フロンターレU18 – 大分トリニータU18 / クラブユース選手権グループステージ第1戦


7月23日は、群馬県前橋市の前橋フットボールセンターへ。夏のU-18年代のクラブ日本一を決める日本クラブユース選手権はいよいよ開幕し、川崎フロンターレU-18も初戦を迎えました。

全国各地の予選を勝ち抜いた32チームが競う大会は4チームずつ、8グループに分かれて総当たりでグループステージ3試合を行い、上位2チームが決勝トーナメントの1回戦へ進出することができます。

フロンターレは、大分トリニータU-18、栃木SCユース、モンテディオ山形ユースと同じBグループに入りました。

【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース選手権グループステージ第1戦 vs 大分トリニータU-18】

7月23日(日)午前9時キックオフ 前橋フットボールセンターA  雨 40分ハーフ

初戦の対戦相手は九州の予選を準優勝で突破した大分トリニータU-18。

フロンターレの先発はGK1早坂勇希、DFは右から5小川真輝、34高吉正真、3新井秀明、11デューク・カルロス、ボランチはゲームキャプテンの15池谷祐輔、7桝谷岳良、右MF37有田恵人、左MF24宮城天、トップ下13大曽根広汰、FW18宮代大聖。

トリニータの先発はGK1津村和希、DFは右から29池田大海、48三木慎博、5横田白心、ボランチは28城戸杜、キャプテンの8黒木樹生、右MF39本永一成、左MF18高畑奎汰、2列目に10酒井将輝、24日高智也、FWは13靏尚基 。

朝から断続的に降り続く雨がピッチの芝を濡らす前橋フットボールセンター。フロンターレもトリニータも選手の家族に加えて、多くのサポーターが集まり、チャントやコールで選手たちの背中を押す中、試合は始まりました。

立ち上がり、前に迫ったのはトリニータ。縦パスを受けた酒井がエリア左で前を向いてシュートを打ちますが、フロンターレは高吉がブロックし、コーナーキックに。直後の左からのコーナーキック、酒井がボールを入れると、こぼれ球を拾った池田のミドルシュートがクロスバーを直撃。ゴールこそ決まらなかったものの、フロンターレとしてはひやりとする場面。トリニータはさらに前から靏や酒井、日高が積極的にプレッシャーをかけ、中盤では黒木や城戸がよくセカンドボールを拾い、フロンターレのゴールへ迫る場面が続いていきます。4分には左からトリニータがクロスを入れるも、新井がクリア。さらにエリア前でうまくボールを受けた靏がボールをはたいて左へ展開しようとしますが、新井が寄せてパスはつなげさせず。さらにボールをよく納め、周りを生かすようなプレーをよく見せた靏が、左サイドへヒールパスで展開しようとしますが、小川真輝がよくカバーしてシュートにはつなげさせず。

フロンターレも6分には桝谷がマイボールにして持ち上がり、右へ展開。有田はクロスを上げますがこれはシュートにはつながらず。しかし、トリニータにボールが渡り、右からクロスを入れられ、左サイドへボールが流れると、有田が前線から戻ってボールを取り返す好カバー。攻守の切り替えの良さがフロンターレに出てきます。

靏が中盤にもプレスをかけてくるなど、連動して圧力を加えてくるトリニータに対して、フロンターレは池谷や桝谷、大曽根もエリア前に戻ってよくカバーをしあい、ボールを回せるように。高吉や新井、最終ラインに桝谷や池谷が下りて後ろから組み立てを図り、機を見てデュークや小川真輝が高い位置へ。9分、デュークが左サイドの前へ持ち上がり、エリア内へクロスを上げると、うまく抜け出した宮代がエリア内で合わせてボールはゴールの中へ。1-0。ほぼ最初のチャンスをものにしたフロンターレ。リードを奪います。

直後にはトリニータもエリア右へ本永が持ち上がり、ミドルシュートで狙っていきますが早坂がこれはしっかりキャッチ。切り替えよく、池谷や桝谷が前をよく向いてさらにボールを中央から回していったフロンターレ。12分、桝谷がうまくボールを持って前に。左サイドの高い位置へパスを出すと、デュークが抜け出してエリア内へグラウンダーのボールを送り、宮代がこれに飛び込みますが、トリニータも宮代に激しく寄せてシュートを打たせず。

トリニータも13分には浮き球に、エリア内へ日高が抜け出してきますが、新井がよくカバーしてクリア。15分にはフロンターレ、宮城が中央へ寄ってボールを受け、縦へパスを入れ、受けた大曽根のスルーパスに宮代が抜け出し、エリア内へ仕掛けていきますが、トリニータのGK津村がすばやくよせてクリアし、左からのコーナーキックに。小川真輝がエリア前にマイナスのボールをグラウンダーで入れると、桝谷がミドルシュートを放ちますがこれは枠はとらえられず。

