フロンターレU18 – 鹿島アントラーズユース / Jユースリーグ


12月17日は、等々力第一サッカー場へ。

川崎フロンターレU-18は、Jユースリーグ最終戦、鹿島アントラーズユース戦に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 Jユースリーグ グループC vs 鹿島アントラーズユース】

12月17日(土) 等々力第一サッカー場 くもり

ここまで7試合を終え、4勝1分け2敗、首位のフロンターレ。

先発は、GK19菊池悠斗、最終ラインは右から32柴田翔太郎、31田所莉旺、27髙橋悠斗、キャプテンの22江原叡志、ボランチは23名賀海月、18由井航太、右MF36加治佐海、左MF25志村海里、前線には17尾川丈、20岡崎寅太郎。

12日のプレミアリーグファイナルに出場した柴田、江原、由井、志村、岡崎、尾川が先発に入りました。

鹿島はここまで2勝1分け2敗。

先発は、GK16嶋田晄樹、最終ラインは右から4朝比奈叶和、2近藤大祐、6大川佑悟、29土橋竜之介、ボランチはキャプテンの14小倉幸成、15大山幸路、右MF27壱岐健斗、左MF7中川天蒼、前線には17平山京吾、20馬目隼乃介。

雲が垂れ込め、師走らしい、厳しい寒さの等々力第一サッカー場。それでも、等々力第一サッカー場の周囲には、選手の家族らが集まり、コートなどで身を包んで見つめるなか、試合は始まりました。

 

立ち上がり、フロンターレは、髙橋悠斗や田所が多くボールに触れ、時折浮き球を入れながら、前に出ていこうとします。

鹿島も厳しい寄せを見せ、最終ラインの大川やGKの嶋田が組み立てを図っていきますが、フロンターレは高い位置で連動、厳しく寄せ、自分たちのスローインに。

田所のフィードに、岡崎がうまく間に抜け出しそうになるなど、長いボールも交えていきます。

鹿島が浮き球を入れる場面では、髙橋悠斗が志村につながるようなかたちで対応するなど、ボールを保持する時間を増やしていきます。

5分には、中央で加治佐がボールをカット。加治佐から受けた岡崎が中央を持ち上がり、左サイドを突くパス。抜け出した志村が仕掛けて折り返し。

エリア内へ入ったボールは、鹿島のカバーが阻んで、シュートまではいけませんでしたが、うまく連係、そして、個の力も見せながら、おびやかしていきます。

6分には、田所がやや前に持ち上がり、右サイドの裏を突くパスに、柴田が抜け出しての仕掛け。ここでは、鹿島の土橋がカバー。

鹿島もテンポよく中央でボールを動かしていきますが、フロンターレは岡崎がプレスバック。再びフロンターレの組み立てに。

9分には由井から左サイド、江原へ。江原の縦パスを受けた志村が、ここでも前への仕掛け。折り返しに、尾川が正面へ抜け出しますが、ここでも鹿島の守りに。

それでも、フロンターレはボールを動かしながら、前へ出ていき、9分には中央の加治佐のパスに、岡崎がエリア正面やや右に。

シュートをブロックした鹿島は、そこから中央へ入れていきますが、名賀が取り返し、そのパスに、加治佐がエリア右へ。

折り返しに、正面で打った尾川のシュートは、嶋田が阻みましたが、フロンターレが畳みかける時間帯が続いていきます。

 

11分にはフロンターレ、再び志村へつながり、志村はエリア左へ仕掛け。シュートを打ちますが、わずかに右。

さらに江原が前に持ち上がり、そのパスに尾川が正面へ。由井を経由して、ボールは加治佐につながり、加治佐は仕掛け、右から折り返しますが、鹿島の守りが阻み、そこから左SBの土橋へつなげていきますが、田所が厳しく寄せ、前に行かせず。

