フロンターレU18 – ツエーゲン金沢U18 / 日本クラブユース選手権グループステージ第1節


7月24日は、前橋フットボールセンターへ。

夏のクラブユース日本一を決める日本クラブユース選手権(U-18)大会が開幕し、川崎フロンターレU-18もグループステージの第1節に臨みました。

日本クラブユース選手権には、全国の予選を勝ち抜いた32チームが出場し、AからHまで、4チームずつ8グループに分かれて、総当たりでグループステージを戦い、各グループの1、2位計16チームがノックアウトステージに進むことができます。

フロンターレは、ツエーゲン金沢U-18、ジェフユナイテッド市原・千葉U-18、大分トリニータU-18と同じEグループに入り、第1節はツエーゲン金沢と対戦しました。



【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース選手権(U-18)選手権大会グループステージ第1節 vs ツエーゲン金沢U-18】

7月24日(日)午前8時45分キックオフ コーエィ前橋フットボールセンターC くもりのち晴れ 35分ハーフ

フロンターレの先発は、GK21濱﨑知康、最終ラインは右から22江原叡志、キャプテンの4高井幸大、3松長根悠仁、29元木湊大、ボランチは10大関友翔、18由井航太、右MF8川口達也、左MF25志村海里、前線には17尾川丈、9五木田季晋。


ツエーゲンの先発は、GK1浦理貴弥、最終ラインは右から6北啓佑、3岡本翼、2上多快生、5山下莉人、ボランチは14高橋祐翔、4村田健人、右MFキャプテンの11平川稜、左MF10柳村龍慎、前線には16鶴谷圭吾、9中川豪。



空にはやや黒い雲が垂れ込め、蒸し暑さを感じさせられる前橋フットボールセンター。

過去2年新型コロナウイルスの影響を受けて、無観客で行われていた日本クラブユース選手権は、3年ぶりに有観客となり、ピッチ脇に設けられたスペースには、両チームの選手の家族らやサポーターが集い、幕などで選手たちの背中を押すなか、試合は始まりました。



フロンターレボールで始まった試合。立ち上がりは、ともに相手の出方をうかがうようなかたちに。

2分には、ツエーゲン、柳村がきわどい浮き球を前線へ入れると、中川が動き出しますが、高井がしっかりカバー。最後は濱﨑に戻してシュートは打たせずに対応していきます。


一方のフロンターレも、3分には松長根がフィードを入れると、五木田がエリア内へ飛び出していきますが、金沢のCB上多が粘り強く体を入れ、最後は浦がセーブ。


互いに際どいボールを入れながら、それぞれ守備でしっかり対応していく立ち上がりとなります。







7分には、フロンターレ、由井のパスに川口が右サイドの高い位置へ。川口がクロスを入れると、エリア左、志村が飛び出しますが、ツエーゲンはクリア。

ツエーゲンもうまく間を突くパスを出していきますが、フロンターレは松長根が出足の良い守りを見せ、そこから攻めへ。オフサイドとはなったものの、大関の裏を突くパスに江原が高い位置へ抜け出すなど、中央とサイドを使いながら、相手陣内で時間をつくろうとしていきます。



一方のツエーゲンも、やや下がり目に下りた鶴谷のパスに、柳村が飛び出していきますが、フロンターレは高井に加えて、由井も粘り強く体を入れにいき、シュートまではいかせず。

慣れないピッチの影響もあってか、まだテンポよく回せないフロンターレに対して、10分にはツエーゲン、GKの浦から左サイドを突くパスが通り、抜け出した柳村がエリアへ向かって斜めの仕掛け。

右サイド、平川へつなげていきますが、元木が粘り強く体を入れ最後はゴールキックに。


さらに背後を突くパスを出してフロンターレのゴールを目指していくツエーゲンに対して、フロンターレはコンパクトに、五木田も下がり目でキープを図るなど献身的にプレーを重ねていきます。


14分には、ツエーゲン、右サイドからの攻めに。最後はルーズボールを、エリア外右で拾った柳村がミドルシュートを打ちますが、枠はとらえられず。


フロンターレも15分には、右サイド、江原から五木田がやや中央寄りで受け、五木田のパスに抜け出した川口が、右サイドを仕掛けると、川口の折り返しに、正面、尾川がシュートを打ちますが、浦がセーブ。

