フロンターレU12 – はるひ野バディSC / ハンガリー大使館杯準々決勝


10月1日の等々力補助競技場。ハンガリー大使館杯決勝トーナメント1回戦で、さぎぬまSCに7-1で勝利した川崎フロンターレU-12は、準々決勝でははるひ野バディSCとの試合に臨みました。

この記事は、1回戦と同様、フロンターレに取材を依頼、了解を得て書かせていただきました。

【川崎フロンターレU-12 ハンガリー大使館杯U-11川崎市秋季サッカー大会準々決勝 vs はるひ野バディSC】

10月1日(土)午後3時36分キックオフ 等々力補助競技場Aピッチ 晴れ 8人制 15分ハーフ

フロンターレの先発は、GK19中島嵩登、最終ラインは右から25永田怜大、23土本琉斗、20笠倉蓮央、中盤に28我妻光、右に29時松隼跳、左に27渋谷昇汰、前線には18新堀隼。

1回戦と同様、青空の等々力補助競技場は、まだまだ汗ばむような陽気に。

両チームの選手の家族ら、さらには試合などを終えたほかの選手らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、後ろからボールを動かし、攻めの糸口をさぐっていくフロンターレ。

はるひ野バディは、エリア前にきわどい浮き球を入れていきますが、フロンターレは永田がしぼって対応。右サイドからのはるひ野バディの攻めに対しては、土本がカバー。

しっかり守っていき、攻撃の芽を摘んでいきます。

すると2分、フロンターレはエリア右へのボール。時松が追っていき、これを処理しようとしたGK1からカット。そのままゴール左に流し込み、1-0。

ひたむきにボールを追っていったことが実り、フロンターレが先制します。

4分には、中央の我妻から時松、時松から右に流れた新堀へ。新堀がエリア右へ仕掛けていくと、エリア外右ではるひ野バディがファール。

フロンターレはフリーキックを得ます。

キッカーは、笠倉。左足でシュートを打つと、ゴールネットが揺れ、2-0。試合を見守っていた人々をどよめかすゴールが決まり、フロンターレが突き放します。

下がり目で受けた新堀が斜めにうまく仕掛け、受けた時松のパスに、右サイドの高い位置へ永田が上がっていくなど、うまく連動してプレーを重ねていくフロンターレ。

GKの中島が、左サイド、高い位置の渋谷へ正確につなげるなど、長いボールも交えていきます。

すると5分には、右サイドで受けた永田が少し持ち上がり、そのスルーパスに、時松がエリア右へ。ゴールへ流し込み、3-0。

直後には永田から、左サイド、渋谷へ。渋谷から中へ寄った笠倉、中央の我妻とつなぎ、我妻はふたたび左サイドの渋谷へ。

渋谷はクロスを入れるも、GK1がセーブ。

はるひ野バディはそこから攻めに転じようとしましたが、フロンターレは、新堀隼が下がり目に下り、コンパクトに対峙。

すると7分、フロンターレは永田が自陣でボールをカット。そのパスが、エリア外正面、我妻に通り、我妻は、GK1が前に出ているところを突いてループシュート。

ボールはゴールのなかへ。4-0。

直後にもフロンターレ、笠倉のスルーパスに、渋谷が正面へ。シュートを打つも、GK1がセーブ。しかし、いい動き出しを見せて、チャンスをつくっていきます。

はるひ野バディが攻めに持ち込もうとする場面では、土本がカバーするなどし、それをさせないフロンターレ。

土本はGKの中島につなげ、中島は永田へ展開し、守備から攻撃へ、転じていきます。

9分には、正面へ抜け出した新堀隼がシュート。GK1が阻んだところ、セカンドボールを拾った時松が、右サイドから折り返し。

正面で新堀隼がシュートを打つも、GK1がセーブ。

右コーナーキックとなり、渋谷が右足でボールを入れると、エリア内、こぼれ球を拾った笠倉がシュートを打つも、GK1がセーブ。

11分にはフロンターレ、永田から中央、やや下がり目で受けた新堀隼のパスに、笠倉がエリア外正面へ。地を這うようなミドルシュートを打つと、ボールはゴールへ吸い込まれるようにして決まり、5-0。

12分には、さらに土本から中央、新堀隼、新堀隼から右サイド、永田へつながり、永田からやや上の時松、時松から正面やや右の新堀隼へ。

新堀隼のパスに、エリア外右、抜け出した永田がシュート。これはオフサイドとはなりましたが、テンポのよいパスワークを見せ、チャンスをつくっていきます。

すると13分、フロンターレは、渋谷が高い位置でボールをカット。そのパスに、我妻がエリア内へ。シュートを打つとゴール左に決まり、6-0。

フロンターレはさらに細かくボールを動かし、永田がエリア外でミドルシュートを打つなど、相手エリア前でプレーを重ねていきます。

前半はタイムアップ。6-0でハーフタイムへ。

 

後半、フロンターレはGK21酒寄壮、最終ラインは右から25永田怜大、28我妻光、23土本琉斗、中盤は29時松隼跳、右に18新堀隼、左に20笠倉蓮央、前線には26北田章将。