フロンターレは、球際の厳しさを見せていきます。

左コーナーキックとなり、セカンドボールを拾った鹿島は、小倉が縫うようにエリア内へ仕掛ける姿勢を見せていきますが、柴田が寄せ、最後は小倉のファールに。

14分には、鹿島が高い位置でボールをカット。中川がエリア左へ。

しかし、田所が体を張り、ブロック。

左コーナーキックとなり、セカンドボールを拾った鹿島は、小倉が正面へ。縫うように前へ仕掛けていきますが、柴田が寄せ、最後は小倉のファールに。

 

長いボールも交え、前に出てこようとする鹿島に対し、セカンドボールを拾った名賀が、しっかり尾川へつながるようなかたちで対応するなど、自分たちのペースに持ち込んでいくフロンターレ。

鹿島の平山が高い位置で奪い、壱岐や馬目との連係から迫る場面では、自陣への戻りが速く、コンパクトに。シュートは打たせずに対応していきます。

すると23分、フロンターレは江原のパスに、志村が左サイドの高い位置へ。うまく裏を取り、そのままエリア左へ仕掛け、シュートを打つとゴール右に決まり、1-0。

先制点はフロンターレへ。

この試合、再三、意欲的な仕掛けを見せていた志村のプレーが、ついに得点に結びつきます。

 

飲水タイムをはさんで、左サイドで志村、江原が連係。髙橋悠斗が、正確なサイドチェンジを柴田につなげ、また、左サイド、高い位置へ開いた志村へ届けるなど、最終ラインからいいボールを出していきます。

28分には、中央でボールを奪ったフロンターレ。尾川が正面へ。いったん鹿島にボールが渡るも、すばやく加治佐が寄せ、前への持ち出し。

鹿島も、寄せが速くシュートにこそ行けませんでしたが、高い位置でボールをものにしチャンスをつくっていきます。

すると29分、フロンターレは菊池から左サイド、志村へつながり、志村のパスに、岡崎がエリア左への飛び出し。

シュートを打つとゴール右に決まり、2-0。

最後尾から始まる素晴らしい攻撃で、フロンターレが突き放します。

 

直後には、さらに柴田が右サイド、高い位置へ仕掛けての折り返し。正面の尾川のシュートはブロック。

鹿島はそこから平山が中央を持ち上がりますが、由井が粘り強く寄せ、さらに田所、柴田が追い込み、前に行かせず。

フロンターレは、ふたたび、髙橋悠斗や田所、江原、下がり目で岡崎も組み立てに加わりながら、ボールを動かしていきます。

34分には、縦パスに抜け出した岡崎が、ダイレクトでボールをはたくと、尾川が正面へ。

鹿島のブロックに遭ったところ、高い位置でボールを奪い返した加治佐が、エリア外正面へ。シュートはブロックに遭いましたが、ここでもフロンターレが、立て続けにゴールへ迫る場面となります。

37分には、田所のフィードに、岡崎が正面やや右へ。シュートは、嶋田の好セーブに阻まれ、右コーナーキックに。

キッカーの名賀が右足でボールを入れると、セカンドボールを拾ったフロンターレは、加治佐から再び、右サイド、名賀へ。

名賀が右クロスを入れると、エリア内で混戦となり、最後は岡崎のシュートが決まり、3-0。

フロンターレが突き放します。

 

直後には、加治佐がエリア正面やや右へ。1対1の場面、シュートを打ちますが、嶋田がまたも好セーブ。

こぼれ球を正面で拾った岡崎が、さらにシュートを打ちますが、これはうまくミートしきれず。

フロンターレは、名賀や由井、岡崎が下がり目で顔を出し、時には尾川が左サイドの下がり目でボールを受けるなどして、ボールを回していきます。

44分には、田所のフィードに、尾川が正面へ。しかし、オフサイドに。

45分には、由井の縦パスに、志村がエリア左へ。オーバーラップした江原へつながり、江原はクロスを入れますが、嶋田がセーブ。

前半は3-0でタイムアップとなります。

 