ここで浦が6秒を超えてボールを手や腕でコントロールしたとして、フロンターレの間接フリーキックに。

エリア正面、川口がシュートを打ちましたが、わずかに右。ゴール脇に置かれていたボトルを叩いて、決めることはできず。


17分には、ツエーゲン、右サイドからの攻めに。平川が高い位置へ抜け出していきますが、背後から元木が足をのばしてボールを奪取。そこから前を向いた元木は、左サイドへ浮き球のパス。

これに五木田が抜け出し、エリアへ向かって仕掛けていきますが、ツエーゲンのファールがあり、シュートまではいけず。

それでも、フロンターレが守備から攻めへつながりを持ってプレーする場面が増えていきます。


飲水タイムをはさんで、GKの浦に岡本、上多がかかわりながら組み立てを図っていくツエーゲン。

しかし、フロンターレも、右サイドから攻めようとしてくるツエーゲンに対して、元木が志村につながるような形で対応するなどしていき、また、左サイドでのスローインの流れからエリア前に平川が抜け出した場面では、松長根がうまく体を入れマイボールにするなど、守備でしっかり対応を重ねていきます。

23分には、フロンターレ、右サイドからの攻めに。川口がクロスを入れると、遠いサイド、おさめた志村は、下がり目の元木へ。元木は中央の大関につなげると、大関の右サイドを突くパスに川口が抜け出しますが、ツエーゲンの守りに遭い、シュートまではいけず。

ツエーゲンもここから切り替えの良さを見せ、左サイドからの攻めに。しかし、高井が厳しく寄せていき、最後は高井のファールとなり、ツエーゲンのエリア外左でのフリーキックに。


ツエーゲンは、エリア内へボールを入れるのではなく、つなげていくことを選択。村田が右サイドを突くパスを入れていきますが、オフサイドに。




25分には、大関のスルーパスに、斜めへの動き出しを見せた志村が、エリア正面へ。GKの浦のクリアに阻まれたものの、出し手と受け手の息の合った場面を見せていきます。

大関や由井がボールを動かす場面が増えていくフロンターレ。川口も時には中央へ寄りながら、かかわり、ボールを預けた大関が、エリア前で受け直そうとするなど、厚みを持って、エリア近くでプレーを重ねていきます。


26分には、大関から左サイドへ展開。元木が高い位置へ。元木のクロスに、飛び込んだ五木田はさわれなかったものの、拾った尾川のパスに、川口がエリア右へ。

シュートは、ツエーゲンがブロック。セカンドボールを拾った山下のクリアボールに、左サイド、高い位置へ、中川が抜け出していきますが、高井が体を入れていき、最後は中川のファールに。


ふたたび大関、由井が縦にパスを差し込みながら、前に出ていくフロンターレ。27分には、由井の左サイドを突くパスに、志村が抜け出し、エリア内へ仕掛けていきますが、ツエーゲンの体を張った守備に遭い、左コーナーキックに。

コーナーキックをしのいだツエーゲンは、カウンターに。左サイドから迫っていきますが、由井がカバー。しかし、由井のファールとなり、ツエーゲンのフリーキックに。


キッカーの柳村は、遠いサイドへボールを入れていきますが、折り返すことはできず。シュートまではいけなかったものの、ツエーゲンも鋭い攻めを見せて、フロンターレのゴール前に迫っていきます。


しかし、そんななかで先にゴールをものにしたのはフロンターレ。

32分、松長根が右サイドを突くフィードを入れると、江原が折り返し、川口がエリア外右へ。リターンを受けた江原が右クロスを入れると、遠いサイド、飛び込んだのは尾川。

頭で合わせたボールは、GK浦のセーブに遭うも、こぼれ球を尾川が押し込み、1-0。

フロンターレらしい、多くの選手がかかわった素晴らしいゴールで、今大会初得点を挙げます。



たたみかけるのはフロンターレ。34分には大関のパスに、川口が右サイドの高い位置へ。川口からさらに江原とつながり、江原がクロスを入れると、ニアに飛び込んだ五木田がシュートを打ちますが、右に。


