フロンターレU18 – FC東京U18 / クラブユース選手権準決勝


日本クラブユース選手権の舞台は前橋市から味の素フィールド西が丘へ。サンフレッチェ戦に勝利し、初めて日本クラブユース選手権準決勝に進出した川崎フロンターレU-18。8月2日、FC東京U-18と対戦しました。

【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース選手権準決勝vsFC東京U-18】
8月2日(火)午後4時キックオフ 味の素フィールド西が丘 くもり 45分ハーフ 2100人

川崎フロンターレの先発はGK16早坂勇希、DFは右から14小川真輝、34高吉正真、22新井秀明、3川崎晶弘、ボランチはキャプテン10田中碧、7桝谷岳良、右MF17大曽根広汰、左MF8栗脇拓人、トップ下18村田聖樹、FW26宮代大聖。サンフレッチェ戦からは池谷に代わって桝谷がスタメンに。

FC東京の先発はGK1波多野豪、DFは右から27岡庭愁人、5キャプテン蓮川壮大、6岡崎慎、2坂口祥尉、ボランチは4鈴木喜丈、42平川怜、右MF7生地康充、左MF8伊藤純也、トップ下14内田宅哉、FW11半谷陽介。かつてフロンターレU-12に在籍、FCバルセロナの下部組織でもプレーをした41久保建英はベンチスタート。

両チームの「行こう! 行こう!」「行くぞ!」。円陣を組み、そう声を掛け合って試合に臨んだ選手たち。互いに多くのサポーター、家族らが応援にかけつけ、フロンターレのゴール裏ではフロンターレU-12の五年生も一緒にチャントを歌い、選手の名前を呼んで後押しをしました。

立ち上がりはともにコンパクト。フロンターレは田中、桝谷を中心にボールをつないでゴールをうかがっていきます。10分には宮代がゴールへ迫りコーナーキックに。しかし、これをしのいだFC東京がカウンターに。半谷が一気に右サイドからドリブルでエリア前へ迫り、フロンターレはそのシュートに対して栗脇が足を伸ばして対応。さらにセカンドボールを拾われて鈴木がシュートを打つも村田がブロック。

ここからペースはFC東京へ。18分には半谷の右からの折り返し、生地が合わせますがこれは上へ。直後には平川のミドルシュートがバーをたたき、半谷がエリア内へ進入しこぼれ球を拾いシュートを放ちますがこれは上へ。さらに左からのボールにエリア内、生地が逆サイドから抜け出ますが川崎がカバーし、コーナーキックに。左から伊藤が入れたボールに内田が合わせますが、枠をとらえたシュートは早坂が好反応。

なかなか攻撃に転じられないフロンターレでしたが23分には左から栗脇が仕掛け、村田へつなぐとエリア前村田から右へ展開し、走り込んだ小川がエリア外右からミドルシュート。これは左へ。フロンターレは高い位置でボールを奪ってFC東京陣内へ顔を出す場面が増えていきます。

そして29分、左サイドの高い位置で田中がボールを奪い、栗脇へ。栗脇は左から中へドリブルで仕掛け、エリア正面からシュートを放つとこれがゴールネットをを揺らします。1-0。先制点はフロンターレへ。次々に栗脇のもとへ駆けていき喜びをあらわにする選手たち。「ここからだぞ! ここからだぞ!」。センターサークルにFC東京の選手たちがボールを置いて、試合を再開する際にはそう早坂が声をかけて引き締めていきます。

直後にはフロンターレのエリア前、競り合ったところからボールはFC東京へ。最後は平川がミドルシュートを打ちますがこれは上へ。

フロンターレも32分、川崎と栗脇の左サイドからの連係でゴールへ迫っていきますが、シュートには至らず。37分には大曽根のリターンを受けた小川がミドルシュートを打つもこれはGK波多野が対応。38分にはFC東京、坂口が左からエリア内へ迫るもここは新井がクリア。