後半、フロンターレは志村に代わり26中原章雅、岡崎に代わり28髙橋宗杜、尾川に代わり24岡田泰輝。

鹿島は、嶋田に代わり42松本泰生、朝比奈に代わり22池田健将、近藤に代わり23坂本翔汰、馬目に代わり36正木裕翔。

さらに後半早々に、田所が接触でピッチの外へ。

42児玉昌太郎が入り、最終ラインは右から柴田、江原、髙橋悠斗、児玉。

前半同様、GKの菊池に、江原、髙橋悠斗、下がり目で名賀や由井が関わり合い、組み立てを図っていくフロンターレ。

髙橋宗杜がボールをキープ。時間をつくり、前に出ようとしていきます。

一方の鹿島も、テンポの良いパス回しからサイドに展開し、フロンターレの陣内へ。

9分には、中川から土橋とつながり、土橋は高い位置でクロス。ワンタッチあり、左コーナーキックに。

キッカーの壱岐は、右足でニアに入れていきますが、フロンターレはこれをしのいでいきます。

しかし、セカンドボールをものにした鹿島は、右に展開。右サイドからの仕掛けを、正面で正木がヘディングシュート。これが決まり、3-1。

鹿島が1点を返し、2点差に。

迫られたフロンターレは、直後には右サイド、柴田が一気にエリア右へ。

最後はラインを割り、シュートにはつながりませんでしたが、迫っていくと、さらにフロンターレは、高い位置で加治佐がカット、また、由井が中央でボールをものに。

再び自分たちで、ボールを動かせるようになっていきます。

16分には、中央でボールをカット。岡田が、エリア外正面へ。これに対して、鹿島はファール。

フロンターレがフリーキックを得ます。

キッカーは名賀。右足で直接放ったシュートはクロスバー。詰めた髙橋宗杜がシュートを打つと、これが決まり、4-1。

フロンターレが突き放します。

鹿島はここで、土橋に代わり31芝碧斗、大山に代わり9高木輝人。

 

17分にはフロンターレ、フィードを髙橋宗杜が競り、ボールは正面へ。それに抜け出した由井がシュート。

枠こそ、とらえられませんでしたが、決定的な場面をつくっていきます。

髙橋宗杜に預けた名賀が、そのままエリア内へ飛び出していくなど、厚みのある攻めを見せ、さらに高い位置で岡田が体をうまく入れ、正面に持ち込んでシュートを打つなど、チャンスをつくっていきます。

21分には、柴田の縦パスに、加治佐がエリア外右へ。しかし、鹿島の厳しい守りに遭い、シュートまでは行けず。

飲水タイムをはさんで、フロンターレはさらに交代。由井に代わり40八田秀斗、柴田に代わり41香取武。八田がボランチ、香取が右MFへ。

最終ラインでボールを動かしつつ、名賀のパスに児玉が高い位置へ抜け出し、仕掛けるなど、ゴールに迫る場面をつくるフロンターレ。

27分には、ふたたび岡田が高い位置でボールを奪取。そのパスに、香取が正面へ抜け出し、鹿島のブロックに遭い、右コーナーキックに。

鹿島はここで大川に代わり5岩永佳樹。最終ラインは右から池田、坂本、芝、平山。岩永はボランチに。

右コーナーキック、しのいだ鹿島は中央からカウンターに持ち込もうとしますが、加治佐が厳しく寄せにいき、前に行かせない素晴らしい対応。

再び攻めに転じたフロンターレは、岡田から左の中原へ。中原が仕掛ける姿勢を見せ、ゴールをうかがっていきます。

鹿島も、小倉が最終ラインとかかわりあいながら、ボールを動かし、芝のフィードも交え、攻めを試みていきますが、フロンターレはコンパクトに。中央で岡田がセカンドボールを回収していきます。

 

