フロンターレU15 – 伊丹FC / 伊丹FC祭


8月6日、2日目を迎えた川崎フロンターレU-15の大阪遠征、伊丹FC祭 ITAMI-FES2022。フロンターレU-15の三年生たちは、大会を主催する伊丹FCとの試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-15 伊丹FC祭 ITAMI-FES2022 vs 伊丹FC】

8月6日(土)午前10時15分キックオフ J-GREEN堺 S7ピッチ くもり 30分ハーフ

フロンターレの先発は、GK16井澤明己、最終ラインは右から13佐藤壱隆、24藤田明日翔、5林駿佑、3陶山響、ボランチは14藤井漣祐、4楠田遥希、右MF15佐々木雄基、左MF18平内一聖、トップ下38奥田悠真、前線には11恩田裕太郎。

フロンターレU-15の二年生たちがLEO SCとの試合を行った時間と同様、ときおり遠くに雷鳴が聞こえるくもり空のなか、始まった試合。

フロンターレは立ち上がり、ラインを高め、人をかけて前に出てくる伊丹FCに押し込まれるも、コンパクトに粘り強く守り、これをしのぎ、次第に最終ラインからうまく間にパスを通して、サイドに展開できるように。

すると、8分左サイドから攻勢に出て、陶山が高い位置へ。陶山が折り返すと、これを奥田が押し込んで、1-0。フロンターレが先制点を決めます。

 

なおもゴールの前に迫ってくる伊丹FCに、落ち着いた守りで対応していくフロンターレ。

9分には平内とのパス交換から陶山が高い位置へ。左サイドからの陶山の折り返しは、クリアに遭い、左コーナーキックに。藤井が右足でボールを入れると、藤田が合わせますが右に。

さらにフロンターレは、奥田がうまく左サイドの裏を取り、受けた陶山が仕掛けていき、ふたたび左コーナーキックを得るなど、相手陣内で時間をつくっていきます。

14分には藤井や楠田、奥田がかかわって中央でボールを動かし、右に展開。佐藤が高い位置でクロスを入れると、エリア内、恩田がおさめ、恩田のパスに、奥田がエリア内へ飛び出しシュートを打ちますが、右に。

 

飲水タイムをはさんで、藤井、楠田、最終ラインの藤田や林も加わってボールを回していくフロンターレ。佐々木が中央に顔を出し、空いたスペースを佐藤が上がっていくなどして、ゴールを目指していきます。

19分には、正面で佐々木がボールをカット。そのまま前に持ち込んで、GK40もかわしてシュートを打つとこれが決まり、2-0。

フロンターレは前から連動してプレスをかけにいき、直後には奥田が正面でボールをカット。シュートは、GK40がセーブしたものの、前からの守備でもチャンスをつくっていきます。

22分には、藤井から楠田、楠田から藤井と中央でテンポよく回して、左に展開。左サイドでふたたび受けた藤井のパスに、奥田が正面へ。シュートはブロックに遭い、ゴールとはならなかったものの、うまく間を突きながらチャンスをつくっていきます。

 

左サイドで平内、陶山、奥田がかかわってテンポよくボールを動かし、正面に恩田が迫り、右サイドの高い位置では佐々木が仕掛けるなどしていくフロンターレ。

前から連動してボールを奪いにいき、最終ラインでは林が厳しい寄せから奪って、楠田につなげるなどしていきます。

26分には、伊丹FC、正面で29がカットするも、林、楠田が寄せていき、エリア内には近づかせず。

さらに右サイドのスローインから39が仕掛けて、右コーナーキックとなり、47が右足でボールを入れるも、井澤がセーブ。

ふたたび攻めに転じたフロンターレは藤井や楠田が多くボールに触れ、佐藤や平内が高い位置へ顔を出すなどしながら、ゴールをうかがっていきます。

30分には、楠田から左サイドの陶山へつながり、陶山から奥田とつないでふたたび左に展開。平内が仕掛けて折り返すと、正面へうまく入り込んだ奥田がシュートを打つも、伊丹FCはブロック。

前半は2-0でタイムアップとなります。

 

フロンターレに交代はなくスタートした後半。立ち上がりは伊丹FCが右サイドから攻勢に出るも、フロンターレはクリアするのではなく、後ろからつながるようなかたちで対応して、自分たちでボールを動かせるように。

3分には、楠田から右サイド、佐藤、佐々木とつなぎ、佐々木から正面の藤井へ。藤井のスルーパスに、恩田が抜け出しそうになりますが、シュートまではいけず。

4分には伊丹FC、中央で動かして右に展開。19のパスに、23がエリア内へ抜け出しますが、林が厳しく寄せに、シュートは打たせず。

さらに正面で43がカット。エリア右へパスが通り、折り返しますが、井澤がセーブ。しのでいきます。

 

