フロンターレU12 – FCパーシモン / ハンガリー大使館杯準決勝


10月15日は等々力第一サッカー場へ、

川崎市のU-11年代の大会、ハンガリー大使館杯U-11川崎市秋季サッカー大会は、最終日を迎えました。

準決勝に残ったのは、川崎フロンターレU-12、FCパーシモン、プルチーニFC、AC等々力の4チーム。

フロンターレは、FCパーシモンとの試合に臨みました。



この記事は、フロンターレに取材をお願いし、了解を得て、書かせていただきました。



【川崎フロンターレU-12 ハンガリー大使館杯U-11川崎市秋季サッカー大会準決勝 vs FCパーシモン】

10月15日(土) 午前9時キックオフ 等々力第一サッカー場 くもり一時雨 15分ハーフ 8人制


フロンターレの先発は、GK19中島嵩登、最終ラインは右から23土本琉斗、28我妻光、20笠倉蓮央、中央に29時松隼跳、右に25永田怜大、左に26北田章将、前線には18新堀隼。


空には雲が垂れ込め、今にも雨が降り出しそうな等々力第一サッカー場。

それでも、周りには両チームの選手の家族らが集まり、見守るなか、試合は始まりました。


立ち上がり、ラインを高く保ち、コンパクトにして、ボールを動かしていくフロンターレ、奪われても、球際に厳しく、また、速い寄せで奪い返していきます。

2分には、中央下がり目で受けた新堀が、エリア前に浮き球のパス。時松が1対1となりますが、オフサイド。


さらに中央をうまく時松が持ち出し、右の永田へ、永田から左サイドに展開するなど、中央を経由して両サイドを使いながらフロンターレは前に出ていこうとしていきます。


一方のパーシモンも、4分には右サイド、下がり目の30の浮き球に、42がエリア右へ。中島をかわし、シュートを打とうとしますが、オフサイド。

しかし、こちらもいい連係を見せて、フロンターレのゴールをおびやかす場面をつくっていきます。


それでも、フロンターレは、右に流れた新堀がうまく相手の裏を取り、仕掛けて折り返すなど、ふたたびゴールの前に。

4分には、正面で笠倉がカット。エリア外正面で、ミドルシュートを打ちますが、左に。


球際の強さと、寄せの速さ、そこから攻めにつなげていく切り替えの速さで、フロンターレは流れをつかんでいきます。


すると7分、フロンターレは、永田から受けた土本が駆け上がり、クロス。ボールは左に流れ、笠倉へ。笠倉が高い位置へ仕掛け、クロスを入れると、GK21はセーブしきれずに、ボールはゴールのなかへ。

1-0。フロンターレが先制します。



パーシモンも直後には、テンポよくボールを回していき、20が正面へ。しかし、我妻が寄せてシュートは打たせず。

攻めに転じたフロンターレ、エリア外左、笠倉が抜け出し、ミドルシュート。ボールはポストへ。


9分には、GKの中島から中央の時松へ。時松は右サイドを突くパス。エリア右、新堀隼が抜け出し、シュート。

左にそれましたが、最後尾から、相手ゴール前へ、きれいにつながる、いいかたちをつくっていきます。


パーシモンもフロンターレが後ろから動かしていこうとするところを突いて、前からプレス。

10分には、42が高い位置で奪いますが、永田が体をうまく入れ、前に行かせず。


さらに、フロンターレが中央の時松から、右サイドの永田へ展開しようとしたところ、パーシモンはカット。左サイドから持ち込もうとしていきますが、土本がカバー。


すると12分、フロンターレは、パーシモンが後ろから動かそうとしたところ、正面で時松がカット。ミドルシュートを打つとこれが決まり、2-0。

フロンターレが突き放します。


中島も多くボールに触れ、中に寄った笠倉から受けた土本が、右サイドから斜めに仕掛けるなど、変化も交えながら、さらに迫っていくフロンターレ。

笠倉の縦パスに、左サイドの高い位置へ反応した北田が、反転から相手を剝がし、前に出ようとするなど、ここぞというところで仕掛ける姿勢も見せていきます。


13分には、右サイド、下がり目に開いた我妻から中央の時松へ。時松のパスに、左サイドを抜け出した北田は、エリア正面への仕掛け。

シュートを打ちますが、GK21がセーブ。


フロンターレは、右に新堀隼が流れ、笠倉が中央へ、時松が前に顔を出すなど、位置を入れ替えながら、相手陣内でボールを動かしていきます。

15分には、こぼれ球を拾った土本が、エリア外右へ持ち出し、ミドルシュート。枠をとらえますが、GK21がセーブ。


前半は2-0でタイムアップとなります。



後半フロンターレは、GK19中島嵩登、最終ラインは右から25永田怜大、23土本琉斗、20笠倉蓮央、中央に28我妻光、右に29時松隼跳、左に27渋谷昇汰、前線には18新堀隼。