31分には、中原から正面の岡田、髙橋宗杜とつながり、ボールをキープした高橋宗杜から、エリア外正面やや左、児玉へ。

児玉はミドルシュートを打ちますが、松本がセーブ。

直後には鹿島、左サイドからのフィードに、高木が正面へん受けだしそうになりますが、江原がカバー。そこから中央を経由して左サイド、中原へ。

中原から児玉、髙橋宗杜とテンポよく動かし、攻めに転じていきます。

34分には、左サイド児玉から、岡田とつながり、正面やや左へ持ち出した岡田は折り返し。

正面へ八田が迫りますが、鹿島はブロック。

36分には、中央でボールをものにし、八田のパスに、加治佐が右サイドの高い位置へ。加治佐から正面の岡田へつながり、岡田は前に持ち出しますが、鹿島の守備に遭い、シュートまではいけず。

しかし、鹿島が前に持ち出そうとしたところ、中央に寄った中原がそれをさせず。

鹿島は右サイドに正確なサイドチェンジを通していき、また、最終ラインの芝から左に展開しようとしていきますが、左サイドでは中原、児玉が連係。右サイドでは加治佐が厳しく寄せ、自分たちのスローインにするなど、守備でもいい対応を続けていきます。

39分には、右サイド、間で受けた香取が、左サイドを突くパス。抜け出した中原がクロスを上げると、遠いサイドで髙橋宗杜が折り返しますが、鹿島はクリア。

鹿島も右サイドから攻めに持ち込んでいき、クロスを入れていきますが、フロンターレはエリア内で落ち着いた対応を見せ、シュートは打たせずにしのいでいきます。

 

41分には、センターライン付近で髙橋悠斗がボールをカット。GKの松本が前に出ているところを突き、ロングシュート。

枠はとらえられませんでしたが、ピッチ外で見ていた選手らを沸かせる場面をつくっていきます。

児玉から受けた中原が、縦に仕掛け、そこから左コーナーキックを得るなど、高い位置で時間を重ねていくフロンターレ。

 

44分には、岡田が高い位置でカット。エリア左へ。

鹿島の守備が阻んで左コーナーキックに。

名賀がボールを入れ、セカンドボールを拾ったフロンターレは、左へ展開。名賀がクロスを入れると、こぼれ球を拾った中原がエリア内へ迫りますが、シュートには至らず。

さらにフロンターレは、名賀のパスに、正面へ岡田が抜け出し、左コーナーキックに。

こぼれ球、エリア内で八田が粘り、今度は右コーナーキック。追加点にこそつながりませんでしたが、厳しく、粘り強くプレーを重ね、ゴールへ迫っていきます。

 

鹿島も49分には、高い位置で髙木がカット。シュートを打ちますが、菊池がセーブ。

さらに右サイド、パス交換から池田がエリア外右へ。

しかし、髙橋悠斗がカバー。シュートは打たせず。

試合はタイムアップとなり、4-1。

フロンターレは最終戦を勝利で飾りました。

 

プレミアリーグファイナルから1週間。プレミアリーグEASTで出場を重ねた選手たちは自信を持ってプレーし、また、そのほかの2年生や1年生たちも攻守に、積極的にプレーを重ねていったことが、心に残りました。

2022年のフロンターレU-18が、積み重ねてきたものは、必ず次のシーズンへつながっていくに違いない。そう感じさせられます。

 

2023年のシーズン、フロンターレU-18がどんなチームになっていくのか、選手たちがどんなプレーを見せていくのか、とても楽しみにしています。

 

前半3-0 後半1-1 計4-1

得点:志村海里、岡崎寅太郎2、髙橋宗杜(フロンターレ)  正木裕翔(鹿島)

 

フロンターレの先発:19菊池悠斗 32柴田翔太郎 31田戸莉旺 27髙橋悠斗 22江原叡志(c) 23名賀海月 18由井航太 36加治佐海 25志村海里 17尾川丈 20岡崎寅太郎