中央で藤井や奥田、楠田がかかわり、左サイドでは平内、陶山、奥田がボールを回していくなどしてゴールを目指していくフロンターレ。

9分には、うまくエリア前に抜け出した恩田がGK40を引き付けて、シュート。ゴールネットを揺らしますが、ハンドがあったとの判定で得点とはならず。

さらに10分には左サイドで陶山がカット。平内につながり、平内のパスに奥田がエリア左へ。しかし、伊丹FCも体を張った守りを見せて、ゴールとはならず。

伊丹FCのフィードに対して、林が陶山につながるようなかたちで対応し、そこから攻めにつなげていくフロンターレ。

16分には楠田から右に展開。佐々木が前に持ち出し、正面の藤井へ。藤井から右サイドを突くパスが通り、右サイドの佐藤へ。

佐藤がクロスを上げると、エリア内、平内がオーバーヘッドでシュート。これがゴールネットを揺らして、3-0。暑さを吹き飛ばすような爽快なゴールが決まって、フロンターレが突き放します。

 

飲水タイムをはさんでフロンターレは、GK井澤、最終ラインは右から27小川翔太、23ペイシェンス海翔、藤田、6関徳晴、ボランチは22榎本司、楠田、右に佐々木、左に7ステンパールカ大翔、トップ下8新堀翔、前線には9小野口天。

榎本、楠田、新堀が中央でかかわりあい、左サイドで受けたステンパーや関が仕掛けるなどしていくフロンターレ。

コーナーキックのセカンドボールも拾って、高い位置で時間をつくり、相手にボールが渡っても、楠田が厳しく寄せにいき、自分たちのスローインにするなどしていきます。

24分には伊丹FC、左サイドからの攻めに。しかし、小川翔太がカバー。最後は井澤がセーブ。

しかし、25分、伊丹FCは19がうまく右サイドを抜け出してエリア内へ。ニアを抜くシュートを決めて3-1に。

2点差とされたフロンターレ。なおも精度の高いサイドチェンジも交えてゴールをうかがう伊丹FCに対して、中央をステンパーがカバーするなど、コンパクトにして対峙。

ふたたび小野口がボールをおさめ、そこから右サイド、駆け上がった小川翔太へつなげるなど、攻勢に転じていきます。

28分には、正面でうまくボールをおさめた小野口が反転。シュートを打ちますが上に。

直後には、正面で小野口がボールをカット。しかし、GK40がすばやく寄せてシュートは打てず。

さらに31分には、右サイド、高い位置へ抜け出した小川翔太が折り返しますが、シュートにはつながらず。

試合は3-1でタイムアップとなりました。

フロンターレの先発:16井澤明己 13佐藤壱隆 24藤田明日翔 5林駿佑 3陶山響 14藤井漣祐 4楠田遥希 15佐々木雄基 18平内一聖 38奥田悠真 11恩田裕太郎

交代:佐藤→27小川翔太 林→23ペイシェンス海翔 陶山→6関徳晴 藤井→22榎本司 平内→7ステンパールカ大翔 奥田→8新堀翔 恩田→9小野口天

 

川崎そだちでの伊丹FC祭でのフロンターレU-15の三年生たちの記事は、これが最後。

8月15日から始まる日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会でどんな結果を残していくのか、とても楽しみにしています。

(文中敬称略)

井澤明己選手
藤田明日翔選手
平内一聖選手
楠田遥希選手
陶山響選手
藤田明日翔選手
佐藤壱隆選手
藤井漣祐選手
陶山響選手
林駿佑選手
奥田悠真選手がゴールを決め1-0
藤田明日翔選手
佐々木雄基選手
楠田遥希選手
恩田裕太郎選手
陶山響選手
佐々木雄基選手
楠田遥希選手

 

 

 

奥田悠真選手

藤田明日翔選手
井澤明己選手
佐藤壱隆選手
平内一聖選手
平内一聖選手
奥田悠真選手
佐々木雄基選手
陶山響選手
陶山響選手
平内一聖選手
井澤明己選手
藤井漣祐選手
平内一聖選手
恩田裕太郎選手
恩田裕太郎選手
藤田明日翔選手
藤井漣祐選手
佐々木雄基選手

平内一聖選手がオーバーヘッドでゴールを決める

ステンパールカ大翔選手
ペイシェンス海翔選手

藤田明日翔選手
関徳晴選手
楠田遥希選手
小野口天選手
榎本司選手
関徳晴選手
ペイシェンス海翔選手
楠田遥希選手
ステンパールカ大翔選手
ステンパールカ大翔選手

小川翔太選手
小川翔太選手
楠田遥希選手
楠田遥希選手
関徳晴選手

 

 

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。