前半の終盤にかけてはエリア前でのフリーキックや内田の仕掛けなどからFC東京がゴールへ迫る場面が続きます。しかしフロンターレは新井や高吉らが対応。前半は1-0。FC東京はJ3リーグでももまれている選手も多く、1対1でも一度ボールを奪ってもそのあとの寄せがもう一段階上という印象の速さ。それでもチャンスをものにしたフロンターレがリードしてのタイムアップとなります。

後半は伊藤に代えて久保を入れ、生地を右MF、内田を左MF、前線は半谷と久保として臨んできたのはFC東京。開始直後にエリア外右で久保がドリブルで仕掛けてファールを得て、フリーキックに。久保自らが左足で蹴ったボールはゴール右へ決まり1-1。フロンターレは追い付かれてしまいます。

直後にも右サイド高い位置、平川のリターンを受けた久保がミドルシュートを放つもこれは右へ。さらにエリア左、坂口を起点にFC東京の攻勢に苦しみますが、ここは小川がカバー。さらに桝谷も寄せてシュートは打たせず。

「ここからここから、雰囲気つくるよ!」。そう声を掛け合う選手たち。9分には田中のパスを受けた栗脇がエリア左から狙うもこれは上に。

直後にはFC東京。左サイドから攻勢に出ると、左から中へ仕掛けた平川がエリア外左からミドルシュート。これがゴールネット右を揺らして1-2。

さらに直後にはエリア左でファールを与えるとFC東京、生地のフリーキックに内田が合わせて1-3。引き離されてしまいます。

ここでフロンターレは小川に代わり6小泉靖弥がピッチへ。直後には小泉の縦の仕掛けから折り返したボール、エリア前受けた宮代がうまく相手を外してシュートを打ちますがここは波多野が触り、決めることはできず。ここで得た左コーナーキック、こぼれ球を拾った田中のシュートはブロックに阻まれてしまい、再びコーナーキックに。桝谷の入れたボールに村田が合わせますが、これは左へ。

フロンターレは20分、大曽根に代わり4伊従啓太郎が入り、最終ラインは高吉、伊従、新井に。右MF小泉、左MF川崎、ボランチは田中と桝谷、二列目に村田と栗脇、FW宮代に。時には高吉や新井も攻撃参加をして反撃を試みていきます。

しかし、次の1点もFC東京へ。ロングボールを処理しようと早坂が飛び出したところ、先に半谷にさわられてしまい、半谷はすばやくシュート。これが決まり1-4。ここでFC東京は半谷に代わり10松岡瑠夢。

フロンターレは高い位置から川崎が仕掛けてゴールへ迫るもののなかなかシュートには至らず。コーナーキックからも決定機にはつなげることができません。

27分には桝谷に代わり、15池谷祐輔、栗脇に代わり11道本大飛。村田が時には中盤まで下り、組み立てにかかわっていきます。

28分にはFC東京、平川に代わり20品田愛斗、さらに内田に代わり、U-17日本代表では村田とチームメート、12小林真鷹がピッチへ。

32分には村田がエリア内へ入れたボールに右サイド、小泉が抜け出し折り返しますがクリアされてシュートには至らず。さらに田中とのパス交換からエリア内左、道本が抜け出しますがこれはオフサイド。

35分には中盤でのパス回しを狙われて松岡にボールを奪われると、中央を突破した松岡にシュートを打たれ、これがゴールネットを揺らして1-5。ここで東京は鈴木に代わり19吹野竜司。

フロンターレは左サイドから攻勢に出て最後は宮代がミドルシュートを放つもこれは東京の選手に当たり枠にはいかず、コーナーキックに。

このコーナーキックをキャッチした波多野がすばやく前線へ送ったところからエリア右吹野が枠内へシュートを打ちますがここは高吉がクリア。大差にもしっかり対応します。

41分にはフロンターレ、左からのボール、エリア内右へ小泉が抜け出すもDFのすばやい寄せの前にシュートは打てず。

劣勢にも最後まで気持ちを切らさずにプレーをしたフロンターレの選手たちでしたが、得点を奪うことはできず。1-5。試合は終わりました。

日本クラブユース選手権はこの結果、3位に。グループステージ、ノックアウトステージを通じて苦しい試合を重ねながら勝ち上がり、成長していったように思います。他を圧倒する力強さはないかもしれませんが、劣勢にもめげない粘り強さを持ったチームが勝ち上がっていくさまを見られて幸せでした。

