この日何度も好機を演出したロングスローでチャンスを作ります。味方DFが潰れたこぼれ球に走り込んだのは10 松岡。トラップなしでシュートを放ちますがこれは桐蔭横浜DF4 鍋田がブロック。得点を与えません。
43分,右サイドでFKを獲得したのは桐蔭横浜。キッカーは6 橘田。ニアサイドに鋭いクロスを入れると飛び込んだ26 山田の頭にドンピシャリ。ゴールの枠を捉え得点かと思われましたが,ギリギリのタイミングで慶應GK1 田原がはじき出し,追加点を与えません。続く45分の桐蔭横浜FKでも田原が積極果敢に前に出てボールをはじき出しました。
最終盤,桐蔭横浜は29 高木に代えて13 上田駿斗,10 鳥海に代えて15 圓道将良を投入し試合のクローズにかかります。
しかし48分,慶應も諦めません。左サイドに展開した11 内桶から中央の15 中畝がつなぎ,左へ流れた10 松岡へ。松岡はひとりかわして中央へクロスを入れますがこれはDFがクリア。獲得したCKには3 酒井が頭で合わせますがこれは勢いなく桐蔭横浜GK1 早坂がしっかりとキャッチ。試合終了となりました。

桐蔭横浜は狙い通り勝点を伸ばし上位争いに踏みとどまり,内容は悪くないものの慶應は下位にとどまることになりました。1-0という結果以上に内容の濃い試合止まりました。
今後も安定して有観客での試合が見られることを祈ります。
写真はとめさん,なつこさんのものを使わせていただきました。ありがとうございます!

前半 1-0
後半 0-0
合計 1-0
得点:篠原友哉(桐蔭)

桐蔭横浜の先発:
1 早坂勇希,2 浅野嵩人,3 遠藤凌(c),4 鍋田純志,5 岩下航,6 橘田健人,29 高木俊希→13 上田駿斗,34 山口直也→26 山田新,8 加々美登生,10 鳥海芳樹→15 圓道将良,11 篠原友哉→24 寺沼星文
控え:
21 古瀬圭佑,25 中野就斗,36 鈴木智也,28 井出真太郎,35 高吉正真

慶應義塾の先発:
1 田原智司,4 谷本竜一,22 東山航大→3 酒井綜一郎,25 日川優太,2 小山内慎一郎→15 中畝楓流,5 田嶋凜太郎→33 木南諒,10 松岡瑠夢(c),11 内桶峻,16 田村祐二朗→7 杉本崇太朗,34 川野太壱,36 齊藤滉→19 宮本稜大
控え:
21 稲川琢馬,29 小山彬,20 石原大暉,18 飯塚亮貴

(文中敬称略)

恒例のV字整列

橘田選手と鳥海選手
慶應の松岡選手と桐蔭の橘田選手
橘田選手

好機を演出した高木選手

決勝点をあげた篠原選手

プリンスリーグ時代に何度も対戦した桐光学園出身の鳥海選手
後半途中からの出場で見せ場を作った山田選手

寺沼選手。パワフル
勝利で笑顔

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です