フロンターレU18 – 法政二高 / 練習試合


4月3日は等々力第一サッカー場へ。
前日大宮アルディージャU-18とのプレミアリーグEAST開幕戦を、川口達也のPKによるゴールで1-0で制した川崎フロンターレU-18は、法政二高との練習試合に臨みました。

この記事は、フロンターレに取材をお願いし了承を得たうえで書かせていただきました。


【川崎フロンターレU-18 練習試合 vs 法政二高】
4月3日(日)午後0時10分キックオフ 等々力第一サッカー場 雨 40分×2

40分2本行われた練習試合。フロンターレは1本目、GK19菊池悠斗、最終ラインは右から32柴田翔太郎、6吹田航晟、27髙橋悠斗、7溝田大和、ボランチは31田所莉旺、23名賀海月、右MF2戸田将、左MF25志村海里、前線には15小林優仁、28髙橋宗杜。

朝から冷たい雨が地面を濡らし、肌寒さを感じさせられるなか、始まった試合。

立ち上がりはフロンターレ、吹田が差し込んだボールを、間で小林が受け、左の志村へ。そこから後ろに戻し、吹田の浮き球のパスに、小林がエリア前に。シュートにはつながりませんでしたが、全体が連動して動き、ゴールに向かっていきます。


さらに高橋宗杜がおさめたボールを、右に展開し柴田から戸田へつなげ、いい距離感でプレーを続けていきます。

4分には左に開いた志村へつながり、志村のパスに、小林がエリア外右へ。シュートを打ちますが、GK71がセーブ。

フロンターレは、最終ラインから組み立てを図る法政二に対し、髙橋宗杜のプレスバックで高い位置でボールを奪うなどし、法政二がラインを高め、フロンターレ陣内でボールを回そうとする場面ではコンパクトに。

ボールを奪った戸田のパスを、小林がおさめ、そこから攻めに持ち込んでいきます。

7分には志村のパスに、髙橋宗杜がエリア左へ抜け出しますがオフサイド。

さらにフロンターレは、戸田が中へ寄り、田所や名賀とかかわりあいながらボールを動かしていくと、9分には中央を抜け出た田所から左に展開。受けた志村がエリア外左で、ミドルシュートを打つとこれが決まり、1-0。

フロンターレがゴールをものにします。


直後には、名賀が中央でボールをカット。右に展開し、柴田が仕掛けて右コーナーキックに。吹田がボールを右足で入れると、高い打点で合わせたのは、小林。ゴールネットを揺らして、2-0。立て続けのゴールでフロンターレが突き放します。



フロンターレは最終ラインの吹田が中央へ縦パスを入れて、攻めを試み、奪われても戸田や小林が厳しく寄せにいき、自分たちのスローインにするなど、流れを渡さず。

戸田が高い位置でボールを奪い、前に持ち上がり、受けた柴田が仕掛け、エリア内へ折り返す場面をつくるなどしていきます。


15分には、中央で髙橋宗杜、小林とつながり、右に展開。戸田から柴田、ふたたび戸田とわたり、戸田が仕掛けて右コーナーキックに。吹田がニアに入れますが、これはシュートにつながらず。

それでも、カウンターに持ち込もうとした法政二に対し、溝田がカバーし、それを阻んでいきます。


中央を締めて、フロンターレに対応しようとしていく法政二に対し、21分には、田所のフィードに、志村がエリア左へ抜け出していき、左コーナーキックに。

コーナーキックのセカンドボールを拾ったフロンターレは、吹田が左クロスを入れると、田所が折り返し、最後は髙橋宗杜が決めましたが、オフサイド。



22分には、名賀の浮き球のパスに、志村が左サイド、高い位置へ抜け出し、志村が後ろに戻したボールを受けた溝田は、左サイドからエリア内へ速いボールを入れていきますが、法政二はクリア。


さらに髙橋宗杜がおさめ、小林がエリア内へ仕掛けていくなど、ゴールに向かうプレーを重ねていくフロンターレ。

田所や志村が球際の厳しさを見せ、溝田が中央へしぼってボールをカットしたり、吹田が前に出て、出足よく奪い取り、そこから戸田が仕掛けていく場面をつくるなどしていきます。


GK71も加わり、最終ラインから回していこうとする法政二に対し、29分には、エリア前で小林がカット。髙橋宗杜がエリア内へ持ち込みますが、法政二の守りに遭い、シュートまではいけず。


30分には法政二、33が中央でカット。そのまま縦に持ち込んでいきますが、吹田が粘り強く寄せにいき、最後は菊池がセーブしていきます。



溝田が左サイドから斜めに動き、下がり目で髙橋宗杜がおさめ、志村が裏を突く動きを見せるなどしながら、ゴールを狙っていくフロンターレ。

34分には、田所から右へ展開。戸田から柴田、柴田からふたたび戸田とつながり、戸田は右クロス。ボールは左に流れ、受けた志村が左クロスを上げると、エリア内、頭で合わせたのは柴田。3-0に。