フロンターレU-18は8月7日から11日まで石川県で開かれる和倉ユースに参加し次の公式戦は21日のプリンスリーグ関東、ヴァンフォーレ甲府戦となります。最後には悔しさを味わったフロンターレがさらに試合を重ねて、どんなチームになっていくのか、とても楽しみにしています。

前半1-0 後半0-5 計1-5

得点:栗脇拓人(川崎) 久保建英、平川怜、内田宅哉、半谷陽介、松岡瑠夢(FC東京)

川崎フロンターレの先発:16早坂勇希、14小川真輝、34高吉正真、22新井秀明、3川崎晶弘、10田中碧=cap、7桝谷岳良、17大曽根広汰、8栗脇拓人、18村田聖樹、26宮代大聖
交代:小川→6小泉靖弥 大曽根→4伊従啓太郎 桝谷→15池谷祐輔 栗脇→11道本大飛
控え:21浅川将輝 28山田新 31上野綜太

FC東京の先発:1波多野豪、27岡庭愁人、5蓮川壮大=cap、6岡崎慎、2坂口祥尉、4鈴木喜丈、42平川怜、7生地康充、8伊藤純也、14内田宅哉、FW11半谷陽介
交代:伊藤→41久保建英 半谷→10松岡瑠夢 平川→20品田愛斗 内田→12小林真鷹 鈴木→19吹野竜司
控え:16高瀬和楠 24新川滉貴

(文中敬称略)
写真はあんざいさん撮影のものも使わせていただきました。ありがとうございます。
また、クラブユース期間中、多くの方にお世話になりました。ありがとうございました。

早坂勇希選手
早坂勇希選手
浅川将輝選手
浅川将輝選手
浦上壮史GKコーチ
浦上壮史GKコーチ
試合を前にした選手たち
試合を前にした選手たち

IMG_3836

IMG_3844

田中碧選手
田中碧選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
伊従啓太郎選手
伊従啓太郎選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
大曽根広汰選手、栗脇拓人選手
大曽根広汰選手、栗脇拓人選手
桝谷岳良選手、小川真輝選手
桝谷岳良選手、小川真輝選手
オフィシャルカメラマンの大堀優さんも選手たちの奮闘を撮影に訪れた
オフィシャルカメラマンの大堀優さんも選手たちの奮闘を撮影に訪れた
早坂勇希選手
早坂勇希選手
試合を前に審判と握手をかわす田中碧選手
試合を前に審判と握手をかわす田中碧選手
桝谷岳良選手、高吉正真選手
桝谷岳良選手、高吉正真選手
先発メンバー
先発メンバー
ゴール裏のサポーターへあいさつ
ゴール裏のサポーターへあいさつ
円陣をくみ試合へ
円陣をくみ試合へ
高吉正真選手
高吉正真選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
新井秀明選手
新井秀明選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
桝谷岳良選手
桝谷岳良選手
田中碧選手
田中碧選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手
田中碧選手
田中碧選手
序盤からFC東京が攻勢に
序盤からFC東京が攻勢に
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
川崎晶弘選手、新井秀明選手
川崎晶弘選手、新井秀明選手
田中碧選手
田中碧選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
コーナーキックに備える
コーナーキックに備える
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
ベンチから見守る控えの選手たち
ベンチから見守る控えの選手たち
攻め込まれるも集中して守る
攻め込まれるも集中して守る
新井秀明選手
新井秀明選手
コンパクトにして反撃につなげる
コンパクトにして反撃につなげる
小川真輝選手、大曽根広汰選手
小川真輝選手、大曽根広汰選手
川崎晶弘選手、早坂勇希選手
川崎晶弘選手、早坂勇希選手
ゴールを決めたのは栗脇拓人選手
ゴールを決めたのは栗脇拓人選手
大きな大きな先制点
大きな大きな先制点
喜びに湧いた
喜びに湧いた
アップを始める控えの選手たち
アップを始める控えの選手たち
試合を見守りながら出場に備える
試合を見守りながら出場に備える
FC東京の攻勢をさらに受ける
FC東京の攻勢をさらに受ける
桝谷岳良選手
桝谷岳良選手
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
高吉正真選手
高吉正真選手
新井秀明選手
新井秀明選手
田中碧選手
田中碧選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
必死の守備で耐える
必死の守備で耐える
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
道本大飛選手
道本大飛選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
小川真輝選手
小川真輝選手
高吉正真選手
高吉正真選手
人数をかけて守る
人数をかけて守る
小川真輝選手
小川真輝選手
川崎晶弘選手、新井秀明選手
川崎晶弘選手、新井秀明選手
高吉正真選手
高吉正真選手
早坂勇希選手
早坂勇希選手
桝谷岳良選手
桝谷岳良選手

