フロンターレU15 – TOKYU S Reyes FC / メトロポリタンリーグ


3月27日の等々力第一サッカー場。関東ユース(U-15)サッカーリーグ、川崎フロンターレU-15 vs TOKYU S Reyes(レイエス)に続いて、2年生たちの公式戦メトロポリタンリーグが行われ、フロンターレはレイエスとの試合に臨みました。



【川崎フロンターレU-15 メトロポリタンリーグ vs TOKYU S Reyes】

3月27日(日)午後3時半キックオフ 等々力第一サッカー場 くもり 35分ハーフ

フロンターレの先発は、GK21岩田幹太郎、最終ラインは右から27小川翔太、31木下勝正、26菊池京、29山根春人、中盤の底に28山川陽平、その前に35小川尋斗、キャプテンの38奥田悠真、右に39小林朝日、左に41三上瑛大、前線には40玉木聖梛。




関東ユースが行われていたころと同様、空には雲がかかるなか、始まった試合。

フロンターレは、立ち上がり、奥田、山川に木下や菊池がかかわり、後ろからの組み立てに。レイエスにボールが渡ったところでは、玉木が下がり目でプレスにいき、取り返していきます。


3分には、三上のパスに、小林がエリア右へ仕掛けていきますが、レイエスGKがセーブ。

フロンターレはさらに後ろから丁寧に組み立てを図り、正確なサイドチェンジも交え、ゴールをうかがっていきます。

レイエスも、GKもかかわって後ろからつないでいこうとしますが、フロンターレは前から奪いにいき、連動。

8分には山川が中央でボールをカット。奥田とのパス交換からエリア外右へ。ミドルシュートは枠をとらえられませんでしたが、守備から攻めへ、切り替えの良さを見せていきます。


9分にはさらに、左サイド、山根のパスに、三上が仕掛けていき、折り返しますが、レイエスの守りに阻まれ、シュートまでは行けず。

一方のレイエスも、10分には、正面で縦パスを受けた9が切り返してミドルシュート。枠をとらえますが、岩田が後ろにはじき出して阻む好セーブを見せていきます。

しかし、11分、レイエスはコーナーキックのセカンドボールを拾い、右サイドからの攻めに。折り返すと、オウンゴールを誘い、0-1。先制点を決めたのはレイエスに。



追い掛ける展開にも、木下、菊池の間に山川が下りて、中央、左右にテンポよくボールを動かしていくフロンターレ。レイエスに奪われても、すぐさまボールを取り返していきます。

14分には、山川がカット。そのパスに、小川尋斗が正面へ。ミドルシュートを打つと、ゴールネットを揺らし、1-1。守から攻へつながり、すばらしいミドルシュートでフロンターレが追いつきます。


フロンターレは、下がり目に玉木が下りて、ボールをおさめそこからサイドに展開したり、正面で受けた奥田が、レイエスの選手の間を縫うように仕掛けるなどして、前に出ていきます。

16分には、右コーナーキック、奥田が右足でボールを入れると、セカンドボールを拾ったフロンターレは、奥田が右サイドを仕掛け、折り返し。これを玉木が押し込み、2-1。

フロンターレが勝ち越し。レイエスは中盤を厚くして、流れを変えようとしていきます。



飲水タイムをはさんで、20分にはレイエス、右サイドでのスローインの流れから、エリア外右、ニアにシュートを打ちますが、岩田がセーブ。


ふたたびフロンターレは、後ろから岩田や菊池、山根に下がり目で奥田がかかわりながら、ボールを回していき、21分には、レイエスの9がエリア前でボールを奪いますが、山根がカバーしていきます。

すると直後に、突き放したのはフロンターレ。スルーパスに、奥田が正面へ抜け出していき、シュート。これがネットを揺らして3-1に。

レイエスも直後には裏を突くパスを出していきますが、小川翔太がエリア内にしぼってカバーする好対応を見せていきます。


23分にはふたたびフロンターレ、高い位置でボールをカット、奥田がエリア内へ。シュートを打ちますが、GK20がセーブ。


奪われても、玉木のプレスバックや山川のボール奪取などで流れを渡さずに、プレーを加算得ていくフロンターレ。24分には、浮き球を、三上が粘り強く追っていき、エリア左でシュートを放つとこれが決まり、4-1。



山川から小川尋斗とつなぎ、小川翔太から受けた小林が高い位置へ仕掛けるなど、テンポの良さを出していくフロンターレ。

27分にはレイエス、浮き球のパスに、15がエリア外右へ抜け出しますが、山根が1対1で奪い取るいい対応を見せていきます。


29分にはレイエス、中央でボールをカット。9のミドルシュートは枠をとらえますが、岩田がセーブ。

直後にはフロンターレ、小川尋斗のパスに、小林がエリア右へ。シュートはレイエスがブロックし、右コーナーキックに。奥田が右足でボールを入れると、菊池が競りますが、GK20がセーブ。