フロンターレはここで5人を交代。GKが菊池から1宮地健輔に。吹田に代わり30佐藤颯人、溝田に代わり35土屋櫂大、戸田に代わり42児玉昌太郎、小林に代わり24岡田泰輝が入ります、
 

佐藤や髙橋悠斗、宮地も加わり、後ろから動かしながら、前に出ていくフロンターレ。36分にはスルーパスに、髙橋宗杜が抜け出し、1対1となりますが、GK71の好守に遭い、得点とはならず。

直後には、法政二、エリア外右で枠をとらえたミドルシュートを打ちますが、宮地がセーブ。


フロンターレはさらに岡田が左サイドから斜めに仕掛けるなどし、法政二が攻める場面では、柴田が中央へカバーにいき、髙橋悠斗との連係でボールを奪うなどしていきます。


40分には左サイドからの攻めに。志村から土屋とつながり、土屋は左クロス。セカンドボールを名賀が拾い、左サイドにふたたび展開。志村が仕掛けていきますが、シュートには至らず。

さらに右サイド、児玉が仕掛け、左サイドに流れたボールを拾った志村が仕掛ける場面をつくるなど、フロンターレは厚みのある攻めを見せていきます。


1本目は3-0でタイムアップとなりました。



2本目、フロンターレはGK1宮地健輔、最終ラインは右から36加治佐海、30佐藤颯人、34山中大輝、35土屋櫂大、ボランチは37齊名優太、38矢越幹都、右MF42児玉昌太郎、左MF26中原章雅、前線には24岡田泰輝、41香取武。

1分、先に点を奪ったのはフロンターレ。岡田泰輝が高い位置でボールをカット。GK12を引き付け、クロスを入れると、頭で香取が合わせ、ボールはゴールのなかへ。1-0。



直後にもフロンターレ、左サイドで細かくボールを回して、最後はエリア左、岡田が抜け出しますが、オフサイド。

5分には、佐藤から右に展開、加治佐から児玉とつながり、仕掛けた児玉は、エリア右へ折り返し。ここにうまく入り込んだ香取がシュート。GK12がセーブしましたが、選手それぞれが連係して好機をつくっていきます。

法政二も、うまく間に入れ、そこから前に出ていきますが、齊名や矢越が奪い、そこから攻めにつなげていきます。

8分には、法政二、8がエリア左に抜け出し、1対1となりますが、シュートは宮地が前に出て阻む好守。得点は許さず、しのいでいきます。


フロンターレは10分、GKが宮地から16福田開人。


フロンターレは、さらに右サイドで児玉、加治佐が連係。うまく間に入り込んだ香取が起点となり、エリア近くで時間をつくっていきます。

11分には左サイドからの攻めに。岡田とのパス交換から、中原がエリア左へ。ゴール右を狙い、シュートを打ちますが、わずかに枠外。

フロンターレは、山中や佐藤、福田がかかわり、ときには加治佐も中央へ寄って、ボールを動かしに。

13分には、佐藤が中央へ差し込むパスを送り、受けた矢越が持ち出して、そのスルーパスに、児玉がエリア右へ。シュートはブロックされましたが、おびやかしていきます。


16分には、法政二がエリア外右でフリーキックを得て、7がボールを入れると、エリア内で混戦となりますが、福田がセーブ。

17分にもふたたびフロンターレにファールがあり、エリア外右での法政二のフリーキックに。これをしのいだフロンターレは、中央を矢越が持ち上がり、右に展開。児玉が仕掛け、その折り返しに、エリア内、香取が迫りますが、法政二の守りが阻んでシュートには至らず。

それでも切り替え良く、ゴールの前に出る場面をつくっていきます。


20分には、高い位置でボールを奪い、岡田のパスに、中原がエリア左へ。シュートを打つも、法政二はブロック。


フロンターレは、さらに加治佐、児玉が仕掛け、セカンドボールは齊名や矢越がものに。中原、土屋の左サイド、前線の岡田や香取もうまくで受けるなどして厚みのある攻めを見せていきます。



すると23分、フロンターレは矢越が正面へ縦パスを入れると、受けた香取は切り返して、マークを?がしシュート。これが決まり、2-0。フロンターが突き放します。


直後には法政二、正面で4が受け、うまく引き付け、そのパスに36がエリア右へ。シュートを打つとこれが決まり、2-1。1点差に。


フロンターレは、それでも、齊名や矢越が中央でうまくボールをカットするなどし、自分たちでボールを動かす時間に。

25分には左サイド、土屋から中央の矢越へ。矢越が右に展開し、受けた児玉が仕掛け、折り返すと、香取、矢越がゴール前に迫りますが、GK12がセーブ。


26分には、岡田のパスに、中原が左サイド、高い位置へ。エリア左へ向かっていき、折り返しますが、GK12がセーブ。

28分には、法政二のフリーキックをしのいで、左サイドからの攻めに。岡田が仕掛けて、左から折り返すと、香取が迫りますが、法政二の守備が阻んでシュートには至らず。

それでも、次々にゴールの前に迫るフロンターレ。31分には齊名の縦パスを、やや右寄りで香取が受け、左に展開。受けた中原は、ゴールに向かっていく浮き球を入れていきますが、GK12がセーブ。