川口が粘り強く足をのばしマイボールに。また中央で、うまく反転から尾川がボールをおさめ、そこから前に運んでいくなどするフロンターレ。

ツエーゲンの中川に対して、大関・由井が囲い込んでうまくボールを奪い取るなど、守備でも好プレーを重ねていきます。



35分には、右サイドに展開すると、ボールは江原へ。江原のエリア右を突くパスに、五木田が抜け出すも、ツエーゲンはブロック。

右コーナーキックとなり、キッカーの川口が左足でボールを入れると、セカンドボールを正面で拾った元木はふたたび右に展開。


川口がクロスを入れると、遠いサイド、松長根が競りますが、ワンタッチあり、今度は左コーナーキックに。

キッカーの大関が右足でボールを入れると、セカンドボールを拾った元木から由井とつながり、左サイド、高い位置で受けた大関はエリア外左から折り返しますが、浦がセーブ。


前半は1-0でタイムアップとなります。




次第に晴れ間がさす中始まった後半。フロンターレもツエーゲンもともに交代はなし。

立ち上がりには、ツエーゲン、下がり目、中央寄りで受けた平川のパスに、右サイドから飛び出した中川が仕掛けていきますが、高井がカバー。

さらにツエーゲンが、浦に最終ラインの岡本や上多、村田や高橋、時には柳村も下がり目で受け、位置を入れ替えながら、ボールを回す場面をつくり、3分には、中央へ飛び出した村田のスルーパスに、鶴谷が抜け出し、エリア前に。1対1となりますが、シュートは濱﨑の正面に。

濱﨑はしっかりセーブし、阻み、すぐさまスロー。左サイド、志村につなげ、仕掛けた志村はエリア外左へ。

最後はツエーゲンの守りが阻んだものの、守備から攻めへつなげていきます。


うまく間にボールを入れ、中央に寄った平川が起点となり、ツエーゲンがさらに迫る場面をつくりますが、フロンターレはコンパクトにして対応。最後は濱﨑が阻んで、しのいでいきます。

浮き球に対して、高井や松長根がしっかり競り、左に中川が流れ、起点となる場面では、高井がプレーを切るようにクリアするなど、落ち着いて対応していくフロンターレ。

ボールをものにした高井がすぐさま由井に渡し、つながりをもって、プレーを続けていきます。


5分には、大関から右サイドへ展開。受けた江原がクロスを入れると、正面で尾川がヘディングシュートを打ちますが、枠はとらえられず。

さらに持ち出した松長根の縦パスを、間で尾川が受け、左に展開するなど、最終ラインからも縦にパスを通しながら、フロンターレはゴールを目指していきます。


ツエーゲンも中川が右サイドにうまく飛び出したり、また、平川が右サイドの高い位置へ仕掛けていくなどしますが、松長根や元木がうまく体を入れ、マイボールに。

前にいかせずに対応していきます。


由井や大関が多く触れ、また高井や松長根のフィードに、五木田が動き出すなどしながら、ゴールへ迫るフロンターレ。

7分には細かく左右にボールを動かし、大関からセンターライン付近右サイド寄りまで上がった高井へ展開。高井のパスを右サイドで受けた江原のパスに、川口が高い位置へ。

エリア右へ仕掛けて、シュートを打つと、枠をとらえましたが、浦が好セーブ。


左コーナーキックとなり、大関がボールを入れると、高井が頭で合わせましたが左に。

川口も中に寄りながら、マイボールにし、多くの選手がかかわりあいながら回していくのはフロンターレ。

12分、由井のパスをエリア外正面で受けた尾川が中央、大関へ戻すと、大関のスルーパスに、エリア正面へ抜け出したのは志村。ダイレクトで右足を振りぬくと、これがきまり、2-0。

またも、見事な連係を見せたフロンターレ。突き放します。


直後にも、得点機をつくったのはフロンターレ。ボールを奪った松長根は縦パスを送ると、中央やや左寄りの大関はスルーパス。これに抜け出したのは五木田。エリア正面やや左へ。

