11月26日‐12月7日の大学サッカー / フロンターレアカデミー出身の選手たち


全国各地で行われている大学サッカー。この記事では、11月最終週の11月26日から、12月7日にかけて、各地で行われた試合で出場するなどした、フロンターレアカデミー出身の選手たちのことをつづっていきたいと思います。

 

11月最後の週末となった11月26日は、関東大学サッカー大会、関東大学サッカーリーグ[2部]参入戦が行われ、山梨学院大と立教大の関東大学サッカーリーグ2部昇格が決定。

参入戦では、フロンターレアカデミー出身の選手の出場機会はありませんでしたが、山梨学院大のMF平田流衣(2年)=フロンターレU-18、立教大のDF道間雄生(3年)=フロンターレU=18、MF宮本ディアウ勇守歩(3年)=フロンターレU-18、MF戸澤龍人=フロンターレU-15→東海大相模=の4選手が、来季は関東大学サッカーリーグ2部で出場する機会がめぐってることになります。

 

 

同じく11月26日には、明治学院大のM102F内海太瑚(2年)=フロンターレU-18、MF5上野綜太(4年)=フロンターレU-18=が、サタデーリーグ決勝、東京経済大戦に臨み、内海は先発フル出場。

内海太瑚選手

上野は、2-1と明治学院大がリードし、迎えた後半から出場。すると2分、コーナーキックのこぼれ球からボレーシュートを決め、1ゴールを記録。

明治学院大は3-1で勝利。これが大学サッカー最後の公式戦となった上野は、自らのゴールでチームの勝利に貢献する、この上もないかたちで、有終の美を飾ることになりました。

フロンターレU-15時代の上野綜太選手
フロンターレU-18での上野綜太選手
慶應義塾高との練習試合でゴールを決めた上野綜太選手
インディペンデンスリーグに出場した上野綜太選手

 

【関東大学サッカーリーグ戦 2部参入プレーオフ決定戦】

12月3日(土)

●慶應義塾大 vs 亜細亜大〇

前半1-0 後半0-2 計1-2

◇慶應義塾大

MF8 小澤星夜 (3年) フロンターレU-15→慶應義塾高 先発

小澤星夜選手

来季の関東大学サッカーリーグ2部への参入チームの最後の枠ふたつのうちの1枠を、今季2部で9位となった慶應義塾大と、関東大学サッカー大会グループBで2位となった亜細亜大が戦った決定戦。

慶應義塾大は、小澤星夜が先発し、51分まで出場。

試合は、前半、15分に慶應義塾大が山本献のゴールで先制。

しかし、後半、84分に亜細亜大が山下翔輝のゴールで同点とすると、90+4分には長渡彗汰のゴールで勝ち越し、1-2でタイムアップとなり、亜細亜大が勝利。

亜細亜大が2部へ参入し、慶應義塾大は、新設される関東大学サッカーリーグ3部で戦うことになりました。

 

【東京都サッカートーナメント学生系の部 予備予選1回戦】

天皇杯の東京都予選へつながる大会、東京都サッカートーナメント学生系の部予備予選が始まり、1回戦では立教大のMF宮本ディアウ勇守歩、中央大のFW有田恵人、FW田中幹大、慶應義塾大のMF茅野優希が試合に臨みました。

12月4日(日)

〇立教大 vs 青山学院大●

前半1-1 後半2-0 計3-1

◇立教大

宮本ディアウ勇守歩選手

MF27 宮本ディアウ勇守歩 (3年) フロンターレU-18 先発

立教大 vs 青山学院大では、宮本が先発し、後半37分まで出場。

試合は、3-1で立教大が勝利しています。

 

〇中央大 vs 東京農業大●

前半3-0 後半3-0 計6-0

◇中央大

有田恵人選手
田中幹大選手

FW7 有田恵人 (3年) フロンターレU-18 先発 1ゴール 1アシスト

FW13 田中幹大 (1年) フロンターレU-18 先発 1ゴール

中央大 vs 東京農業大では、有田、田中幹大が先発。有田は先制ゴールを決め、チームの3点目をクロスでアシストし、後半27分まで出場。

田中幹大は、3-0で迎えた後半2分に混戦からゴールを決め、後半9分まで出場。

試合は6-0。中央大が勝利しました。

 

 

12月7日(水)

慶應義塾大 vs 山梨学院大

前半0-0 後半0-1 計0-1

◇慶應義塾大

茅野優希選手

MF13 茅野優希 (2年) フロンターレU-15→慶應義塾高 先発

慶應義塾大 vs 山梨学院大では、茅野が先発しフル出場。

試合は、86分、山梨学院大が明石海月のゴールで先制。これが決勝点となり、山梨学院大が勝利しています。

 

 

このほか、12月3日に行われたチャレンジリーグ、立教大 vs 平成国際大では、立教大のDF33道間雄生(3年)=フロンターレU-18、MF125戸澤龍人(2年)=フロンターレU-15→東海大相模=が先発。試合は、0-2。平成国際大が勝利。

戸澤龍人選手
道間雄生選手

 

また。12月4日に行われた東京都社会人サッカーリーグ1部、明治学院スカーレット vs ZION FCでは、明治学院大のMF13澤田泰大(3年)=フロンターレU-18=が明治学院スカーレットの選手として先発し後半25分まで出場。

試合は、5-0で明治学院スカーレットが勝利しています。

澤田泰大選手

 

上野のように大学サッカーで最後となる試合で活躍し、最後を飾る選手もいる一方、有田や田中幹大が、新チーム最初の公式戦で、ゴールを決めるなど、それぞれの場所で選手たちが輝きを見せる、うれしい出来事の多かった11月の終わりと12月の始まりとなりました。

 

12月8日には全日本大学サッカー選手権が開幕し、FW服部功汰=フロンターレU-12→多摩大目黒中→多摩大目黒高=の静岡産業大が1回戦で鹿屋体育大と対戦。フロンターレU-18出身のFW山田新、MF高吉正真、MF山内日向汰の3選手が所属する桐蔭横浜大は、11日の2回戦から登場します。

川崎そだちは、選手それぞれの活躍をとても楽しみにしています。

(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です