立ち上がりには、フロンターレ、右サイドから正面の新堀隼へつながり、新堀隼のパスに、エリア左へ走り込んだのは笠倉。

シュートは枠をとらえられなかったものの、うまく連係して、ゴールに迫っていきます。

左サイドで笠倉や北田、土本がかかわりあい、土本が仕掛けてコーナーキックを得るなど、高い位置で時間をつくっていくフロンターレ。

3分には、右サイド、受けた新堀が間を縫うようにして仕掛け、正面へ。シュートを打ちましたが、右へ。

さらにフロンターレは中央でうまく時松がおさめ、そのパスに、笠倉がエリア近くに上がっていくなどしていき安栖。

すると4分、フロンターレは、左サイドから正面へ北田がドリブルで仕掛け、正面の新堀隼へ。新堀隼のパスを、エリア外左で受けたのは永田。

ミドルシュートを打つとこれが決まり、7-0。

はるひ野バディも、高い位置でボールをカット。そこから攻めに持ち込もうとしていきますが、フロンターレは新堀隼が自陣の右サイドをカバー。

さらに正面へ74が迫りますが、土本がカバー。コンパクトにして対峙し、エリアの前でボールをカット。

受けた北田が間を縫うように持ち上がり、一気にエリア正面へ。シュートを打つとこれが決まり、8-0。

守備から攻撃への切り替えの速さが実り、追加点をものにします。

直後にも、正面へ時松が抜け出して、シュートに持ち込むなど、チャンスをつくるフロンターレ。

ボールを奪われても、寄せの速さを見せ、すぐさま取り返していきます。

すると8分、フロンターレはエリア外正面、うまく間で受けた時松が、シュートを打つとこれが決まり、9-0。

フロンターレはここで笠倉に代わり27渋谷昇汰。

9分には、スルーパスに、北田が正面へ。シュートはGK1が阻んだものの、いい動き出しと、うまく間を縫うような仕掛けでチャンスをつくっていきます。

11分にはさらにフロンターレ、土本から北田、北田から高い位置へ上がった土本へつながり、土本は右サイドを突くパス。オーバーラップした永田は右クロスを上げるも、ワンタッチあり右コーナーキックに。

コーナーキックはシュートにつながらなかったものの、セカンドボールをものにしたフロンターレ。

永田のスルーパスに、エリア前に抜け出したのは時松。ターンで相手を剝がした時松は、ゴールへ流し込んで、10-0。

うまく連係し、最後のところでの技術の高さも見せて、突き放します。

直後にも、永田のスルーパスに、左から正面へ渋谷が抜け出すなど、チャンスをつくっていくフロンターレ。

12分には、エリア外左で土本がボールをカット。地を這うようなミドルシュートを打つとゴール左へ決まり、11-0。

はるひ野バディの攻めにも、最終ラインの我妻がよくカバーし、チャンスをつくらせずに対応していくフロンターレ。

13分には、北田から時松、時松から左の渋谷へ。仕掛けた渋谷が折り返すも、はるひ野バディはブロック。

右サイドでのスローインに。

その流れからエリア外正面、うまく間で受けたのは土本。ミドルシュートを打つとこれが決まり、12-0。

直後には、はるひ野バディ、高い位置でボールをカット。60が正面でシュートを打つも、酒寄がセーブ。

試合はタイムアップとなり、12-0。

最後まで手を緩めなかったフロンターレ。チームとして連係が深まり、最後のところの精度も高まっている、と感じさせられるかたちで、準決勝へ駒を進めました。

前半6-0 後半6-0 計12-0

得点:時松隼跳4、笠倉蓮央2、我妻光、永田怜大、北田章将、土本琉斗2

フロンターレの前半のメンバー:19中島嵩登 25永田怜大 23土本琉斗 20笠倉蓮央 28我妻光 29時松隼跳 27渋谷昇汰 18新堀隼

フロンターレの後半のメンバー:21酒寄壮 25永田怜大 28我妻光 23土本琉斗 29時松隼跳 18新堀隼 20笠倉蓮央 26北田章将

交代:笠倉→27渋谷昇汰

(文中敬称略)

笠倉蓮央選手
中島嵩登選手

笠倉蓮央選手
笠倉蓮央選手
中島嵩登選手

永田怜大選手
時松隼跳選手が決めてフロンターレが先制
我妻光選手
新堀隼選手

新堀隼選手
笠倉蓮央選手がゴールを決める

永田怜大選手

中島嵩登選手
渋谷昇汰選手

我妻光選手
渋谷昇汰選手
我妻光選手
我妻光選手
渋谷昇汰選手
土本琉斗選手
土本琉斗選手

新堀隼選手
永田怜大選手
永田怜大選手
渋谷昇汰選手

酒寄壮選手
土本琉斗選手
北田章将選手
新堀隼選手
新堀隼選手
土本琉斗選手
北田章将選手

新堀隼選手
時松隼跳選手
永田怜大選手
土本琉斗選手
永田怜大選手

渋谷昇汰選手

酒寄壮選手
新堀隼選手

渋谷昇汰選手
時松隼跳選手
土本琉斗選手
酒寄壮選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です