ゴール右をとらえたシュートを打ちますが、またも浦が好セーブ。


フロンターレのコーナーキックをしのいだツエーゲンは、右サイド、柳村から中央の鶴谷、鶴谷から下がり目、村田とつながり、左サイドでボールを動かして、平川が高い位置へ。

開いた平川がエリア内へ速いボールを入れると、遠いサイドへ中川が飛び出しますが、さわることはできず。


さらにツエーゲンが、うまく間にボールを出し入れし、中川がエリア前で受ける場面をつくりますが、松長根が対応していきます。


フロンターレは、16分大関に代わり14大瀧螢、志村に代わり32柴田翔太郎。

ツエーゲンは、17分鶴谷に代わり13宮前享真が入り、左MFに。柳村が前線へ。

18分にはツエーゲン、中央で前を向いた平川の縦パスに、村田がエリア外正面やや左へ。シュートはゴール左をとらえるも濱﨑がセーブ。

左コーナーキックとなりますが、柳村がニアに入れたボールは、五木田がクリア。ふたたび左コーナーキックとなり、セカンドボールを拾ったツエーゲン。

エリア外左、柳村がシュートを打ちますが、濱﨑がセーブ。


フロンターレも直後には、左サイドでボールをカット。松長根のスルーパスに五木田が抜け出しそうになりますが、ツエーゲンの守りが阻みシュートまでは行けず。

大関、由井が多く触れながら、追加点を目指していくのはフロンターレ。

21分には、由井から左へ展開。元木のパスに、柴田がエリア外左へ。そのまま前に仕掛けていくと、ツエーゲンにファールがあり、フリーキックに。

キッカーの川口がボールを入れると、エリア内、松長根が頭で合わせるも、ツエーゲンはブロック。さらにゴール右へのこぼれ球、詰めた元木がシュートを試みるも、ツエーゲンはここでも体を張った守備。

追加点とはなりませんでしたが、一歩、さらに足をのばしていく。ボールへの執着心をあらわにしていくプレーで、フロンターレが迫っていきます。


飲水タイムをはさんで、ツエーゲンは24分北に代わり15辰巳航。

直後にはツエーゲンの左サイドからの攻めをしのいだフロンターレ。尾川から右サイド、川口に展開。仕掛けた川口はクロスを入れていきますが、ツエーゲンはクリア。


フロンターレは、ここで川口に代わり41香取武、五木田に代わり5浅岡飛夢。尾川が右MF、香取、浅岡が前線へ。

最終ライン、高井、松長根が開いて、大瀧や由井、元木もかかわりあいながら、回していこうとするフロンターレ。元木のパスに、柴田が高い位置へ抜け出すなど、うまく間を突いていきます。

29分には、由井から左サイドの元木、元木から正面の大関へ。大関のパスに、江原が右サイドの高い位置へ。

江原がクロスを入れると、エリア内へ、香取が入り込みますが、浦がセーブ。

さらに間で尾川が受けて、左に展開。元木から受けた柴田が仕掛けて折り返すと、香取がエリア内へ。最後はラインを割ってしまい、シュートまではいけず。


ツエーゲンはここで平川に代わり7伊勢野華立。

直後にはフロンターレ。香取のプレスバックからマイボールに。右に展開すると尾川が高い位置へ。仕掛けた尾川が折り返すと、正面へ浅岡が飛び込みますが、さわることはできず。

さらに34分には松長根のフィードを浅岡が競り、右に展開。江原から尾川とつながり、尾川が折り返すと、エリア内へ浅岡が迫りますが、さわることはできず。


フロンターレはここで由井に代わり31田所莉旺。

ツエーゲンも、縦にうまくパスをつけていく中で、高井、松長根に田所や大瀧も加わって奪ってからの攻撃へつなげていくフロンターレ。

アディショナルタイムには、高井の縦パスを受けた尾川が前を向き、そのパスに、浅岡がエリア右へ。シュートを打つも、再三の好セーブを見せていた浦がここでも阻んで得点とはならず。