それでも宮代が横田の強い寄せを受けながらも、よくボールを前でキープして起点になったフロンターレはさらに攻勢に。右サイドのスローインの流れから、大曽根がエリア前へ。左へ展開すると左サイドの高い位置へ抜け出したデュークは、トリニータの選手の守備を受ける前に、すばやく地を這うようなボールをエリア内へ。これに走り込んだ宮城が合わせてボールはゴールの中へ。2-0。追加点はフロンターレへ。

19分には桝谷からのエリア右へのパスを納めた宮代。シュートを放ちますが、これは上に。

トリニータも右サイドの本永が高い位置に出て仕掛けるも、エリア前へ入れたボールは池谷がカット。さらに酒井がうまく間で受けて縦パスを入れようとしていきますが、新井がクリア。エリア外でこぼれ球を拾った本永のシュートは左へ。さらにパス交換から池田がエリア右へ顔を出すもオフサイドに。トリニータはさらに、黒木や城戸がよくセカンドボールを拾って、靏がエリア前でよくボールをキープし、ゴールへ迫ってきますが、新井がしっかりと寄せ、池谷もよくボールをカット。25分には桝谷がボールをカットしたところから前へ出て、トリニータの選手たちをうまくかわしてエリア前へ迫りますが、これはシュートにはつなげることはできず。

トリニータも靏がうまくCBとボランチの間で受け、右へ展開しようとしますが、宮城がそのパスをカットするいいカバーリング。さらに城戸がエリア前、前を向いて右へパスを出そうとするも、有田がよく戻ってボールはカット。両サイドのMFが守備でもチームを助ける好プレーを見せていくと、デュークもトリニータの右サイドへのパスを高い位置でインターセプトし縦へパスを出すなど、守備から攻撃へつなげようとするプレーが続いていきます。

30分には桝谷が前へ持ち上がってエリア右へパス。有田のエリア内へのボールはトリニータの選手がブロックしてシュートにはつながらず。トリニータは靏にボールを集めて、靏が足元の巧みさを見せ、周りへパスを出そうとしていきますがフロンターレもよく靏に寄せ、シュートにはつなげさせず。

32分にはフロンターレ。左サイドで宮城がうまくボールを受けてエリア右へ展開。有田はシュートは打てなかったもののエリア前でボールを池谷が拾って、ボールをエリア内に。ハイボールをエリア内で宮代が納めてシュートに持ち込むと、またもゴールの中へ。3-0。大きな大きな追加点がフロンターレに。

トリニータも右サイドで本永と池田の連係から打開を図っていきますが、右からエリア内へのグラウンダーのボールは新井がクリア。右からのコーナーキック、城戸が左足で入れたボール、ニアで合わされるも枠はとらえられず。

フロンターレも、35分には小川真輝が有田とのパス交換からエリア右へ抜け出てシュートを打つも、これはトリニータの選手がブロック。しかし、池谷や桝谷がよくセカンドボールを拾ってさらにフロンターレが攻勢に。桝谷から右サイドへパスが出て、有田が抜け出し、リターンを小川真輝が受け、エリア前へ迫りますが、トリニータの選手もブロックを組んでよく守り、フロンターレは攻め急ぐことはなく、最終ラインへボールを戻し、高吉から宮代へ縦パスを入れるなどしながら、ゴールをうかがっていきます。

38分には宮城から左へ展開。デュークがエリア左へ。しかし、エリア内へのボールはトリニータの選手がしっかりと寄せてシュートにはつながらず。

コーナーキックをしのいだところから、トリニータは酒井が縦へ仕掛けていきますが、宮城が自陣まで戻ってボールを奪い返す好守を見せるなど、流れをわたさずに前半はタイムアップ。3-0でハーフタイムへ。

 

後半、ともにそのままでのメンバーで臨んだフロンターレとトリニータ。立ち上がりには宮城が左サイドの高い位置で前を向いて右へ展開。有田のリターンを小川真輝が受けてエリア前に仕掛けていくも、トリニータの選手がカット。そこから縦へパスを出すと、靏が受けてエリア前に。しかし、新井がねばり強く対応し、シュートにはつなげさせず。さらにトリニータは左サイドのスローインに、黒木がエリア内へ抜け出していくも高吉がシュートはブロック。