交代:志村→26中原章雅 岡崎→28髙橋宗杜 尾川→24岡田泰輝 田所→42児玉昌太郎 由井→40八田秀斗 柴田→41香取武

控え:21濱﨑知康

鹿島の先発:16嶋田晄樹 4朝比奈叶和 2近藤大祐 6大川佑悟 29土橋竜之介 14小倉幸成(c) 15大山幸路 27壱岐健斗 7中川天蒼 17平山京吾 20馬目隼乃介

交代:嶋田→42松本泰生 朝比奈→22池田健斗 近藤→23坂本翔汰 馬目→36正木裕翔 土橋→31芝碧斗 大山→9高木輝人 大川→5岩永佳樹

 

(文中敬称略)

 

試合を前に円陣を組む選手やスタッフ
控えの選手らが送り出す

キャプテンを務めた江原叡志選手

フロンターレの先発メンバー

コイントスに臨むキャプテンの江原叡志選手

髙橋悠斗選手
菊池悠斗選手
髙橋悠斗選手
田所莉旺選手
名賀海月選手
江原叡志選手
菊池悠斗選手
田所莉旺選手
岡崎寅太郎選手
名賀海月選手
コーナーキックからゴールを狙う
柴田翔太郎選手
柴田翔太郎選手
髙橋悠斗選手

加治佐海選手
岡崎寅太郎選手

志村海里選手

菊池悠斗選手
田所莉旺選手
田所莉旺選手
柴田翔太郎選手

由井航太選手
尾川丈選手
志村海里選手

岡崎寅太郎選手
尾川丈選手
柴田翔太郎選手
髙橋悠斗選手
志村海里選手

尾川丈選手
由井航太選手

加治佐海選手

田所莉旺選手
柴田翔太郎選手
志村海里選手

志村海里選手が決めて1-0

志村海里選手

江原叡志選手
髙橋悠斗選手
髙橋悠斗選手
志村海里選手

加治佐海選手

加治佐海選手
岡崎寅太郎選手

2-0。フロンターレが突き放す

柴田翔太郎選手

由井航太選手
由井航太選手
名賀海月選手
尾川丈選手

岡崎寅太郎選手
加治佐海選手

髙橋悠斗選手
田所莉旺選手
岡崎寅太郎選手

名賀海月選手
加治佐海選手

岡崎寅太郎選手が決め3-0

柴田翔太郎選手
由井航太選手
江原叡志選手
尾川丈選手

名賀海月選手
尾川丈選手
志村海里選手
柴田翔太郎選手
菊池悠斗選手
八田秀斗選手
香取武選手
濱﨑知康選手
八田秀斗選手
児玉昌太郎選手

後半へ。選手たちを送り出す

中原章雅選手

菊池悠斗選手

正木裕翔選手が決め、3-1
柴田翔太郎選手
岡田泰輝選手
加治佐海選手
中原章雅選手
児玉昌太郎選手
児玉昌太郎選手
江原叡志選手
岡田泰輝選手
名賀海月選手

髙橋宗杜が決め4-1

加治佐海選手
児玉昌太郎選手

中原章雅選手
岡田泰輝選手、香取武選手、八田秀斗選手
岡田泰輝選手
中原章雅選手
八田秀斗選手
児玉昌太郎選手
中原章雅選手
八田秀斗選手
加治佐海選手
髙橋悠斗選手
中原章雅選手
名賀海月選手
八田秀斗選手

児玉昌太郎選手
名賀海月選手
香取武選手
中原章雅選手
髙橋宗杜選手
髙橋宗杜選手
中原章雅選手
髙橋悠斗選手。ロングシュートでゴールを狙った
名賀海月選手
岡田泰輝選手

名賀海月選手
中原章雅選手
岡田泰輝選手

江原叡志選手
香取武選手
4-1でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です