それでも、まもなく試合はタイムアップとなり、2-0。

フロンターレは、白星で今大会を発進することになりました。


未対戦の相手、普段とは違うピッチの中、フロンターレらしい見事な連係からゴールをものにしたフロンターレ。

連戦が続く日本クラブユース選手権は、チームとしても、選手としても成長することのできる貴重な機会ともなります。

試合を重ねて、どんなフロンターレを見せていくのか、選手それぞれがどんな成長を遂げていくのか。

とても楽しみとなる初戦となりました。


前半1-0 後半1-0 計2-0

得点:尾川丈、志村海里(フロンターレ)

フロンターレの先発:21濱﨑知康 22江原叡志 4高井幸大(c) 3松長根悠仁 29元木湊大 10大関友翔 18由井航太 8川口達也 25志村海里 17尾川丈 9五木田季晋

交代:大関→14大瀧螢 志村→32柴田翔太郎 五木田→5浅岡飛夢 川口→41香取武 由井→31田所莉旺

控え:19菊池悠斗 6吹田航晟 35土屋櫂大 28髙橋宗杜


ツエーゲンの先発:1浦理貴弥 6北啓佑 3岡本翼 2上多快生 5山下莉人 14高橋祐翔 4村田健人 11平川稜(c) 10柳村龍慎 16鶴谷圭吾 9中川豪

交代:鶴谷→13宮前享真 北→15辰巳航 平川→7伊勢野華立 

控え:21日浅偉吹 28長田琉太 8松浦魅空 17森久拓海 23田中智大 18吉村征也



試合後、先制ゴールの尾川丈に話を聞きました。

MF17尾川丈選手



〇ツエーゲン金沢とやってみてどう感じましたか?

 前半はけっこうグラウンドに慣れるまで時間がかかって、ちょっとうまくいかなかったんですけど、だんだん慣れることができて。

 そこから自分たちの時間があって、2点取って。勝つことができて良かったと思います。

〇グラウンドは、やはりやりにくさがありましたか?

 けっこうボコボコしていてやりづらかったです。

〇得点シーンを振り返ってもらえますか?

 右サイドの叡志(江原叡志)から、クロスが上がって。一発目はヘディングで打ったんですけど、止められてしまって。

 でも、そのあとはしっかりセカンドボールに反応して、決めきることができて良かったです。


〇いつもより短い試合時間(35分ハーフ)でどう感じましたか? 
 
 前半は日差しがなかったので、けっこう短く感じて。でも後半は日差しが出てきて、けっこう暑くなって体力がなくなって。
 45分とあまり変わらないなと思ってやりました。


 
〇今日は最初はFWで出ていた。普段と違うポジションでやりにくさなどは?


 いつもは右サイドハーフをやらしてもらっているんですけど、でも去年まではFWだったので、そこまでやりづらさは感じなかったです。


〇次の試合に向けて。

 次も難しい試合になると思うんですけど、絶対にチーム一丸となって頑張りたいと思います。


〇自身の目標などは?

 自分が得点だったりアシストだったりしていかないといけないポジションに入ったと思うので。

 もっと得点とアシストを増やしていきたいです。


〇サポーターに向けて、コメントをいただけますか?

 こんなに遠くまで応援に足を運んでくれて、とても力になっています。まだまだ続きますが、応援よろしくお願いします。



(文中敬称略)


写真は、かんちさんからもいただきました。ありがとうございます!

(かんちさん撮影)

大関友翔選手
田所莉旺選手
五木田季晋選手

円陣を組む選手たち

濱﨑知康選手

高井幸大選手
松長根悠仁選手
江原叡志選手
高井幸大選手
大関友翔選手
松長根悠仁選手
江原叡志選手
尾川丈選手
川口達也選手
元木湊大選手
元木湊大選手
松長根悠仁選手
大関友翔選手
川口達也選手
由井航太選手
尾川丈選手がシュート
先制点はフロンターレへ
元木湊大選手
志村海里選手

五木田季晋選手
松長根悠仁選手
尾川丈選手
志村海里選手
高井幸大選手
志村海里選手
由井航太選手
大関友翔選手
江原叡志選手
松長根悠仁選手
志村海里選手
大関友翔選手
元木湊大選手
高井幸大選手
江原叡志選手