フロンターレも、3分には小川真輝がセンターライン付近でうまく前を向いて、エリア内へ縦パスを入れると、有田のスルーを経由してエリア前へ宮代が抜け出しますが、これはオフサイド。トリニータも4分にはエリア前でのフロンターレのパスをカットし、日高がエリア右へ。しかし、池谷がしっかり寄せてプレッシャーをかけ、シュートは上に。さらに右サイドへのトリニータの縦パスはデュークが読み良くカットし、起点をつくらせず。さらにトリニータは右サイドの高い位置へ本永が抜け出し、仕掛けていきますが、エリア内へのボールは高吉がカット。セカンドボールを拾ったトリニータはエリア右、酒井がボールを受けて右へ展開するも、デュークがよく戻ってパスをカット。さらに城戸がセカンドボールを拾って縦へパスを入れてきますが、桝谷がカット。6分にはエリア前でうまくボールを収めて、前を向いた黒木が雨に濡れたピッチを這うようなミドルシュート。枠右をとらえますが、早坂がしっかりキャッチ。しのいでいきます。

フロンターレも10分には宮代が中盤まで下り、エリア前右へパスを出すと、大曽根がうまく前を向いて、トリニータの選手のプレッシャーを受けながらもシュートに持ち込みますが、これはブロックされ、枠へは飛ばすことはできず。直後にはトリニータも日高のエリア右へのパスに本永が抜け出し、シュートに持ち込むも、ここでも高吉の体を張ったカバーリングで枠へはとばさせず。トリニータはここで、靏に代わって9小野原洸がFW、本永に代わって7白石祐晟が右MFに。

フロンターレは池谷や桝谷がよく高吉や新井とかかわり、後ろから組み立て。デュークや小川が高い位置に上がってさらに追加点を狙ってきます。14分には、デュークが宮代とのパス交換からエリア外左の高い位置に。前半と同様に速く地を這うようなボールをエリア内へ入れると、有田が飛び込んでこれに合わせますがシュートは右へ。

トリニータも右サイドの白石のエリア右へのパスに小野原が抜け出していきますが、フロンターレはここでもしっかりとした寄せ。シュートには持ち込ませず。さらに浮き球のパスにエリア左へ城戸が抜け出していきますが、小川真輝がよくカバー。17分にはトリニータはさらに選手を代え、酒井に代わって50東山陸がピッチへ。直後には右サイドのスローインに黒木が抜け出していくもデュークがクリア。これでトリニータはコーナーキックを得ると、右からボールを入れた黒木が自らこぼれ球を拾い、エリア内へクロスを入れるも、池谷が頭でクリア。しのいでいきます。

トリニータはさらに小野原がエリア右へうまく抜け出し、シュートを打つも、グラウンダーのシュートは右へ。ボールパーソンからボールを受けた早坂が、前線へ動き出す宮代に正確にボールを送り、後ろからつなぐだけではないところも見せ、フロンターレは4点目を狙っていきます。21分には有田に代わって27森璃太がピッチへ。森はプリンスリーグ関東第9節、前橋育英戦に続いて右MFでの出場。

22分にはトリニータ、エリア前で東山がパスをカットして早坂と1対1になりますが、シュートは上に。ここでトリニータは日高に代わって30三好斗真がピッチに。さらにトリニータは小野原がエリア左へ抜け出して、エリア内へ仕掛けていきますが、新井がボールを奪う好守。フロンターレも切り替えよく縦へパスが出ると、エリア左へ大曽根が抜け出し、うまく切り返してシュートに持ち込むもトリニータの選手に阻まれて、シュートは枠へは飛ばすことはできず。これで得た左からのコーナーキック、小川真輝が右足で入れたボール、エリア内右で高吉が丁寧に頭で合わせると、シュートは枠をとらえますが、トリニータの選手がライン上でブロック。高吉はねばり強くエリア内でプレッシャーをかけて、再びコーナーキックを得ると、右から桝谷が左足で入れたボール、今度はエリア左で高吉が合わせますがこれは右へ。さらに桝谷が中盤でボールをうまくおさめて前を向き、エリア右へパスを出すと、宮代がシュートに持ち込みますが、ここもトリニータの選手がブロック。

フロンターレはいい距離感でコンパクトに。エリア前では池谷や桝谷、森も自陣に戻り、大曽根も時には中盤まで下りてセカンドボールを拾い、前を向いて攻勢に。29分には宮城のエリア左へのパスに大曽根が抜け出し、シュートを打つもトリニータの選手はブロック。さらに池谷、宮代と縦パスを入れて、大曽根がエリア内へ抜け出していくも、トリニータのGK津村が前に出てシュートにはつなげさせず。31分には小川真輝が森とのパス交換からエリア右へ抜け出てクロス。ここもトリニータの体を張った守備でシュートにはつなげられませんでしたが、選手の交代を経ても多彩な攻めでゴールへ迫っていきます。

トリニータは32分には高畑に代わって14森田駿が入りボランチに。城戸が左MFへ。フロンターレも33分には大曽根に代わって10村田聖樹がピッチに。右サイドでは小川真輝と森璃太がうまく連係して前へ。村田が左サイドへ流れて、宮城が前線に入り込むポジションチェンジも交えながら追加点を狙っていきます。