32分には、佐藤、矢越と中央で縦パスが入り、矢越は右に展開。香取が抜け出し、エリア外右から正面へパスを送ると、矢越が迫りますが、GK12がセーブ。

直後には、右サイド、児玉から受けた加治佐が仕掛け、右コーナーキックに。矢越が右足でボールを入れると、遠いサイドに流れたボールを山中が残し、後ろに戻しふたたび攻めに。

矢越から児玉、児玉から加治佐とつないで、仕掛けた加治佐の折り返し、エリア前、岡田が迫りますが、シュートまではいけず。


フロンターレは、最終ラインの佐藤も、岡田にうまく縦パスを通し、そこから左に展開。中原が仕掛ける場面をつくり、いい連係を見せていきます。

36分には齊名の縦パスに、香取がエリア右へ。シュートは法政二のブロックに遭い、枠へは飛ばせず。

さらに山中の浮き球を香取がうまくおさめシュートに持ち込むなど長いボールも交え攻めていくフロンターレ。

39分には、佐藤のパスを左サイドで受けた中原が仕掛け左コーナーキックに。矢越が入れたボールが、右サイドに流れたところ、山中が仕掛け、右サイドでのスローインに。

そこから右サイドからの攻めに持ち込んだフロンターレは、香取のリターンを齊名が受け、左に展開。土屋につながり、土屋のパスに、中原が高い位置へ。折り返しがブロックされたところで2本目はタイムアップ。2-1。この日の練習試合を終えました。

 

1年生から3年生まで、選手それぞれが、意欲的にプレーを重ねていったフロンターレ。これからがますます楽しみになる練習試合となりました。


1本目:3-0
得点:志村海里、小林優仁、柴田翔太郎

フロンターレのメンバー:19菊池悠斗、32柴田翔太郎、6吹田航晟、27髙橋悠斗、7溝田大和、31田所莉旺、23名賀海月、2戸田将、25志村海里、15小林優仁、28髙橋宗杜

交代:菊池→1宮地健輔 吹田→30佐藤颯人 溝田→35土屋櫂大 戸田→42児玉昌太郎 小林→24岡田泰輝


2本目:2-1

得点:香取武2

フロンターレのメンバー:1宮地健輔、36加治佐海、30佐藤颯人、34山中大輝、35土屋櫂大、37齊名優太、38矢越幹都、42児玉昌太郎、26中原章雅、24岡田泰輝、41香取武

交代:宮地→16福田開人




(文中敬称略)




小林優仁選手
田所莉旺選手
吹田航晟選手
菊池海斗選手
髙橋悠斗選手
柴田翔太郎選手
溝田大和選手
田所莉旺選手
志村海里選手が決め、1-0
戸田将選手
名賀海月選手
柴田翔太郎選手
小林優仁選手が頭で決め2-0

戸田将選手
吹田航晟選手
田所莉旺選手
柴田翔太郎選手
田所莉旺選手
髙橋宗杜選手
菊池悠斗選手
田所莉旺選手
髙橋悠斗選手
名賀海月選手
髙橋宗杜選手、小林優仁選手
小林優仁選手
戸田将選手
志村海里選手
名賀海月選手
髙橋宗杜選手
吹田航晟選手
志村海里選手
菊池悠斗選手
吹田航晟選手
溝田大和選手
柴田翔太郎選手
柴田翔太郎選手が頭で決めて3-0

髙橋宗杜選手
髙橋悠斗選手
宮地健輔選手
土屋櫂大選手
岡田泰輝選手
佐藤颯人選手
佐藤颯人選手、田所莉旺選手、土屋櫂大選手
宮地健輔選手
児玉昌太郎選手
岡田泰輝選手
土屋櫂大選手
岡田泰輝選手
児玉昌太郎選手
矢越幹都選手
宮地健輔選手
加治佐海選手
児玉昌太郎選手
香取武選手
山中大輝選手
佐藤颯人選手
齊名優太選手
福田開人選手
加治佐海選手
中原章雅選手
土屋櫂大選手
齊名優太選手
加治佐海選手
山中大輝選手
矢越幹都選手
山中大輝選手
土屋櫂大選手
中原章雅選手

児玉昌太郎選手
中原章雅選手
岡田泰輝選手
加治佐海選手
矢越幹都選手
児玉昌太郎選手

岡田泰輝選手
香取武選手

この日2点目を決める

齊名優太選手
齊名優太選手
土屋櫂大選手
中原章雅選手

中原章雅選手
齊名優太選手
山中大輝選手
岡田泰輝選手
福田開人選手
中原章雅選手
佐藤颯人選手
矢越幹都選手
加治佐海選手
中原章雅選手
岡田泰輝選手
岡田泰輝選手
矢越幹都選手
矢越幹都選手
香取武選手

山中大輝選手
佐藤颯人選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。