大曽根広汰選手、田中碧選手
大曽根広汰選手、田中碧選手

浅川将輝選手
浅川将輝選手

山田新選手
山田新選手
上野綜太選手
上野綜太選手
道本大飛選手
道本大飛選手
道本大飛選手
道本大飛選手
後半立ち上がりに久保建英選手のフリーキックで追い付かれる
後半立ち上がりに久保建英選手のフリーキックで追い付かれる
喜びをあらわにするFC東京の選手たち
喜びをあらわにするFC東京の選手たち
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
フロンターレU-12の五年生たちも応援に駆けつけた
フロンターレU-12の五年生たちも応援に駆けつけた
伊従啓太郎選手
伊従啓太郎選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
田中碧選手
田中碧選手
栗脇拓人選手
栗脇拓人選手
新井秀明選手
新井秀明選手
大曽根広汰選手
大曽根広汰選手
小泉靖弥選手
小泉靖弥選手
桝谷岳良選手
桝谷岳良選手
川崎晶弘選手
川崎晶弘選手
高吉正真選手
高吉正真選手
田中碧選手
田中碧選手
小泉靖弥選手
小泉靖弥選手
田中碧選手
田中碧選手
小泉靖弥選手
小泉靖弥選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手
池谷祐輔選手
池谷祐輔選手
道本大飛選手
道本大飛選手
村田聖樹選手
村田聖樹選手
1-5でタイムアップ
1-5でタイムアップ
握手をかわす浦上壮史GKコーチと栗脇拓人選手
握手をかわす浦上壮史GKコーチと栗脇拓人選手
フロンターレのゴール裏にはFC東京の選手たちもあいさつに訪れた
フロンターレのゴール裏にはFC東京の選手たちもあいさつに訪れた
久保建英選手。フロンターレゴール裏のサポーターのコールに応える場面もあった
久保建英選手。フロンターレゴール裏のサポーターのコールに応える場面もあった
田中碧選手
田中碧選手
サポーターのもとへ
サポーターのもとへ

IMG_4322

ボランチとしてボールを奪うプレーが光った池谷祐輔選手
ボランチとしてボールを奪うプレーが光った池谷祐輔選手
小川真輝選手、大曽根広汰選手
小川真輝選手、大曽根広汰選手
一年生ながら途中から先発に定着した高吉正真選手
一年生ながら途中から先発に定着した高吉正真選手
表彰式へ
表彰式へ
クラブ史上最高の3位に
クラブ史上最高の3位に
全試合先発フル出場、攻守に奮闘した川崎晶弘選手
全試合先発フル出場、攻守に奮闘した川崎晶弘選手
チーム最多の3ゴールの村田聖樹選手
チーム最多の3ゴールの村田聖樹選手
チームを救う好セーブを何度も見せた早坂勇希選手
チームを救う好セーブを何度も見せた早坂勇希選手
悔しさを糧に
悔しさを糧に

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です