すばやくリスタートしたレイエスは、20から右サイド、17とつないで、12が右サイドの高い位置へ上がっていきますが、三上がカバー。守備への切り替えの速さを出していきます。


直後にはフロンターレにハンドがあり、エリア外左でレイエスのフリーキックに。レイエスはエリア内へのボールではなく、左サイドに展開し、そこから攻撃を試みますが、フロンターレはコンパクトに守り、決定機をつくらせず。

30分には、エリア前で9がボールをカットしますが、菊池が奪い返し、しのいでいきます。


すると31分、フロンターレは、レイエスが後ろから組み立てを図るところ、小林がエリア外右でカット。そのパスに、奥田がエリア右へ抜け出し、シュートを打つとこれが決まり、5-1。突き放します。



直後にはレイエス、右サイドでボールを17がカット。クロスを入れていきますが、エリア内で小川翔太が対応し、シュートは打たせず。

下がり目で玉木がボールをおさめ、間で奥田が受け、木下が前に持ち上がる動きを見せるなどしながら、前に出ていくフロンターレ。山根が左サイドから斜めに中央へ、縦パスを入れるなど、変化も入れて、攻撃を試みていきます。


35分には、中央でボールをカットした奥田が一気にエリア正面へ。倒れ込みながらもシュートを打つとこれが決まり、6-1。

さらに突き放して、前半は6-1でタイムアップとなります。




後半フロンターレは、GKが岩田から45岡本栞汰に交代。最終ラインは右から小川翔太、菊池、山川、山根、中盤の底に木下、その前に奥田、小川尋斗、右に小林、左に三上、前線には玉木に。



1分にはフロンターレ、スルーパスにエリア左へ抜け出したのは奥田。シュートを打つとこれが決まり、7-1。奥田のハットトリックとなるゴールで、立ち上がりから突き放していきます。



フロンターレは玉木が下がり目に下り、空いたスペースに小川尋斗や奥田が動き出すなどして前へ。木下の浮き球に、奥田が高い位置へ抜け出して、折り返すなど攻勢を続けていきます。

4分には木下が仕掛けて、そのパスに玉木がエリア右へ抜け出しますが、オフサイド。

レイエスは左サイドに展開し、打開を図りにいきますが、フロンターレは小川翔太や小林が球際の厳しさを見せ、前にはいかせず。

レイエスにボールを奪われたところでは、山川が奪い返して、ふたたび自分たちでぼオールを動かしていきます。

7分にはエリア外右で、奥田がファールを受け、フロンターレのフリーキックに。


ここでフロンターレは、玉木に代わり37富田周平、山根に代わり30長崎亘佑。キッカーの奥田は右足で直接狙いますが、枠はとらえられず。


フロンターレは、小林が前線、富田が右、長崎が左SBに。

9分には小川尋斗が負傷し、治療のため外へ。ここで32尾関悠太がピッチへ。

直後には、左サイドから斜めに三上が動き出し、奥田がスルーパスを狙いますが、田住がセーブ。

レイエスも両サイドを高め、前に出ていきますが、フロンターレはコンパクトに。10がエリア近くで仕掛ける場面では体を張ってブロックにいきます。

17分にはフロンターレ、レイエスのショートコーナーをしのいで、木下から小林とつなぎ、小林のスルーパスに、三上がエリア内へ抜け出しますが、オフサイド。

しかし、ここでも守備から攻めへの切り替えの良さを見せていきます。


後半の飲水タイムをはさんで、前から奪いにいき、奪われても尾関が位置取り良く奪い返すなどしていくフロンターレ。

19分には木下から左に展開、三上へわたり、三上のパスから長崎が高い位置へ。折り返しは、レイエスがクリアしましたが、ゴールに迫っていきます、

22分には尾関が持ち上がり、そのパスに、富田がエリア内へ抜け出すも、レイエスの守備に遭い、シュートまではいけず。


直後にはレイエス、右サイドからの攻めに持ち込み、エリア内へボールを入れていきますが、小川翔太がここでもよくしぼり、カバーしていきます。


フロンターレは25分、菊池に代わり25メンディーサイモン友、木下に代わり34平尾玲旺、小林に代わり36橋本乃翔。

奥田が前線、橋本がインサイド、平尾が中盤の底に。

28分にはフロンターレ、中盤で受けた平尾から橋本とつなぎ、橋本のパスに、富田が右サイドへ抜け出していきますが、オフサイド。


直後にはレイエス18がボールをカット。スルーパスを狙いますが、山川がカバー。

31分にはレイエス、エリア外左でフロンターレにファールがあり、フリーキックに。キッカーの10が右足で直接シュートを打つと、ゴール右に決まり、7-2。レイエスも1点を返していきます。