37分には宮城に代わって9山田新が左MFに。トリニータもまずは1点と最終ラインから右サイドの高い位置へ、池田が上がってしかけていくも山田がしっかり寄せてクリア。さらに城戸が左サイドの低い位置からクロスを上げますがこれは早坂がしっかりキャッチ。さらにエリア前でセカンドボールを拾い、エリア前へ抜け出していこうとする黒木に対しては高吉や池谷が強く寄せてシュートにはつなげさせず。39分には東山のパスに、右へ小野原が抜け出していきますが、デュークがここでもよくカバーしてシュートにはつなげさせず。

ロスタイムは3分。「まずは1点」「3分あればゴールはとれるよ!」。トリニータのサポーターの声の後押しを受けて、あきらめずにゴールを目指してくるトリニータに対して、エリア前では池谷や桝谷がよくボールをカットして縦へパスを入れていったフロンターレ。村田がエリア前でうまく前を向いて左へ展開。受けた宮代がエリア前へ仕掛けて左へパスを出すと、山田がシュートを打つもこれは左に。さらに池谷の縦パスにエリア前へ抜け出した宮代。ここは、トリニータの選手に倒されて、シュートには持ち込めず。しかし、これで得たエリア外右からのフリーキック、小川真輝が右足を振り抜くと、ボールはゴールの枠左を揺らします。4-0。最後まで攻め続けたことが実った見事なゴール。飛び跳ねてガッツポーズで喜びを体全体で表す小川真輝に次々に駆け寄っていく選手たち。

試合はまもなくタイムアップ。フロンターレは攻守一体となった見事な形で、この大会を白星でスタートさせることになりました。

前半3-0 後半1-0 計4-0
得点:宮代大聖2、宮城天、小川真輝(川崎)

フロンターレの先発:1早坂勇希、5小川真輝、34高吉正真、3新井秀明、11デューク・カルロス、15池谷祐輔(c)、7桝谷岳良、37有田恵人、24宮城天、13大曽根広汰、18宮代大聖
交代:有田→27森璃太 大曽根→10村田聖樹 宮城→9山田新
控え:16安福祐一 4伊従啓太郎 23島崎元 30山内日向汰

トリニータの先発:1津村和希、29池田大海、48三木慎博、5横田白心、28城戸杜、8黒木樹生(c)、39本永一成、18高畑奎汰、10酒井将輝、24日高智也、13靏尚基
交代:靏→9小野原洸 本永→7白石祐晟 酒井→50東山陸 日高→30三好斗真 高畑→14森田駿
控え:21清水羅偉 17栗林純

Bグループのもう一つの試合、モンテディオ山形ユース vs 栃木SCユースは0-0での引き分け。この結果、初日を終えてフロンターレはBグループの首位に。24日午前9時、宮城総合運動場での第2戦では、フロンターレは栃木SCユースと対戦します。

(文中敬称略)

安福祐一選手は久しぶりのベンチ入り
早坂勇希選手
伊従啓太郎選手
メンバー外の奥山璃空選手はサポート役に
森陽平選手もサポート役としてチームに帯同した
伊藤宏樹スカウトや庄子春男GMも会場へ姿を見せた
試合を前に家族やサポーターのもとへ

全員で円陣を組む

いざ試合へ

デューク・カルロス選手
宮代大聖選手
高吉正真選手
宮城天選手
池谷祐輔選手

立ち上がりは大分トリニータの攻勢を受けた
宮城天選手
桝谷岳良選手
新井秀明選手
小川真輝選手
早坂勇希選手

 

先制点を決めたのは宮代大聖選手

 

早坂勇希選手
2点目は宮城天選手
アシストのデューク・カルロス選手と喜びを分かち合う

大曽根広汰選手
早坂勇希選手
宮城天選手
池谷祐輔選手
宮代大聖選手が決めて3-0
ハーフタイムへ

山内日向汰選手
伊従啓太郎選手
もう一度円陣を組む
後半へ
有田恵人選手
小川真輝選手
大曽根広汰選手
高吉正真選手
有田恵人選手
池谷祐輔選手
大曽根広汰選手
小川真輝選手
森璃太選手
森璃太選手
コーナーキックに高吉正真選手が合わせるがこれは防がれる
高吉正真選手
村田聖樹選手
桝谷岳良選手
山田新選手
新井秀明選手
宮代大聖選手
宮代大聖選手が仕掛けていくがファールを受ける
山田新選手
フリーキックのキッカーは小川真輝選手
ゴールネットを揺らして4-0

デューク・カルロス選手が駆け寄る

4-0でタイムアップ

試合を見守り、声援を送った家族やサポーターのもとへ

2アシストのデューク・カルロス選手がコールに応える

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です