由井航太選手
尾川丈選手
志村海里選手が決め2-0
五木田季晋選手
由井航太選手
大瀧螢選手
尾川丈選手
松長根悠仁選手が合わせる
五木田季晋選手
尾川丈選手
川口達也選手
浅岡飛夢選手、香取武選手がピッチへ
柴田翔太郎選手
柴田翔太郎選手
大瀧螢選手
高井幸大選手
由井航太選手
浅岡飛夢選手
濱﨑知康選手
浅岡飛夢選手
大瀧螢選手
浅岡飛夢選手
浅岡飛夢選手
高井幸大選手
2-0でタイムアップ

試合を見守った家族やサポーターらのもとへ

 

(だいち撮影)

濱﨑知康選手
菊池悠斗選手

香取武選手
江原叡志選手
高井幸大選手
田所莉旺選手
大関友翔選手
五木田季晋選手
柴田翔太郎選手
吹田航晟選手
菊池悠斗選手
髙橋宗杜選手
五木田季晋選手
髙橋宗杜選手
川口達也選手
大瀧螢選手
大瀧螢選手
浅岡飛夢選手
土屋櫂大選手
宮地健輔選手が声を掛けて、先発メンバーたちがアップをしていく

多くのサポーターが駆けつけ、幕を出した

 


写真撮影に臨むフロンターレのメンバー

試合に出られない選手たちの想いも胸に臨む

コイントスに臨むキャプテンの高井幸大選手

濱﨑知康選手
松長根悠仁選手
尾川丈選手
五木田季晋選手

元木湊大選手
松長根悠仁選手
高井幸大選手
濱﨑知康選手
由井航太選手
松長根悠仁選手
志村海里選手
元木湊大選手
五木田季晋選手
川口達也選手
高井幸大選手
川口達也選手
五木田季晋選手
元木湊大選手
川口達也選手
川口達也選手
尾川丈選手
志村海里選手
尾川丈選手がシュート
間接フリーキックからゴールを狙う

川口達也選手がシュート
元木湊大選手がボールを奪う
川口達也選手
飲水タイムへ
志村海里選手
高井幸大選手
尾川丈選手
川口達也選手
高井幸大選手

志村海里選手
元木湊大選手
川口達也選手

元木湊大選手
尾川丈選手
大関友翔選手
濱﨑知康選手
大関友翔選手
川口達也選手
尾川丈選手がシュート

 

こぼれ球を拾い、シュート

 

先制点はフロンターレへ

今大会初得点は尾川丈選手

五木田季晋選手
元木湊大選手
江原叡志選手

五木田季晋選手
川口達也選手

前半は1-0
児玉昌太郎選手、宮地健輔選手
香取武選手
柴田翔太郎選手
土屋櫂大選手
田所莉旺選手
大瀧螢選手
吹田航晟選手
浅岡飛夢選手

後半へ

五木田季晋選手
由井航太選手
川口達也選手
由井航太選手
江原叡志選手
元木湊大選手
松長根悠仁選手
元木湊大選手
尾川丈選手
五木田季晋選手
五木田季晋選手
志村海里選手
高井幸大選手
由井航太選手
大関友翔選手
由井航太選手
高井幸大選手
川口達也選手

高井幸大選手
江原叡志選手
大関友翔選手
志村海里選手がシュート

2-0に

 

松長根悠仁選手
五木田季晋選手
五木田季晋選手
元木湊大選手
柴田翔太郎選手

五木田季晋選手
大瀧螢選手
柴田翔太郎選手
川口達也選手
松長根悠仁選手がシュート
川口達也選手
松長根悠仁選手
尾川丈選手
川口達也選手

 

柴田翔太郎選手
大瀧螢選手
浅岡飛夢選手
柴田翔太郎選手
浅岡飛夢選手
大瀧螢選手
江原叡志選手
柴田翔太郎選手
香取武選手

香取武選手
田所莉旺選手
田所莉旺選手
浅岡飛夢選手
松長根悠仁選手
大瀧螢選手
浅岡飛夢選手
大瀧螢選手
高井幸大選手
2-0でタイムアップ

試合を見守った家族やサポーターらのもとへ

喜びを分かち合う選手たち

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です