フロンターレは平尾に尾関、橋本がかかわり、ボールを動かしてき、33分には尾関のパスに、小川翔太が高い位置へ。右クロスに、遠いサイド、奥田が迫りますが、さわることはできず。

さらに橋本のサイドチェンジをおさめ、左サイドを三上が仕掛けていきますが、レイエスはブロック。


34分には三上が高い位置でボールをカット、折り返しに正面で奥田がシュートを打ちますが、レイエスはブロック。

セカンドボールを拾い、たたみかけるフロンターレ。木下の左クロスに、奥田が頭で合わせましたが、田住がセーブ。

さらに高い位置でボールをカットした三上のミドルシュートを田住がセーブしたところで試合はタイムアップ。7-2。フロンターレは、勝利を飾りました。


ここぞというところで球際の厳しさも見せ、切り替えの良さやすばらしい連係も見せて、多くのゴールをものにしたフロンターレ。

より精度やお互いに対する理解が高まれば、もっともっといいチームになっていくのではないか、という印象を受けました。

次節以降も、どんな試合を見せていくのか、とても楽しみにしています。







前半6-1 後半1-1 計7-2

得点:小川尋斗、玉木聖梛、三上瑛大2、奥田悠真3(フロンターレ) オウンゴール、10(レイエス)


フロンターレの先発:21岩田幹太郎、27小川翔太、31木下勝正、26菊池京、29山根春人、28山川陽平、35小川尋斗、38奥田悠真(c)、39小林朝日、41三上瑛大、40玉木聖梛

交代:岩田→45岡本栞汰 玉木→37富田周平 山根→30長崎亘佑 小川尋斗→32尾関悠太 木下→34平尾玲旺 小林→36橋本乃翔 菊池→25メンディーサイモン友


控え:33高橋壱梛 

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち




コイントスに臨むキャプテンの奥田悠真選手

小林朝日選手
小川翔太選手
菊池京選手
岩田幹太郎選手
山根春人選手
三上瑛大選手
木下勝正選手
山川陽平選手

山根春人選手
玉木聖梛選手
山根春人選手
木下勝正選手
小川尋斗選手がシュート

同点のゴールとなる

奥田悠真選手

玉木聖梛選手が押し込み2-1

 

三上瑛大選手もゴールを決める

 

奥田悠真選手

小川翔太選手
小川翔太選手
菊池京選手
三上瑛大選手

白倉凜生選手
平尾玲旺選手
山川陽平選手
菊池京選手
小林朝日選手

岩田幹太郎選手
小林朝日選手

奥田悠真選手が決めて4-1

小川翔太選手
木下勝正選手
木下勝正選手
小川尋斗選手

菊池京選手
菊池京選手
玉木聖梛選手
岩田幹太郎選手
山川陽平選手
奥田悠真選手が仕掛ける

倒れ込みながらも決め、5-1

小川翔太選手
奥田悠真選手が決め7-1

ハットトリックとなった

小川翔太選手
山根春人選手
山川陽平選手
小川翔太選手

小林朝日選手
岡本栞汰選手
富田周平選手、長崎亘佑選手
長崎亘佑選手
岡本栞汰選手
三上瑛大選手
奥田悠真選手
小川翔太選手
岡本栞汰選手
富田周平選手
奥田悠真選手
小川翔太選手
小川翔太選手
木下勝正選手
奥田悠真選手
富田周平選手
尾関悠太選手
奥田悠真選手
三上瑛大選手
奥田悠真選手
小川翔太選手

メンディーサイモン友選手
山川陽平選手
橋本乃翔選手
メンディーサイモン友選手
平尾玲旺選手

レイエスが1点を返す

平尾玲旺選手
三上瑛大選手
三上瑛大選手
平尾玲旺選手
6-2でタイムアップ

練習試合にも出場した長崎亘佑選手
練習試合に出場した高橋壱梛選手
長崎亘佑選手
練習試合にも出場した富田周平選手
練習試合にも出場した尾関悠太選手
高橋壱梛選手
玉木聖梛選手がPKを決め1-0
練習試合にも出場した小林朝日選手
高橋壱梛選手
練習試合にも出場したメンディーサイモン友選手
長崎亘佑選手
富田周平選手
レイエスがPKを決め1-1
30分1本行われた練習試合は1-1

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。