立ち上がりにはパーシモン、22が右サイドの高い位置へ抜け出すも、渋谷が粘り強く体を入れ、ゴールキックに。

さらにラインを高め、前に出てくるパーシモンに対し、GKの中島も加わって、後ろからボールを回し、うまく間でボールを受けながら前に出ていくフロンターレ。

ボールを回していこうとするパーシモンに対し、前半と同様、速い寄せからボールを奪い、そこから攻撃へつなげていきます。

3分には、渋谷がボールをカット。正面の新堀へ。新堀隼のスルーパスに、時松がエリア右へ抜け出し、シュートを打ちますが、上に。


一方のパーシモンも、GK21がエリア外に出て、最終ラインからつないでいき、右サイド、30のパスに22がエリア外右へ。


しかし、笠倉がカバー。最後はパーシモンのファールに


すばやいリスタートから攻めに転じたフロンターレは、右サイド、永田から時松とつながり、時松が高い位置へ仕掛け、折り返し。

正面で新堀隼がシュートを打ちますが、GK21がセーブ、


パーシモンも、そこから前にすばやく、ボールを渡していき、42がエリア前に抜け出しますが、土本がカバーしていきます。


フロンターレは、時松に代わりU-10の10渡邉一輝。

6分には、下がり目でうまく受けた新堀から右へ展開。渡邉へ。仕掛けた渡邉はエリア外右へ持ち出し、ミドルシュート。

GK21のセーブで阻まれるも、フロンターレは、右サイドで渡邉が仕掛け、中央の我妻がうまく間で受け、左サイド、笠倉、渋谷へつなげ、両サイドを使いながら前へ出ていきます。

すると7分、フロンターレは、左サイド、渋谷のパスが、正面の新堀へ。新堀がうまく間で受け、シュートを打つと、これが決まり、3-0。


フロンターレが突き放します。



突き放されても、後ろから組み立てていこうとする姿勢も見せていくパーシモンに対し、前から連動、渡邉が厳しく寄せにいき、フロンターレはボールをものにしていきます。


永田から、中央に寄った笠倉が受け、そこから右サイド、動き出した渡邉につなてようとしたり、最終ラインの土本が左サイド、高い位置へ動き出した渋谷へつながる好パスを出したりするなど、長いパスも交え、相手陣内でプレーする時間をつくっていきます。


12分には、中央で受けた渡邉のパスに、新堀隼がエリア外右へ。GK21が前に出ているところ、ループシュートを打ちますが、ゴールとはならず。

フロンターレはここで永田に代わりU-10の5岩田東偉道。

岩田が左の前に入り、渋谷が最終ラインの右に。




14分には、さらにフロンターレ、正面で土本がボールをカット。前に持ち出し、ミドルシュートを打ちますが、GK21がセーブ。

直後には、渋谷が中央を縫うように仕掛け、いったんはパーシモンがボールを奪うも、渋谷は奪い返し、さらに前に。

正面でミドルシュートを打つと、これが決まり、4-0。


パーシモンの浮き球に対しても、笠倉、土本がしっかり競り、そこからマイボールに、流れを渡さずプレーを重ねていくフロンターレ。

15分には、中央、我妻のスルーパスに、岩田東偉道がエリア外正面へ。ミドルシュートを打ちますが、GK21がセーブ。


試合は、まもなくタイムアップとなり、4-0。フロンターレは決勝進出を決めました。


前半2-0 後半2-0 計4-0

得点:オウンゴール、時松隼跳、新堀隼、渋谷昇汰

フロンターレの前半のメンバー:19中島嵩登 23土本琉斗 28我妻光 20笠倉蓮央 29時松隼跳 25永田怜大 26北田章将 18新堀隼

フロンターレの後半のメンバー:19中島嵩登 25永田怜大 23土本琉斗 20笠倉蓮央 28我妻光 29時松隼跳 27渋谷昇汰 18新堀隼

交代:時松→10渡邉一輝 永田→5岩田東偉道



(文中敬称略)

試合を前にした選手たち

我妻光選手
中島嵩登選手
笠倉蓮央選手
笠倉蓮央選手
我妻光選手
新堀隼選手
中島嵩登選手
土本琉斗選手

土本琉斗選手
笠倉蓮央選手のコーナーキックからフロンターレが先制
永田怜大選手
北田章将選手
笠倉蓮央選手
北田章将選手
我妻光選手
土本琉斗選手
中島嵩登選手
時松隼跳選手
新堀隼選手
我妻光選手
時松隼跳選手
永田怜大選手
時松隼跳選手
土本琉斗選手
北田章将選手
北田章将選手
時松隼跳選手が決め、2-0

笠倉蓮央選手
中島嵩登選手
北田章将選手
北田章将選手
新堀隼選手
我妻光選手
我妻光選手
土本琉斗選手
ハーフタイムの選手たち
時松隼跳選手
我妻光選手
土本琉斗選手
時松隼跳選手
中島嵩登選手
渡邉一輝選手
土本琉斗選手
渡邉一輝選手
我妻光選手
我妻光選手
渋谷昇汰選手
新堀隼選手が決め3-0

永田怜大選手
土本琉斗選手
岩田東偉道選手
岩田東偉道選手
渋谷昇汰選手が決め4-0

岩田東偉道選手
我妻光選手
4-0でタイムアップ

試合後、練習に励む酒寄壮選手

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です